全国の通信記事

2022年6月19日号

新潟西 出雲崎町圓徳寺で毘沙門講

新西220620③【新潟西】6月19日出雲崎町圓徳寺において毘沙門講が営まれ、多くの檀信徒で賑わった。圓徳寺の毘沙門天は1450年に日蓮宗に改宗する以前から同寺に安置されてきた。1712年に山崩れがあった際には、尊像自ら境内の欅の空洞に移動して難を逃れたとの言い伝えもあり、古くから信仰を集めてきた。当日も多くの参列者の太鼓と読経唱題の声が境内に響いていた。法要後、篠崎潮宏住職から毘沙門天の縁起とその利益を得るために必要な仏道修行などについての法話をきいた参列者からは、「できることから少しずつ修行に励もうと思う」等の声が聞かれた。

2022年5月24日号

新潟北 聖地顕彰 ご遺文奉読会

新北220606①【新潟北】令和4年5月24・25の両日、佐渡市において、日蓮聖人『観心本尊抄』述作750年を記念する「聖地顕彰 ご遺文奉読会」が開催され、新潟3管区の教師18名が参加した。24日は、本尊抄述作の地である本山妙照寺境内の始顕本尊宝塔前にて読経供養し、新潟西部近藤玄省所長より、昨年12月火災により焼失した伽藍の復興を願う御回向がなされた。続いて本山妙宣寺に移り、本堂を会場として奉読会を行い、『観心本尊抄』全編を2日かけて完読した。当奉読会は日蓮聖人佐渡御法難の各霊跡で、その地にゆかりの御遺文を拝読する企画で、長岡市寺泊祖師堂(『寺泊御書』)、佐渡市根本寺(『開目抄』)に続く第三回目の開催となった。次回は、柏崎市番神堂(『光日房御書』)で開催予定。

2022年4月29日号

福井北・真浄寺で大法要 ~山の中のお寺にお題目響く~

福北220525 (1)hp【福井北】四月二十九日、福井市上一光(かみいかり)町真浄寺(竹田法英住職)で宗祖御誕生八百年慶讃法要が営まれ、檀信徒約五十名が参詣した。同寺では記念事業として本堂内壁、外壁、山号額の補修塗装、庫裡の一部補修を行い、その締めくくりの法要となった。

法要では御宝前法楽に続き、檀信徒の女子学生三名が振袖姿で献供を行い、法要を彩った。挨拶で竹田住職は「宗祖のご生涯に感動して出家得度し、住職となって五十年が経ちました。過疎と言われて久しいこの集落ですが、こうしてこのお寺があって護持と大法要ができているということは、この集落にそれだけの力があるということ。心より感謝申し上げたい。」と述べた。

福井北布教師会長奥野文長師(石場妙国寺住職)の法話の後、総代山本義雄氏が「自他共に安らか、穏やかになるお題目の教えをこれからもこのお寺で守っていきたい。」と謝辞を述べ、円成となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07