全国の通信記事

2017年6月5日号

山梨1・身延山山内婦人会、岩手県と宮崎県への研修旅行

山一170621 (1)【山梨1】身延山山内婦人会は、平成29年6月5日から2泊お日程で岩手県。宮城県への研修
旅行を行った。東日本大震災発生から7回忌を迎える本年に被災地を訪れ、犠牲者の
方々の供養並びに復興の一助を担えればという思いで実施した。岩手県宗務所(阿部
是秀所長)、宮城県宗務所(日野教恵所長)を訪れ4年間で集めた震災義援金を渡し
た。
今回、山内の各坊の婦人、写経会の方々、身延山参拝の信者の方々に呼びかけて、昨
年3月より1年かけ、25000枚のお題目を集めた。お題目の紙は15センチ×3
センチの大きさで水に溶けるもので、それぞれの方に心をこめて「南無妙法蓮華経」
と書いていただきそのお題目を、松島湾にて日野所長に導師を務めて頂き船上よりそ
の25000枚を流した。参加された方は、「多くの方の思いが込められたお題目を
流すことが出来よかったと思います。犠牲者の方々がこのお題目の触れて頂き供養に
なればよいと思います」「東北の方々のあたたかい心のこもった御接待にこちらの心
が安らぎました」「多くの方に現地で今の東北を見たもらいたい」とそれぞれ感想を
述べていた。

2017年5月28日号

静岡東・身延山輪番奉仕と本山小泉久遠寺団参

静東170621 (1)【静岡東】5月28日、宗務所(安藝栄修所長)主催の身延山輪番奉仕と本山小泉久遠寺団参が、僧侶檀信徒ら217名が参加して行われた。
当日、早朝に各地を出発した一行は、駿河湾沼津サービスエリアに集合。一路身延山へと向かった。
輪番委嘱式では、内野日総法主猊下から安藝宗務所長への輪番委嘱が行われた。
法主猊下より輪番奉仕参加者へ、労いのお言葉を賜り、一同は輪番奉仕に対する気持ちを新たにしている様子が感じ取られた。
輪番法要では、参加者一同が心を1つにして、読誦唱題行に専心し、式中、参加者を代表して上原源吾氏(蓮慶寺檀徒)が霊山の契りを御宝前にて拝受し、そして旭秀臣氏(本山實成寺檀徒)が、同じく御宝前正面へと進み、仏祖三宝日蓮大聖人へ、誓いの言葉を申し上げた。
導師を務めた安藝宗務所長から、法要参加者へ挨拶の後、閉式となった。
式後一同は、諸堂及び御廟所に参拝してご報恩の祈りを捧げ、日蓮大聖人の「み心」をその体に浴びて、身延山を後にした。
身延山を下山した一行は、本山小泉久遠寺へと向かった。参加者の中には、初めて訪れた方も多いようで、あちらこちらで境内の様子に驚かれている方の姿が見られた。
法要では、貫首様が導師をお勤め下され、参加者一同は一心に祈りを捧げた。
貫首様から、小泉久遠寺の縁起等を親しく拝聴し、重ねて宗門随一の大太鼓に触れられ、感激も一入の様子が感じられた。
小泉久遠寺を出発した一行は、輪番奉仕を終え、駿河湾沼津サービスエリアに集合の後、各地帰路についた。

2017年5月19日号

静岡中・布教師会総会、研修会 鈴木隆泰師「法華経における法師とはなにか」

静岡中部170612 (2)【静岡中】布教師会(塚本智秀会長)は5月19日、総会と研修会を富士市内のホテルで開催し、管内僧侶約50人が参加した。研修会では山口県立大学大学院教授で東京都江東区善應院住職の鈴木隆泰師が「『法華経』における法師とはなにか」と題した講演を行った。
鈴木師は、キリスト教では神が語ったもののみを聖典とするのに対し、仏教ではブッダが語った言葉以外にも、「人を導くために善く説かれたものであるならば、それは釈尊の言葉である」として、大乗非仏説を「無知や誤解から生じたものに過ぎない」と否定し、すべての仏典は仏説であると示した。
さらに釈尊滅後、「成仏の保証(授記)」がないことから、成仏を目指さない小乗仏教が正当化されたことを指摘。大乗経典誕生の根源的理由を「授記を与える釈尊の出現が待望されたこと」にあるとした。『法華経』は、この釈尊にしかできなかった「授記」を、釈尊入滅後に法華経の行者(法師)に託し(付嘱し)、法師に「一切衆生を成仏させるという強烈な使命感を喚起」させるために成立したのであり、日蓮宗僧侶に期待されるのは「説法によって如来を現在化し、授記を与え、衆生を利益すること」にあると結論した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07