全国の通信記事

2019年9月7日号

東京東 九州北部豪雨災害支援募金

東東190919【東京東】宗務所(沖真弘所長)は九州北部豪雨災害に対する救援活動として、防災部(塚原英基部長)、伝道センター(布施慈宣センター長)、日青会(甲州晶洋会長)を中心に支援金募金を行った。
九月七日、柴又帝釈天題経寺(望月洋靖住職)にて実施しされた当募金には、発生直後ということもあって多くの参拝者にご理解・ご協力を頂き、十四万三八〇二円もの支援金が集まった。
集まった支援金は全額、大町町役場へと受け渡された。

2019年9月5日号

神奈川3 県内3管区合同布教研修会

神三191004 (1)hp【神奈川3】九月五日(木)箱根湯本富士屋ホテルにおいて、令和元年度神奈川県下三宗務所合同布教研修会が開催された。本年は当管区が担当し、六十余名の教師が出席。
講演に先立つ山﨑浩道所長の挨拶では、本日の講演テーマが、日々、檀信徒の先祖供養を行う日蓮宗教師にとっての根拠となる、死生観に関わる内容である旨が述べられた。
登壇する講師は、中部大学大学院教授・米国ヴァージニア大学客員教授の大門正幸氏。同大学では、これまで四十か国以上から二千六百超の生まれ変わりの事例を収集。「前世を語る子供たち」というテーマのもと、過去生の記憶を持つ子供たちに対する調査結果の紹介を中心に講演がなされた。
米国テキサス州生まれのジェームズ・ライニンガー君の事例では、一歳十か月のとき、博物館の第二次世界大戦コーナーへ釘付けになったことから、過去生の記憶があることを周囲に表現し始める。幼児が知る由もない、前世の空軍パイロットの頃、乗っていた飛行機の名称や特徴、隊に所属していた兵士の名前までを報告。後に、事実であることが確認されたという。
大門氏によれば、生まれ変わりの事例は文化や洋の東西を超えて報告され、前世が動物や爬虫類だったと報告する事例もあるとのこと。仏教の六道輪廻の一端を裏付ける研究結果と言えるかもしれない。
参加者は、大変興味深い講演の内容に真剣に耳を傾けた。時間一杯まで多くの質疑応答が行われ、午後三時半に閉会となった。

2019年8月25日号

神奈川1 大岡川施餓鬼法要流灯会

神一190828 (2)【神奈川1】令和1年8月25日。横浜市中区末吉町の「旭橋」際の大岡川河畔で、立正和協会(片沼顕修会長)主催の大岡川施餓鬼法要流灯会が営まれ、200名を超える僧侶・寺庭婦人・檀信徒が参列した。
今回で71回目を迎えたこの法要では、関東大震災や太平洋戦争で亡くなられた戦没者、近年頻発する地震・風水害等の天災の物故者、交通事故・水難事故等の都市災害の物故者、祖先を始めとする過去因縁の一切の精霊の供養のために施餓鬼法要を営み、法要中に法号・名前を書いた灯籠を流し供養を行っている。
午後6時に雅楽が鳴り響く中、立正和協会 会長導師のもとに施餓鬼法要が開式。
導師が表白文を読み上げた後、神奈川県第一部寺庭婦人会による和讃の奉唱が行われた。
日が沈みかけた6時半頃、自我偈の転読が始まると、川に浮かべた船から、1000を超える諸精霊の供養のための約400基の灯籠が一つずつ丁寧に放たれた。 風に煽られながら、ほのかにオレンジ色の光を放つ灯篭は暗い水面に姿を映し、ゆっくり列を描き、集まったり離れたりしながら、幻想的に大岡川を下った。 横浜の喧騒を忘れさせる雰囲気の中、道行く人々も足を止めて、手を合わせて灯籠の行く末を静かに見守りながら、諸精霊に供養の気持ちを手向けていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07