全国の通信記事

2017年7月15日号

静岡中・雨乞い曼荼羅祭典に近隣住民が参加

静中170724 (1)【静岡中】富士市神戸(ごうど)2丁目の集会所「曼荼羅祖師堂」で7月15日、「雨乞(あまごい)曼荼羅祭典」が催され、約百人の近隣住民が参加した。
この祭典は富士市法蔵寺(白木智馨住職)所蔵の「お曼荼羅さん」が、年に一度ご開帳されるお祭りである。
神戸地区は旧地名を「曼荼羅」といい、日蓮聖人伝説が残されている。
この村が日照り続きで困っているとき、お坊さんが通りかかり、曼荼羅を書いて楠の木に架け、雨乞いをした。すると、すぐに雨が降ったという。その坊さんこそが日蓮聖人で、身延山への途上であったと言い伝えられている。時代は下って、ある家に不幸が続き、調べてみると屋根裏から曼荼羅が出てきた。「粗末に扱ってはいけない」と日蓮宗の法蔵寺に預け、「お曼荼羅さん」として現在のようにお祭りをするようになったという。
この地域の人々はみな浄土真宗の門徒にもかかわらず、この日だけはお題目を唱えるのである。
当日は「必ず三粒以上の雨が降る」と言い伝えられるとおりの雨模様。夕方、法蔵寺十二日講の団扇太鼓で見送られて、箱に入れられ担がれた「お曼荼羅さん」が同寺を出発。曼荼羅祖師堂近くの駐車場から、白木住職と行衣を着た当番組のメンバーが、お題目を唱えながら近隣を練り歩いた。その後6時から法要があり、ご開帳とご祈祷が行われた。当番組の女性たちが、この日のために練習した太鼓をたたいて、みなでお題目を唱えた。

2017年7月12日号

静岡西・「初盆」家庭へ 慰霊和讃を奉詠

静西170724 (2)【静岡西】浜松市妙教寺(山本観栄住職)では、平成2年より信行会の人達で初盆供養にと、同寺の初盆家庭に慰霊和讃奉詠の案内を配り、希望家庭に毎年7月12日の夕方より、住職と共に約20分の奉詠を行っている。
このアレンジした慰霊和讃を聞いて入会を申し出た女性がいた。

2017年6月30日号

加賀隨唱上人本葬儀

静中170721 (2)【静岡中】富士市立圓寺(加賀随晟住職)で、本年6月30日に世寿74歳にて遷化された同寺第二十四世加賀隨唱上人(正真院日康上人)の本葬儀が7月5日、静岡市池田本山本覚寺貫首・渡邊日心猊下を導師に営まれ、僧侶檀信徒約三百人が参列した。
昭和19年に岡山県で生まれた隨唱上人は、中学三年生のときに北山本門寺に修徒として入り、昭和47年に立圓寺住職に就任した。昭和59年には本堂、山門、庫裡、書院、日蓮聖人銅像の落慶ならびに墓地・境内地の整備を成し遂げ、その寺門興隆の功績により日蓮宗管長表彰を受けている。晩年は体調を崩し、平成24年に住職の座を隨晟師に譲り、院首となった。
当日は隨晟住職が「人生において大切なこと、僧侶として大切なことを教えてくれたのは師父です。生前の師父の功績は、皆さまのご厚情があっての上のことだと感じています」と謝辞を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07