全国の通信記事

2019年4月7日号

神奈川3 小田原市妙善寺で入寺式

神三190426③hp【神奈川3】平成三十一年四月七日(日)、小田原市酒匂妙善寺にて第二十九世加納信悟師から三十世加納祥有師への法燈継承入寺報告法要が有縁の教師、寺族、檀信徒が約七十名参列し厳修された。
法要に先立ち、日蓮宗管長菅野日彰猊下代理として神奈川県第三部宗務所山﨑浩道所長より信悟師へ退職証が伝達、続いて日蓮宗宗務院中川法政宗務総長代理として山﨑所長より住職認証書が伝達された。
住職として意義を正し示すため、邪悪を払う功徳があるとされる法具・払子の継承が行われ、「この法燈は法華経、お題目の光明、全ての生きとし生けるものに現世安穏後生善処を伝えるものであります。当山開山以来の歴代先師上人、お支え下さった檀信徒の皆さま、そのお蔭がありまして、本日の法燈を継承することができました。皆さまのための法燈をどうぞ宜しくお願い申し上げます。」と期待と願いの言葉を新住職である祥有上人へと託された。
勧請読経の後、御寶前に向かい「今般 沙門某 仏祖三宝諸天善神の御加護 更には全ての檀信徒の外護の賜物として また日穎上人の教導の結実 その大恩をもって法燈継承の式典に臨む 本日茲に謹んで沙門日康 尊き仏縁に恵まれ、正副干与人各聖 檀信徒各位の推挙を頂き 三十世の法燈を継承したて奉る もとより薄徳垢重の身なりといえども 恩山の一塵徳海の一滴に謝し 一身ただひたすら本化の大聖に帰命し奉る 願わくは 開山日明聖人以来歴代の諸上人 並びに守護の善神 密に威力を垂れ給え 更に 諸師諸聖の加被を蒙り 寺檀和融にして水魚の契り愈々堅く 所縁吉祥にして 相携えて寺門興隆に努め 異体同心以て四海帰妙 広宣流布の祖願達成に精進せしめ給え」と力強く述べた。
結びにあたり、謝辞では筆頭総代朝倉雅壽氏より「四十六年の長きに亘り妙善寺の護持発展にご尽力いただいた信悟上人、誠にありがとうございました。本日より妙善寺をお護りいただく祥有上人、信悟上人が築かれた妙善寺を更なる発展と私たち総代一同も新住職とともに成長し手を取り合い協力していく所存でありますので、檀信徒の皆さまにはご理解とご協力をお願い申し上げます。」
続いて新住職祥有上人は「師父・信悟上人は唯只管に、三宝に御給仕し、法華経・お題目をお唱えし、そして弟子である私に対し、言葉で指導することなく、自らの信仰の姿をもってその道を示していただきました。私はその姿はまさに『法華経の行者』であり、日蓮宗教師として目指す姿の一つであると確信しています。そんな師父より本日、法燈を継承させていただくこと、誠に身が引き締まる思いです。昨今の社会情勢ではお寺の役割は昔と比べて大きく様変わりしています。しかし、お釈迦様・日蓮大聖人様のみ教えは常に私たちを照らし、導いて下さるものであります。そのみ教えによって、私自身が慶びをいただき、その慶びを一人でも多くの方に伝え、共に良き道を歩んでいきたい。住職として就任するにあたりそのような願いを抱き、これより日々の法務を執り行っていく所存であります。不肖薄徳垢重の身であります故、どうか各聖各位に於かれましては引き続きのご教導賜りたく伏してお願い申し上げます」と新住職としての決意を述べられた。
また、四月二十二日(月)には箱根湯本ホテルにて管内外有縁の教師、百十名が出席し、入退寺報告披露宴が行われた。

2019年3月30日号

神奈川3 ロボットプログラミング体験会

神三190402①【神奈川3】三月三十日(土)、小田原市蓮華寺(羽田鳳照住職)を会場に「ロボットプログラミング体験会」が開催された。二〇二〇年から全国の小学校でプログラミング教育が必修化となることもあり、体験会への参加申込みも瞬く間に定員に達し、当日は大変盛況であった。
この体験会は親子一組で参加してもらい、一月二十日(日)、二月十一日(月)、三月十六日(土)、二十七日(水)、二十八日(木)、二十九日(金)と複数体験会を開催し、述べ百六十組の親子が参加した。自分で作ったロボットが動く様子に子どもたちは歓声を上げて喜び、そのロボットを動かすために自分自身でプログラミングを入力し、難しい課題にもめげずに取り組んでいた。
副住職の羽田鳳竜師は「昔の寺子屋は当時、最先端の学びの場であった。今回の体験会では現代の最先端教育であるプログラミングと、お寺を会場にすることで歴史や伝統・文化に触れて少しでも尊さを実感してもらうとともに、仏教・お寺に親しみを感じてもらうことも目的の一つです。さらには講師とともにプログラミングを行う上での正しい判断力や道徳心も一緒に伝えることができればと考えており、『二十一世紀の寺子屋』として地域に根差すことができればと考えている」と参加保護者に寺院で開催することの意味と想いを述べた。
また、体験会を通じて多数の入会申込みがあり本年五月以降に本格的なプログラミング教室として定期開催するこが決まったという。

2019年3月11日号

神奈川3 國祷会

神三190322 (1)【神奈川3】三月十一日(月)、修法師会(岩田譲晃会長)は会長自坊でもある小田原市城山・法授寺にて國祷会を行った。当日は大変天候にも恵まれ、管内教師二十六名、檀信徒五十名が参加した。
午前十時から修法師会会員による常経が開始され、午後一時より水行。
午後一時二十分より、伊勢原市妙蔵寺修徒、布教専修師・阿部全雄師による感謝の想いと祈りを届けることをテーマにした法話をおこなった。阿部師は「心から信じ、相手に想いを届けたいと願う気持ちは生きている人・亡くなっている人に関係なく、一身に合掌することによって相手と繋がる、架け橋になることができます」と亡き母との思い出から感じた自身の体験を通じての法話を堂内の聴衆は頷きながら聞き入っていた。
午後二時より國祷会が勤修、総要品が読誦され、国土の安穏と丸八年を迎える東日本大震災をはじめとした数多の自然災害物故者への追善回向を捧げた。
式の結びには岩田会長より「國祷会は国の安穏、国家の安泰などを祈ることが一番の目的です。法華経を読誦し、お題目をお唱えし、想いを込めて祈ることは素晴らしいことではありますが、本日のご参加の皆さまの祈ることの原点を保ち、普段の生活の中に想いを実践していただきたい。それこそがお釈迦様・日蓮大聖人が私たちにお示しになられたこの国を平和に健やかに、そこに住む人々が幸せになるという立正安国という教えでございます。普段の生活の中にそれぞれのできる範囲内で構いません。その想いを実践し、自分の命だけではなく、他の命を尊ぶ想いを夫婦・家族・友人・近隣というかたちで広げていっていただきたい。それこそがお題目信仰でございます」と各聖各位に謝意が伝えられ閉式となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07