全国の通信記事

2017年10月11日号

北海道南 長万部町法華寺で法灯継承式

北南171120 (1)【北海道南】10月11日、長万部町法華寺で第2世髙橋妙怡師から第3世三田智康師への法灯継承式が行われ、僧侶檀信徒を合わせて約100名が参列した。
退寺した髙橋師は平成元年に法灯を継承して以来、檀信徒に寄り添い法華寺護持発展に尽力し、平成14年には本堂の移転新築、境内地を整備し寺観を一新した。三田新住職は、昭和57年生まれの35歳。宗立学寮に在籍しながら立正大学を卒業後、布教研修所、布教院などでさらに研鑽を重ね、平成27年には大荒行堂第再行を成満した。
法灯継承式の後、祝賀会が行われ、三田新住職は謝辞で「多くのご縁を頂いてこの日を迎えることができた。感謝を忘れることなく、覚悟をもってお寺の為に精進していきたい」と決意を述べ、堂内には万雷の拍手が響き渡った。

2017年10月4日号

北海道西 三笠市妙法寺で入寺式

北西171018【北海道西】10月4日北海道三笠市妙法寺において、午前に第七世慈修院日要上人第三回忌法要・第八世大野龍祥上人法燈継承入寺式、午後に移転新築落慶法要・高祖七百三十六遠忌御会式法要が営まれた。
前日から降り続いていた雨も止み、落慶を祝うかのような晴天の中、有縁寺院・檀信徒100人が参列した。
第八世龍祥上人は挨拶の中で「今日に至るまで大勢の方々の恩を深く感じております。新たな始まりとなりますが、師父・先代住職の想いでもある百年先も檀信徒の皆様が安心してお参りの出来るお寺を目指し一日一日積み重ねて参ります。」と力強く語った。
檀信徒は移転新築にご尽力された先代住職に思いをはせ涙し、新住職に対する期待と喜びの拍手を送った。

2017年9月28日号

北海道東 遠紋地区檀信徒研修道場

北東171010①【北海道東】遠紋地区檀信徒研修道場が9月28日、遠軽町日京寺(須永智健住職)で行われ、52人が参加した。
田古寿延師(美幌町妙純寺住職)は「日蓮大聖人御降誕について」と題して講義。日蓮聖人の誕生から出家の経緯から立教開宗に至るまでを話や自坊の檀家のの実話を語った。稲垣見穂師(釧路市妙堅寺住職)は「家庭内信行のススメ」と題して、灯明・線香・仏花・仏具について細かく説明。参加者が各家庭に帰ってすぐ実践できるように檀信徒の目線に合わせた分かりやすい解説を行った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07