全国の通信記事

2014年3月16日号

善御房祥月命日忌報恩法要

千西140407②【千葉西】三月十六日(日)午後二時より君津市妙長寺(山田妙真住職)にて道善御房祥月命日忌報恩法要が、山田妙真住職を導師に、管内女性教師を式衆に行われ、教師十七名、檀信徒六名が参加した。この法要は毎年道善坊の祥月命日(三月十六日)に行われ、妙長寺での法要後には日蓮大聖人経石塚(君津市加名盛)にある道善御房供養塚へ移動しての法要も営まれている。今年はそれに併せて「星の井戸」開眼法要が行われた。この井戸は、日蓮大聖人がご使用になられたと思われる井戸で、平成二十四年十一月十一日に発見され、昨年の春より周囲の整備を進めていた。この度「星の井戸」と命名され、土井了真宗務所長(長生村法輪寺住職)を修法導師に開眼供養が厳修された。
その後、加名盛の祖師堂にて法要が行われ、参加者が写経した千葉西部謹製御題目写経が写経功徳聚へ納められた。山田住職は「お彼岸前の日曜日にこれだけ多くの方にお集まりいただき本当にありがたい。これを励みにより一層精進して行きます」と挨拶した。

2014年3月7日号

寺庭婦人会で役割を見直す

Exif_JPEG_PICTURE【千葉西】平成二十六年三月七日(金)午前十時より、第十一回千葉教区寺庭婦人研修会が茂原市本山藻原寺(持田日勇貫首)を会場に行われ、千葉教区の寺庭婦人六十名が参加した。大堂にて増田宝泉総務執事を導師に開会式が行われ、当番管区である大塩順子会長(市原市・正蓮寺寺庭婦人)は挨拶の中で、「少子高齢化社会において、私たち寺庭婦人にできる役割を考えたい」と開催趣旨を説明し、また、今回のパンフレットの表紙には、寺庭婦人会結成時に尽力された故石野日英猊本山弘法寺前貫首の直筆のメモ(会津八一「学規」)が使われて、この事に触れ「西部寺庭婦人会は結成三十周年を迎えます。この精神を忘れず、寺庭婦人としての自覚と責任をもって研鑽していきたい」と述べた。
その後、仏殿に移動して十時四十五分からの講演は、講師に「あたご研究所」代表の後藤佳苗氏を迎えて「高齢者の声を適切につないでいこう!」と題し、老化による色々な症状を説明し、その理解や対処の方法など、少子高齢化社会となり、一人暮らしの老人が増える中で、お寺へお参りや相談に来る方の行動の変化を見過ごさず、声をかけて症状を聴いたり、病院への診察を促すなど、「背中を押してあげる事が病気の早期発見に繋がる」と話し、高齢者と接する機会の多い寺庭婦人の重要な役割の一つであると講演した。
昼食後には、国際医療福祉専門学校の増茂誠二氏による救命処置の講習が行われ、同校の学生と共に、実際にAEDを使っての心肺蘇生法の実習を行った。その後は懇親会が開かれ親睦を深め、午後三時に閉会した。

2014年3月2日号

被災地にひまわりの花を供養

千西140326④【千葉西】宗務所(土井了真宗務所長)では、千葉県西部檀信徒協議会(市原市・長妙寺総代・今井靖夫会長)、千葉県西部檀信徒青年会連絡協議会(茂原市・實相寺信徒・鈴木敏文会長)共催のもと、東日本大震災からまもなく3年となる3月2日、東日本大震災復興支援 第3回慰霊宗務所団参を実施。バス2台、教師、寺庭婦人、寺族、檀信徒76名が参加。
今回は、宮城県石巻市立大川小学校 慰霊祭壇前と慰霊碑の前にて死亡・行方不明74名の児童と10名の教師、大川地区で大津波によって亡くなられた方々、東日本大震災犠牲者、関連死者の冥福を祈る慰霊供養・復興祈願法要を行った。
土井所長を導師に、宮川了暢千葉県西部青年会会長、田澤裕泰千葉県西部青年会副会長を式衆とし、法要を開式。
持参した房総半島で栽培された「ひまわりの花」200本を参加者、遺族の方々、現地に慰霊に訪れた方々に配布し献花供養を行った。
あわせて山本隆真宗務所副長が慰霊団参に寄せられた水に溶ける「慰霊紙塔婆」300枚を津波が乗り越えてきた高台を経由し、現地傍を流れる北上川に犠牲者の追善を念じるお題目とともに納水供養。
「私たちの歩いた場所に津波が押し寄せ、多くの子どもたちが流され、命をうしなわれたのですね。小学校の裏山になぜ避難できなかったのか、なんとも言えない、疑問と悲しさ、悔しさが込み上げてきます。この場所に来なければわかりませんね。」と参加者は頬を濡らしながら、子どもたちの声が響き渡ったであろう静かな校舎校庭に合掌して現地を後にした。
第2会場では、宮城県七ケ浜町 立正結社教導 加藤錬榮師を講師に迎えた。
『この震災を体験して「あたりまえの日常への気付き・感謝」』と題し、震災前、震災中、震災後から今日までの経過を写真映像を交えながら、実体験のお話しをいただいた。
加藤師は、震災の津波で堂宇を流され、今でも賃貸住宅に居住しながら、被災者の心のケアに奔走され、大川小学校の「ひまわりを植える運動」にも尽力されている。
今回、ひまわりの献花供養を行ったきっかけは、加藤師から『ひまわりのおか』という一冊の本が紹介されたことによる。わが子を亡くされたお母さんたちが、避難しようとした小高い場所にひまわりを植える運動をはじめました。太陽に向かって元気にすくすくと背を伸ばし、花を咲かせる姿にそれぞれの思いを重ねながら、慰霊を続けていらっしゃる。
微力ながら私たち宗務所でも、雪の残る現地に房総の暖かい気候でひと足早く栽培頂いた「ひまわり」を持参し、献花し、現地で手をあわせ、お題目を捧げ、少しでも慰霊復興の一助にさせていただきたいとの願いから実現したものであった。
講演後、土井所長より加藤師に「慰霊紙塔婆」による浄財を『復興活動支援金』として託された。
最後に月崎了淨伝道担当事務長(長南町 長久寺住職)が、「本日、ひまわりを献花させて頂いたのは、大川小学校の「ひまわり」は夏だけでなく、1年365日、寒い冬にでも私たちに、皆さんに、笑顔で手を振っている。ということを現実として表したかったからです。皆様の「ひまわり」はいつでも元気に笑顔で手を振っています。どうか、自分に負けずに、立ち向かってください。私たち日蓮宗寺院、檀信徒は、毎朝、東日本大震災で命を亡くされた方々の追善と今現在、必死に生きて生活されていらっしゃる皆様の幸せを祈っています。供養をさせていただきありがとうございました。」と挨拶を結び、帰路についた。
第1回慰霊団参は、平成23年10月、宮城県仙台市若林区荒浜地区での献香供養。宮城県宗務所 塩竈市顕妙寺(日野教恵住職)本堂にて慰霊復興祈願法要。
第2回慰霊団参は、平成24年10月 福島県いわき市薄磯地区での献香供養。福島県宗務所 いわき市大寳寺(小林智英住職)本堂にて慰霊復興祈願法要。
会津若松市 本山妙國寺(伊藤耀道貫首)にて慰霊復興法要を実施してきた。
今回、はじめて現地被災者当人からお話を直接に拝聴するという時間を持った。がれきは撤去されても、止まった時間。遠い復興。少しでも立ち上がっている人々。立ち上がれずにいる人々。参加者誰もが、忘れてはいけない、伝え続け、祈り続け、支援し続けていかなければならないと心に誓った1日であった。

side-niceshot-ttl

ナイスショット1410

 

千葉県安房、清澄寺にある観音さまを模写しました。白い蓮は私たち人びとで、観音さまが「あなたたち元気をだして頑張りなさい」とおっしゃっているイメージを描きました。(鎌倉市 K・Mさん)

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07