全国の通信記事

2017年12月18日号

静岡中 小池英淳上人の本葬儀

静中180109 (4)【静岡中】9月18日に世寿92歳で遷化された富士宮市代立寺(小池隆通住職)第二十世恭敬坊日信上人(小池英淳上人)の本葬儀が12月18日、林昌壽師(富士宮市代信寺住職)を導師に行われ、僧侶檀信徒約300人が参列した。
英淳上人は昭和19年に出家得度し、昭和51年に同寺の法灯を継承して以来、日蓮宗専任布教師をはじめ静岡県中部法華和讃振興会の初代会長、大本山身延山久遠寺の執事として法要部長、庶務部長などを歴任し、宗門に多大なる貢献を果たした。また対外的には保護司を永年つとめた。書道の大家として書道教室「雄伯書院」を開き、『妙法蓮華経写経セット』の写経手本・手引きの執筆や監修、『日蓮聖人伝絵巻』の絵詞の執筆、『紺紙金泥一字宝塔写経』の発行などに携わった。また境内書院や庫裡改築などを行い、日蓮宗管長表彰をはじめ数多くの賞を受賞している。
当日、隆通住職は謝辞で「皆さまのお唱えいただいたお題目により、恭敬坊日信上人が光明に包まれているようすをイメージすることができ、感激いたしました。先代上人は、恭しく敬うこころの大事さを、今なお私に教えてくださっているのではないかと思います」と述べた。
その後、市内のホールで「偲ぶ会」がひらかれ、約二百人の僧侶檀信徒が参加し、先代上人の遺徳を偲んだ。遺弟の内藤英覚師(山梨県蓮性寺住職)はあいさつで「弟子にしていただいてから34年、先代上人には兄弟子隆通上人と分け隔てなくご薫陶をいただき、時には厳しく、そして優しい言葉でここまで導いていただきました」と語った。

2017年12月10日号

静岡中 和党会が寺フェス

静中171212b (1)【静岡中】静岡県中部青年会の和党会(松原智善会長)は12月10日、富士市法蔵寺(白木智馨住職)で寺フェス「お題目で世界平和を祈る集い いのりの日」を開催し、僧侶檀信徒や寺族、近隣の住民など約300人が参加した。
これは、会員から「歳末助け合い募金以上のことをしたい」との声があがって今年から始めたもの。若手僧侶の個性をいかした「自分たちも楽しめるもの」を目標に、企画・実施された。
11時に開場した境内では、葬儀会社による入棺体験や手作り数珠コーナーのほか、多数の出店がでた。日蓮宗新聞社からはこぞうくんが駆けつけ、またNPO日本ケアリングクラウン協会の道化師・シャンピーが、来場者にバルーンアートをプレゼントしてもりあげた。
書院の坊主喫茶「妙富庵」では、若手僧侶が模擬法要を行い、各テーブルでトークに華を咲かせた。参加者からは「いままで菩提寺以外のお寺に入る機会がなかったからうれしい」「毎年やってほしい」などの声が聞かれた。
昼から行われた唱題行脚の後、富士市妙祥寺副住職の川村孝裕師が高座説教を披露。その後、法要と法楽加持が行われた。午後3時からは、管内寺院から募った賞品の抽選会があり、豪華賞品に歓声とどよめきがおこっていた。

2017年12月5日号

山梨3 歳末助け合い唱題行脚

山三180110b (2)【山梨3】十二月五日、山梨県第三部宗務所(岡本正冨宗務所長)・同檀信徒協議会(石川俊幸会長)は南アルプス市上市之瀬妙了寺(佐野顗誓住職)を出発地に毎年恒例の「歳末助け合い唱題行脚」を行った。
開催当日、出発会場となった妙了寺には管内教師、檀信徒合わせて約百七十名の参加者が集まった。この日は天候にも恵まれ、初めて参加される方も多くみられた。
開会式では檀信徒協議会の石川会長が挨拶し、「各被災地の復興、多くの被災者の心身健全を祈り、大きな声でお題目を唱えましょう。寒さ厳しい中、大勢の方に参加を頂き感謝いたします」と行脚に対する想いを述べた。
今回の行脚は、上市之瀬妙了寺(佐野顗誓住職)、中野妙行寺(矢沢晋正住職)、上野本重寺(安藤顗雄住職)の三ヵ寺を廻った。この三ヶ寺は日蓮大聖人の直弟子妙了日佛尊尼ゆかりの寺で、櫛形山の麓に位置し、甲府盆地を一望できる地域である。
参加者から成る長い隊列は、玄題旗を先頭に急勾配の坂道を一気に登ると、皆それぞれが息を切らしながらも大きな声でお題目を唱え、被災地や世界平和への想いを胸に力強く歩みを進め、太鼓の音と唱題の声は近隣の山々に谺した。
各寺院の温かい御供養を受けながら、行列は約三キロメートル強の行程を二時間かけて練り歩き、沿道には数多くの近隣住民が手を合わせ、募金を寄せた。
出発地である妙了寺へと戻った一同は、そのまま本堂にてお開帳を受け、妙了日佛尊尼とお寺の由縁を拝聴した。その後、諸堂参拝をし、一切経が納められた経蔵や徳川家ゆかりの品々等を拝見し、行脚を終了した。
参加者の中には、「今までは諸堂に上がることがなかったが、行脚と共に各寺院の歴史を知る事ができ嬉しく思います。初めての参加で、被災地復興と世界平和を祈りながら行脚をしたが、同時に自分自身の一年間の罪障を取り払うことができたと思うほど心がスッキリしました。是非また参加したい」と感想を述べた。
今回の唱題行脚と、九月、十月、十一月に開催された統一信行会、朝粥会、第三部社会教化事業協会、各寺院で集った義援金を合わせた寄付金は五拾参萬五千参百弐拾弐円集まり、宗務所職員、檀信徒協議会役員の手により、公益財団法人「山梨YBS厚生文化事業団」へ寄託された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07