全国の通信記事

2017年9月13日号

千葉西 3組寺院護法統一信行会

千西170925①【千葉西】3組寺院19ヵ寺は「お祖師様四大法難の足跡を巡って」をテーマに護法統一信行会を藤沢市本山龍口寺(本間日恩貫首)などで行い、檀信徒38人が参加した。平成33年に龍口法難750年の節目を迎える龍口寺での開催は意義深く、御開帳を受けた後、本間貫首の法話を聞いた。その後、鎌倉市に移動し、鶴岡八幡宮を参拝して市内を観光した。

2017年9月3日号

千葉西 成就寺・立源寺日蓮宗所属奉告式

千西170914 (1)【千葉西】木更津市成就寺で九月九日、成就寺・立源寺日蓮宗所属奉告式並びに成就寺法燈継承式が営まれ、僧侶檀信徒約二五〇人が参列した。
法要に先立ち、池上本睦会の万灯講とお稚児さんによる行列が、午前十時三十分に、木更津市光明寺(石野晴朗住職)を出発。木更津駅前に、万灯行列の賑やかな音が鳴り響いた。
午後一時より法要が行われ、式中、小林順光宗務総長より、日蓮宗所属承認書が、木村順静師(袖ヶ浦市・立源寺住職)と木村順誠師(成就寺住職)に授与された。
引き続き、第五十世木村順静前住職から、法華経一部、大過去帳、払子を手渡された第五十一世木村順誠新住職が、力強く入寺奉告文を読み上げた。順誠新住職は謝辞で「法燈を継承する責任の重さをしかと受け止め、過去より受け継ぎ来った御心、現在皆様よりの御支援御教導のあたたかき御心を懸命に受け持ちながら、次なる世代にお渡しできるよう精進致します」と述べた。

2017年7月26日号

千葉西 第三十六回少年少女夏季修養道場

千西170829 (2)hp用【千葉西】千葉県西部青年会(増田寶雲会長 茂原市妙樂寺住職)主催の第三十六回少年少女夏季修養道場が、身延山久遠寺研修道場を会場に7月26日(水)~28日(金)の二泊三日の日程で「お坊さんと遊ぼう」をテーマに道場生39名とスタッフ22名の総勢61名で行われた。
朝6時半に茂原市を出発し、11時に身延山に到着。昼食を挟んで仏前作法の講習が行われ開場式へと移った。慣れない正座に苦戦しながらも子供たちの力強い唱題が響いた。増田会長は読経後の挨拶で「修養道場は遊びと学びが両方あります。仲良く遊んで学んで下さい」と語り、続いて土井了真宗務所長(長生村・法輪寺住職)が挨拶し、自身の好きな相撲にたとえ、「どんどん前に出ていく人生を目指してもらいたい」と話した。その後に久遠寺へと移動し、かつて修養道場を経験し、昨年から身延山在院生として修行されている三橋正輝君(白子町・妙法寺寺族)の諸堂案内を受けた。夕食後には研修道場で唱題行が行われ、午後九時に就寝した。
2日目は午前4時半に起床し、久遠寺の朝勤に参列。その後に御廟所を参拝して研修道場に戻り朝勤を行った。午前中は写経と写仏を行い、午後には参道を使ってポイントラリーが行われた。子供たちは昨日からの疲れも見せず、スタッフの体重当てゲームやクジ引きなどを汗を流して楽しんだ。
3日目の閉場式では、1人ずつ名前が読み上げられ修了証が手渡され、増田会長は「この修養道場の経験を活かして夏休みを目一杯楽しんで下さい」と励ましの言葉を送った。続いてお楽しみの富士サファリパークに立ち寄り、二泊三日の修養道場が終了した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07