全国の通信記事

2022年4月24日号

静岡中 富士宮市吉祥寺で入寺式

IMG_7899【静岡中部】富士宮市寶授山吉祥寺にて第38世渡邊是宏師から第39世渡邊是穏師への法燈継承入退寺式ならびに宗祖降誕800年慶讃事業法要が4月24日に営まれ、区内法縁の僧侶並びに役員親族が参列し、前住職から新住職への新たな門出を祝った。塚本智秀宗務所長(富士市円恵寺住職)による辞令及び認証書伝達、西谷鏡師法縁駿河支部長の貫名英舜師(富士宮市浄泉寺住職)より記念品の授与がなされた。

塚本師は「谷中学寮で培われた基礎、宗務所書記としてお祖師様の言葉を伝える伝道活動にまじめに真摯に取り組んできた事、初心を忘れず穏やかな心を寶として励んでもらいたい」と述べられ、貫名師は「西谷法縁の仏法の護持と論議に重きを置いて来た気風、先師が積み上げて来た一つ一つの教えを引き継ぎ自らの意志として精進してもらいたい」と新住職への期待を述べた。渡邊是宏前住職は700年余の歴史のある同寺の法燈を継承して以来18年、身延山高校校長として宗門後進の育成に尽力し要職を歴任。現在は本山池田本覚寺の貫主をはじめ宗門内外の役職を務めている。法燈を継承した新住職は謝辞の中で「浅学の身ではありますが、受けた御恩をお返ししていきたいという気持ちに背中を押されてこの日を迎える事ができました。先師先代が築き上げてきた吉祥寺の歴史を絶やすことなく努力して参ります」と参列者に感謝と決意を述べた。

2022年4月17日号

山梨1 女性研修会

【山梨1】山梨県第一部檀信徒協議会(望月明会長)と山梨県第一部宗務所(望月海俊所長)主催による「女性研修会」が、四月十七日(日)身延山久遠寺(内野日総法主)講堂にて開催され、コロナ対策がとられる中、およそ六十名の檀信徒が参加した。

今年度は林是恭師(身延端場坊副住職 身延山宝物館学芸員)を講師に迎え、『身延の日蓮大聖人~身延山に遺された日蓮大聖人の足跡』と題した講話が行われた。講話ではプロジェクターを使いながら、文永十一年(一二七四)五月十七日に波木井実長公が日蓮大聖人をお迎えし対面したとされる逢島(おうしま)の遺跡から始まり、今日まで身延山内に伝わる日蓮大聖人ゆかりの地や行事等が紹介された。講話終了後、参加者から「これまで見落としていた大聖人の足跡を知ることができました。」「あらためてお参りしたい。」との感想が聞かれた。

正午からは山梨県第一部法華和讃信行会による法華和讃奉詠がおこなわれた。

2022年4月10日号

静岡中 守護神堂祭典と縁日

静中220421①【静岡中】4月10日 夏日のような晴天の下、富士市法蔵寺において守護神堂祭典と縁日が開催された。

コロナ禍の閉塞感を払うように境内には祈祷会の読経が響き沢山の来場者が多数出店した縁日の雰囲気を楽しんだ。

出店も法蔵寺や地域にゆかりのある子供達がお店のコンセプト立案や売り子を営む創意をこらしたNPO法人ゆめまちねっとフリマや檀信徒が営む地元のお茶屋、有名フルーツゼリー店などが久しぶりの賑わいに花を添えた。

来場した親子が花御堂に一心に手を合わせる傍で白木住職は「葬儀法事だけでなく気軽に立ち寄ってもらい、コロナ禍でも分断されることなく祭典や縁日を通じて子供たちや次世代への繋がりを感じてほしい」と語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07