全国の通信記事

2018年5月24日号

北海道南 檀信徒協議会研修総会

北南180615 (1)【北海道南】管区檀信徒協議会(上田道博会長)の研修総会が5月24、25日に江差町法華寺(亀谷泰雄住職)で開催され、檀信徒ら60名あまりが参加した。法味言上、総会に続いて『江差法華寺の寺歴と江差町の歴史』をテーマに研修会が行われ、亀谷泰弘副住職の講演と案内のもと、寺歴を学びながら堂内を拝観した。法華寺は六老僧日持上人を開基とし、隣の上ノ国町にあったが、ニシン漁と北前船交易による江差町の商業都市としての発展にともない、1665(寛文5)年江差町に移り、1716(享保元)年に現在の本堂が建立された。参加者は、池大雅の作と伝わる天井画『八方睨の龍』の迫力と、境内にそびえる樹齢400年以上の大欅や最北限であり樹齢230年以上の寒椿に感嘆の声をあげていた。その後、追分会館に移動して、ニシン交易の船乗りによって伝えられたという民謡『江差追分』の実演を鑑賞し、江差町の歴史と文化に触れた。江差町は北海道初の日本遺産に、また江差追分は北海道遺産に選定されている。会場を乙部町光林荘に移して25日は、木下恵照師(八雲町光明寺住職)による晨朝説教の後、懇談会が行われ、日々の信仰のあり方や11月30日に開催される『日蓮聖人降誕八百年北海道南部管区記念大会』に向け、熱心に質問や意見交換がなされた。

2018年2月12日号

北海道南 木下恵隆師・帰山奉告式

北南180225【北海道南】2月12日函館市妙顕寺(木下恵徳住職)で、参行を成満した木下恵隆師の帰山奉告式が、ともに100日間修行した荒行僧5人の出仕のもと行われ170人が参列した。連日暴風雪が猛威を振るい、この日も気温はマイナス8度。吹き荒ぶ風の中での帰山行列と水行を大勢の檀信徒が見守った。恵隆師は「支えてくれる皆様のありがたさを噛みしめる日々だった。大黒様のような笑顔を備えた僧侶を目指し、心安らぐお寺を檀信徒の皆様と築いていきたい」と、感謝とともに強く優しい決意を語った。帰山を待ち焦がれていた4歳の長女、萌果(ほのか)さんからの花束に思わず泣き崩れると、拍手喝采と「おかえり」の歓声が響き、一足早く春が来たような温かい笑顔が堂内に満ち満ちていた。

2017年12月12日号

北海道南 大塚泰淳師本葬儀

【北海道南】大塚泰淳師(せたな町法華寺第3世)の本葬儀が昨年12月12日、同寺で営まれ、多くの参列者が遺徳を偲んだ。大塚師は昨年12月9日、世寿74歳で遷化。昭和41年に法華寺に住職に就任し本堂改築など寺観一新に尽力した。宗内では布教師会長など要職を務め、宗外では町会議員や消防団長として地域に尽くした。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07