全国の通信記事

2019年2月16日号

神奈川3 内山裕明師帰山式

神三190220a内山師 (2)hp【神奈川3】二月十六日(土)、平塚市・大通山法傳寺にて、内山裕明日裕上人・日蓮宗第荒行堂結界修行五百日成満帰山奉告式が執り行われた。
午前九時、雪がちらつく中、近隣の檀信徒宅にて法味言上した後、同行僧六名・檀信徒と共に行列を開始し、日裕師の帰山を祝う多くの檀信徒が唱えるお題目の中帰山。
続けて午前九時半より、本堂正面にて水行式が行われた。
午前十時、日裕師の帰山を祝し参列し八十名を超える寺族・檀信徒が参列する中、法傳寺本堂にて帰山奉告式厳修。
式に先立ち、山﨑浩道宗務所所長より五行皆伝傳師相承の認証証、岩田譲晃修法師会長より結界修行五百日成満の允許証が授与された、続いて大荒行堂・新妻教誠副傳師より御本尊の授与がなされて帰山奉告式が開式。
式中、帰山奉告文にて、日裕師は「五行皆伝、傳師相承の奥儀本尊相伝を拝受し、万感に迫りその筆舌に尽くす事あたわじ。本日此処に、遠近の檀信徒唱題のもとに帰山する事を得たり。これ私一人の力にあらず、表にあっては物心両面に渡りお心にかけてくださいました、檀信徒の皆様。裏において今日の帰山奉告式まで留守の間支えてくれた家族のお蔭。是に報いるに何を以ってすべきや。されば『南無妙法蓮華経』の御題目を広める役割である事を自覚し、広宣流布の大願成就を誓う者也。ことには、沙門日裕、『身口意三業』身体で、口で、心で、日蓮大聖人の大秘法を授持し奉るが故に誓う」と法傳寺御宝前に誓願された。
奉告式の最後に山﨑所長、岩田修法師会長、新妻副傳師そして組寺を代表して平塚市妙安寺・守屋宣泰住職が祝辞を述べ、同行僧を代表して第五行村山智洋師の挨拶があった。
続けて総代より謝辞の後、日裕師より「ここまで二十五年ほどかかりまし。修行ですので厳しいことも多くありますが、力を持って常に水をかぶりご祈祷をしてまいりました。それが少しでも皆様に報えるように今後精進してまいります」と、法傳寺・内山一明住職から「今日は二月十六日。偶然お始祖様の誕生日であります。そのご聖日に裕明の帰山奉告式が出来ましたことを大変ありがたく思っております」と謝辞があり閉式となった
今後の内山裕明日裕師の更なる活躍を、そして法傳寺の寺門繁栄が感じられる一日であった。

2019年2月13日号

神奈川3 鳥羽是鏡師通夜本葬儀

神三190225a (2)【神奈川3】二月十三日(水)、十四日(金)小田原市酒匂、神力山法善寺に於いて二月七日に遷化された第三十五世鳥羽是鏡・圓光院日住上人(世壽九十歳)の通夜・本葬儀が執り行われ、導師には池上本門寺執事長・雨坪弘行寺住職金子元彦上人を迎え、管内教師式衆のもと厳粛に執り行われた。
二日間、管内外有縁の教師や檀信徒・寺族が述べ約百名を超える方々が、是鏡上人の遺徳を偲び参列した。
午後五時五十五分、御題目唱和と共に師衆入堂。読経・回向の後、遺弟を代表し現住職である鳥羽文恵師より「師父は昭和四年東京向島にて生まれ、両親が熱心な法華経信者であったことから、昭和二十七年二十三歳で出家、昭和三十三年法善寺住職となり以後五十数年以上にわたり寺門興隆に尽くして参りました。学生時代の友人、寺院を通して知り合った方々、様々な趣味を通じて知り合った方々との交流は深く思い出に残っているようでした。近年足腰が弱くなってからも毎日変わらない日常を送り、囲碁や音楽などの趣味を楽しんでいました。時には家族に料理を振る舞うこともありました。非常に元気にしておりましたが、血液の病気などで入退院、手術をし、今月始めに容態が悪くなり病気へ行ったが残念ながら回復するができず七日に遷化しました。生前、近隣の御寺院をはじめ各上人からご厚誼を賜り幸せだった、皆さまに宜しく伝えてくれと申しておりました。今後は師父の遺誡を守り、精進して参ります」と謝辞挨拶を述べ閉式となった。
翌、十四日(金)午前十一時から本葬儀が執り行われた。
式中、金子元彦導師より歎徳がなされ、続いて神奈川県第三部宗務所・山﨑浩道所長(宗務総長代読)、第七区宗会議員小林正雄師から弔辞が拝読された。
法善寺総代原邦明氏は「お上人は歴代住職墓地再改築整備・檀信徒墓地・無縁墓所の整備、書院・客殿の新築、山門の建立、駐車場の整備など長期的展望に立ちつつ、法善寺を守り、発展充実に尽力されました。構想力や意思の強さには周囲の誰もが驚くとともに大変立派になった菩提寺を檀信徒一同は誇らしく思っています。時あたかも平成の世が終わり新しい時代を迎えますが、どうかご安心下さい。檀家一同、お上人のご遺志を受け継ぎ後継者である文恵住職とともに前に進む覚悟でございます」と別れの悲しみとともに感謝の気持ちを述べ、参列者全員で上人の増圓妙道を祈念した。

2019年2月12日号

神奈川3 中原善雄師帰山式

神三190220b中原師 (1)hp【神奈川3】二月十二日(火)、平塚市・慈雲山慈眼寺にて、中原善雄日堂上人・日蓮宗大荒行堂結界修行参百日成満帰山奉告式が執り行われた。
午前十時、本堂正面にて同行僧八名と共に迫力ある水行式が行われた。
午前十時半、日堂師の帰山を祝し参集した檀信徒が参列する中、慈眼寺本堂にて帰山奉告式を厳修。第五行全堂代表・佐野前明師より結界修行参百日成満の允許証の授与が行われ、帰山奉告式が開式。
式中、帰山奉告文にて、 日堂師は、「佛祖の御恩に深謝すると共に今日以来益々慈眼寺が栄え、法華経の教えが広まり、皆が南無妙法蓮華経の御題目で一つとなり慈しみ深い仏様の子として自覚し、支えあって生きる平和な国造りを示す立正安国の教えに基づき、感得する大黒相承祈祷秘伝を以て国家再建を祈る。更にはこの度の沙門の修行に當たり、御支援頂いた各聖・慈眼寺檀信徒各家・本日参詣の面々息災延命にして心中の所願成就を祈念し、この日を迎えられたことに佛法僧・諸天善神・慈眼寺歴代の先師に厚く厚く感謝したもう」と力強く慈眼寺御宝前に誓われた。
法要の最後に山﨑浩道宗務所所長より「初行・第再行、そして第参行と三百日をご成満され、慈眼寺様の後を継ぎ、法燈継承するのにしっかりとしたものをお持ちだと思っております」と祝辞が述べられ、行僧代表挨拶では佐野前明師が「皆が苦しい時でも自身を顧みず、他の修行僧を気遣う心の広さを持ち合わせているのが当山の若上人です。それはきっとご両親からそういう風に育まれたからこそ、心根が荒行堂に入っても変わらない優しさを持ち合わせているのではないでしょうか」と述べた。
続いて日堂師が「百日の間、荒行堂に鎮座している鬼子母大尊神様、そしてこの大黒様に同行八十七名の加行僧の皆様の力をお借りしまして精一杯祈りを続けてまいりました。そこで得た福徳力を少しずつではありますが檀信徒の皆様にお配りし、檀信徒の皆様と慈眼寺を盛り立てていきたいと思います」と、師僧である中原詮雄住職より「今日より皆様から三回も荒行を修行してきた人だからと、そういう目で見られることであるかと思います。その重圧に耐えながら行と学の二道にまた明日から精進する日が始まるわけでございます。本人、十二分にそれを自覚していることだろうと思いますが、私も師僧として折に触れ指導し訓育をしてまいります」と謝辞を述べ閉式となった。
今後の中原善雄日堂師の益々の活躍を、そして慈眼寺の更なる発展が感じられる一日であった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07