全国の通信記事

2014年5月14日号

木更津市感応寺 木原光城師本葬儀

【千葉西】木原光城師(木更津市感応寺第22世。北海道札幌市顕本寺第4世)平成26年2月7日遷化。世寿89歳。法号は光城院日寛上人。5月14日、渡邉義生師(千葉市花見川区 長胤寺)を導師に本葬儀が営まれた。? 木原師は大正15年生まれ。昭和21年2月3日、師父顕本寺第3世文静院日理上人のもと出家得度。国立北海道大学予科農類入学。昭和24年同大学農学部農芸化学科へ進学。卒業後は農学士として北海道大学農学部農芸化学科教室勤務。昭和28年師父の遷化に伴い、顕本寺住職に就任。札幌市仏教会第3地区長に就任。学業研究の志高くして、学問を追求せんと東京に進出。昭和33年、立正大学一般教育助手として自然科学研究室に勤務。翌昭和34年、立正大学文学部講師として教壇に立つ。同年、顕本寺を退任し、木更津市感応寺の法燈を継承。
木原師の事跡は目を見張るものがあり、昭和36年、厚生省予防衛生研究所一般検定部無菌試験室に勤務され、細菌学ワクチンを専門に研究。主任研究官、無菌試験室長、を歴任し、昭和57年医学博士を修得。昭和59年生物学製剤管理部無菌試験室長を務め、昭和62年4月退職。その後も同研究所客員研究員及び東邦大学医学部非常勤講師として後任の指導に精励。
学会においては、日本マイコプラズマ学会監事。日本細菌学会関東支部評議員。日本マイコプラズマ学会理事。バイオメディカルサイエンス研究会学術運営委員長、編集長、国際協力関連分野長。日本マイコプラズマ学会総会長。バイオメディカルサイエンス研究会幹事長。「エイズと日和見感染に関する国際シンポジウム事務局長等々を歴任。
学術活動では、日本のみならず、世界各国で講演活動。世界の生物学関係の第一線にて評価を得られる。
またJICAより専門家として東南アジア各国にも派遣され、研究者としての功績は後世の光として輝くほどのものである。
感応寺では、庫裡書院の新築。墓地の整備。伽藍の整備荘厳に尽力。
平成24年6月、老齢の為、後事を山口寿光師に法燈を継承。法籠68年。寺門の繁栄と医学博士として細菌学等の分野において世界貢献をなさったご一生であった。

2014年5月10日号

本山藻原寺でお題目初唱会

千西140529HP用〔千葉西〕茂原市本山東身延藻原寺(持田日勇貫首)に於いて、5月10日(土)に「お題目初唱会」が厳修された。法要に先立ち、茂原市街の約5キロの道のりを唱題行脚が行われ、持田日勇貫首を先頭に日青会も参加し、檀信徒による高張提灯やのぼり旗など総勢130名の行脚隊が組まれた。午後2時半からの法要では、僧俗150名が参列し、藻原寺開堂供養の時に掲げられた宗祖御真筆の「開堂供養の御本尊」の御開帳が行われた。法要後に持田日勇貫首は挨拶の中で、この御曼荼羅を説明し、御題目初唱会の意義と記念事業への意気込みを話した。法要後の清興では一龍斉貞花師匠による龍口法難の講談が行われ、その後仏殿に移り清宴を開いて参加者の労をねぎらった。

2014年4月29日号

いのりの日で三つのスローガン

旭が森でお題目一唱②【千葉西】宗務所(土井了真所長)では、四月二十九日に第二十回「いのりの日」を開催し、僧侶、寺庭婦人、檀信徒、三百五十人が参加した。
各地区をバス九台で出発とした一行は、日蓮聖人、出家得道、立教開宗の霊場である千葉県鴨川市・大本山清澄寺(二宮日敬別当)へ向かった。
参加者は、涕涙石二キロ手前でバスから下車し、団扇太鼓に先導され、旭が森までを唱題行進。旭が森では、日蓮聖人像を拝し、香を手向け、参加者それぞれ報恩感謝の思いを巡らせた。
宗務所を代表して土井所長が、「清澄寺は、元は真言宗のお寺でしたが、日蓮宗に改宗されたお寺です。今日、太鼓をたたき、大きな声でお題目をお唱えできたことは、大変有意義なことです。このお山にいつまでもお題目の声が響き渡りますように皆様方、共にお祈りをしましょう」と挨拶した。
続いて二宮別当が、「自分だけでなく人に施すことが日蓮聖人の願いである『知恩報恩』になります。一人でも多くの人にご信仰の道を広げていって下さい」と語った。
参加者は、千葉県西部宗務所謹製のお題目写経を行った後に、日蓮大聖人御降誕の地である大本山誕生寺(石川日命貫首)へ向かった。お開帳の後、橋本宏信執事長が「三つのスローガン」として一つ目は、この世の中を蘇生(よみがえ)らそう。日本の国を、もう一度蘇生(よみがえ)らせよう。そのためには、まず私たち一人一人が蘇生(よみがえ)ろう。二つ目は、すなわち、釈尊一代の聖経の肝心、末法救済の教法である法華経の教えを全てまとめて丸薬(がんやく)としたその魂「南無妙法蓮華経」を、一人一人の心に灯火(ともしび)として点(とも)そう。三つ目は、それには、たとえ一人でも、二人でも「南無妙法連華経の魂」を、世の人々に下種するために自ら蘇生(よみがえ)って立ちあがろう。これをもとに七年後の「日蓮大聖人御降誕八百年をお迎えしましょう」と挨拶した。
続いて鈴木宇海布教部長が「お互いに敬いあい、自分が苦しくても穏やかに過ごしましょう。長生きの秘訣は笑顔から」と語った。
参加者からは、「参加してよかった。おかげさまで心が洗われました。来年もぜひ参加したい」と言った声が聞かれた。

side-niceshot-ttl

ナイスショット1410

 

千葉県安房、清澄寺にある観音さまを模写しました。白い蓮は私たち人びとで、観音さまが「あなたたち元気をだして頑張りなさい」とおっしゃっているイメージを描きました。(鎌倉市 K・Mさん)

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07