全国の通信記事

2019年2月23日号

北海道西 吉森智詳師の帰山式

北西190301吉森師 (1)【北海道西】二月二十三日室蘭市蓮華寺に於いて、檀信徒約七十名が参列する中、初行吉森智詳師の帰山奉告式が行われた。式中、智詳師は謝辞の中で師父上人の姿に近づくべく入行を志し無事成満を迎えられたことに感謝するとともに、以後師父上人を助けながら蓮華寺発展の為益々精進を重ねて行くことを誓った。

北海道西 木村寛朋師国祷会

北西190227a 木村師(1)【北海道西】登別市法華寺(木村寛朋住職)で本年度加行所副伝師の任務を完遂された木村師の国祷会が営まれ檀信徒380名が参列した。
二月二十三日、立春余寒の境内で檀信徒を問わず多くの人が見守る中、木村師と行僧6名は水行式に臨み、力強く唱える水行肝文が朗々と山内外に響き渡った。国祷会では、地域守護の諸仏・諸天善神の勧請もされ、報恩感謝の読経、力強い修法が行われた。
平成時代に開設された加行所では最年少で副伝師を拝命し、その重責を果たされた木村寛朋師は、伝師部各聖の指導の中で任務の円成であったことを奉告、諸仏諸天の守護と檀信徒の理解に感謝を述べていた。また観心本尊抄の「不軽菩薩は所見の人において仏身を見る」の一節を拝読し、「いのちに合掌を根幹とした安穏なる社会づくり、人づくり」を誓い、立正安国祖願達成を祈念した。来賓には元副伝師の宗会議員佐藤光則師、若松宏泉師、古田智康師、道内外の修法先達が参列、代表して泉水慎道師が感賞状を伝達し祝意と慰労の言葉を述べた。木村師は「『初心を忘れるべからず』と常に謙虚な師匠の言葉を忘れず皆様と共に真剣にお題目を唱えて真の幸せを求めて生きたい」と謝辞を述べ閉式した。

2019年2月17日号

北海道西  松本貫経師の国祷会

北西190226b松本師【北海道西】今回千日の荒行を達成し、阿闍梨号允許 光華阿闍梨 智大院日望の称号を授与された
参籠代表 松本貫経上人の国祷会が2月17日、札幌妙興院(松本貫経住職)で営まれ、檀信徒約100人が参列した。
式中に今行堂の木村寛朋副伝師より、允許証が授与され檀信徒からの盛大な拍手に包まれた。
北海道において一千日を達成されたのは初めてのことである。
檀信徒は「自分のお寺の住職がこんなに素晴らし方で誇らしい」と涙ながらに語っておられました。
松本上人は「千日の中で今回の行が一番祈りの強い行でした。これからも檀信徒の皆様のために精進して参ります。」と述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07