全国の通信記事

2017年6月26日号

【福井中】修法師会主催による読誦会が開催

福中170718【福井中】6月26日福井県鯖江市妙法寺(廣橋是晃住職)に於いて、修法師会(経王寺 綿谷即俊会長)主催による読誦会が開催され、会員12名が参加した。
鬼子母神様の前にて修法・読誦行を行った後、本年度第再再行を成満した廣橋上人を講師に「六三除けについて」という講題にて研修会も行われた
研修会では実際に行っている六三除けのやり方を目の前で丁寧に説明された。その後の質疑応答では様々な意見や疑問が飛び交い、またまだ修法歴が浅い若手にとっては今後に生かせるよい研修会になった。
最後に綿谷会長からは「今後このような研修会をもっと行っていき、各々の修法の糧となってほしい」と、締めくくった。

2017年2月18日号

福井中 廣橋是晃師帰山奉告

福中170228広橋是晃師【福井中】2月18日、福井県鯖江市の妙法寺(廣橋是晃住職)に於いて、日蓮宗大荒行堂第再々行を成満した廣橋是晃師の帰山奉告 節分大祈祷会が、同行の加行僧8名の出仕のもと営まれ、僧侶檀信徒250名が参列した。
廣橋師は10年ぶりに入行し、本年は第再々行代表として成満された。
奉告文では仏祖三宝へ無事の帰山の奉告をするとともに、これからの立正安国、世界平和、仏国土顕現を誓った。
最後の挨拶では、『今回、入行するにあたり色々な思いを持って入りましたが、残念ながら自分が思い描いていたようなものを得ることが出来ませんでした。しかし、新たな目標ができました。やはり、四回では駄目なのだ。五回でて初めて満行なのだと。次の五行へ入行するにあたり、檀信徒、世話人、寺族の後押しが必要ですので何卒宜しくお願いします』と、と今後の強い決意を述べ、祈祷会を終えた。

2016年10月24日号

福井中 青年会が千葉団参

福中161207b【福井中】青年会(妙弓寺住職 永吉順学会長)は10月24日・25日と千葉団参を行い、檀信徒約60名が参加をした。
今回は聖母妙蓮尊儀750遠忌ということで、千葉県房総を中心に本山鏡忍寺 大本山誕生寺 大本山清澄寺 両親閣妙蓮寺を参詣した。
時間の限られた中で鏡忍寺を参拝、誕生寺では祖師堂にて御開帳と宝物館を参拝した。
その日は清澄寺の研修会館にて参籠し、翌朝、旭が森までを唱題行脚を行い、旭日を遥拝した。
雲一つない中、参加者は一心にお題目唱えし旭日をお迎えした。
会長からは『皆様の気持ちが届き、素晴らしい旭日遥拝でした。感動で涙がでてきました』と、参加者へ喜びと感謝の言葉を述べた。
その後、本堂にて空蔵菩薩像を拝し、祖師堂にて二宮將泰別当よりご挨拶を頂いた。
妙蓮寺へ移動し、御開帳をうけ、妙蓮寺住職(上村貞雄上人)から聖母妙蓮尊儀や縁起についてのお話を賜った。
参加者からは『両親や御先祖を大切にし、報恩感謝の心を忘れてはならない』と、話してくれた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07