全国の通信記事

2020年10月28日号

栃木 檀信徒統一信行会

栃木201113【栃木】10月28日さくら市妙福寺(野澤壯監住職)において、日蓮宗栃木県宗務所主催の檀信徒統一信行会が開催され、管内より16人の檀信徒が参加した。開催にあてっては、新型コロナウイルス感染症対策として日程の短縮や、参加人数の制限、テーブルや椅子の消毒、各場所に手指消毒スプレーの設置、入場時の検温など出来る限りの対策をした。開会式では、横山真康宗務所長(日光市慈眼寺住職)から、昨年台風で延期となった経緯や台風時の活動、コロナ禍においても大切な檀信徒統一信行会に参加してくれたことへの謝辞があった。続いて齋藤高藏日蓮宗栃木県檀信徒協議会会長は御降誕800年に向けて勉強していきたいとの抱負を語り、会場寺院住職である野澤壯監上人は妙福寺の縁起を話した。その後、藤﨑善隆上人(栃木県声明師会会長)のお釈迦様についてもう一度基礎から学ぼうと、初転法輪や四諦八正道の講話があった。また、会場寺院住職であり、布教師会会長でもある野澤壯監上人による高座説教として、一心欲見仏不自惜身命をテーマに阿仏房登詣の弁が披露された。最後に教師と参加者でともに法要を執り行い、御宝前に報恩感謝の誠を捧げた。(髙橋法靖通信員)

2020年2月15日号

栃木 髙橋法靖師帰山奉告式

栃木200220hp【栃木】2月15日下野市成田の妙光寺(髙橋昇経住職)にて、日蓮宗大荒行堂第参行を成満した髙橋法靖上人の帰山奉告式が営まれた。
当日は天候にも恵まれ、この時期としては暖かい日となったが、壱百日の苦修練行で身をやつした加行僧たちが下帯一枚の姿で寒水を被り始めると、祈るような眼差しで掌を合わせる檀信徒たちの姿が見られた。その後の奉告式では、若林一乗栃木県修法師会長より髙橋師に許証が授与され、続いて加行僧たちの力強い読経と法楽加持の声が堂内に響き渡った。最後に、来賓の祝辞を受けて謝辞に立った髙橋師は、行中における自身の心境を率直に語ると共に、法体健全と無事成満を一心に祈ってくれた住職と檀信徒、そして留守を護ってくれた家族に対する感謝の思い、そして今後檀信徒の幸せの為に一層精進・尽力するとの固い決意が述べられた。

2019年12月9日号

栃木 訃報・野澤日秀師

栃木191227【栃木】野澤日秀師(栃木県宇都宮市法光山妙金寺第36世)11月28日遷化、世寿94歳。法号は純義院日秀上人。
本通夜、本葬儀は12月9、10日に同寺にて営まれた。日秀師は昭和27年、那須烏山市妙光寺の第24世住職に就任。同40年、師父の遷化に伴い妙金寺の法燈を継承。平成20年に住職を退任するまで、同寺の伽藍維持整備に力を傾注した。
宗内では宗務所協議員会議長や北関東修法師連合会会長などを歴任。平成17年には紀州本山報恩寺の第36世加歴に晋山。また宗外では、宇都宮仏教界理事長や栃木県精神薄弱者育成会専務理事などの要職を歴任した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07