全国の通信記事

2017年9月3日号

北海道南 第2地区・第37回信行結集大会

宗門運動1710①【北海道南】「お題目で繋がる安心」をテーマに北海道南部第2地区の第37回信行結集大会が9月3日、知内町国本寺(金森一眞住職)で同寺の本堂落慶奉告式と合わせて開催された。
国本寺では、平成22年に新本堂建立に向けて護持会を結成。24年に建設委員会を立ち上げて事業を進めてきた。そして昨年8月、庫裡の完成後に地鎮式、今年の2月に完成した。金森住職は、同13年、体調を崩していた大坪敏郎住職を補佐し、毎日のように約140㌔離れた北檜山町の妙源結社から片道2時間かけて同寺に通い続け、同寺の檀信徒との絆を深めてきた。15年7月、大坪師の遷化に伴い、同寺第4世を継承し、本堂の改修を志した。地域の過疎化・檀信徒の高齢化が進むなかでの厳しい事業だったが、金森住職の熱意と檀信徒の篤い思いがひとつになって落慶の日を迎えた。
大会では、浅野本陽副地区長、土屋大乗宗務所長、上田道博檀信徒協議会長が、それぞれ落慶の祝いとお題目信仰の大切さを話し、来年の宗祖降誕八百年慶讃管区大会に向けての協力と参加を促した。その後、会場を移し、岡観要師(福島町妙蓮寺住職)の記念講話「みんなのためにお題目!!」を聴き、最後は「エンカサイズ」と銘打った地元出身の演歌の大御所・北島三郎の歌に合わせて体操を楽しみ、心身ともにリラックスして大会を終えた。金森住職は謝辞で「開山上人が種をまき、2世上人が根を張り、3世上人がしっかりと幹を作りあげ、今こうして花咲いた。これからは実を結べるようがんばりたい」と述べた。

2017年7月27日号

北海道南・函館市妙心寺で修練道場

北南170804【北海道南】七月二十七日から二泊三日で函館市谷地頭にある中山法華経寺北海道別院 臥牛山 妙心寺にて修練道場が開かれた。
妙心寺の修練道場は当山住職の若松知泉僧正が始められたもので今年で三十五回目を数える。
修練道場の運営には妙心寺住職を始め、副住職の若松誨泉上人・若松裕泉上人・奥様・妙心会・松法会さらには近隣寺院の青年僧がスタッフとして参加している。

今年の子供たちは過去最多の五十六名の小学校1年生から六年生までが集まった。
毎年欠かさず参加する子供たちが多く、OB・OGとなってもスタッフとして参加する子供たちも年々増えている。

一日目はお寺の近くにある「ふるる函館」(函館市青少年研修センター)を借りて始まる。最初は家族へ日頃伝えにくい感謝の言葉を手紙に書き家に帰る頃に届くようにハガキを出す。
その後、体育館で暑さに負けずに子供達と共にスタッフも加わりリレー・ドッジボールをして汗をかき、夕食を迎える。
食事の際には元気溢れる大きな声で食法を唱え、寝る前には副住職 若松誨泉上人からの話を聞き一日を振り返り  就寝となる。

2日目は朝のラジオ体操から始まり、一度お寺に向かい朝勤をする。食事後は自分たちが使った布団の整理と部屋の掃除をし、お寺へと移動後は毎年スタッフが考えた修練道場の思い出の一つとなる工作をする。
今年の工作は個性溢れる多彩な万華鏡を作成。昼食後はお寺の近くにある函館公園まで歩き、スタッフも参加した鬼ごっこで力いっぱい元気に走り回り、これもまたお寺の近くにある谷地頭温泉へ移動してお風呂での思い出を作った。

この日の夕食は毎年住職が汗を流しながら率先してスタッフとともに子供たちに食べさせるジンギスカン・焼きそばを準備し、おにぎりは妙心寺奥様をはじめ女性スタッフの方たちが一つ一つ子供たちへの思いも込めて握ってくれる。
子供たちも道産子らしく準備されたジンギスカンを喜んで食べ、食事後は花火をし、
尊神堂をゴールとした肝試しをする。中には泣いてしまう子供や棄権する子供もいるが
最後にはみんな尊神堂に集まりを副住職 若松祐泉上人からの問いかけに子供たちは一生懸命考え、発言し、そして今までの自分を思い出し、見詰めなおし静かな時間を過ごし就寝する。

など
3日目の朝もラジオ体操から始まり、朝勤を終えて食事をする。二泊三日の修練道場で過ごした時間の中の法話や工作、友達との交流など子供たちが感じたことを作文にまとめ修練道場の最後となる妙心寺の水子供養に一般の檀信徒とともに参加し子供たちは献花をして一緒にお経を読む。

水子供養が終わるとそのまま本堂で閉会式となる。住職が参加したひとりひとりの子供に修了書を手渡す。子供たちも大きな声で返事をして胸を張りながらも照れくさそうに受け取る。修了書を受け取った人数は今年で延べ一〇〇〇人を超えた。
最後に子供たちから住職をはじめスタッフに感謝の言葉が贈られて終了となる。

閉会式のあとは、スタッフが準備したかき氷や、焼き鳥・くじ引き・野菜の直売などを準備したバザーで子供を迎えに来た親御さんや一般の檀信徒とともに楽しんで
スタッフの見送る中、「来年もまたきます!」と笑顔で子供たちは帰って行った。

全ての日程を終了したあと、副住職若松誨泉上人は「今回で35回目を迎えました修練道場は、函館市内近郊の子供たちを対象に56人が集まり開催することになりました。最近寺離れが問題となっておりますが、子供たちに少しでもお寺とのご縁と興味を持ってもらいたく、毎年いろいろな事を考えながら取り組んでおります。みんなと仲良く和になってこれからも精進して参りたいとおもいます。」と話してくださりました。

2017年5月26日号

北海道南・蓮華山本行寺にて入寺式

北南170613(2)hp用【北海道南】5月26日北海道南部函館市の蓮華山本行寺にて第三世 原一彰上人の入寺式が行われました。
払子は昨年の5月26日に世寿七十三歳で遷化された第二世 原顕彰上人に代わり当山正干与人の函館常住寺住職 鈴木曦寛僧正より継承されました。先代上人は布教研修所主任、信行道場主任、常任布教師、現代宗教研究所嘱託等。また宗外では、函館南無の会会長、函館少年刑務所教誨師会会長、保護司を務められていて平成二十六年には瑞寶雙光章叙勲されている。また昭和五十五年、日蓮大聖人七百遠忌を期して始めた本行寺テレホン説教は、平成二十八年三月まで七七九回と続けられました。先代上人の宗門内外での活動に間近に接してこられた新住職の原一彰上人「当山では、開山上人、先代上人ともに、檀信徒教化と同様に社会教化にも力を尽くしてこられました。先師のお気持ちを引き継ぎ、法華経の広宣流布、お題目の具通のために精進を続けたいと思います。」
と決意を述べられていました。また、入寺式を無事に終えての最初の法務は先代の原顕彰上人の一周忌でした。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07