全国の通信記事

2017年7月16日号

北海道東・網走市大盛寺で盂蘭盆川施餓鬼流灯会

北東170724 (2) 【北海道東】網走市大盛寺(秋永智淳住職)で盂蘭盆川施餓鬼流灯会法要が 7 月 16 日に行われた。この法要は網走市で送り盆を迎える 7 月 16 日、先祖の供養と水死者の冥福を祈るため毎年行われているもので、今年で 28 回目となる。同市中心部を流れる網走川での灯篭流しは、夏の風物詩となっている。午後 7 時、秋永住職を含め僧侶 3 名による読経のなか、約一千個の灯篭が船から次々と流され、川面を彩った。川沿いでは読経とともに静かに流れゆく灯篭に、多くの市民らが手を合わせ祈りをささげる姿がみられた。秋永住職は「この灯篭流しを通じて、これからを生きていく子供たちにも故人を悼む気持ちが伝わってくれれば」と話す。流した灯篭は下流ですべて回収され、翌日 17 日境内でお焚き上げされた。

 

2017年6月25日号

北海道東・本別町法華寺で法灯継承式

北東170630 (3) 【北海道東】本別町法華寺で6月25日、第3世遠山順継師から第4世遠山順正師への法灯継承式が行われた。
僧侶檀信徒、約110名が見守る中、15年間、住職の責にあった第3世順継師より、新住職の第4世順正師へと払子が手渡された。
新住職はこれまでの先師の偉業を讃え、その心を受け継ぎながら、法華経弘通に邁進することを御宝前に誓った。
総代長の近藤午郎氏は、「檀信徒のみならず、地域全体で新住職を盛り立てていくことを願う。」と温かい言葉で新住職の入寺を祝った。

2017年6月9日号

北海道北・札幌市で平成29年度北海道教区教師研修会開催

北北170619 (1)【北海道北】6月9日、「平成29年度 北海道教区教師研修会」が開催された。札幌ビューホテル大通公園を会場とし、32名の教師が集まった。
講師には東京都経王寺の住職、互井観章師をお招きし、『テレフォン相談にみる寺檀家関係の諸問題』をテーマに1時間半の講演を行った。互井師は、電話や手紙等で一般の方々からの相談を受け付けている「仏教情報センター」で相談員を務めており、長年の経験に基づいたお話は大変興味深く、参加者は真剣な眼差しで聞き入っていた。
また、社会の変化と共に相談の内容も変化しており、近年では家庭での信仰の継承、移民、難民の方々の供養等の相談が多く、お寺や僧侶の、細かやかで柔軟な対応が大事になるだろうと強く語った。
さらには、互井師が相談員を務めている仏教情報センターには年間約4千件の相談が寄せられており、その中でもお寺や僧侶に対する苦情が多い事があげられ、参加者一人一人が深く考えさせられる意義深い研修会となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07