全国の通信記事

2019年11月23日号

北海道南 函館市妙心寺で大古久天神祭

北南191223 (1)【北海道南】各家庭・会社等の大古久様・恵比須様を清める「大古久天神祭」が11月23日、北海道函館市の臥牛山妙心寺にて行われた。
同祭に合わせ妙心寺の大古久様は披露された。
先代住職の故・若松知泉上人が子(ね)の年の1984年に中山法華経寺大荒行堂参行300日を成満されたことを機に1本のヒノキから
彫られた6尺(訳180センチ)の大古久様を同寺の尊神堂に安置。知泉上人は1986年からその大古久様に1文字5ミリに満たない
大きさで「法華三部経」をしたため人々の幸せや健康が長く続くようにと願われた。
約8万字に及ぶ経典。知泉上人は視力が衰える中も少しずつ全体の約7割まで書き続けてこられたが、昨年の6月に67歳で御遷化された。
誨泉上人は先代上人の思いとともに引き継ぎ11月13日に全て書き終え眼を入れた。
法華三部経は大古久様の頭巾から書き始め衣から袋にまで及ぶ。誨泉上人は「おおよその線が残っており先代は計算しながら書いていたようです。」
と話された。
若松知泉上人の思いは誨泉上人に引き継がれ書き始めてから30年以上かけて成就され、大古久様は知泉上人の一文字一文字に込められた
想いとともに函館山の麓から海と街を眺められている。

2019年10月30日号

北海道東 第30回北海道東部交通安全キャンペーン

北東191112 (1)【北海道東】修法師会(久富慈順会長)と、青年会(内山智伸会長)は10月30日、釧路市合掌寺(佐々木光照住職)において「第30回北海道東部交通安全キャンペーン」を共催し、僧侶檀信徒合わせて約30名が参加した。
はじめに市内の交通事故物故者を慰霊するため、青年会が約7キロの距離を唱題行脚し、その後、修法師会による交通安全祈願法要が行われた。
佐々木住職は「修法師会と青年会の皆様のおかげで、釧路でも事故の多いこの場所で唱題行脚、交通安全祈願法要を行って頂いたことに感謝いたします。」と述べた。
また檀信徒からは「大勢のお上人に来て頂き大変ありがたかった。これからも交通安全に心掛けていきたいです。」と感想を語った。

2019年10月27日号

北海道東 十勝組寺お会式和讃奉唱

北東191111【北海道東】十月二十七日、十勝組寺会(大沼公経会長・音更町妙源寺住職)は芽室町実勝寺(内山智伸住職)において「第十七回お会式和讃奉唱」を開催した。
九か寺の組寺が和讃の研鑽と檀信徒の交流を兼ねて平成十五年から始めた取り組みで、今年で十七回目となる。
当日は約百二十名の檀信徒が十勝管内から集い、報恩感謝の気持ちで統一和讃を奉唱した。
八十キロ離れた町からの参加者は、「同じ十勝に住んでいても、この様な機会が無ければ、他のお寺にお参りすることはなかなか難しい。お寺の行事にこれからも積極的に参加したい」と語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07