全国の通信記事

2021年10月21日号

福井中 修法師会が安全祈願祭

福中211116【福井中】福井中部修法師会(経王寺住職 綿谷即俊会長)は10月21日に交通事故死亡現場供養並びに安全祈願祭を会員僧侶12名、越前警察署員と行った。
本年度事故が起きた現場が一ヶ所であり会場寺院から最寄りのため、修法師会員有志が現場まで唱題行脚をし、お題目の功徳が故人へ届くよう行った。
その後現場では会員一同で修法を行い、この現場、また県内各所にて事故が起こらないよう祈った。

2021年10月5日号

福井中・第31回北陸教区修法師研修会

DSC_5055-2【福井中】10月5日に第31回北陸教区修法師研修会が福井県鯖江市鯖江シティホテルを会場に、講師に東京都千栄院住職 渡辺貫也僧正をお呼びし【先師に学ぶ 各種祈祷礼書法】を講題に開催された。本来は昨年行う予定であったが新型コロナウイルスの影響で2度の延期の末、内容を縮小して本年の10月開催となった。

当日は北陸教区各地より35名の参加者があり、北陸教区常任理事の新潟西部 良運寺住職 海老要晃上人の法見言上のち講演を拝聴した。講師が実際に使われている祈祷札の書き方や、対応の仕方などさまざまな事を参加者はメモや写真をとりながら学んだ。最後に当番管区会長(越前市経王寺住職 綿谷即俊)からは「何度も延期になり、本当に行う事が出来るのかと不安でしたが、皆さまのおかげをもちまして、なんとか出来る事ができました。ご参加いただきました皆さま本当にありがとうございました」と御礼の挨拶をもって会を終えた。

参加者からは「講師先生からいただいた資料を基に研鑽をつんでいきたい」との声がきけた。

2021年9月17日号

福井中 教師研修会「葬式仏教正当論」

福中210930福井中】令和3年9月17日、福井県鯖江市、サンドーム福井を会場に福井県中部教化伝道センター主催教師研修会、「葬式仏教正当論」を表題に行われ、
講師に東京都善應人住職、山口県立大学教授鈴木隆泰上人の講演を頂き、県内教師約30名が参加し
た。
葬式仏教とは本来の仏教の在り方から大きく隔たった、葬式の際にしか必要とされない現在の形骸化した日本の仏教を揶揄した表現である。
本来のインド仏教では在家の方々の葬儀を執り行うことが禁じられていた。
出家者になる条件として一切の生産、社会的活動から離れ、自らの修行、涅槃を目指す者たちであり、死後の安心という観点から民衆の心を癒すことはなかった一因として、一度仏教は滅んでしまった。
そしてまた仏教が広く伝わるようになり、
日本にも伝わり、古事記にもあるように、死者の魂には死に起因する穢れ(死穢)が付着し、浄化しなければ悪霊(たたりがみ)になりうるが、供養し祀れば祖先神、善神になるという日本独特の考え方により、日本仏教が発展していき、現在のものになった。
原始仏教から様々な経緯を見て、現在の日本仏教を見ていくと葬式仏教というものが、決して間違いではないということがわかる。
参加者からは「大変興味深く有意義な講義でした」との声が聞こえた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07