全国の通信記事

2022年11月16日号

千葉西 市原地区護法統一信行会

千西221122②【千葉西 】令和四年十一月十六日市原市潤井戸光福寺(宗務所長山本隆真住職)にて市原地区寺院統一信行会が行われた。

三年ぶりの開催となる今回は、コロナ対策を万全にし、約三十名の檀信徒と共に御会式法要、新たに新築された寺務所の落慶祈祷を行った。

法要後には、春風亭昇也師匠による落語会が行われ、本堂中が大きな笑いに包まれた。

参加した檀信徒からは「久しぶりに皆さまと一緒に御題目をお唱えできて心から笑うことができた。」と喜びの声があがった。

2022年10月29日号

千葉西 千葉教区檀信徒協議会長会議

千西221104②【千葉西】令和4年10月29日(土)令和4年度千葉教区檀信徒協議会会長・副会長会議が、千葉県西部主催で白子町青松庭白砂にて開催され、千葉教区各管区の宗務所長、檀信徒協議会会長、副会長20名が参加した。開式で冨永観瑞教区長(千葉東部宗務所長・多古町・妙光寺住職)が挨拶し、「コロナ禍で、顔を合わせての会議が大切と改めて感じた」と、去年まで文書のみの報告であった事に触れ、今回の開催を祝った。

続く研修会では、常任布教師の山形教亨師(杉並区・中道寺住職)による信行法話が行われ、「等しく平らかに」と題し、自身が新型コロナウイルスに罹患して感じた事を、お釈迦様の振る舞いや夫を支えた妻のエピソードを中心に講演し、差別することなく平等に接することの大切さを説いた。

その後の会議では各管区の活動報告が行われ、懇親会へと移った。降誕800年事業や今後の活動など、2年ぶりの各管区との情報交換の場として有意義な会議となった。

2022年10月15日号

千葉西 君津市正覚寺で法灯継承式

DSC_0008_TEMP【千葉西】コロナ社会も落ち着きを取り戻しつつある10月15日、対策を鑑みたうえ、千葉県君津市正覚寺で僧侶檀信徒38人が参列し「第三十三世横山明光師の法灯継承式」が営まわれた。新住職は奉告文で「自分は会社勤めが長く、お寺のことは全て先代住職に頼りきりでしたが、これからは皆様からのご教導、檀信徒一同の外護丹精を願い、寺門興隆、法華経弘通を誓います」と力強く宣言した。参加の檀信徒からは「これからは会社員と住職の二足の草鞋で多忙な毎日が続くことだろうが是非、檀信徒の良き導師と成ってもらいたい」と感想がのべられ、無事に入寺式を終えた安堵感と新住職への期待が広がっていた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07