全国の通信記事

2022年10月22日号

新潟西 平山要秀上人本葬儀

新西221031【新潟西】十月二十二日、柏崎市の萬福寺四十六世 遠徳院日祥上人(平山要秀上人)の本葬儀が、執り行われた。葬儀の導師は大本山清澄寺の別当の齊藤憲一僧正(市内東城寺住職)が務め市内の日蓮宗寺院が出仕し、多くの檀信徒が参列した。

上人は平成四年から30年にわたり同寺の住職をつとめ、修法道の研鑽に励み平成十八年には日蓮宗大荒行の五行成満し檀信徒教化に尽力し柏崎地域のみならず多くの檀信徒に慕われた。

宗内では、修法師会長、協議員議長などの要職を努め修法師として活躍した。

喪主を努めた萬福寺の副住職の平山要輝上人は謝辞にて「日祥上人は豪快な人物と知られていると思います。私もその姿に憧れを懐き目標としていましたが、一方とても繊細なところがあり、その姿勢から多くの事を学ばせて頂いきました。これから僧侶として師父を越えられるよう精進したいと思いますのでどうか見守って下さい。」と師匠であり父である日祥上人への思いを語った。

2022年10月16日号

新潟西 妙満寺開創五〇〇年慶讃法要

新西221116④hp【新潟西】十月十六日 一点の曇りもない青空のもと、刈羽郡刈羽村の妙満寺(秋山文裕住職)にて宗祖日蓮大聖人の御降誕八〇〇年と月光山妙満寺開創五〇〇年を記念した慶讃法要がとり行われた。法要の導師に宗門史跡番神堂主管(柏崎市妙行寺住職)秋山文孝僧正を迎え、近隣の日蓮宗寺院の出仕のもと厳粛に執り行われ100人近くの檀信徒が集まった。当日は組地の玉泉寺から稚児行列と万灯行列が行われ、天童稚児による祭文の奉読がなされ日蓮大聖人への報恩感謝の言葉が響きわたった。また行列の先導を東京都江戸川区の本蔵寺副住職馬場玄逅師が勤め、力強い纏の演舞が披露された。妙満寺はもともと本妙寺という平安時代から続く真言宗の寺院であったが、室町時代に後継者が絶え廃寺寸前となり、大永元年に近隣の日蓮宗寺院である玉泉寺の第九代 雲哲阿闍梨日従上人の教化を受け日蓮宗寺院として再興を果たしたという歴史があり、以来五百年にわたり法燈を繋いでいる。住職の師父で妙満寺の先代住職である秋山文孝僧正は、謝辞にて妙満寺の来歴と妙満寺在籍時代の思い出を語るとともに、参列した寺院と檀信徒へ感謝と労いの言葉を贈った。法要後は講談師の一龍斉貞鏡氏による日蓮大聖人の御一代記『御誕生から佐渡流罪まで』の談が披露され、鎌倉の土牢にて囚われた師孝第一日朗上人の独白や、佐渡ヶ島での大聖人と阿仏坊日得上人の出会いなど、まるで目の前で繰り広げられているような語りに、出席した一同は固唾を呑み見守り熱心に耳を傾けた。妙満寺住職の秋山文裕上人は謝辞にて「宗祖日蓮大聖人の御降誕800年と妙満寺開創500年の聖日を、皆様と一緒に感謝と感激をもって迎えることができ心から法悦を感じている。お寺というものはそもそも皆様が幸せになるために存在している。日蓮大聖人の教えに出会えてよかった、妙満寺の檀信徒でいることはありがたい、そう思っていただける方を一人でも多く育て、この地域に霊山浄土を作っていきたいと念願している。これからも妙満寺の住職として皆様の幸せのため、命ある限り精進することを誓い感謝の言葉としたい。」と思いを語った。

2022年10月1日号

新潟西 柏崎市本妙寺で純松院日温上人の33回忌法要

新西221027④【新潟西】十月一日、柏崎市の本妙寺(大橋智憲住職)にて、住職の祖父である先代住職の第三十八世純松院日温上人の三十三回忌法要と祖母純徳院妙温日菊大姉の二十三回忌法要が行われました。

法要は導師に宗門史跡番神堂主管秋山文孝僧正の名代として刈羽妙満寺住職 秋山文裕僧正を迎え、近隣の日蓮宗寺院出仕により厳粛に執り行われ、コロナ下のため出席者は制限されたが寺院・住職の親族・檀信徒合わせて40人あまりが参列した。

導師を務めた秋山文裕僧正は挨拶にて、「日温上人には師父とともに大変おせわになり深い縁を感じている。」と親交の深かった日温上人への報恩の思いを語り、孫である現住職大橋智憲上人のさらなる活躍を祈念した。

また、来賓の東城寺住職齊藤憲一僧正は「宗祖日蓮大聖人は知恩報恩…すなわち”恩を知って恩に報いること”が一番大切なことであると説いている。早世されたお父さんに代わり、お爺さんである日温上人の三十三回忌を孫である智憲上人が立派に努めあげられたことを誠にありがたく感謝したい。」と労いの言葉をかけた。

大橋住職は、謝辞にて7歳から出家し戦中戦後の混迷の時代を息抜き法華経の布教に邁進された純松院日温上人の半生に触れ「見守ってくださっている先師の精神を引き継ぎ本妙寺の護寺に努めたい。」と決意を語った。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07