全国の通信記事

2019年12月5日号

静岡中・修法師会で冬季読誦会を開催

静中191206 (3)【静岡中部】静岡県中部修法師会(黒崎政秀会長)は12月5日静岡県長泉町圓蔵寺に於いて冬季読誦会を開催し、代務住職である本山小泉久遠寺貫首の吉田日綱猊下が導師を勤めた。参列した僧侶檀信徒30名と共に寒風の中、力強い読誦唱題の声が境内に響き世界平和と参加者の信力増進、行中各聖の法体健全を祈念した。落慶したばかりの檜の香る本堂での厳かな雰囲気の中、式後には貫首猊下より圓蔵寺の沿革の説明と参加者に御礼が述べられた。

2019年11月23日号

山梨3・身延山輪番奉仕団  山梨県第3部2組

山三191206 (2)hp【山梨3】二組檀信徒協議会(安藤和彦会長)は11月23日、身延山輪番奉仕を行った。
毎年恒例になった2組寺院檀信徒での身延山輪番奉仕は参加寺院が14ヵ寺で今回56回目になるが、初参加の方も増え140名もの檀信徒が参加した。
一行は行衣に肩章というお揃いの姿で大客殿に集まると、まずは輪番本部の局員より1日の日程の説明を受け、その後、教師が合流すると、内野日総法主猊下より委嘱を受けご挨拶を頂戴し、大本堂にて南アルプス市十五所、法源寺住職・横山瑞法師を導師に輪番奉仕の法要を行った。
法要の中では、今回で20回目の輪番を迎えた法源寺檀家の澤登温子さん、10回目の沢登恵美子さん、久本寺檀家の久保田光さん、三井良仁さん、河野東さん、願成寺檀家の河西宣子さんの合計6名が表彰を受け、受賞者の6名は身延山のお祖師様の前での表彰とあって緊張しながらも、長年の信仰と努力の賜である表彰状を拝受出来たことに喜びの表情を浮かべていた。
今回の輪番導師を努めた横山師は挨拶の中で、「初めて輪番導師を受け、大本堂の礼盤に座し三宝様と正対し面奉させていただき、しみじみと身延山への参拝、又、自分の発声で沢山の檀信徒との皆様と大きな声でお題目を唱えさせて頂きましたことで、本日より一層に、身延山の良さを感じました。」と感謝の挨拶をし、参加者に、今後も変わらぬ信仰を持っての祖山参詣をすることを願った。挨拶を聞いていた当寺の檀信徒は、真剣な面持ちで菩提寺住職の話に耳を傾け、又住職の泰然とした姿を見て「今日のお上人いつも以上に格好良かった~」と笑顔で喜んでいた。
毎年11月の寒い時期で行われる2組輪番奉仕だが、法要の中でお題目を一心にお唱えした檀信徒の方々は、奉仕が終わる時には寒さで険しかった表情が、安穏で温かな表情に変化し、釈尊、お祖師様より頂いた妙法五字を大事に持ち帰った。

2019年11月20日号

静岡中 車返結社でお会式法要

静中191202 (2)【静岡中】宗務所(塚本智秀所長)は11月20日、宗門史跡「車返結社」にて「お会式法要」を静岡中部第1区寺院出仕の元、地域の護持世話人を含む僧侶檀信徒30名と共に営んだ。
車返結社は宗門に史跡認定されている日蓮聖人ゆかりの聖地。鎌倉から身延山への道中にある霊跡であり、他宗の信徒が「一日法華」として現在まで護持している。
法要後には塚本所長から世話人の日頃の護持丹精に感謝を述べると共に静岡中部第1区寺院の修法師による参拝者への加持祈祷が執り行われ、世界平和と車返結社の護持発展を祈願した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07