全国の通信記事

2016年4月29日号

千葉西・第22会「いのりの日」で清澄寺参拝

千西160519a (3)【千葉西】宗務所(土井了真所長)では、4月29日に第22回「いのりの日」を開催し、僧侶、寺庭婦人、檀信徒330人が参加した。
各地区をバス9台で出発した一行は、日蓮聖人出家得道、立教開宗の霊場である千葉県鴨川市・大本山清澄寺(二宮日敬別当)へ向かった。
参加者は、涕涙石2キロ手前でバスから下車し、団扇太鼓に先導され、旭が森までを唱題行進。旭が森では、日蓮聖人像を拝し、香を手向け、参加者それぞれ報恩感謝の思いを巡らせた。
宗務所を代表して土井所長が、「日蓮聖人は、この房州でお生まれになり、清澄で初めてお題目をお唱えになりました。このお題目は日蓮聖人の一切衆生の真の幸福(成仏)を実現させるという誓願であり、深い深い感謝の心に基づく燃えるようなその魂からほとばしり出たものです。この日蓮聖人へのご報恩とお題目を一人でも多く伝えるという誓願をもって私たちもお題目の響きを溢れさせましょう」と挨拶した。
その後、千葉県西部宗務所謹製のお題目を写経し、バスで小湊漁港まで移動。唱題行進で日蓮聖人ご両親の御霊廟がある両親閣・妙蓮寺(上村貞雄住職)へ向かった。
妙蓮寺では、土井所長を導師に文永4年(1267)8月15日に亡くなられた聖母・妙蓮尊儀(梅菊御前)の第750遠忌報恩法要を行った。
本年9月14日、15日には、宗門として妙蓮尊儀の法要が行われる。
続いて日蓮聖人御降誕の地である大本山誕生寺(石川日命貫首)を参拝した後、帰路に着いた。
参加者からは、「日蓮聖人の霊気と『親を思い、国を思うご報恩の心』に触れることが出来、ありがたい経験をさせていただいた」「親に感謝。家庭信行の大切さを考えさせられた」と言った声が聞かれた。

2016年3月16日号

千葉西 道善御房祥月命日忌報恩法要

SANYO DIGITAL CAMERA【千葉西】宗務所(土井了真所長)は『道善御房祥月命日忌報恩法要』を三月十六日、君津市妙長寺(山田妙眞住職)と君津市加名盛祖師堂にて開催し、僧侶檀信徒約四十名が参加した。
法要前に参加者は管区謹製御題目写経をし、午後十二時半より妙長寺本堂にて、山田住職を導師に法要が行われ、場所を加名盛に移し、参加者は加名盛の地主である本吉家から、祖師堂まで唱題行脚。祖師堂にて山田住職を導師に報恩法要が営まれた。法要中、和讃の奉納、報恩抄の拝読が行われ、道善御坊の遺徳を偲んだ。
法要後、御題目写経を山本隆真宗務副長(市原市・光福寺住職)が顕彰碑に納経し、その後、参加者は加名盛山頂にある道善御坊供養塚を参拝した。
最後の挨拶で山田住職は「今年の十月二十七日で、顕彰碑が建立されて、ちょうど十年になります。大聖人が加名盛の地をどのようにされたかったのか。宗祖の意に適うように、今後もこの地を守っていきたいです」と述べた。

2016年3月6日号

千葉西・本山藻原寺で国祷会

千西160329 (2)【千葉西】茂原市本山東身延藻原寺(持田日勇貫首)では、3月6日(日)午後二時に「東日本大震災第六回忌慰霊法要 荒行堂出行僧成満国祷会」が持田貫首を導師に厳修され、式衆には本年度の大荒行堂を成満した千葉県西部管内荒行僧7名と山務員が勤め、檀信徒50名が参列した。

午後1時半から大堂前にて管内の荒行僧七名による迫力ある水行式が行われ、午後2時からの法要に先立ち藻原寺柔和会と檀信徒有志による行僧歓迎和讃の奉唱で開式した。式中に持田貫首による追悼文が読み上げられた。荒行僧を代表して第参行の田澤裕泰師が(茂原市・妙弘寺修徒)挨拶し、修行中に先輩僧から言われた「慰霊無くして御祈祷は有り得ない」という言葉から、「修行したことで自分自身に過信することなく、神様や御先祖様の力をお借りして、それに恩返しをする姿勢が大切」と話した。最後に持田貫首が挨拶し、「あれから5年経って我々は普通の生活に戻っているが、風化させてはいけない」と話し、「この時季になると東京大空襲を忘れる事ができない」と昭和20年3月10日の東京大空襲に触れ、自身が空襲を経験したからこそ思う慰霊の大切さを語った。

 

田澤裕泰通信員

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07