全国の通信記事

2021年8月5日号

新潟西 上越高田地区 少年少女修養教室

 新西210823(修養道場)⓵【新潟西】 (運営母体・上越頸城地区青年僧有志)

8月5日実施。今年度は高田・常顕寺を会場に日帰りの日程で開催され、二十七名の子供たちが、仏前作法、すいか割り、仏画体験、寺町散策ゲームなど楽しい一日を過ごしました。

2021年7月16日号

新潟西 中越沖地震十五回忌法要

新西210812③【新潟西】七月十六日、新潟県柏崎市番神堂(秋山文孝主管)で、中越沖地震十五回忌慰霊法要と復興祈願会が行われた。

平成19年に発生した中越沖地震では、柏崎市や刈羽村などで深度6強を観測し、15人が死亡し、2316人が重軽傷を負った。番神堂も鐘楼堂が全壊するなど大きな被害を受けたが、多くの協力を得てその年のうちに鐘楼堂は再建され震災復興のシンボルとなった。以来、毎年中越沖地震で亡くなられた15名の慰霊と、全国各地の自然災害の復興のための法要が執り行われている。本年はコロナウイルス感染症拡大防止のため規模を縮小しての実施となった。

法要に先立ち地元の青年僧による災害復興行脚が執り行われ、力強い御題目の声が市内に響き渡った。また震災の発生した10時13分に黙祷が捧げられたほか犠牲者の慰霊のため15打の鐘がつかれ、日本海や市街に向けて読経を行った。

番神堂の主管をつとめる秋山僧正は「中越沖地震の慰霊は今年で15回忌となった。本年は日蓮大聖人の御降誕800年、佐渡入国750年の記念の年に当たる。新型ウイルスで人々の気持ちが沈む中だが、なんとか頑張ってともに乗り越えていきたい。震災復興のほか早く感染症が収束し人々の生活がもとに戻ることも祈願した。」と語り、地震の記憶を風化させないためにも今後も法要を続けていきたいと気持ちを新たにした。

2021年4月22日号

佐渡で第二回「聖地御遺文奉読会」

keimoku1

【新潟西】

新潟県東・西・北の三管区宗務所は、四月二十二日、佐渡市・根本寺(竹中貫首)三昧堂において、第二回「聖地御遺文奉読会」を開催し、各管区から約二十人の教師が参加した。

日蓮聖人佐渡越後ご来臨七五〇年報恩事業として始められたこの会は、昨年十月に長岡市・寺泊の聖人ご滞在の地に建つ法福寺祖師堂で第一回が開催され、『寺泊御書』を拝読した。「ご聖日に、ご聖地で、ゆかりのご遺文を拝読しよう」という趣旨のもとに三管区内に広く呼びかけて行われている。

第二回目となった『開目抄』の奉読会は、佐渡での聖人初めのお住まいの地となった塚原の地に建立された根本寺・三昧堂が会場となった。諸般の事情から同ご遺文が述作されたとされる二月中の開催が叶わなかったが、この日の午前中には竹中貫首を導師に「開目抄ご述作七五〇年報恩法要」も奉行され、法華経総要品が三昧堂のご宝前に読誦奉納された。

午後から開かれた「奉読会」では、まず『開目抄』ご述作の動機や概要、拝読の心構えについての説明が行われ、そののち参加者による拝読、読経となった。参加者のひとりは「聖人がお弟子や檀越たちに『形見』として残された重要なご遺文。聖人の佐渡でのご苦難を思い、この霊地でお読みできたことをこれからの糧としたい」と語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07