全国の通信記事

2020年10月22日号

新潟西 「日蓮さまの道」道標完成法要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【新潟西】10月22日「日蓮さまの道」道標完成法要が営まれた。長岡市の本山村田妙法寺小林日元貫首が発起人となり、日蓮聖人佐渡ご法難のため越後に来られて750年の顕彰事業として建立を進めてきた石碑・道標が完成した事を記念したもので、この日は三島地区の檀信徒僧侶が寺泊地内を唱題行脚し、法福寺祖師堂(飛び地境内・風待ち滞在跡地)で法要を執り行った。法要後には立正大学名誉教授中尾堯氏による『寺泊御書』についての記念講演があった。参加者からは「こういう場所でお参りする機会を与えて頂きとてもありがたい」という声が聞かれた。

2020年10月7日号

新潟東 寺院研究会

新東201030【新潟東】新潟東部宗務所の寺院研究会が10月7日に新潟市内の長照寺で開催され、新潟市の僧侶13人が参加しました。講師には富山県高岡市 立像寺御主 間宮啓壬先生に来ていただき、「画期としての佐渡―二つの発見と如来使の自覚」を演題として日蓮聖人は龍口法難では自身の死を宣告しこれからの新たな宗教者としての人格の「再生」の為に何故自分には諸天の守護がないのかと考えた、その中で過去に法華経を信じない人を放置することも謗法にあたると発見しそれは本仏釈尊への背きでもある。龍口法難を機に日蓮聖人は法華経の行者として迫害を受け止め滅罪をはかっていくことを決心した。龍口法難の死から「謗法罪」の発見と「一念三千」の発見この二つの「発見」を経て「再生」した日蓮聖人は、開目抄において「三大誓願」まさに再生の宣言として私たちを救おうとしている本仏の働きを今ここで行うことは、凡夫の身に即して仏と成るこれ「即身成仏」として「如来使」たる自覚を表明するに至ることを
龍口法難から佐渡流罪の日蓮聖人の「死」と「再生」を今年の佐渡流罪から750年という節目に向けて深く理解する為の講義が新型コロナウイルス感染防止に配慮した上で開かれた。

2020年10月4日号

新潟北 降誕800年・佐渡法難750年記念管区大会

DSC_0080【新潟北部】10月4日、佐渡市本山妙宣寺において、新潟北部管区(豊田見栄所長)主催による日蓮聖人降誕800年・佐渡法難750年記念管区大会が開催され、教師・檀信徒計61名が参加した。コロナ渦における衛生管理の下、開式後、日蓮聖人御降誕800年慶讃と佐渡御法難750年御報恩を兼ねた記念法要を厳修、続いて、講談協会常任理事一龍斎貞花師による講談『日蓮聖人佐渡御法難七五〇年』が口演された。雪吹き込む三昧堂で三大誓願を示された『開目抄』、法華経信仰の真髄を
示した『観心本尊抄』、本門の本尊『大曼荼羅』の図顕
、弟子日朗上人が佐渡島へ持参された御赦免状の披見等、日蓮聖人佐渡御流罪中の事績が、名人域の弁舌により臨場感をもって語られた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07