全国の通信記事

2018年8月1日号

神奈川3 第29回サマースクール

【神奈川3】八月一日(水)~二日(木)の二日間にわたり、日蓮宗神奈川県第三部青年会主催による「第二十九回サマースクール」が開催された。
本年度の参加者は二十八名で小田原・円妙寺・丸太の森キャンプ場を会場に行われた。
初日は、小田原・円妙寺で開校式を行った後、同市にある神奈川県立生命の星・地球博物館に場所を移し、館内全てを使いウォークラリーをし、その後キャンプ場近くの浴場施設で入浴をした。
キャンプ場ではバーベキューや花火、キャンプファイアーと普段の生活とは違う自然の中での過ごし方を、マナーや集団行動を通じて体験してもらった。
また、二日目は円妙寺で例年通りのレクリエーション等を行い無事円成した

2018年6月13日号

神奈川3 本山妙純寺・龍雄院日賢上人本葬儀

神三180720 (3)hp【神奈川3】六月十三日(水)厚木市本山妙純寺において二月二日に遷化された明星山妙純寺第四十一世 堀日賢・龍雄院日賢上人(世壽九十三歳)の本葬儀が静岡市感應寺 伊藤通明住職を導師に迎え、管内外有縁の式衆のもと営まれた。
当日は管内外より大勢の有縁の寺院・妙純寺寺族・檀信徒が上人ご遺徳を偲び参列した。
午前十一時、奏楽と共に伊藤導師が入堂。式中伊藤導師より歎徳がなされ、続いて中川法政宗務総長・総本山身延山井上瑞雄総務(内野日総法主名代)・神奈川県第三部宗務所山﨑浩道所長・静岡市本光寺大石純厚住職(脱師法縁を代表して)より弔辞が拝読され上人との別れを惜しむと共に増円妙道を祈念した。
回向の後、葬儀委員長を務めた妙純寺星弘道貫主より「日賢上人は三十五年の間で妙純寺を一新させました。特にこの見事な本堂を建立されたことは上人の長い間の念願であり、三十五年間妙純寺に身命を捧げたということであろうかと思います。妙純寺は佐渡流罪までの一か月間日蓮聖人が滞在された聖地です。この聖地をこういう形でお守りできたということは日蓮聖人に対する孝養の一語に尽きるのではないかと思います。これからも我々山内一同この大事な精神を継承してお守りしていきたいと思っておりますので何卒ご支援のほどお願い申し上げます」と謝辞があり、続いて遺弟妙像寺堀龍壱住職より、「父は生前、法華経の御題目南無妙法蓮華経は一言で言えば思いやりという言葉であると常々皆様の前で説いておりました。お檀家様・信者様そして当山に団参で訪れた多くの方々ともいつも心を開いてざっくばらんに優しく語りかけていた姿は、自分がおもうところの法華経の心を実践していた九十三年の生涯であったと思います。遺弟としてはそんな父の生きざまと後ろ姿を座右の銘とし、星弘道新貫主様のもと引き続き当山執事長として本山星下り妙純寺のために尽瘁することをお誓いもうしあげます」と謝辞を述べ閉式となった。

2018年5月23日号

神奈川3 雅楽会が演奏会

神三180611 (3)【神奈川3】雅楽会(羽田鳳照会長)は、五月二十三日(水)に小田原市地下街「HuRuNe 小田原 うめまる広場」の特設ステージにて雅楽演奏会を行った。この演奏会は小田原市文化政策課が企画運営し、市内在住のジャンルを問わない演奏家を招き毎月開催「昼のミニコンサート」と題し開催しているもので、今回は当会が昨年に引き続き出演することとなった。当日は十二時一〇分から約二〇分間演奏が行われ、アンコールを含め五曲を演奏し、参加者は一同に雅楽の音色に聞き入っていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07