全国の通信記事

2018年6月16日号

千葉北 檀信徒協議会総会

千北180621 (1)【千葉北】第十五回日蓮宗千葉県北部檀信徒協議会(湯浅壽郎会長)が六月十六日、大本山中山法華経寺(新井日湛貫首)で開催された。曇り空で蒸し暑く梅雨らしい気候となったが、早くより熱心な檀信徒が集まり約百五十名の参加者を数えた。午後二時祖師堂での法味言上では参加者一同お題目を一心に唱和した。また新井貫首からは、参加者の健康を気遣う言葉とともにお盆に向けご先祖を偲び信仰に励んでほしいという法話があった。総会では事業報告や会計報告などの議案が報告され活発に議論されるとともに承認された。会議後楠山泰道師(横須賀市大明寺住職)による「カルト教団による勧誘に注意!」と題した講演が行われた。言葉巧みに取り入るカルト教団の実態に参加者は熱心に聞き入った。閉会式後今後とも信教の重要性を再認識し散開したが、参加者に話を聞くと「法華経寺の大きなお堂には入れいい記念になった。次回は友人を誘って参加したい。」「カルトの話はテレビの中の話の様に感じていたが、孫などにも注意を促したい。」など各人参加の感想を口にしていた。

2018年4月21日号

千葉北 市川市本久寺で入寺式

千北180530【千葉北】市川市本久寺(永野元靖住職)ではこのたび高齢を理由に第43世永野精敏師から第44世永野元靖師へと法灯が継承されることとなり、4月21日に入退寺奉告式を行った。当日は好天の下、奉告式を記念し本久寺の周囲を檀信徒とともに唱題行脚をした。参加した檀信徒は「今までご指導下さった精敏師には感謝の言葉しかない。今後も院首として見守ってほしい。また新住職を支えていきたい。」と語った。式中の挨拶で元靖師は「このお寺も人とのご縁で長く続ける事が出来ています。今後も前住職の教えを守り一生懸命尽くして参ります。」と述べた。

千葉北・法宣寺コドモカフェ並びに音楽イベント

千北180521 (3)【千葉北】平成30年4月21日(土曜日)、千葉県八街市法宣寺(住職 川崎堯信)において午後3時より、コドモカフェ並びにINTRO(宮内優里「ミヤウチユウリ」氏主催の音楽イベント)が開催された。
コドモカフェは法宣寺境内に於いて不定期に開催されるイベントで、地元だけでなく遠方より家族ずれで多くの人たちが参加している。
地元の檀信徒の方は「お寺に対する考え方が変わった。私達も、お寺を仏事だけではなく、何か別の事でも使ってみたい。」と話してくれた。
日が暮れると、本堂では宮内氏の音楽イベントINTROが開催された。
参加者は本堂の厳かな雰囲気のなか、宮内氏の奏でる幻想的音の調べに身も心もゆだねていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07