全国の通信記事

2017年12月4日号

千葉南 教師講習会

千南171208b①【千葉南】宗務所(荻野泰継宗務所長)では12月4日、ホテル「吉夢」を会場として四会合同の教師講習会を開催した。教師・寺庭婦人合わせ、42人が参加し、講師に、宮城県石巻市法音寺住職、谷川正明師と千葉県勝浦市教育課長岡安和彦氏を招き、谷川師には「大震災を忘れない」、岡安氏に「災害ボランティア活動」と題した講演をそれぞれいただいた。
谷川師からは、平成23年に発生した東日本大震災の時、一時避難所としてお寺に避難者を受け入れ、協力をしながら共に支援を待ち続けた体験談。岡安氏からは、平成27年に起きた関東東北豪雨災害で被災した、茨城県常総市立石下中学校への支援金、支援物資と合わせ、心のケアに重点を置いて支援を行なった、岡安氏が当時教頭として赴任していた千葉県いすみ市立岬中学校の生徒たちの活動を紹介し、「本当に必要な支援活動」とは何であるかと、ボランティア活動へ自ら進んで行動できる人材育成の在り方を講演いただいた。

2017年12月1日号

千葉南 歳末助け合い募金行脚

千南171208a④【千葉南】12月1日、安房西北部組の日蓮宗僧侶11人と檀信徒協議会の檀徒4人が『歳末助け合い募金行脚』を行なった。
館山市栄洗寺(小林秀隆住職)を出発した行脚隊は、うちわ太鼓を打ち鳴らし、お題目を唱えながら、館山市内の日蓮宗寺院やJR館山駅等を経由し、同市法性寺(鵜澤貫秀住職)までのおよそ5kmを行脚した。
毎年恒例の行脚のため、行脚隊が近くに来ると多くの市民は寄付へと駆け付けてくれる。寄付を頂いた方にはお礼と共に、交通安全を祈願した御守りが手渡された。
今年は107,241円の浄財が集まり、館山市の社会福祉協議会へと寄付された。

2017年10月22日号

千葉南 千葉教区檀信徒研修道場

千南171109 (1)【千葉南】日蓮宗千葉教区が主催する檀信徒研修道場が、大本山清澄寺を会場に10月21日から22日にかけて開催され、檀信徒35人が参加した。
本年度のテーマは「信行の実践」。一人でお勤めができるようになることを目標とした実践的なカリキュラムが組まれた。講義を通じて、法華経信仰における信行の意義、開経偈と自我偈の内容について学び、実習としては木鉦や鈴(りん)を用いての読経・唱題を体験。夕食の後には摩尼殿で1時間の唱題行も行われた。
二日目には信育道場での朝勤の後、清澄寺の朝勤に参列し、二宮日敬別当から法話を頂いた。
全課程を修了し迎えた閉講式では、当番管区の荻野泰継宗務所長から檀信徒一人一人に修了証が授与された。
大型台風の接近を受けて大雨に見舞われた今年の道場であったが、大きなトラブルもなく無事閉場した。参加した檀信徒からは、「知らずに読んでいた自我偈の意味がわかって良かった」「真っ暗なお堂での唱題行がとても印象に残った」「教わったことを仏壇の前で実践したい」などの声が聞かれた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07