全国の通信記事

2017年2月22日号

新潟東 岩橋順裕師帰山奉告式

???????????????????????????????【新潟東】平成29年2月22日、妙本寺副住職岩橋順裕上人の第五行成満の帰山奉告式が新潟県新潟市秋葉区妙本寺にて行われ、多くの檀信徒が参加した。
檀信徒の題目太鼓が鳴り響く中、山門より帰山行列。その後雪の残る本堂前での水行、そして本堂にて同行僧10名出仕のもと帰山奉告式が厳修された。
奉告式では豊田通則修法師会長より許證、神田義崇宗務所長より伝師相承認証書と伝師相承允許状が授与された後、奉告文を読み上げ、22年前の平成7年度初行入行より加行通算五百日を無事に成満した事を御宝前に奉告。
最後に岩橋順裕上人は謝辞の中で修行中に亡くなられたご母堂様を思い、「看取る事とおくる事が出来ず何も出来ないまま成満を迎え、本日の帰山奉告式で一緒に回って下さっている同行僧の方と共に回向する事が出来ようやく落ち着く事が出来ました。」と語った。

2017年2月21日号

新潟東 木村文暁師帰山奉告式

新東170228a木村文暁師【新潟東】平成29年2月21日、新潟県新潟市北区木崎妙見寺にて当山住職木村文暁師の初行成満の帰山奉告式が執り行われ、多くの檀信徒が参加した。
式に先立ち行列、御宝前で一読の後、本堂の前にて水行そして帰山奉告式が厳修された。奉告式では初行の祈祷相承の認証が行われ、無事初行を成満し帰山できたことへの謝意と精進の誓いを御宝前に奉告。神田義崇宗務所長、豊田通則修法師会長から今後の活躍を期待した祝辞が送られた。
木村文暁師は謝辞の中で「全行僧の方々と一緒に修行した百日間は一生の宝物になりました。これらからは妙見寺では初めての修法師として檀信徒の方々にお加持そして法華経の功德を伝え、お寺の繁栄に勤めて参ります。」と決意を語った。
その後特別祈祷が行われ、檀信徒と寺族は力強く修法を行う木村文暁師の姿に歓喜した。

2016年9月7日号

新潟東 社会教化事業協会研修会

新東161007【新潟東】社会教化事業協会(坂井義栄会長)と北陸教区社教会は研修会を9月7日、新潟市の更生保護施設・新潟川岸寮で開催し、僧侶20人が参加した。
保護司で川岸寮の施設長。小山信幸氏が「更生と保護について」と題して、更生施設の概要と自身の体験を講演した。
参加者には民生委員や保護司を務める僧侶もいて「講演内容と自身の経験を重ねて、改めて更生保護施設の重要性を多くの人に伝えていきたいと思った」と話していた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07