全国の通信記事

2017年4月8日号

神奈川2 本山龍口寺で花祭り法要

神二170425b【神奈川2】龍口法難七五〇年を三年後に控えた藤沢市霊跡本山龍口寺(本間日恩住職)で四月八日、花祭り法要が開催され、龍口法難七五〇年・降誕八〇〇年慶讃実行委員会及び管内教師がが協賛、檀信徒含め約百五十名が参列した。
当日は生憎の桜散らし雨となり、稚児行列は室内での実施となったが、きれいにおめかししたお稚児さん達が立派に行列を組み、代表の三名が誕生佛へ献茶を行った。
また、堂外では献花として参拝客へ一輪の花を手渡しで贈呈。その他にも、お坊さん何でも相談所、自分でお題目を書いて作る御札作りなどを行った。

2017年3月29日号

神奈川2 第十二回寺子屋

神二170425②【神奈川2】青年会(石本真教会長)主催、「第十二回寺子屋」が、三月二九日から三十日の間、藤沢市霊蹟本山龍口寺(本間日恩猊下)で開催され、小学生五十四名ボランティア二十五名が参加した。
今年は、来る平成三十一年龍口法難七五〇年に向けて、龍口寺を会場寺院とした。そこで龍口寺のみならず、周辺の歴史や町並み、風景に親しんで貰おうと二日間かけてウォークラリーを行った。龍口寺を守る片瀬八ヵ寺と呼ばれる寺院をチェックポイントにして、合計九ヵ寺でお参りの証しを受け取った。
閉会式では、二日間かけて集めたお参りの証をお守り袋に詰めて、みんなでお経をあげてご祈祷。皆に修了証が授与された。今年中学生になる六年生の子は「自分が住むこの街は、思っていた以上に歴史がある事を知り、誇りになった。中学に上がったらもっと調べてみたい」と語った。

2017年2月25日号

帰山式・初行 金子智栄師

神二170307金子智栄師 (1)【神奈二】初行を成満した金子智栄師の帰山奉告式が二月十五日、鎌倉市本行寺(金子智研住職)で行われ、大勢の檀信徒が参列した。
同行僧七名と唱題とともに境内に入場すると、入行前からは考えられない程の鬼気迫る面貌をした智栄師に、檀信徒から大きなどよめきと歓声があがった。ついで水行で身を清めた後、御宝前において読経、帰山の奉告が行われた。
智栄師は「百日の加行を無事修めることが出来たのも、ただただ檀信徒や地域の皆さまのお陰で御座います。しかし、これからが本当の修行であると覚悟し、住職と檀信徒とともに一層お題目修行を重ね、笑いの絶えないお寺にして参りたいと思います」と述べ、檀信徒に向けて満面に笑みを浮かべた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07