全国の通信記事

2019年10月22日号

新潟西・佐渡法難750年報恩法要を村田本山妙法寺で

新西191023 (3)【新潟西】新潟県西部三島地区寺院は10月22日、本山村田妙法寺で日蓮聖人佐渡法難750年報恩法要を営み、僧侶檀信徒約200人が参列した。
この法要は、来年日蓮聖人佐渡配流750年の正当を迎えるにあたり、同地区が縁の深い場所であることを顕彰し、ご恩に報いるため行われたものである。導師を務めた小林日元妙法寺貫首は「みんなが一つにまとまってこの法要を円成できたことがなによりの報恩になる。」と述べた。
また「日蓮聖人の佐渡配流と越後」と題して中尾堯立正大学名誉教授が記念講演を行い、日蓮聖人の鎌倉から佐渡までの道中や、我々の信仰のありかたについて語った。

2019年9月29日号

新潟西 第12回檀信徒研修道場

新西191028③JPG【新潟西】9月29日、柏崎番神堂(秋山文孝主管)を会場に、新潟県西部宗務所(近藤玄省所長)主催による檀信徒研修道場が檀信徒70名の参加を得て開催された。
今回の檀信徒研修道場では二年後に大聖人ご降誕800年を迎えることはもとより、来年に大聖人が越後の地を訪れてより750年を迎える事を踏まえより内容の濃い研修となった。
開会式では近藤玄省所長導師のもと法味言上の後、会場の番神堂の主管を務める秋山文孝僧正より「番神堂の縁起と越後の地において日蓮大聖人の歩まれた道程について」法話を頂き、続いての仏事作法では合掌や伏拝のしかた、数珠の扱いなどについて学んだ。
午後からは番神堂の境内散策の後、西部布教師会会長の池浦英晃師による御一代記についての法話がなされ「今を生きる私たちにとって大切な事を、日蓮大聖人のご生涯に触れ多くを学んで欲しい」と語った。
続いて唱題行の作法を学び、最後に全員で唱題行を行い全課程を終了した。
閉会式では宮澤順亮伝導事務長による謝辞にて、自身の信仰体験について触れたのち「例え姿が見えなくとも大聖人がいつもそばにいらっしゃると心に念じ、信仰を深めて欲しい」と感謝と激励の言葉を述べた。

2019年8月6日号

新潟西 少年少女のための修養教室

新西190902 (2)【新潟西】

【主催者名】 新潟県西部上越高田地区青年僧有志
【正式名称】 「少年少女のための修養教室」
【開催日時】 8月6~7日の1泊2日
【開催場所】 上越市高田・常顕寺、妙高高原池の平山荘
【参加子ども人数】 24名
【内容】 仏前作法、仏教瞑想、スイカ割り、レクレーションゲーム、花火、忍者屋敷体験、そば打ち体験

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07