全国の通信記事

2021年11月26日号

北海道西 第1回教学研修会

【北海道西】宗務所は第1回教学研修会を11月26日、札幌市瑞玄寺で開催した。現地参加とZOOMを利用したリモート参加を合わせて50人の僧侶が参加した。

「日蓮聖人降誕の意義」~安房東条に生まれ育ったことを「第1の果報」と言われたのは何故か~と題して同市妙覚寺住職の高橋俊隆師が、日蓮聖人の生誕地・安房東条の地勢・人間関係、時代背景などについて講演。特に名越氏や東条氏などの領主や日蓮聖人の庇護者だった領家の尼などについて丁寧な解説がなされた。参加者からは「目から鱗が落ちる思い。明日からすぐにでも檀信徒教化に繋げられる」といった声が上がった。

2021年11月21日号

北海道西 コロナ禍支援のお米無料配布

北西211213【北海道西】令和3年11月21日午後1時から3時まで札幌市瑞玄寺(伊藤美妙住職)においてコロナ禍支援のお米無料配布が行われました。5kgのお米を200名分用意し、配布されました。お米は檀信徒からの寄付とお寺で購入した物です。

約130人が訪れ、皆様喜んで受け取られておりました。残りのお米は札幌市母子寡婦連合会の代表者さまにお渡しし、仕事などで受け取りに来られなかった母子家庭の方々に配布して頂きました。後日、配布した方々から

『皆様のおかげで食べ盛りの子供三人を育てていけている事にとても感謝しております。』

『食べ盛りの子が美味しそうに食べている姿をみて、私も幸せな気持ちになり、また頑張ろうと元気をもらいました。』

『シングルマザーで子供が二人いますが、頼る人が居ないのでとても助かりました。』

などのお礼の手紙を頂いたそうです。伊藤住職は「今後も檀家の方々の協力を頂きながら支援を続けていきたいと思います。」と話されていました。

2021年8月18日号

北海道西 お供えのお菓子を福祉団体へ

北西210909②【北海道西】8月18日、札幌瑞玄寺(伊藤美妙住職)において、北海道西部尼僧会(灰野妙輝会長)、北海道西部寺庭婦人会(佐藤修子会長)が合同で集めた、お盆にお供えされたお菓子、果物、飲み物が入った袋80軒分を札幌市母子寡婦福祉連合会の代表の方に渡し、各家庭に配布して頂いた。後日、母子寡婦家庭の方々から「コロナ禍でなかなか遊びに行けない中、ちょっとしたサプライズの感じで嬉しかったです。」「子供が見たことのないお菓子に目を輝かせて喜んでおり、その姿を見て小さな幸せをかみしめています。」など沢山のお礼の手紙を頂きました。灰野尼僧会会長は「お供え物を喜んでもらって下さる方がいることは嬉しい。これからも寺庭婦人会と協力し合いながら続けて行きたいと思います。」と話した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07