全国の通信記事

2019年2月17日号

福井中 馬田行景師帰山式

【福井中】2月17日(日)に今宿妙勧寺に於、大荒行堂第五行を成満された馬田行景上人の帰山報告式が、同行の加行僧7名の出仕のもと営まれ、檀信徒約150名が参詣された。
待ちわびた檀信徒と共に唱題行脚の中、自坊へ帰山し、続いて行われた水行では、感動し熱いものを感じながら皆が掌を合わせていた。
帰山報告式でも、力強い読経を響き渡らせ、檀信徒の御題目も熱が入り、奉告文では、仏祖三宝へ無事の帰山、初行から五行までの想いを報告された。
綿谷即俊修法師会会長より許証授与、赤星龍寛教区常任理事より傳師相承授与、木村吉孝日蓮宗財務部長より祝辞を戴き、謝辞では、馬田行康住職より「力強い心をどう繋げていくか確りと見届けたい」
行景上人より「お寺の為、皆様の為はもとより、私はもう止まるつもりはありません。 常にこの娑婆でも行を続けていこう、歩んでまいろうと思います。 皆さま今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます」と感謝の意を述べ、盛大な帰山報告式を締め括った。

2019年2月16日号

福井中 竹澤即英師帰山式

福中190311b竹澤師hp【福井中】2月16日(土)に南越前町妙法寺に於、大荒行堂第参行を成満された竹澤即英上人の帰山報告式が、同行の加行僧5名の出仕のもと営まれ、檀信徒約100名が参詣された。
小雨が降る中、行僧と檀信徒共に唱題行脚の中、自坊へ帰山、続けて水行が行われた。
帰山報告式の初めには、許証授与が行われ、奉告文では、仏祖三宝へ無事の帰山報告をされた。
祝辞では、馬田行康宗務所長、綿谷即俊修法師会会長より、御祝の言葉を貰い、檀家総代より「住職、お帰りなさい」、愛娘からの花束贈呈。竹澤上人より「参行を産行にして何かを産む誓願を立て、何もない処から産みの苦しみを感じたが、大古久様の福徳力、鬼子母尊神のご守護をいただける百日間であった。この経験を活かし土台をしっかりと築き上げ檀信徒の皆様への恩返し、手を合わせる修行を続け、寺門繁栄、発展に皆様のご協力をいただき、宗門を元気にしていきます。」と最後に述べ、盛大な帰山報告式を締め括った。

2019年2月13日号

福井中 永吉順学師帰山式

福中190311a永吉師hp【福井中】2月13日(水)に中津山妙弓寺に於、大荒行堂第参行を成満された永吉順学上人の帰山報告式が、同行の加行僧5名の出仕のもと営まれ、檀信徒約100名が参詣されました。
妙弓寺では初めての荒行成満をされた永吉上人、行僧と檀信徒共に唱題行脚の中、自坊へ帰山。
迎えた檀信徒の前で行われた水行では、響き渡る肝文と冷水を頭からかぶる行僧の気迫溢れる姿に驚き、感動し、熱いものを感じながら一心に掌を合わせていた。
帰山報告式の初めには、許証授与が行われ、堂内に力強い読経を響き渡らせ、檀信徒の合掌にも力が入り、御題目を一生懸命唱えていた。
祝辞では木村吉孝宗会議員、馬田行康宗務所長、綿谷即俊修法師会会長より、労いの言葉をいただき、永吉上人より、「水行・読経三昧の中、鬼子母神様・大古久様と沢山話をしてきました、お預かりした仏力・法力・思念力を檀信徒の皆様へ恩返しをしていきたい」と述べ、最後に檀家総代が皆様への感謝の想いを述べられ、盛大な帰山報告式を締め括った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07