全国の通信記事

2013年12月8日号

長生郡常徳寺入寺法灯継承式

千西131224①【千葉西】長生郡睦沢町常徳寺(中山了秀住職)で十二月八日(日)に入寺法燈継承式が行われ、僧俗あわせて百三十七名が参列した。午後一時より檀家の久我常夫氏(旧檀頭)宅から玄題旗を先頭に練行列が出発し、檀信徒と共に約五百メートルの道のりを歩き、お題目が響き渡った。午後二時より開式され、式中、病気療養中の先代中山了雄上人に代わり、干与人の土井了真上人(長生村法輪寺住職)が退寺奉告文を代読し、過去帳、三大部、払子が新住職へ手渡された。参列した寺院には、谷中学寮での恩師である菅野日彰猊下(本山海長寺貫首)が来賓として参列され、祝辞の中で「お寺で一番大切な事は、お経、布教、掃除です」と住職としての心構えを話された。また、式衆は谷中学寮時代の友人達が勤め、同期のお祝いに華を添えた。
先代了雄上人は三十余年に渡り住職を勤められ、本堂の再建や境内整備など山門護持に尽力された。新住職の了秀師は僧職に就かれる前はパティシエの仕事をしていたという経歴の持ち主で、現在は宗務院に勤めながら山務している。「法燈を継承する事は、先代住職の心を引き継ぐ事と理解し、広宣流布の一助となれますよう精進を重ねて参ります」と、新住職としての決意を表明した。

2013年11月17日号

長生郡妙典寺で位牌堂落慶法要

Exif_JPEG_PICTURE【千葉西】長生郡長柄町妙典寺(亀井玄栄住職)で十一月十七日(日)十一時より、日蓮大聖人七百三十二遠忌御会式法要と併せて位牌堂落慶法要が厳修された。位牌堂は本堂須弥壇の後ろに増築され、全檀家二百五十軒各家の位牌が安置された。亀井住職は「以前から堂内にはお檀家の位牌を祀っていたが、位牌自体が老朽し何とかしなければと思っていた。そこで日什大正師御生誕七百年記念事業として、念願の位牌堂を建立し各家のお位牌も作る事ができた。」と語った。読経中、参列した檀信徒六十名が新しい位牌堂をお参りし焼香した。
境内ではお檀家である裏千家の渡辺宗正先生と生徒による抹茶が振る舞われ、落慶に華を添えた。

2013年11月9日号

歳末助け合い募金

千西131121bHP用 【千葉西】社会教化事業協会(近藤良雄会長)は歳末助け合い募金を11月9日、茂原市本山藻原寺(持田日勇貫首)のお会式報恩法要にあわせて大堂前で実施し、会員・檀信徒ら12人が参加した。
参拝者や万灯講衆から多くの浄財が寄せられ、協力者には「立正安国・お題目結縁運動」の教箋を手渡した。寄せられた浄財は各寺院に配布した募金箱の浄財とあわせて宗務院に寄託する予定。

side-niceshot-ttl

ナイスショット1410

 

千葉県安房、清澄寺にある観音さまを模写しました。白い蓮は私たち人びとで、観音さまが「あなたたち元気をだして頑張りなさい」とおっしゃっているイメージを描きました。(鎌倉市 K・Mさん)

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07