全国の通信記事

2020年2月19日号

東京北 七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【東京北】台東区谷中 本山瑞輪寺(井上日修猊下)に於いて2月19日に七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会が厳修され、本年の日蓮宗加行所を成満した行僧30名が出仕し、檀信徒僧侶約130名以上が参列した。
本年の日蓮宗加行所第参行を成満された芥田健作上人(岡山市妙福寺住職)が水行導師、修法導師を勤められた、水行式では30名による大迫力の水行を檀信徒は身命に合掌し見入っていた。引き続き井上日修猊下を法要導師に、行僧の早く力強い読経と、一糸乱れぬ木剣による御祈祷が厳修され、国家の安泰、殊に国内でも猛威を振るっている新型コロナウイルスの早期収束、並びに感染者の当病平癒を祈念した。
その後、本年の日蓮宗加行所を成満した出仕行僧を代表し水行導師、修法導師を勤められた芥田上人より、「本来、行僧挨拶は私ではなく先輩上人がお話になるところですが井上貫首様と私が師弟関係にあることからご挨拶をさせて頂きます、何卒、ご容赦願います」とされ「行中では師厳道尊、給仕第一の精神を正傳師様からのお言葉で今一度、思い出すことが出来きた、その培ったものを大切にしていき自坊でも布教活動に役立てていきたい」とご挨拶され、さらには井上日修猊下、正傳師を勤められた吉澤日観猊下に謝辞を述べられた。
続いて、来賓を代表し令和元年度正中山大荒行堂正傳師 吉澤日観猊下より 「まずもって行僧30名、お招き頂きましたこと井上猊下初め参与の皆様に心より感謝申し上げる次第です。本日は瑞輪寺様の御宝前、その前で水行をさせて頂き、中山荒行堂と同じように行僧が座りお経をあげ、皆様に御祈祷をさせて頂きました。この行僧が来ている清浄衣は僧侶が亡くなった時に着る死に装束であります。死を覚悟して修行をして参りました。ですので、本日、檀信徒の皆様には行僧がお唱えしたお経の功徳を受け取って頂きまして日々健全であることをお祈りさせて頂きます」と謝辞を述べられた。
結びに井上猊下より「【大地はささばはづるるとも 虚空をつなぐ者はありとも 潮のみちひぬ事はありとも 日は西より出づるとも 法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず】日蓮聖人がお示しになられた祈祷抄の一節でございます。本年は当山で開催の国祷会、第13回目となりました。御来賓の当山参与、小林上人、金森上人、畑上人、御挨拶頂きました、正傳師をお務めなられた吉澤上人、副傳師をお務めなられた新妻上人、御参席頂きまして例年通り国祷会を執り行えましたこと、大変感激をしております。日蓮宗大荒行を成満されました行僧の皆さん、当山の大荒行堂成満國祷会にご出仕頂きまして誠にありがとうございます。また檀信徒の皆様にはコロナウイルスが大変な時期に御足労頂きましたこと感謝する次第であります。私は昭和39年、昭和43年と2回行堂を経験しております。初行の際は16キロ痩せました。本日、初行で御出仕された行僧の方は28キロも痩せたと仰っておられました。それだけ大変な修行をされてきたわけでございます。ですから檀信徒の皆様は本日、頂いた御加持には大変な功徳がございますのでその功徳をお持ち帰り頂き、日々の御生活にお励みを頂きたいと存じます」と謝辞が述べられ、その後、山内の東京七面山堂内にて行僧による特別祈祷があり、七面大明神例大祭・大國祷会は無事円成した。

2020年2月18日号

神奈川1 伊東常行師帰山式

神一200226 (2)【神奈川1】令和2年2月18日、晴天の中、川崎市鹿島田浄蓮寺(伊東正光住職)において、第参行伊東常行師の帰山奉告式が営まれた。約百名の檀信徒と関係者が見守る中、午前9時40分より、伊東常行師をはじめとする出行僧6名が帰山旗をもつ檀信徒とともに、南武線鹿島田駅前から帰山行列を出発し、山門を抜けて本堂前に到り、読経、写真撮影をした後、出行僧6名が水盤を囲み、迫力ある水行式が行われた。帰山奉告式では、行僧各聖の力強い読経と御宝前法楽加持が行われた後、常行師により帰山奉告文が読み上げられた。堂内にいた檀信徒は各々、身命に合掌し、その様子を見守っていた。その後、吉田顯嶺修法師会長により、許証が代読され、常行師へ授与された。謝辞において、常行師から「大黒様のおまつりをすることが私の使命であり、それにより、大黒様をお持ちの各家庭に、益々の御守護をしていただきたく思い、荒行に入りました。 一心に読経をし、日に7度の水行を怠ることなく精進することができ、行堂での大黒祭で各家庭の大黒様の汚れを落とすことができました。本日お配りする御札と大黒様には私だけでなく全120名の行僧の100日分のお経が詰まっている大変尊いものであり、皆様の願いや祈り、供養の志は、浄蓮寺の鬼子母神様、大黒様とつながり、浄蓮寺の鬼子母神様は荒行堂の鬼子母神様と電話の線のようにつながっております。皆さまが法華経に説かれる生き方をしていたければ、必ず鬼子母神様、大黒様はお守りしてくださいます。今後も皆様と一緒に修行をして心を研ぎ澄まして次の行を目指したいと思います。」と力強く語った。

2020年2月15日号

東京南 宗務所主催檀信徒研修道場

東南200313 (6)【東京南】2月15日(土)に、宗務所主催の檀信徒研修道場が目黒区八雲常圓寺(古河良晧住職)で行われ、檀信徒約50名が参加した。はじめに古河師より、「旧・碑文谷法華寺由来の法華信仰」と題してスライドを用いた講演がなされた。碑文谷法華寺(現・天台宗円融寺)は日蓮聖人の高弟日源上人が弘安6年(1283)に天台宗法服寺を改宗し、江戸期には末寺75ヶ寺を擁する日蓮宗の名刹寺院として栄えた。しかし、不受不施論争の際、江戸幕府の命を受け元禄11年(1698)天台宗に改宗され、四百年余りに及ぶ日蓮宗寺院としての歴史を閉じたとされる。古河師は「宗門は十七世紀頃の不受不施問題で大きな外圧を受けて二分され、流罪を受けた上人方、ご信者の方々のご苦労は想像を絶したものと思われる。不屈の精神のもとに数々の困難を忍んでこられた先師たちの気持ちを受け止め、いかなる状況においても世の平安と人々の安寧を願い、法華経信仰を受け継いでいかなければならない」と語った。その後、碑文谷法華寺伝来の釈尊涅槃図が特別公開され、輪郭線や余白に経文が書き込まれた特徴的な涅槃図の解説がなされた。
続いて一龍齋貞鏡師より、来年の宗祖降誕八百年に向け、「日蓮聖人御一代記」の講談が演ぜられた。講談特有のズミカルな話し方に聴衆は終始魅了されていた。
参加された檀信徒の一人は「貴重な涅槃図も見ることができ、大変感動した。ぜひ皆にも見てもらいたい」と話し、充実した様子であった

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07