全国の通信記事

2017年5月7日号

石川2 いのりんぴっくin能登・五重塔まつり

DSC_0258【石川2】五月七日、羽咋市本山妙成寺で『いのりんぴっくin能登・五重塔まつり』が開催された。この行事は、妙成寺の五重塔をはじめとする貴重な七堂伽藍を国宝に昇格させるための推進運動の一環で、多くの来寺者が盛りだくさんの様々な催事を楽しんだ。
五重塔の前では塔の建立を発願された寿福院様や寺領と諸堂を寄進された加賀藩前田家の偉徳を偲び、能登伝承の高題目の奉納で始まる慶讃法要が営まれ、併せて花祭りと東日本大震災・熊本大分震災追善と震災復興が祈願された。また法要後には和讃が奉納された。
祖師堂では、加賀友禅技術保存会・加賀友禅作家十名の優美な着物の作品が展示され、併せて本堂での「妙成寺と加賀友禅」と題し催されたトークショーでは、同会会長の中町博志氏と二代・由水十久氏の作家が語る伝統工芸加賀友禅に対する思いやその魅力など興味深い話に満堂の聴衆が聴き入っていた。
あさらには、お茶会や生け花展や本堂での太鼓や能楽・小唄・お琴の奉納演奏が行われ、最後にまつりを締め括る妙成寺伝統の「奴行列(やっこぎょうれつ)」では、艶やかな着物姿の駕籠に乗ったミス加賀友禅や加賀友禅大使が花を添えた。

2017年2月25日号

石川2 濱正通師帰山報告式

石二170228b濱正通師 (2)【石川2】二月二十五日、羽咋市滝谷町で、初行を成満された濱正通上人の帰山報告式が行われた。
濱上人と共に成満された八名の各上人は、成満旗と団扇太鼓を手にした檀信徒と共に行列を組み、本覺寺まで向かわれた。
水行式に続いて、帰山報告式が行われ、厳しい修行に耐えた濱上人の姿を見た檀信徒は涙ぐみながら手を合わせていた。
最後に濱上人は「皆様のおかげで無事成満する事ができました。これから皆様に恩返しをしていきたい」と述べられた。

2017年2月19日号

石川2 井前本康師帰山報告式

DSC_0191【石川2】二月十九日、輪島市別所谷で、再々行(四行)を成満(じょうまん)された井前本康上人の帰山報告式が行われた。
井前上人と共に成満された八名の各上人は、成満旗と団扇太鼓を手にした檀信徒と共に行列を組み、成隆寺まで向かわれた。
水行式に続いて、帰山報告式が行われ、お上人の姿を見た檀信徒の皆様は、感激して手を合わせていた。
最後に井前上人は「皆様のおかげで無事成満する事ができました。この百日の行の成果を存分に発揮していきたいと思います」と述べられた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07