全国の通信記事

2019年2月24日号

神奈川1 松本慈寛師帰山式

神一190304松本師 (3)【神奈川1】平成31年2月24日、暖かな日差しがそそぐ中、横浜市杉田妙法寺(松本慈恵住職)にて副住職である松本慈寛師の日蓮宗大荒行堂第再行帰山奉告式が行われ、妙法寺檀信徒、並びに練馬法華結社から大変多くの檀信徒が参詣、お祝いに訪れた。
妙法寺筆頭総代先頭のもと、午前10時より7名の行僧と沢山の帰山旗をもつ檀信徒は妙法寺裏手の駐車場から帰山行列を出発し、妙法寺に辿り着くとまずは境内地に勧請されている牛頭天王堂にて一読した後、本堂前にて読経を行った。
その後10時半より平成23年度と24年度に渡り副伝師を勤められた御師範、松本慈恵僧正ならびにご家族が見守る中、行僧各聖による水行式が行われた。
そして帰山奉告式にては行僧各聖の力強い読経と御宝前法楽加持が行われた後、慈寛師による帰山奉告文が言上された。
許証授与に於いては法華経寺貫首、また大荒行堂伝主である新井日湛猊下より直々に許証をお読み頂き、慈寛師へ授与された。
謝辞において慈寛師は、来臨の各聖及び檀信徒各位に感謝の意を述べ、現役の医師でもある自身の今後の抱負を語った。

2019年2月23日号

神奈川2 塚本敬之師帰山式

神二190226塚本師 (2)【神奈川2】二月二十三日、鎌倉市妙典寺にて塚本敬之日晟師の第五行傳師相承成満帰山奉告式が行われ、檀信徒約百五十人がつめかけた。
午前十時半、檀信徒が迎えるなか同行僧と共に唱題行列をし帰山すると、本堂正面で水行。
堂内にて、檀信徒ともに力強くも心のこもった読経がなされたあと、御宝前に帰山奉告を行った。
日晟師は、「初行を修めて二十余年、この度第五行を成満することが出来ました。思えば初行より再々行に至るまで、種々の目的や願い、使命感を持って行を修めて参りました。ただ、今回の第五行にあたっては、そういったもののあらゆるすべてを仏さま鬼子母神さまにお預けし臨みました。すると身体は辛くとも、お経やお題目を唱えていると、心に今までにないほどの喜びが溢れ豊かになっていきました。この得られた功徳をもって、これからも檀信徒の皆様とともに、敬いの心感謝の心を保ち法華経お題目の修行に励んで参りたいと思います」と語った。

2019年2月19日号

東京北 七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【東京北】台東区谷中 本山瑞輪寺(井上日修猊下)に於いて2月19日に七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会が厳修され、本年の日蓮宗加行所を成満した行僧30名が出仕し、檀信徒僧侶約130名以上が参列した。
本年の日蓮宗加行所第五行を成満された村山智洋上人(三浦市圓徳寺住職)が水行導師を勤められ、日蓮宗加行所第参行を成満された河村泰政上人(一宮市妙法寺御裡)が修法導師を勤められた、水行式では30名による大迫力の水行であり檀信徒も息を殺して見入っていた。引き続き井上日修猊下を法要導師に、行僧の早く力強い読経と、一糸乱れぬ木剣による御祈祷が厳修され、国家の安泰や檀信徒それぞれの御祈願を祈念した。
平成30年度正中山大荒行堂正傳師 吉澤日観猊下より 「本年度は87名の修行者が2月10日に無事に成満しました。井上猊下の命を受けて本日、水行導師並びに修法導師をお勤め頂いた村山上人、河村上人が中心となりまして30名が参集させて頂きました。井上猊下には心より感謝申し上げます。この行僧が来ている清浄衣は僧侶が亡くなった時に着る死に装束であります。命を懸けて読経と水行をして参りました。ですので、本日、檀信徒の皆様は大変ありがたい御祈祷を受けられたと存じ上げます。皆様にはご祈祷を心に留めて頂いて今年一年間、無事であるようにと行僧は御祈祷をされたと思います。どうぞ受け取って頂ければありがたい限りでございます。井上猊下におかれましては益々、御法体健全にして頂きまして我々に引き続きご教導頂ければありがたいと存じます」と謝辞を述べられた。
続いて本年の日蓮宗加行所を成満した出仕行僧を代表し、水行導師を務められた村山上人より、お招き戴いた井上日修猊下と、参列された本年度正傳師 吉澤日観猊下に謝辞を述べられ、「この國祷会は国の平和を祈る式でございます。日蓮聖人が立正安国論で言われているように、国の平和がなければ我々が安心して暮らせる世の中はない、といった思いで日蓮上人は法華経を広宣流布しておられました。我々、行僧も皆様の幸せを思って一百日を過ごして参りました。国の平和をそして皆さんの幸せを祈る姿勢こそが仏様、諸天善神の功徳を頂けることが出来ます。皆様もこの國祷会の意味するところであります国の平和といったことを祈って頂けるからこそ、皆様の願うことが成就するのであります。しかし、今後、うまくいかないことがあるかもしれません、そういった際にはまた、瑞輪寺様に来て頂き、正しい行いを今一度、確認して頂き、お参りをして頂ければ、皆様のご家族の方々が安穏に暮らせていけるのではないかと思いますので益々、瑞輪寺様をもととして御信心して頂ければと思います。我々、修行僧は木剣をもって皆様の心の迷いをお祓い申し上げます。日蓮聖人の教え法華経の教えを正しく信仰して頂き、御祈祷を受けて頂けるとその相乗効果で皆様が幸せに、国が平和になっていくであろうと思います。我々と共に国が世界が平和であるように共に精進して参れればと思います。」とご挨拶された。
結びに井上猊下より「日蓮宗大荒行を成満されました行僧の皆さん、当山の大荒行堂成満國祷会に御来山頂きまして誠にありがとうございました。また、私が瑞輪寺に晋山させて頂きましてから、爾来13年になります。本年は第12回目と相成りこの國祷会に錦上花を添えて頂きました。御来賓の当山参与、小林上人、金森上人、畑上人、御挨拶頂きました、正傳師をお務めなられた吉澤上人、副傳師をお務めなられた新妻上人、厚く御礼を申し上げます。正傳師様の御挨拶の通り、本年は87名の行僧しか入行しなかった中で、30名もの方々がボランティアの精神で当山においで下さった事はありがたい限りで、檀信徒の皆様は心から感謝をしなければならないことであります。と申しますのも、お1人が百日、30人が集まれば三千日でございます。この三千日の功徳を皆様は頂けたわけです。どうか、これからも七面様の御信仰を通じてお題目の信仰を益々なさって頂く、それが皆様にかえってくるのが御利益でございます。どうか本日12回目の國祷会に御参加頂きました事をご自身の身に叩き込んで頂いて、一生懸命に御信仰に励み頂きたく存じ上げます。」と謝辞が述べられ、その後、山内の東京七面山堂内にて行僧による特別祈祷があり、七面大明神例大祭・大國祷会は無事円成した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07