全国の通信記事

2017年9月28日号

北海道東 遠紋地区檀信徒研修道場

北東171010①【北海道東】遠紋地区檀信徒研修道場が9月28日、遠軽町日京寺(須永智健住職)で行われ、52人が参加した。
田古寿延師(美幌町妙純寺住職)は「日蓮大聖人御降誕について」と題して講義。日蓮聖人の誕生から出家の経緯から立教開宗に至るまでを話や自坊の檀家のの実話を語った。稲垣見穂師(釧路市妙堅寺住職)は「家庭内信行のススメ」と題して、灯明・線香・仏花・仏具について細かく説明。参加者が各家庭に帰ってすぐ実践できるように檀信徒の目線に合わせた分かりやすい解説を行った。

2017年8月29日号

北海道東・北網地区檀信徒研修会開催

北東170911 (1)【北海道東】8月29日に北見市妙秀寺(岩崎玄秀住職)で第13回北網地区檀信徒研修会を開催し、僧侶檀信徒約90人が参加した。

午前の部では女満別妙行寺住職合瀬公景上人が日蓮宗の修業について法話をした。「荒行だけではなく、他にも色々な修業があり、僧侶が初めから何もかもができるわけではない」とあまり聞いたことがない僧侶の世界の話に皆耳を傾けていた。

お昼には北見市のカントリーウエスタンバンド、ザブロンコスの演奏を聴き、午後の部では北海道東部地区宗務所長室伏見秀上人から宗門運動についての話があり、最後に唱題行をし、参加者それぞれが行学に励んだ。

2017年7月16日号

北海道東・網走市大盛寺で盂蘭盆川施餓鬼流灯会

北東170724 (2) 【北海道東】網走市大盛寺(秋永智淳住職)で盂蘭盆川施餓鬼流灯会法要が 7 月 16 日に行われた。この法要は網走市で送り盆を迎える 7 月 16 日、先祖の供養と水死者の冥福を祈るため毎年行われているもので、今年で 28 回目となる。同市中心部を流れる網走川での灯篭流しは、夏の風物詩となっている。午後 7 時、秋永住職を含め僧侶 3 名による読経のなか、約一千個の灯篭が船から次々と流され、川面を彩った。川沿いでは読経とともに静かに流れゆく灯篭に、多くの市民らが手を合わせ祈りをささげる姿がみられた。秋永住職は「この灯篭流しを通じて、これからを生きていく子供たちにも故人を悼む気持ちが伝わってくれれば」と話す。流した灯篭は下流ですべて回収され、翌日 17 日境内でお焚き上げされた。

 

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07