全国の通信記事

2018年11月29日号

神奈川3 厚木市妙傳寺法灯継承式

神三181205c (2)hp【神奈川3】十一月二十九日(木)厚木市 星梅山妙傳寺において、第五十五世法燈継承式が行われた。
当日は二百名を超す管内外有縁の各聖、妙傳寺寺族、檀信徒が、法燈継承式に参列した。
午前十一時より始まった式では、まず神奈川県第三部宗務所・山﨑浩道所長より辞令伝達が行われ宇都宮行厚新住職に住職認証状が授与され、続いて宇都宮教要前住職より新住職に払子が授与された。
奉告文では「沙門某、智慧浅く徳薄き者なれば大聖人この妙傳寺に込められたる御意向・目的の全容知るところにあらず。然りと云えども歴代の諸上人引き継ぎ、残されたる想い精神たる法燈に連なり、積み重ねられたる御徳、その一分を頂き信に替えその使命を求め果たさんと欲す。久遠の本佛みほとけの人々を仏になさんとする慈しみ、成仏の直道たる妙法蓮華経のみ教え、みほとけの理想を叶えんと精進なされた日蓮大聖人の御徳、佛祖三宝の恩徳、力添えあらんことに確信の信を置き、これより八百年、九百年、千年に続く妙傳寺の未来、その橋渡しの一片とならん」と力強く述べた。
続いて、堀之内法縁長・東京都杉並区 妙法寺山田教周貫首より祝辞、そして堀之内法縁の「教」の字の新名「教侃」が新住職に授与された。
その後、前住職、妙傳寺檀家筆頭総代、謝辞があり、最後に新住職から「院首はまだまだ気力・体力充実しており住職を退任するにはあたらないのですが、不肖の弟子である私の為に敢えて退任して住職の任を引き渡し、私を育てんとする慈しみの心をいただいて今日の式典を迎えることが出来ました。そのお気持ちに添うようにこれからも師匠のお言葉をいただきながら住職の任を全うする所存であります」と感謝の言葉を述べ閉式となった。
法要後、午後一時より妙傳寺客殿・境内にて祝賀会が催された

2018年11月12日号

神奈川3 日蓮聖人星下り霊跡三ヵ寺団体参拝

神三181205b (2)hp【神奈川3】神奈川県第三部檀信徒協議会(古谷利夫会長)は十一月十二日(月)、神奈川県厚木市の日蓮大聖人ご霊跡である星下り三ヶ寺を巡る団体参拝を檀信徒・教師六十一名参加のもと行った。
午前十時半、一行はまず妙傳寺祖師堂にて御開帳を受けた。ご開帳後、境内にて厚木市の指定文化財になっている木造釈迦如来立像や木造毘沙門天・持国天立像等を拝観した。
昼食の後、蓮生寺続いて本山妙純寺においてご開帳を受けた。妙純寺では境内にて星弘道貫首を交えて集合記念撮影が行われた。
三ヵ寺共にご開帳の後、貫首・住職より佐渡流罪に遭われる直前の日蓮大聖人や星下りの名前の由来になった明星の縁起の話しがあり聴き入る参加者の姿が見られた。

2018年11月7日号

神奈川3 本山妙純寺で星日龍師晋山式

神三181205a (2)hp【神奈川3】当日は管内外有縁の各聖、妙純寺寺族、檀信徒が、晋山式に参列した。式に先立ち午前十時半から本山山門より雅楽の音色と共に練行列が行われた。
午前十一時より始まった式では、まず妙純寺参与・静岡県淨祐寺武田真良住職から、法燈の証である払子が星弘道(日龍)新貫主に継承され、続いて、神奈川県第三部宗務所・山﨑浩道所長から貫首辞令の伝達がなされた。
その後、星新貫主が礼盤に登壇。勧請読経の後、ご宝前に向かい「そもそも当山は日蓮宗旧四十四ヵ本山の一に数えられる名刹なり。鎌倉時代より兵災火災に遭い歴代先師が必死の思いで今日まで七四七年の法燈を守り通し、特に復興に際し第三十九世龍淳院日榮上人、第四十世真乗院日康上人、第四十一世龍雄院日賢上人の思い尋常ならざるものなり。此度不肖日龍が関係各位の推挙を受け第四十三世の法燈を継承す。今当に法燈継承式にあたり当山の歴史と伝統の重さを考えうるに身の震えを感じている。これよりは仏祖三宝、宗門各聖、檀信徒ならびに当山関係各位の力添を願いここに日龍最後の給仕奉行を尽くす覚悟を奉告するものなり」と力強く述べられた。
最後に、山﨑所長・妙純寺檀家総代から祝辞、続いて星新貫主より「日蓮聖人は法華経を弘めんがために命を投げうったわけでございます。その様な事を想うと私もこのお寺をお預かりすることの重責が本当に大きいものであると思って、身を引き締めて今後も精進せねばならないと思っております。最後のご奉行ということで日蓮聖人並びに先代始め歴代、また日蓮宗の諸々にお仕え感謝を申し上げたいと思っております」と謝辞があり閉式となった。
法要後、ヒルトン東京お台場に場所を移し祝賀会が催された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07