全国の通信記事

2018年10月4日号

北海道東 交通安全キャンペーン

北東181029 (2)hp【北海道東】修法師会(本田光一会長)と、青年会(内山智伸会長・実勝寺住職)は十月四日、芽室町実勝寺において「第二十九回北海道東部交通安全キャンペーン」を共催し、僧侶檀信徒合わせて約五十名が参加した。
まず、町内の交通事故物故者を慰霊するため、青年僧による唱題行脚が行われた。その後、実勝寺の御宝前において、修法師会による交通安全祈願法要が行われた。
実勝寺護法護持会長の保田政義さんは「この様に大勢の青年僧の唱題行脚を見たのは初めてのことでしたし、修法師のお上人方の力強いご祈祷も、大変有難かったです。これから先も、この様な素晴らしい活動が続いていくことを期待しています。」と語った。

2018年7月30日号

北海道東 少年少女修養道場

北東180831 (4)【北海道東】斜里郡斜里町日照寺(合瀬豊永住職)で小学1年生から中学3年生までの子ども33人が参加し、7月30日から2泊3日の少年少女修養道場が開催された。内山智伸青年会長(河西郡芽室町実勝寺住職)が道場長となり、地引網での漁、畑での野菜収穫など普段の生活ではできない体験の中から子どもたちにいのちの尊さを感じられるこころを伝えた。

2018年6月24日号

北海道東 日蓮聖人降誕800年慶讃北海道東部管区大会

北東180807③【北海道東】北海道東部宗務所(室伏見秀所長)は六月二十四日、釧路市生涯学習センターで「日蓮聖人降誕八〇〇年慶讃北海道東部管区大会」を開いた。当日は道東各地よりバス十五台を使い、僧侶檀信徒八百三十名が参加した。
第一部の慶讃法要では内藤行円副大会長の開式の辞に続き、来賓の塩田義徹伝道局長の発声で不軽品二十四字を参加者全員で唱えた。その後、釧路法華寺・妙堅寺合同和讃隊による「日蓮聖人奉讃歌題目」のなか僧侶が入場、法要中も参加者は読経やお題目を会場内に響き渡る声で唱えていた。
終了後、導師を務めた室伏所長は「この東部は空港が五カ所もある広い場所です。移動も大変なうえ、いろいろとお忙しいなか集まって頂き、疲れも見せない皆様の笑顔にこの大会が無事円成できたことを実感すると共に心より感謝申し上げます」とお礼を述べた。
第二部では歌手で俳優の杉良太郎氏が「福祉・想いのままに」と題して講演を行った。永年にわたる刑務所での慰問活動・障害者施設での福祉活動の話に、テレビを通して見ていた姿と違う生き方に参加者は感銘を受けていた。参加者の小山和延氏(広尾町広教寺檀徒)は「日蓮宗の檀家となって初めてこのような大きな大会に参加させて頂きました。お祖師さまの八百歳のお祝いを出来たこと、そして八百人で唱えた御題目の迫力に感激しました」と感想を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07