全国の通信記事

2017年3月29日号

福井北 福井県修法師連合会総会

福北170425①赤星龍寛師【福井北】福井県修法師連合会が三月二十九日、福井県北部修法師会(赤星龍寛会長)当番にて総会及び研修会を福井市妙長寺(山内是正住職)にて開催し、県内の修法師二十五名が参加した。
法味言上ののち、赤星会長は「世間では、正しい書き順で書けば字は美しくなり、正しく歩けば一万歩も歩かずに姿勢が整い、健康になれると言われております。日本人は古来よりそうした日常生活の動作から文化や武道に至るまで、正しいやり方、すなわち型を作り、そこに美を追求してきました。修法も、木剣や幣束等の正しい型を忘れず、しっかりと意識を向けて魂を注がなければ、相手に感動を与えることはありません。今日の研修がその学びの一助となるでしょう。」と挨拶した。
研修会は高木龍延師(法見寺住職・大阪市修法師会会長・近畿教区常任理事)を招いて「幣束と実践修法」と題して行われた。高木講師の計らいで随時質疑応答の機会が設けられ、参加者から活発に質問がなされた。

2017年2月25日号

石川2 濱正通師帰山報告式

石二170228b濱正通師 (2)【石川2】二月二十五日、羽咋市滝谷町で、初行を成満された濱正通上人の帰山報告式が行われた。
濱上人と共に成満された八名の各上人は、成満旗と団扇太鼓を手にした檀信徒と共に行列を組み、本覺寺まで向かわれた。
水行式に続いて、帰山報告式が行われ、厳しい修行に耐えた濱上人の姿を見た檀信徒は涙ぐみながら手を合わせていた。
最後に濱上人は「皆様のおかげで無事成満する事ができました。これから皆様に恩返しをしていきたい」と述べられた。

2017年2月22日号

新潟東 岩橋順裕師帰山奉告式

???????????????????????????????【新潟東】平成29年2月22日、妙本寺副住職岩橋順裕上人の第五行成満の帰山奉告式が新潟県新潟市秋葉区妙本寺にて行われ、多くの檀信徒が参加した。
檀信徒の題目太鼓が鳴り響く中、山門より帰山行列。その後雪の残る本堂前での水行、そして本堂にて同行僧10名出仕のもと帰山奉告式が厳修された。
奉告式では豊田通則修法師会長より許證、神田義崇宗務所長より伝師相承認証書と伝師相承允許状が授与された後、奉告文を読み上げ、22年前の平成7年度初行入行より加行通算五百日を無事に成満した事を御宝前に奉告。
最後に岩橋順裕上人は謝辞の中で修行中に亡くなられたご母堂様を思い、「看取る事とおくる事が出来ず何も出来ないまま成満を迎え、本日の帰山奉告式で一緒に回って下さっている同行僧の方と共に回向する事が出来ようやく落ち着く事が出来ました。」と語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07