全国の通信記事

2014年12月14日号

修養道場同窓会でご祈祷体験

千西141224②【千葉西】千葉県西部青年会(会長・田澤裕泰)は、12月14日(日)に修養道場同窓会を開催した。この活動は修養道場に参加した子供だけでなく、その友人や親子参加型で毎年企画しているもので、今年は「荒行堂面会並びに陶芸体験」を行い23名が参加した。
午前7時30分に茂原市をマイクロバスで出発し、9時過ぎに法華経寺に到着。境内散策を行った後に、第再々行の木村順誠上人(木更津市・光明寺寄在)による外堂祈祷を受けて面会を行った。木村上人より「感謝の気持ちを大切に、まずは親兄弟や友達を大切にしましょう。」との言葉を頂き、初めて見る荒行僧の姿に強張っていた子供たちも次第に緊張がほぐれ、一路茂原へと向かった。
午後12時に妙弘寺(田澤元泰住職)に到着し、昼食後に田澤会長と縁ある陶芸家の杉山春信先生(鴨川市・笹谷窯)を招いて陶芸体験を行った。杉山先生は日頃から体験教室を開催されていて、陶芸が初めての子供たちにも分かりやすく丁寧に説明され、子供たちは話題のアニメキャラクターなど、各々思い思いの絵を書いた。焼きあがるのは来年の春で、完成後に参加者の自宅に郵送される。閉会にあたり田澤会長は「今日作ったお皿を是非食事で使って欲しい。そして今日の体験を思い出して、粘土を作る人、器を作る人、料理を作る人など数え切れない人の苦労が食事に詰まっているのを感じて下さい。感謝の気持ちを育てて素敵な大人になりましょう。」と挨拶し、午後4時に解散した。

2014年12月3日号

市原市本念寺で入寺

千西141203b③【千葉西】市原市福増本念寺(石川浩徳代務住職)で十一月二十三日、宗祖日蓮聖人七百三十三遠忌御報恩会式と本堂向拝落慶式にあわせて第三十七世石川央樹師の法燈継承式が行われ、百名の檀信徒が参列した。
午前九時、さわやかな秋晴れの下、福増公民館から、大太鼓を先頭に、新住職を含む檀信徒と稚児の行列が出発。法燈継承式に先立ち、新住職を修法導師に十四名の稚児に健康発育祈祷が行われた。
次いで山本隆真宗務副長(市原市光福寺住職)より辞令伝達の後、前住職から払子を手渡された新住職は、奉告文で、さらなる寺門興隆と檀信徒教化への邁進を仏祖三宝の前で固く誓った。
前住職は謝辞で「住職就任から四十三年、仏天の加護と檀信徒の皆様のおかげで務めることができました」と話し、新住職は「歴史と伝統のある本念寺の法燈継承は大変名誉なことであると同時に重責を感じています。皆さんが当山の檀信徒で良かったと誇りに思えるようなお寺にしていきたい」と決意を語った。
同寺は延文五年(一三六〇年)草創の古刹。元天台宗であったが、文禄元年(一五九三年)に本宗に改宗し、さらに寛文年間(一六六一~一六七三)の本念院日弘上人が独力で本堂・諸堂を整備し、寺号を現在のものに改めた。

2014年11月24日号

千葉西・護法統一信行会

千西141203a③【千葉西】市原地区・四組五組寺院連合主催による護法統一信行会が十一月二十四日、市原市皆吉・妙蔵寺(高鍋隆孝住職)を会場に開催され、僧侶、檀信徒五十人が参加した。
今回の開催場所となった妙蔵寺は、西暦千六百十七年に創立。開創から四百年を迎えるにあたり、「歴代先師法要」が高鍋隆盛副住職を導師に営まれた。
法要では、日蓮聖人のお言葉である『報恩抄』の一節を全員で拝読。さらに、千葉県西部和讃振興会(中山美津子会長)会員七名と子供三名が和讃を奉唱し、歴代先師に感謝の心を示した。
次いで宮川了暢師(市原市光徳寺住職)を導師に唱題行が行われた。
宮川師は、「平和な社会の中で平和を考えるのは、お腹一杯の時に、何が食べたいと言われるのと同じように難しいことかも知れませんが、身近な所から平和な安穏な世の中を願うことは、出来ます。唱題行を通じ、幸せを祈りましょう」と参加者に呼びかけた。
その後、落語家の古今亭菊生師匠の芸を堪能。
最後に、高鍋副住職が、「お題目、法華経を口で唱え、心で唱え、身で唱え、日々の暮らしでついてしまった心の穢れを浄め、混迷する社会の波を乗り越える力がその身に備われたことだと思います。
今日の出来事を明日への一歩に繋げて下さい。ありがとうございました」と述べた。
参加者からは、「お題目を唱えることにより、身が浄められました。体が軽くなった。充実した時を過ごすことが出来ました」と言った声が聞かれた。

side-niceshot-ttl

IMG_4540

もうすぐ日蓮聖人のお誕生日(2月16日)です。

千葉県鴨川市小湊誕生寺の祖師堂側にある河津桜がこの頃に咲きます。

まるで日蓮聖人の御降誕会を寿ぐように…。

(編集部)

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07