全国の通信記事

2018年11月3日号

千葉西 檀信徒青年会連絡協議会が七面山登詣

DSC_0263【千葉西】檀信徒青年会連絡協議会(鈴木敏文会長)は11月3日(土)~4日(日)の1泊2日で七面山登詣を行い、教師・檀信徒6名が参加した。早朝6時に茂原市を出発し、11時に七面山に到着。麓の雄滝にて参加の畠山義浄師(茂原市實相寺住職)と田澤裕泰師(茂原市妙弘寺修徒)が水行を行った。見学した参加者も雄滝で顔と手を清めて12時に登詣を開始した。休憩を挟みながら約5時間掛けて全員で登頂し、夕食後に御開帳を受け、午後9時に就寝した。
明朝は残念ながら雲がかかり御来光は遥拝できなかったが、唱題をしながら空全体が明るくなっていく様子を体験する事ができた。朝食後の7時に下山をはじめて10時半に麓の増田屋にて休憩と昼食をとった。12時に身延山久遠寺へ向けて出発し、身延山では御廟所、大堂、釈迦堂を畠山師の説明を受けながらお参りした。午後2時、総務寮にて持田日勇猊下(本山藻原寺貫首)に挨拶し、午後3時に帰路となった。今回は6名と少人数ではあったが、道中では質問や感想を述べ合う等、参加者も気楽に会話が飛び交った。鈴木会長も「参加者が少なく不安ではあったが、感動を共有できた事がうれしい」と、少人数が故の中身の濃い充実した団参となった。

2018年10月26日号

千葉西 日蓮聖人経石塚・道善御房供養塚顕彰報恩法要

千西181031③【千葉西】宗務所(土井了真所長)は『日蓮大聖人経石塚・道善御房供養塚顕彰報恩法要』を十月二十六日、君津市妙長寺(山田妙眞住職)と君津市加名盛祖師堂にて開催し、僧侶檀信徒四十名が参加した。
法要前に参加者は管区謹製御題目写経をし、十三時より妙長寺本堂にて、山本隆真宗務副長(市原市・光福寺住職)を導師に法要が行われ、『報恩抄』の一節を参加者全員で拝読した。法要後、場所を加名盛に移し、参加者は加名盛の地主である本吉家から、祖師堂まで唱題行脚。祖師堂にて山本副長を導師に法要が営まれた。
法要後、御題目写経を顕彰碑に納経し、その後、参加者は加名盛山頂にある道善御坊供養塚を参拝した。
法要後の挨拶で山本副長は「報恩抄を拝読し、加名盛の地を参拝する、この顕彰活動を続けていくことが大事であると思います。広く世の人々に、加名盛のことを知っていただきたいです」とお礼の言葉を述べた。

2018年10月7日号

千葉西 教区檀信徒協議会会長副会長会議

千西181016b (2)【千葉西】千葉教区檀信徒協議会(森英介会長)は会長副会長会議を十月七日、木更津市ホテル富士屋季眺で開催し、教区内宗務所長・教区内会長副会長二十名が参加した。
研修会では椎津開宗師(館山市本蓮寺住職)が「宗祖日蓮聖人降誕八〇〇年に向かって」と題して日蓮宗伝統のくり弁を取り入れた信行法話を行った。
法話では人への慈しみの心は自身の“我”によっていつしか変化する。其の“我”を無くすためにお題目を唱えることを勧めた。初めてくり弁を聞いた方も多く、「あの迫力には感動しました」と感嘆の声を多く聞いた。
会議では各管区檀信徒協議会の昨年度活動報告と今年度活動計画が発表された。また降誕八〇〇年に向け、二〇二〇年に開催の教区大会に向け協力を呼びかけると共に、各管区記念大会の状況が報告され、本会の当初の目的である情報交換と情報共有を達成し、閉会した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07