全国の通信記事

2019年2月3日号

千葉東 多古妙光寺節分会

千東190213 (4)【千葉東】2月3日に恒例の節分会が多古妙光寺(冨永観瑞住職)に於いて開催された。多古町長・多古町議会議長・小中高の校長・こども園園長・警察・消防・各団体長・各銀行支店長・町会議員・町内事業主・総代・信徒など50名程の年男年女が妙光寺門前より唱題行列し、祖師堂にて近隣寺院の修法師が出仕し節分会追儺法要が営まれた。法要後境内特設舞台にて豆まきが3度に分けて行われた。今年も日蓮宗新聞社の「こぞうくん」と多古町マスコットキャラクター「ふっくらたまこ」も特別参加し、年男年女と共に「豆まき」を行い行事を盛り上げてくれた。境内に集まった大勢の老若男女はたくさんの福豆や福景を拾われ、共に笑顔あふれる時を過ごしていた。住職は、平成最後の節分会では無く、新元号を迎える新しい年という考えをもって特設舞台の形も変えて、振り返ることも大事であるが、皆が同じ方向を向いて進むことが大事であるし、夢を見るには常に前を向いて進まなければならないと話されていた。妙光寺の節分会は地域密着型で、檀信徒からの浄財にて町内商店にて景品を購入し、特設舞台も妙光寺総代世話人が奉仕作業にて作成している。お寺に多くの人が集まり年男年女も参詣者も無邪気に笑顔の時を過ごし喜ぶ姿を見て、総代世話人信行会の裏方をつとめる方々も喜んでいた。形を変えた但行礼拝の姿ではないかと感じた。地域と共に寺は数百年の歴史を刻んできたのである。文化の継承は伝統行事の継承といっても過言ではないし、檀家に限らず地域の人たちに開かれた寺づくりをすることが大事である。

2018年12月6日号

千葉東 歳末助け合い運動

千東181220①【千葉東】宗務所は歳末助け合い運動を12月6日、山武市成東地区で行ない約45人が参加した。雨天のため唱題行脚を法蓮寺と本行寺での読誦と唱題修行に振り替え、立正安国の実現と世界平和を願った。

2018年11月21日号

千葉東 第11回普通救命講習会

千東181207【千葉東】宗務所は命を守るための適切な処置を学ぼうと、第11回普通救命講習会を11月21日、多古町で開催し、17人が参加した。応急手当の基礎知識を学んだ上で、心肺蘇生、AEDの手順と実施、圧迫止血など実践を行った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07