全国の通信記事

2017年9月14日号

東京西 文京区蓮華寺入寺式と本葬儀

PHG_4381HP用【東京西】九月十四日(木)、東京都文京区白山蓮華寺に於いて、第三十二世橘髙智行師の入寺式及び第三十一世智説院日皇上人(橘髙智光師)本葬儀が営まれた。蓮華寺は天正十五年(一五八七年)に安立院日雄上人により創建され、武家の檀信徒が多く武士寺とも呼ばれた。
秋晴れの爽やかな天気の中、有縁の各聖、檀信徒約四百名が参列し、入寺式、本葬儀が厳粛に進められ、僧俗一体となった清々しい読経と唱題の声が堂内に響き渡った。
入寺式では東京親師法縁を代表し池田順覚師(玉川寺住職)より「私たちの体の中には先代の血が流れています。心の中に師匠が生きています。心に問いかけながら、家族・檀信徒の皆様と手を携えてお寺をお護りしてほしい」と祝辞が述べられた。
本葬儀は松村壽巖貫首(本山貞松蓮永寺)を導師に迎え執り行われ、茂田井教洵宗務所長(東京都西部)、山田日潮貫首(本山堀之内妙法寺)、石川一郎氏(蓮華寺総代)より弔辞を述べられた。山田貫首は涙ながらに故人との思い出を語られ、その恩徳を偲ばれた。
新住職となられた橘髙智行師は「先代は僧侶として自分の出来る事をやり遂げられた住職でした。それも皆様のご協力あっての事と思います。これからも歴代のお上人、師父の事を忘れずに、皆様への御恩を返していきたい。」と謝辞を述べた。
遷化された橘髙智光師は身延山久遠寺布教部長、特別僧風林林長、身延山大学客員教授等を歴任し、常任布教師としても活躍し、また地域社会に於いては民生委員、保護司を務め、各機関より表彰され、遷化後には瑞寶雙光章を授与された。
また長年に渡り西部教化センターの施本に法話を執筆し、「法話はおかゆだよ。小さい子にも分かるように話しなさい」との言葉通り、分かりやすく、多くのことを教えられた。
尚、師の長年の功労顕彰し『橘髙智光上人おぼん施本選集』が東京都西部教化センターから出版された。

2017年8月22日号

神奈川1 第六十九回大岡川施餓鬼法要流灯会

神一170829 (7)【神奈川1】平成29年8月22日。横浜市中区末吉町の「旭橋」際の大岡川河畔において、立正和協会(原慎定会長)主催の第六十九回大岡川施餓鬼法要流灯会が営まれ、数多くの僧侶・寺庭婦人・檀信徒が参列した。
昭和23年より始められているこの法要では、大正13年に横浜を始め関東地方に甚大な被害を与えた関東大震災、昭和20年に終戦を迎えた太平洋戦争で亡くなられた数多くの戦没者、交通事故、水難事故等の都市災害横死、近年の災害物故者、祖先を始め過去因縁一切の精霊の供養のために幡水香を以て施餓鬼法要を行い、法要中に法号・名前を書いた灯籠を大岡川に流し供養を行っている。
午後六時より施餓鬼法要が立正和協会原慎定会長導師のもと開式され、式中、導師による表白ののちには神奈川県第一部寺庭婦人会により和讃の奉唱が行われた。和讃奉唱後に式場で自我偈が転読されるのと期を同じにして、大岡川にて灯籠流しの供養がはじめられた。
本年度供養された約200個の灯籠はゆっくりと列を描くように横浜の繁華街を流れる大岡川を下り、参列した数多くの檀信徒、また灯籠流しが行われている事に気がついた通行中の多くの未信徒は、それぞれ手を合わせて、川を通して繋がっている都市や海の果ての異郷の地で命を落とした物故者に供養の気持ちを向けた。

2017年8月20日号

東京東 東日本大震災犠牲者慰霊・復興支援活動

東東170927 (3)【東京東】東京教化伝道センター(東京都東部伝道センター、西部教化センター、南部教化センター、北部広報委員会による構成)と東京都南部社会活動部会(富田泰陽部会長)は8月20~21日、宮城県石巻市の女川町石巻バイパス仮設住宅にて東日本大震災の犠牲者慰霊並びに復興支援活動を行った。震災発生直後より物資配布や炊き出し、心のケアとしての傾聴カフェ、夏祭りなどを通じて絆を深めてきたが、来年3月の同仮設住宅閉鎖に伴い、今回が最後の活動となった。
参加の僧侶23名は二日間をかけて仮設住宅内の集会所や女川町はじめ市内の各慰霊碑前にて法要を執り行い、犠牲者へ供養の誠を捧げた。また、「夕涼みの会」ではバーベキューを行い、元居住者の方々も駆けつけて励まし合って歩んできたこの6年間をふり返り、共に語り合った。
この支援活動は、震災発生後の平成23年5月より防災部が中心となって取り組み始めたもので、その後、管内僧侶はもとより、東京管内各会の有志、宗会議員、全日青、岩手県青年会、日蓮宗ビハーラネットワーク、全国日蓮宗女性教師の会、輪母の会、浅草仏教会の各師各位など約90名にものぼる多数の賛同、協力を得て定期的に実施、継続して取り組んできた。
また、宮城県女川町ひとり親家庭福祉会では、震災で親を亡くされた家庭・家族の絆を深めるために、今年で4回目となる「東京スカイツリーと東京ディズニーリゾートの旅」を実施しており、この取り組みに対しても自坊を宿泊所として提供している髙松孝行師(二之江妙勝寺住職・当時防災部長)は、「6年に亘る組織的な支援活動は終わりを迎えたが全てが終わりではない。 “自分たちの存在を忘れないでほしい”という被災者の思いに応えるべく、個々の絆を更に深められるよう、今後も何らかの形で取り組みたい」と思いを語った。
(支局発)

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07