全国の通信記事

2017年1月14日号

栃木 那須塩原市等覚院で寺ヨガ

栃木170131’【栃木】1月14日那須塩原市のカフェ、Chus(チャウス)のnew year ヨガリトリート in Chusのプログラムの一部(寺ヨガ)が隣接する等覚院(藤﨑善隆住職)の本堂に於いて開催された。
一泊二日食事付で、参加者は18人、ヨガインストラクターは同カフェ勤務でもある山岸大輝氏、その中の寺ヨガは90分間のプログラムとなっている。
この企画は藤﨑住職の、これまでお寺に縁の無かった方たちに親しみを持ってもらいたい、お寺と地域との縁を深めたいという思いと、Chusが参加者に一年の始まりにお寺でヨガをすることによって凛とした気持ちになってもらいたい、Chusのある黒磯の歴史にも触れてほしいとの思いが重なり開催された。
山岸氏はヨガで一番大切なことは呼吸だと語る。呼吸によってどこが満たされているか、一呼吸ずつ常に意識し、呼吸に動きを合わせてポーズをとる。そうしてどこが伸びているか、どこが効いているか自分の体の隅々まで意識を張り巡らせるという。
ヨガの後、藤﨑住職から黒磯の約100年の歴史や等覚院の縁起、日蓮宗の本尊やお祖師様について、ヨガと止観の関連性の話があった。
会津若松市からの参加者は「ヨガを始めて2年になりますが、お寺でヨガをするのは初めてです。いつもヨガスタジオでやっていると雑念が入って素直に自分の体を見つめられなかったけれど、お寺独特の香りや雰囲気のせいか肌で感じる空気も違い、心と体がシンクロしやすかった。また是非寺ヨガを企画してほしい。」と感想を話してくれた。
他の参加者からも好評で、次回は4月に開催されることが決定している。

2016年12月7日号

栃木 歳末助け合い行脚

栃木161222【栃木】12月7日、宇都宮市に於いて、「歳末助け合い行脚」が実施された。当日は布教師会、青年会の有志10名が集まり、午後2時に妙正寺を出発。妙金寺から法華寺、東妙寺と、市内寺院を巡る行脚を1時間程度行った。寒空の下、団扇太鼓を叩き、お題目を唱えて市街地を練り歩く僧侶に、沿道では手を合わせる人の姿も見られた。

2016年11月10日号

栃木 御会式奉納演奏会

栃木161207 (2)【栃木】11月10日小山市妙建寺(西口玄修住職)本堂に於いて、バイオリンに上保朋子氏、ヴィオラに生沼晴嗣を招き、第735遠忌御会式奉納演奏会が開催され、50人ほどの檀信徒が聴き入っていた。
バッハのG線上のアリアやモーツァルトの二重奏曲など4曲を演奏し、曲間のトークで実は二人は30才差婚の夫婦だと発表して会場を驚かせていた。
その後、西口住職を導師、式衆6人の声明をたくさん取り入れた御会式法要が執り行われた。
檀信徒は「ここの御会式はコンサートと法要と音楽性が盛りだくさんでお祖師様も楽しんでいたと思う。」と話しながら帰路に就いた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07