全国の通信記事

2022年10月10日号

千葉南 鴨川市掛松寺第31世に佐野貴仁師

千南221018②hp【千葉南】10月10日、千葉県鴨川市掛松寺で法燈継承式が営まれ僧俗約120名が参列する中、第三十世村田教行師より第三十一世佐野貴仁師へ法燈が継承された。

法要では荻野泰継宗務所長より辞令の交付を受け、村田前住職より払子の継承、佐野新住職による法燈継承奉告が行われた。

新住職の佐野貴仁師は、日蓮聖人が小松原法難の折に負った額の刀傷を、洞窟の岩砂を削り血止めをして癒したとされる地、また、お市老婆の綿帽子供養発祥の霊地とされる日蓮寺(鴨川市内浦)にて7年間住職を務めていたが、第二十九世今村哲也師が病気療養に専念するため代務住職を担っていた村田師より掛松寺入寺の話を受け令和2年8月、住職就任となった。

謝辞の中で「これまで沢山のご縁とお導きを頂いて本日の継承式を迎える事が出来ました、これからは知恩報恩のため身命を賭してお題目布教に精進いたします」と語った。

掛松寺は宗祖小松原法難の砌、一夜を明かされた夜長川のほとりに建立された寺院で境内には日蓮聖人袈裟掛之松があり寺号の由来となっている。

2022年10月3日号

千葉南 降誕八百年慶讃諸事業円成祖廟奉告祖山総登詣

千南221011①【千葉南】千葉県南部宗務所(荻野泰継宗務所長)では10月3日に宗祖降誕八百年慶讃諸事業円成祖廟奉告祖山総登詣を行い、宗務所役職の他管内教師合わせて29名が身延山久遠寺を参詣した。

一行はまず御廟所拝殿で宗祖降誕八百年慶讃諸事業が無事に円成したことを奉告する読誦唱題を捧げ、続けて拝殿下の広場で宗祖降誕八百年を記念する橘の苗木を植える植樹式を行なった。

久遠寺大本堂では「宗祖降誕八百年慶讃諸事業円成祖山奉告式」として荻野泰継宗務所長を導師に音楽法要が営まれた。荻野宗務所長が読み上げた奉告文では、宗祖降誕八百年に向けて取り組まれた宗門運動『立正安国・お題目結縁運動』始動当時の遠藤了義宗務所長によって八百年慶讃の事業計画の礎が作られ、引き継いだ上村貞雄前宗務所長、現在の荻野宗務所長によって数々の慶讃事業が試行錯誤を繰り返しながら、それぞれに無事円成できたことを奉告、更にここまで諸事業が完遂できたことへの報恩感謝が捧げられた。

50年前の宗祖降誕七五〇年では、特別列車を仕立て大勢の僧侶檀信徒で報恩の祖山参拝を行っていた記録があり、この度の報恩参拝は荻野宗務所長たっての願いであった。新型コロナウイルス感染症の影響で檀信徒を連れての参拝は叶わなかったが、限られた人数であっても「祖山の御宝前に奉告出来たことは感慨無量で感謝に堪えません。」と荻野宗務所長は感謝の想いを述べた。

2022年9月20日号

千葉南 鴨川市妙昌寺山門改修

千南221003③【千葉南】宗祖降誕800年慶讃事業として進めていた栄長山妙昌寺の仁王門改築工事が令和4年9月20日に無事完成いたしました。妙昌寺の仁王門は文化2年(1805年)に大本山誕生寺の山門を新たに建て直すとのことで、末寺である妙昌寺へ旧山門を移転されました。移転後何代もの住職が山門の修繕を行いましたが、平成30年(2018年)の台風の影響で修繕出来ない程の甚大な被害を受け、改築工事する運びとなりました。改築工事が進むにつれ、鴨川豪雨や新型コロナウイルスの影響などでなかなか思うように工事が進みませんでしたが、総代をはじめ檀信徒の皆様からのご助力を頂き、約250年の時を経て新たに山門が生まれ変わりました。宗祖降誕800年には間に合いませんでしたが、お祖師様が誕生の聖地から頂戴した山門の歴史を繋いで行きたいと思います。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07