全国の通信記事

2020年10月28日号

福井中 教師研修会

福中201110【福井中】令和2年10月28日、福井中部宗務所主催、福井中部宗祖ご降誕800年実行委員会は、武生商工会議所において、日蓮宗常任布教師、京都常照寺住職奥田正叡上人を講師に、日蓮大聖人佐渡流罪ご聖日に教師研修会を行い、管内教師23名が参加した。
福井中部では、本来令和2年に宗祖ご降誕800年慶讃法要を行う予定であったが、コロナ禍により令和3年に延期されたが、これを機に管内教師の資質向上の目的で行わられた。
宗門運動についてをテーマに、宗門運動は誰のためにあるのかと講義が始まり、宗門全体の結束力、又、自坊、檀信徒、日蓮宗を護ることに繋がることを学び、合掌について深く考え、我々教師は不軽菩薩の精神の実践が必要であると改めて自覚した。
令和3年に迎える慶讃法要に対して、今一度、宗門運動について、合掌、不軽菩薩の精神について再認識することが出来、慶讃法要への気持ちの昂り、また通過点であるのだと感じた。

2020年10月22日号

福井中 交通事故死亡現場供養

福中201102【福井中】福井中部修法師会(経王寺住職 綿谷即俊会長)は10月22日に交通事故死亡現場供養並びに安全祈願祭を行った。
当日は会員16名が参加し、地元の越前市管内で発生した交通死亡事故現場4カ所に赴き、犠牲者の供養と、再度事故などが起こらないように修法祈祷を行い、交通安全祈願を行った。
事故現場にては遺族の方に焼香供養を行っていただき、読経、祈祷中にはときより歩行者や車の中からも合掌をしている方も観うけられた。
また今年より新調した交通安全の旗を掲げ、ドライバーや歩行者に事故防止を訴えた。

2020年5月28日号

福井中 福井県内有志寺院が「疫病退散法要」

福中200602【福井中】5月28日のいのりの日に福井県内の有志寺院にて新型コロナウイルスの感染終息を願う「疫病退散法要」を行った。参加をした有志寺院は読経の練習会の会員14名で、この非常事態において私たちは何が出来ることは「いのりをささげる」ことと考え、28日正午に各寺院にて一斉に読誦・唱題を行った。会員からは「コロナ禍を機に私たちが思い出した他者を敬い、信じる気持ちを神仏の力を借りて終息に向かってくれると良い」と、声が上がった。また、会にて積み立てしていた活動費を福井県の医療従事者を支援する基金へ寄付も行った。参加寺院は以下 /福井市 妙国寺・本法寺/鯖江市 妙法寺・一乗寺/越前市 功徳寺・妙勧寺・妙智寺・妙弓寺・一乗寺/南越前町 秀香寺・歓喜寺・妙泰寺・妙法寺/小浜市 妙行寺

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07