全国の通信記事

2017年3月4日号

埼玉・檀信徒研修会

埼玉170331 (3)【埼玉】檀信徒協議会(伊藤光男会長)は、3月4日に川口市・妙仙寺檀信徒会館(外岡信昭住職)を会場に檀信徒研修会を開催し、僧侶・檀信徒88人が参加した。
檀信徒協議会が例年行っている研修会であるが、昨年と同じく研修会を違う視点からということで、
石黒淳明埼玉宗務所伝道担当事務長の法話に加えソプラノ歌手の西口彰子さん、落語に三遊亭楽生師匠を招いての研修会となった。
研修を前に、三枝泰英埼玉県宗務所長を導師に法味言上を行い、三枝所長・伊藤会長より参加者へ挨拶あり、伊藤会長は「今日は、これからソプラノの歌声と楽生師匠の若い落語家さんの落語を楽しんで下さい」と述べた。
その後、石黒伝道担当事務長の法話「ご降誕800年~宗祖の心を未来につなぐ~」を題として、来年
3月10日に川口市川口総合文化センター・リリアで開催を予定している「日蓮大聖人降誕800年慶讃北関東教区大会」の内容と宗門のスローガンである「いのちに合掌」をもとに法話をされ、その中で
「我々は、目に見えないお釈迦様の教えに包まれている。そのことをしっかり感じて、ありがたいと受け止めていくことが、法華経を信じお題目を唱える者の受け止め方ではではないか」と話した。
引き続き、ソプラノ歌手西口彰子さんのピアノ伴奏よるソプラノ独唱で「さくらさくら」から始まり、
西口さんは日蓮宗妙建寺の寺庭婦人で「私はお寺で生まれ育ちました。お寺をとても身近に育ったので、お寺でコンサートができることをとてもうれしく思います」と話した。
春の日本の歌、仏教讃歌、オペラ、ミュージカルを歌い、その澄みきった美声を会場内に響かせた。
休憩をはさんで三遊亭楽生師匠による落語が始まり、楽生師匠はご自身の千社札を準備され受け答えの際に配るなど「落語をもっと身近に親しんでもらいたい」と話された後、古典落語『甲府ぃ』を披露された。楽生師匠の張りのある声とテンポのよい話術に会場は笑いが絶えず、参加者は皆話に聞き入っていた。最後に会場を提供していただいた外岡住職より「また、このような研修会を開催したいと考えております。また皆様是非ご参加下さいませ」と話し研修会を終えた。

2017年2月22日号

埼玉 大祈祷会

埼玉170303 (2)【埼玉】修法師会(仁部前崇会長)は、二月二十二日さいたま市中央区の妙行寺(佐々木章友住職)において平成二十八年度大祈祷会を開催し、僧侶・檀信徒合わせて約百人が参加した。
大祈祷会に先立ち、埼玉日青会(野本好海会長)による唱題行列が行われ、妙行寺周辺をお題目の声と団扇太鼓を響かせながら約一時間練り歩き、戻る際には、妙行寺向かいにある国指定天然記念物『大榧』の袂にある金毘羅天堂にて一読の後到着した。
その後、本年度大荒行を成満した五名による水行式が行われ、荒行を終えて間もない五名の行僧が勢いよく水を被る姿に参加者の目が釘づけになった。
本堂に移り、川越市円真教会担任星光照師による高座説教『涕涙石』の一節と埼玉県法華和讃奉詠会による和讃の奉詠が行われた。大祈祷会開式を前に成満僧を代表して法光寺修徒渡邊大延師より荒行体験談が披露された。渡邊師は「二月十日に行を終えてから、本日に至るまで奉告式や帰山式またこのような大祈祷会に参加させていただき、百日間の修行は自分の修行でもあるが、家族や県内県外の寺院の皆様、また本日お集りの檀信徒の皆様のお蔭で修業ができるのだと実感しています」と語った。
引き続き、仁部会長を導師に管内修法師による世界平和祈願・特別大祈祷修法加持が行われ、力強い読経と木剣を振るう修法師を前に参加した檀信徒は皆手を合わせていた。
法要終了後、三枝泰英埼玉県宗務所長、会場寺院の佐々木住職が成満僧へ労いと参加者へ感謝の言葉が述べられた。佐々木住職は「今後は、このような行事に際し、慢心な気持ちにならず謙虚な心をもって今までの経験を活かし目標を高く持ち努力を重ね”妙行寺なかなか良かったよ”と皆様の思い出に残るよう努めていきたい」と話した。最後に、仁部会長は「明日のことを大事に、感謝して過ごしていいただくのが信仰だと思います。今日、皆さんとお唱えしたお題目を大事に、ご信心ご修行宜しくお願い致します」と謝辞を述べた。今回、祈願の申し込みがあった祈祷札六百枚が参加した檀信徒へ手渡され大祈祷会を終えた。

2017年2月14日号

埼玉 池田豪志師帰山奉告式

埼玉170220池田豪志師 (1)【埼玉】二月十四日、さいたま市岩槻区大法山眞淨寺(池田恒孝住職)において本年第初行を成満した池田豪志師の帰山奉告式が行われた。午後1時より、僧侶檀信徒の多くの人が出迎えるなか唱題行列にて帰山。その後、今年度成満した行僧十名と共に水行式が行われ、百日間の荒行を終えた行僧十一名の気迫ある水行となった。引き続き、眞淨寺本堂において帰山奉告式に移り、式中の特別祈祷の後、豪志師は御宝前にて力強く帰山奉告文を読み上げた。
恒孝住職は「おかげさまで無事成満することができました。これ偏に仏祖三宝、諸天善神の御加護のおかげと信じております」と謝辞を述べ。 豪志師は「多くの方々の支援があって、今ここに私が居れるのだと強く感じる修行でした。これからは、この恩に報いるため眞淨寺発展のため尽力させていただく所存です」と話し、参列者に感謝を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07