全国の通信記事

2018年2月17日号

福井中 青木康純師の帰山式

福中180315【福井中】平成三十年二月十七日(土)南越前町歓喜寺において、檀信徒参拝者約二百名の中、正中山大荒行再々行成満帰山式が、歓喜寺住職青木康純師のもと、加行僧五名と共に厳修された。
謝辞で青木康純師は、「皆様には、入行、行中に際しまして物心両面に亘り御支援を賜り厚く御礼申し上げます。どうにか皆様のおかげをもちまして、四回目の荒行堂の修行を無事終えることができました。今回の荒行で学んだ事は『祈りで始まり、祈りで終わる』という事です。皆様も朝のお参りでは、一日の安泰を祈って、夜は感謝とまた祈りで終わると思います。それにお答えできるように荒行で読経と水行で培ってきた功徳の貯金を皆様にお分けしていきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします。」と謝辞を述べた。

2018年2月16日号

富山 池内義光師帰山式

富山180219池内義光師 (8)【富山】2月16日 富山県富山市乗光寺にて、池内義光上人の初行100日成満 帰山式が行われた。
自坊には僧侶檀信徒併せて60名が参列した。

2018年2月14日号

新潟東 小田盛詞師 帰山奉告式

新東180301b小田盛詞師【新潟東】平成30年2月14日、妙孝寺修徒小田盛詞師の初行成満の帰山奉告式が新潟県村上市妙孝寺にて行われ、多くの檀信徒が参加した。
当日は雪が降り積もる中、荒行僧5名が行列を組み、檀信徒が待つ自坊へと帰山、その後本堂前での水行、そして本堂にて帰山奉告式が厳修された。
奉告式では豊田通則修法師会長より許證、神田義崇宗務所長より辞令が授与された後、奉告文を読み上げ、初行で相伝される木剣による法楽加持が行われました。
最後に小田盛詞師は謝辞の中で、「皆様の支えがあって無事に成満することが出来ました。まだまだ未熟者ではございますが今後は修行の成果を皆様のために役立てるよう修法をしていきたいと思います。」と語った。住職小田行啓上人は荒行経験が無く、行僧を迎えるのも帰山奉告式も初の経験であった檀信徒の方々は、初めて見る小田盛詞師の力強い読経や木剣を振る姿に歓喜すると共に頼もしさを感じていました。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07