全国の通信記事

2017年3月11日号

千葉南 東日本大震災第七回忌物故者慰霊海施餓鬼法要

千南170313 (1)【千葉南】 宗務所(荻野泰継宗務所長)では三月十一日、鴨川市小湊内浦海岸を会場として「東日本大震災第七回忌物故者慰霊海施餓鬼法要」を行ない、僧侶檀信徒約一五〇名が参列した。
法要では震災物故者を供養する卒塔婆のお焚き上げが行なわれ、お題目を唱えながら参列者によって卒塔婆が火にくべられていった。
また、地震発生時刻には法要導師を務めた荻野所長が追悼の鐘を打ち鳴らし、一同は合掌黙祷で追悼の祈りを捧げた。

2017年3月10日号

千葉南 いすみ市大榮寺で落慶式

千南170403 (1)【千葉南】いすみ市大榮寺(遠藤了義住職)では3月10日、開山700年と御降誕800年記念事業として数年前から本堂改修・屋根銅板一文字葺き替え・歴代廟改修・境内駐車場整備等の工事を完成、落慶式を厳修した。
当日の式典は3部構成となっており、午前10時から法要、法要後は一龍齋藤貞鏡師の講談、そしてソプラノ歌手とギターのライブコンサートと続き、来賓の寺院や大勢の檀信徒で終日賑わいを見せていた。
中でも目を見張るものは、記念に出版された「常秀山の風光」と題して大榮寺が開山されてから今日までの詳細な記録と資料の集大成が網羅された記念誌が配られた事であった。

2017年2月26日号

千葉南 日吉浄海師帰山式

千南170228日吉浄海師 (4)【千葉南】二月二十六日、平成二十八年度加行所第三行成満の日吉浄海師の帰山奉告式が、夷隅郡大多喜町妙光寺に於いて行われた。正午、成満旗を持つ檀信徒・日吉師・行僧・地元和讃会による行列が行われ、妙光寺本堂前でにぎやかなお囃子太鼓に出迎えられた。日吉師は住職として初めての帰山のため、まず歴代廟にて一読し歴代上人に帰山奉告をした。同行僧総勢七名による水行の後、和讃会の行僧歓迎和讃に迎え入れられ帰山奉告式が開始された。奉告式では日吉師を導師に行僧たちによる力強い読経が行われ、思いの詰まった帰山奉告文に涙を流しながら合掌する檀信徒が多く見られた。日吉師は謝辞で「入行中、多くの檀信徒の私の無事成満を祈願してくださった。これからしっかりと皆さまのために精進し力を尽くしていく」と声を詰まらせると、参列者の多くが笑顔から輝かしい涙をこぼしながら温かい拍手で住職の帰山の心から喜んでいた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07