全国の通信記事

2017年5月26日号

北海道南・蓮華山本行寺にて入寺式

北南170613(2)hp用【北海道南】5月26日北海道南部函館市の蓮華山本行寺にて第三世 原一彰上人の入寺式が行われました。
払子は昨年の5月26日に世寿七十三歳で遷化された第二世 原顕彰上人に代わり当山正干与人の函館常住寺住職 鈴木曦寛僧正より継承されました。先代上人は布教研修所主任、信行道場主任、常任布教師、現代宗教研究所嘱託等。また宗外では、函館南無の会会長、函館少年刑務所教誨師会会長、保護司を務められていて平成二十六年には瑞寶雙光章叙勲されている。また昭和五十五年、日蓮大聖人七百遠忌を期して始めた本行寺テレホン説教は、平成二十八年三月まで七七九回と続けられました。先代上人の宗門内外での活動に間近に接してこられた新住職の原一彰上人「当山では、開山上人、先代上人ともに、檀信徒教化と同様に社会教化にも力を尽くしてこられました。先師のお気持ちを引き継ぎ、法華経の広宣流布、お題目の具通のために精進を続けたいと思います。」
と決意を述べられていました。また、入寺式を無事に終えての最初の法務は先代の原顕彰上人の一周忌でした。

2017年4月15日号

北海道南 第2回檀信徒研修道場

北南170609 (3)【北海道南】宗務所(土屋大乗所長)主催の第2回檀信徒研修道場が4月15日と16日の1泊2日の日程で、函館市妙應寺(長田啓明住職)で開催され、檀信徒69名が研鑚を積んだ。参加した道場生が、恒例となった揃いの作務衣に身を包んでの開講式ののち、導師を勤めた土屋所長が「尊い修行をするのだという意識を保ち、たくさんのことを持ち帰って特別な2日間にしてもらいたい」と述べ、道場生を激励した。
初日は長田住職が、六老僧の1人で北海道布教・海外布教の始祖である蓮華阿闍梨日持上人との縁深い寺歴について話し、日持上人所有とされる仏像が特別に披露された。間近で見る布教の足跡に、感動し涙を浮かべながら合掌する道場生の姿も見られた。
「いのちに合掌」のテーマに基づいて教化センターが企画し、管区各会の協力のもとさまざまな研修を盛り込んだ道場。第1回から参加者が倍増した今回は、唱題行や写経に加え、団扇太鼓や和讃、「できるようでできない」ご宝前での焼香の作法などをしっかりと学び、道場生は和やかながらも真剣に修行に励んだ。

修法により開眼された写経が、閉講式で1人ひとりに授与され、道場生はみな達成感に満ちた表情を浮かべていた。
前回に続き2回目の参加となる道場生は、「仲間とともに修行するのが楽しい。強引に誘って連れてきた友人もまた来たいと喜んでくれた。修行の輪が広がってほしい。」と早くも次回の参加への意気込みを語っていた。

2016年11月13日号

北海道南 第3地区信行結集大会

北南161130 (2)【北海道南】今年で34回目を迎える北海道南部第3地区(鈴木光成地区長)信行結集大会が11月13日、神恵内村法華寺(鈴木光成住職)で行われ僧侶檀信徒約200名が参加した。開式の後地区僧侶出仕のもと法要が営まれ、来賓の土屋大乗宗務所長、上田道博南部檀信徒協議会会長より祝辞。「大会34回の継続に感謝」「御生誕800年をお迎えするにあたっての信仰の大切さ」を述べられた。
法要終了後には、若松誨泉南部伝道担当事務長より「菩提寺のあり方と宗門運動」の講話、人口減少や過疎化問題等、多々身近にある問題に 参加者も真剣な眼差しで受講した。午前の部最後に参加者一同でお唱えした和讃は、日頃各寺院での研鑽が一つになった奉唱であった。
昼食終了後には、第3地区恒例のお楽しみ抽選会が行われ100本を超える景品に一喜一憂し、盛り上がりの余韻冷めぬ中、沖縄民謡のミニコンサート。沖縄県出身で現在札幌市在住のミュージシャン、トニー・洲鎌氏の奏でる三線に魅了され、歌をつけたり太鼓をつけたり踊りをつけたりと参加者一体の余興となった。
閉式には、五十嵐浩二法華寺責任総代が宗徒の誓いを述べ、鈴木光成第3地区長より謝辞を以て終了した。
「来年もまた会おうね」「お元気でね」と参加者は笑顔で声を掛け合いそれぞれの家路に向かった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07