全国の通信記事

2018年8月4日号

静岡中 桔梗地蔵法要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【静岡中】静岡県中部青年五明会(杉江祥巨会長)は8月4日、静岡市田町五丁目にて桔梗地蔵法要を行った。江戸時代、この地は牢屋で亡くなり、引き取り手のない人たちを埋葬した場所でした。その霊の鎮魂・慰霊のために毎年法要が行われている。本年は10名が出仕し、近隣の住民40名ほどが参列。法要後には杉江祥巨上人(法信寺住職)が、人が持つ根本的な煩悩である三毒を西遊記の紙芝居を読みながら法話した。当会は30年以上続いている行事を通し、地元との関わりを深めている。自治会長はお地蔵さんの加護があるから、公園での事故や怪我がなくてありがたいですと笑顔で語った。

2018年8月1日号

山梨1 身延山の参道の蓮の華が盛りに

山一180816【山梨1】身延山久遠寺の参道に並ぶ店舗の軒先に飾られた鉢植えの蓮が8月の初旬に盛りを迎え、参拝者の目を楽しませている。この蓮は身延門内おかみさんの会・恵風会が育てたもので、暑いなか参拝する人に少しでも涼しさを感じてもらおうと11年続く活動。今夏もおもてなしの心で参拝者を迎えてくれる。恵風会の望月敦古会長は「泥水の中にあっても可憐な華を咲かせ、芳しい香りを漂わす、まさに法華経の教えを軒先に飾ることで、私たちもその心に触れ信仰の生活をしていきたい」と語った。

山梨3 第22回夏休みお寺1日体験

『 山梨県第三部社会教化事業協会
第22回夏休みお寺1日体験 』

山三180816 (2)hp【山梨3】社会教化事業協会(中村義恵会長)は8月1日、「第22回夏休みお寺1日体験」を開催した。
今年で22回目となったこのお寺1日体験は、身延山の参拝を中心に行われ、39名の小学生が参加し大いに賑わった。
先ず初めに集合場所の長遠寺(中村義恵住職)で開会式が行われ、会長の中村義恵上人より一日の行程が説明された。続いて宗務所長の岡本正富上人より「これから行くお寺は日蓮宗のお寺の中で一番大事なお寺です。バスに乗って皆で外に出る事は楽しいとは思うけど、遊びに行くわけではないので、自分勝手な行動を慎んでください。一人の勝手な行動が、皆の迷惑になってしまいます。ですから各班の班長さんは自分の班にいる低学年の子供達の面倒をしっかり見てあげて下さい。今日一日、皆仲良く各々助け合い、今から出発する自分より、帰ってきた自分が成長出来ているように頑張ってください。」と激励の言葉を送られた。出発する前には本堂にて団扇太鼓を打ちながらの唱題の練習を行った。初めて参加する子、今年で6回目の参加で最後の参加となる子、皆で大きい声で心を一つにして無心で太鼓を叩き、きれいに声を揃えてお題目を唱えるようになるまで上達し、一行は身延へと移動した。
身延に着き、山門上の十六羅漢へと参拝した後、身延山の大本堂では練習した団扇太鼓を打ち、大きな声で日蓮聖人へお題目の供養を行った。長遠寺へ戻り、各々が今日体験した出来事を感想文や絵を書いた後、当寺の鐘楼を打つと参加者の子供たちは「すごく楽しかったので、また来年も参加したいです。ありがとうございました。」という感謝の声を聞かせてくれた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07