全国の通信記事

2019年12月20日号

福井北・法華真學上人遷化

【福井北】福井市妙永寺住職法華真學師が令和元年12月20日に遷化した。真浄院日祥上人、世寿95歳。22日・23日に妙永寺で通夜葬儀が営まれ、檀信徒延べ約70人、教師延べ約25人が弔問に訪れた。
弟弟子として導師を務めた神奈川県川崎市匡真寺住職山田日耀師は、
「福井市の漁村の家に次女として生まれ、この寺で戦中戦後に大変な苦労をしてついに現在の本堂庫裏を再建した。少ない檀家の尽力と、親類や他寺の檀家といった信徒の力添えに、本人に成り代わって御礼申し上げたい。」と述べた。
法華師は福井県北部声明師会会長や福井県北部協議員を務めたほか、日蓮宗全国尼僧法団の団長も務めた。

2019年12月17日号

富山・歳末助け合い唱題行脚

富山191220③【富山】令和元年12月17日、富山県高岡市伏木(ふしき)において、歳末助け合い唱題行脚が行われました。伏木町を富山県日蓮宗青年僧10名が約5キロメートル1時間30分の唱題行脚をしました。
途中、氷見市蓮乗寺(福井教純住職)の飛地別院と氷見市寶徳寺檀信徒宅で自我偈一巻を上げました。氷見市蓮乗寺飛地別院では、青年僧たちへ福井教純上人から寺歴解説がありました。

2019年11月30日号

福井中 第17回 和讃講習会

福中191205hp【福井中】11月30日、福井県中部和讃振興会(落井良孝会長)は越前市・妙国寺(花島常善住職)にて、第17回 和讃講習会を開催し檀信徒70名が参加した。ここ数年、講習会では妙法蓮華経和讃を行っていたが、今年は来年、管内で行われる宗祖800年の慶讃法要に向けての「御降誕和讃」の講習会となった。講習会では参加者と共に太鼓の叩き方、リズム、歌詞の読み方など、初めの方にもわかるように一から御降誕和讃の練習を行った。そののちに、御降誕和讃の歌詞を説明し、口も体も心も御降誕について研鑽に励んだ。最後に閉会式では当日研鑽した和讃を奉詠し、宗祖に報恩の誠をささげた。毎年参加されている方からは、「いつもと違う和讃で難しかったが、来年の管内法要にむけて和讃を練習していきたい」と話し、さらなる精進を誓った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07