全国の通信記事

2021年11月15日号

千葉北 中山法華経寺でお会式

千北211119【千葉北】市川市法華経寺(新井日湛貫首)で11月15日~17日までお会式法要が厳修された。昨年度は境内で時期を合わせ実施する骨董市がコロナ禍により中止されたが、今年は2年ぶりに開催され多くの来場者でにぎわった。また17日には天童音楽報恩会が営まれ約10人がお稚児さんとして参加した。こちらも昨年度は中止され2年ぶりとなったが、かわいらしい装束で法要に華を添えた。行列開始の午後2時頃には暖かな日差しが降り注ぎ、保護者とともに稚児達は堂々と祖師堂までの道を歩いた。骨董市でにぎわう境内でも行列の様子を笑顔でカメラに収める姿が多く見られた。なかには慣れない装束に疲れたのか眠ってしまい母親に抱かれながら参加する姿も見られたが、参拝者は目を細め温かく見守っていたて。祖師堂での法要後には新井貫首より出仕への感謝の言葉と共に参加者1名1名に感賞状が手渡された。天童をつとめた近隣の幼稚園に通うという女児は「祭文がうまく読めるか心配だったが、お坊さんが優しく教えてくれ、最後まで頑張れました。」と話していた。

2021年11月14日号

千葉北 八千代市長妙寺で入寺式

【千葉北】八千代市長妙寺で11月14日、第31世中村嘉孝師から第32世中村慈孝師への法灯継承式が営まれ、檀信徒ら約30人が参列した。慈孝新住職は 至心に仏祖三宝に給仕し 山門護持はもとより妙法広布と宗門興隆の為の精進を惜しまぬことを誓った。

嘉孝師は昭和57年に住職就任以来40余年にわたり本堂・庫裡・書院・山門・守護神堂を新築し、境内整備に尽力した。また、この日は日蓮聖人降誕800年と住職交代を記念して建立した日蓮聖人ご幼像の落慶式も合わせて行われた。

2021年6月24日号

千葉北 中山法華経寺加藤清正公の大祭

千北210626②【千葉北】六月二十四日、大本山中山法華経寺(新井日湛貫首)清正公堂に於て、加藤清正公の大祭が執り行われた。法華経寺の清正公堂は、豊臣秀吉公の股肱の臣であり、武勇の誉れ高く、熱心な法華経信者であった、清正公大神祇を奉るお堂で、その昔より、除災得幸・試験合格・必勝成就等の霊験あらたかな神祇として知られている。六月二十四日は、その加藤清正公の祥月命日に当たる。大祭では、法華経寺執事導師のもと、當山修法師及び祈祷師会の出仕により、読経と修法が行われれ、清正公のその武勇にあやかり、祈願がなされた。本年の大祭はコロナ過の影響下で、普段よりも人数は減ったものの、祈願達成を願う信徒、そして熱心な法華経・清正公信者が参列し、自身の開運勝利を願った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07