全国の通信記事

2015年10月17日号

千葉西 四組五組が護法統一信行会

千西151026②【千葉西】市原地区・四組五組寺院連合主催による護法統一信行会が10月17日、大網白里市・本山正法寺(畠山日慶貫首)を会場に開催され、僧侶、檀信徒48人が参加した。
参加者は、千葉県西部謹製のお題目写経を行った後、畠山貫首を導師に法味言上。
畠山貫首が、「このお寺は、小西檀林発祥の地で最盛期には、900人を超える若い僧侶がここで修行、学問をしました。そういう方々の思いがこの地には、まだまだ残っています。本日参加された皆様方のお唱えしたお題目の一遍一遍に感謝していると思います」と挨拶した。
その後、ビジネスコミュニケーションの大網香苗氏(市原市・正蓮寺檀徒)を講師に「私の知らない私を知ろう」と題して講演を行った。
大網氏は、「自分が好きな色が似合う色になっているか。相手の印象に残るのは似合う色。調和する色を知ることで自分を魅力的に表現できる」と話し、参加者に布を配ってそれぞれ自分に似合う色をチェックした。
続いて「人は、楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔だと楽しくなる」と述べ、表情を豊かにするため顔のストレッチを紹介した。
参加者からは、「由緒あるお寺にお参りして自分が若返ったみたい。充実した時を過ごすことが出来た」との声が聞かれた。

2015年10月16日号

千葉西 護法統一信行会

千西151020【千葉西】茂原・長柄・長南地区1組2組寺院連合は「日蓮大聖人経塚道善御房供養塚」報恩行をテーマに護法統一信行会を10月16日、君津市妙長寺(山田妙眞住職)で開催し、檀信徒ら60人が参加した。
土井了真宗務所長から、東日本大震災の被災地岩手県釜石市の桜の木を送る運動で、516本分の寄附が集まったことが報告された。その後、増田宝泉師(茂原市妙源寺住職)を導師に報恩法要が営まれた。法要中、山形俊男氏(長生村法輪寺総代)がお題目写経をご宝前に納経した。続いて山田住職の妙長寺の縁起と、経塚や供養塚のある加名盛の由来などを語った法話を聞いた。

2015年8月21日号

千葉西 「釜石市に桜を送る運動」に協力

【千葉西】茂原市のショッピングセンター・アスモ(麻生和男社長)が8月21日、宗務所(土井了真所長)が協賛する「釜石市に桜を送る運動」に、桜の苗木240本分に相当する72万円を寄託した。
管内では東日本大震災発生後、東北3県への団体参拝を行ってきたが、本年度からそれに加えて「釜石市に桜を送る運動」に協賛することを決定。1口3千円で支援を呼びかけている。募金は10月末まで続け、11月に岩手県釜石市で結成された市民団体「桜を植える会」に寄託する。
土井所長は「これまで被災各地の慰霊をしてきたが、支援の継続を忘れてはいけない」と話し、麻生社長は「お客さまからの貴重な支援金を形の残る支援に使わせていただいた」と語った。

side-niceshot-ttl

IMG_2099

冬が厳しい身延山にも、夏が来ました。

御廟所が青々としています。

いのちがいっそうキラキラして見えるようです。

(編集部)

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07