全国の通信記事

2017年2月20日号

石川一 須田知龍師帰山報告式

石川一170301①須田【石川1】二月二十日金沢市本法寺で再行須田知龍師の帰山報告式が行われ僧侶檀信徒約六十人が参列した。
式では榊原昭英上人(同市宝乗寺住職)が成満の無事を喜び、今後のさらなる活躍を期待するとの祝辞をおくった。
須田師は「自分の為の修行をしようと再行に入ったが、思い通りにいかないこともあった。だが初行を教える立場に立ち、人の為になることが自分の修行でもあるのだと気づかされた。これからも仏門に励んでいきたい。」と力強い声で述べると、堂内には盛大な拍手が響いた。

2017年2月19日号

石川2 井前本康師帰山報告式

DSC_0191【石川2】二月十九日、輪島市別所谷で、再々行(四行)を成満(じょうまん)された井前本康上人の帰山報告式が行われた。
井前上人と共に成満された八名の各上人は、成満旗と団扇太鼓を手にした檀信徒と共に行列を組み、成隆寺まで向かわれた。
水行式に続いて、帰山報告式が行われ、お上人の姿を見た檀信徒の皆様は、感激して手を合わせていた。
最後に井前上人は「皆様のおかげで無事成満する事ができました。この百日の行の成果を存分に発揮していきたいと思います」と述べられた。

2017年2月18日号

福井中 廣橋是晃師帰山奉告

福中170228広橋是晃師【福井中】2月18日、福井県鯖江市の妙法寺(廣橋是晃住職)に於いて、日蓮宗大荒行堂第再々行を成満した廣橋是晃師の帰山奉告 節分大祈祷会が、同行の加行僧8名の出仕のもと営まれ、僧侶檀信徒250名が参列した。
廣橋師は10年ぶりに入行し、本年は第再々行代表として成満された。
奉告文では仏祖三宝へ無事の帰山の奉告をするとともに、これからの立正安国、世界平和、仏国土顕現を誓った。
最後の挨拶では、『今回、入行するにあたり色々な思いを持って入りましたが、残念ながら自分が思い描いていたようなものを得ることが出来ませんでした。しかし、新たな目標ができました。やはり、四回では駄目なのだ。五回でて初めて満行なのだと。次の五行へ入行するにあたり、檀信徒、世話人、寺族の後押しが必要ですので何卒宜しくお願いします』と、と今後の強い決意を述べ、祈祷会を終えた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07