全国の通信記事

2021年2月13日号

新潟東 寺院研究会

新東210309②【新潟東】新潟東部宗務所の寺院研究会が2月13日に新潟市内の長照寺で開催され、新潟市の僧侶14人が参加しました。講師には宗教学者 正木 晃先生に来ていただき、「現代仏教が直面する課題と解決への道」を演題として鎌倉時代の後半期の平均死亡年齢は二十四歳であり、短い人生の人々は死後の人生のほうが生の時間より長いと考えていたので死後の世界での関心が宗教に強く結びついていたとされます。しかし今の平均寿命の長い人々の人生では生の時間が死より中心になっている現代に我々はどう向き合っていけばいいのかと正木先生は講義されました。話の中で毎日新聞科学環境部の須田桃子記者が書いた「合成生物学の衝撃」の記事ではコンピューターで設計し、実験室で1から合成された人工DNAを持つ初の生命体が2016年3月に米国から発表され、神がすべての生物を作ったというのが真実とされていたキリスト教は科学に種の起源を否定されたと話しました。もはや科学では人工生命が出来ているので生命の誕生は科学に死後の世界は宗教になってしまった。我々はどうするか・・・正木先生は「このコロナ禍の時代、死後の問題は真っ先に取り組む緊急的な問題である。科学では生命の始まりは証明できても死後の世界はまだ科学では手がつけられない」と、「これからの世の中で宗教者がどう変化していけばいいのか、それは世俗の人々が求める「宗教的人格」とは何か?を考え実践し、例えば、霊山浄土はどこにあるのかといった質問(死の問題)に対しはっきりとどの様に答えられるかが、今後私たちがこれからの時代に必要とされるかの分かれ道になる」と語った。
講義では新型コロナウイルス感染防止に配慮した上で開かれました。

2020年10月7日号

新潟東 寺院研究会

新東201030【新潟東】新潟東部宗務所の寺院研究会が10月7日に新潟市内の長照寺で開催され、新潟市の僧侶13人が参加しました。講師には富山県高岡市 立像寺御主 間宮啓壬先生に来ていただき、「画期としての佐渡―二つの発見と如来使の自覚」を演題として日蓮聖人は龍口法難では自身の死を宣告しこれからの新たな宗教者としての人格の「再生」の為に何故自分には諸天の守護がないのかと考えた、その中で過去に法華経を信じない人を放置することも謗法にあたると発見しそれは本仏釈尊への背きでもある。龍口法難を機に日蓮聖人は法華経の行者として迫害を受け止め滅罪をはかっていくことを決心した。龍口法難の死から「謗法罪」の発見と「一念三千」の発見この二つの「発見」を経て「再生」した日蓮聖人は、開目抄において「三大誓願」まさに再生の宣言として私たちを救おうとしている本仏の働きを今ここで行うことは、凡夫の身に即して仏と成るこれ「即身成仏」として「如来使」たる自覚を表明するに至ることを
龍口法難から佐渡流罪の日蓮聖人の「死」と「再生」を今年の佐渡流罪から750年という節目に向けて深く理解する為の講義が新型コロナウイルス感染防止に配慮した上で開かれた。

2019年10月11日号

新潟東 寺院研究会

新東191028②【新潟東】新潟東部宗務所の寺院研究会が10月7日に新潟市内で開催され、寺庭婦人と檀信徒の方々を含む26人が参加しました。講師に日蓮宗妙徳教会住職、妙徳ビハーラ代表 今田忠彰上人に来ていただき、「死を間近に迎えた人への接し方と家族への接し方」を演題としてビハーラ活動の講義を受けました。 ビハーラ活動とは病気や障害、高齢化、に悩む人たちと苦しみを共にし、精神的、身体的な苦痛を取り除き、安心が得られるように支援する活動のことであり。死を間近にした人の魂の苦しみを取り除く活動は我々宗教家が行っていかなければならない活動であることを、今田先忠彰上人に自信の経験を踏まえて我々僧侶が色々な状況で苦しむ人々にどれだけ適切な言葉、身なり、態度をとれるかを講義して頂きました。その後、寺庭婦人と檀信徒を交えてお互いの死生観に対する考えをグループワークを通じ共有しました。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07