全国の通信記事

2017年3月5日号

千葉西 東日本大震災復興支援 第七回忌慰霊団参

DSC_0765【千葉西】宗務所(所長・土井了真)では東日本大震災以降、復興支援活動の一環として義援金だけでなく桜の植樹支援や、現地に赴いての慰霊団参を開催している。今年度は平成29年3月5日(日)から6日(月)の一泊二日で「東日本大震災復興支援 第5回 第七回忌慰霊団参」を開催し、僧侶、寺庭婦人、檀信徒を合わせて69名が参加した。早朝より茂原地区と市原・木更津地区を出発し、約6時間掛けて津波被害のあった荒浜地区(宮城県仙台市)に到着。海岸に建立された荒浜慈聖観音の前で土井所長を導師に慰霊法要を行い、和讃振興会(会長 山田妙真 君津市妙長寺住職)を中心に「東日本大震災追悼新和讃」(作詞 青森県和讃振興会会長 田端義宏師)が参加者全員で奉唱され、法要後には宗務所で用意した紙塔婆を流し犠牲者を弔った。津波の爪痕がそのままになっている風景が、真新しい防潮堤とその前にある観音様を一層引き立たせていた。続いて震災遺構として保存されている大川小学校旧校舎(宮城県石巻市)へ移動し、供養塔へひまわりの献花を行った。旧校舎の後ろの慰霊碑には犠牲になった地域住民の名前と年齢が刻まれ、当時の様子を思い涙ぐむ参加者もいた。
初日は南三陸町で宿泊し、2日目は8時45分より被災者自ら当時の様子を語る「語り部バス」を体験した。赤い鉄骨が残された防災対策庁舎(震災遺構)などを通りながら見学し、暮らしていた街が一瞬で無くなってしまうという私たちには想像もできない状況の経験と、家族とバラバラになりながらも生き抜いた中で、一番大切なことは「家族の為にも自分の命は自分で守る事」と声を詰まらせながら話される姿に参加者一同聞き入った。今回の慰霊団参の参加者は一様に「心に残る旅になった」と感想を述べた。

2017年2月12日号

千葉西 月﨑了照師帰山奉告式

千西170227②月﨑了照師【千葉西】長南町長久寺(月﨑了淨住職)では二月十二日、月﨑了照上人第再行成満帰山奉告式を開催し、教師六名・檀信徒七十名が参加した。
今回の帰山奉告式では十二日の開催ということで山内重宝の釈尊涅槃図を御寳前の正面に掲げ、管区内出行僧六名を迎えて厳修された。
午前十時当山世話人鹿倉講一家より帰山行列を行い、檀信徒の出迎えを受け、午前十時三十分より水行式を行った。
午前十一時からの帰山奉告式ではご臨席の日蓮宗大荒行堂副伝師井村大應師(東金市宝蔵寺住職)より許証が授与された。
また今回の帰山奉告式では新たに寄贈された天井画の開眼式が執り行われた。
天井画の作者は大島婦美枝女史である。大島女史は当山檀徒の出身で母の逝去に伴い当山を訪れご縁を結び、天井画の修繕にかかるが、江戸時代後期より当山の本堂外陣に掲げられた天井画は腐敗が進み、修繕は困難となった。そこで新たに染筆して今日の開眼に至った。

2017年1月22日号

千葉西 日蓮宗加行所見舞いと題経寺参拝研修

千西170207【千葉西】宗務所(土井了真宗務所長・長生村 法輪寺住職)では檀信徒青年会連絡協議会(鈴木敏文会長)主催のもと千葉県西部檀信徒協議会(今井靖夫会長)の後援で、1月22日(日)に「第6回日蓮宗大荒行堂お見舞い並び柴又 帝釈天 題経寺参拝研修」と題して研修会を開催し、僧侶檀信徒併せて40名が参加した。
午前7時頃に二地区を出発したバスは、途中の高速道路パーキングで合流。8時半に大本山法華経寺に到着。まず祖師堂、聖教殿と参拝し、午前9時から当管区より入行中の第再行・月﨑了照師(長南町・長久寺修徒)を導師に大荒行堂御祈祷を受けた後、月﨑師はじめ入行中の行僧の行中見舞いを行った。
その後、場所を移動し、柴又帝釈天題経寺(望月洋靖住職)を参拝、御開帳では日蓮大聖人御親刻といわれる帝釈天の御本尊を目前に拝むことができ、参加者は貴重な尊い参拝となった。
また、帝釈堂の外壁に施されている法華経説話彫刻の拝観と境内にある庭園「邃渓園」を散策した。
そして昼食会場である「ゑびす屋」(東京都葛飾区柴又)に於いて懇親会を行い、鈴木会長は「ご先祖様から受け継いだ信仰という襷を次世代に繋げるのが私たちの努めではないか。この研修がそれらの一助になれれば。」と挨拶を述べ、今井檀信協会長より檀信徒青年会、檀信徒協議会の更なる発展と各御寺院の寺門興隆が祈念され乾杯した。昼食後は題経寺参道での自由散策の後、帰路に着いた。
帰路に着くバスの車中では参加者より「素晴らしいご祈祷を受けることができ良かった。来年もぜひ参加したい」と言う声が多く上がった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07