全国の通信記事

2017年2月25日号

帰山式・初行 金子智栄師

神二170307金子智栄師 (1)【神奈二】初行を成満した金子智栄師の帰山奉告式が二月十五日、鎌倉市本行寺(金子智研住職)で行われ、大勢の檀信徒が参列した。
同行僧七名と唱題とともに境内に入場すると、入行前からは考えられない程の鬼気迫る面貌をした智栄師に、檀信徒から大きなどよめきと歓声があがった。ついで水行で身を清めた後、御宝前において読経、帰山の奉告が行われた。
智栄師は「百日の加行を無事修めることが出来たのも、ただただ檀信徒や地域の皆さまのお陰で御座います。しかし、これからが本当の修行であると覚悟し、住職と檀信徒とともに一層お題目修行を重ね、笑いの絶えないお寺にして参りたいと思います」と述べ、檀信徒に向けて満面に笑みを浮かべた。

2016年11月3日号

神奈川2・妙運寺法灯継承式

神二161117 (3)【神奈川2】11月3日、晴れ渡る晴天の中、茅ヶ崎市・妙運寺(大倉偉行住職)にて第42世大倉啓伸新住職の法灯継承式が僧侶檀信徒120名の参列するなか厳修された。
式に先立ち、19名の稚児と役員と共に大倉新住職は妙運寺まで唱題行列を行った。
法要では宗務所長・大明寺住職・楠山泰道師より辞令の伝達が行われた後、前住職の大倉偉行師より大倉新住職へ払子と過去帳の授与が行われた。大倉新住職は入寺報告文を力強く読み上げ仏祖三宝に更なる寺門興隆を誓った。
鈴木敏男総代より「新住職の信行道場や荒行堂で修行されてる姿を今でも思い出します。これからも私達檀信徒の面々を引っ張っていただきたい」と挨拶があった。
大倉新住職は「本日、住職となり歴代の先師の思いを引き継いでいくことの重みを実感しています。当山にお参りされた方が、参拝して人生の糧となったと感じて帰る場所となるよう精進することで皆様の気持ちに応えたい」と謝辞を述べた。

2016年10月17日号

神奈川2 万燈奉納供養の予定

神二161017b【神奈川2】今年は日蓮大聖人が池上の地で亡くなられてから七百三十五遠忌の御報恩会式でございます。
神奈川二部の寺院では、主に御報恩会式に合せて、纏・万燈奉納供養が左記の予定で行われる予定です。法要は午後、纏・万燈供養の時間は夕方6時半ごろから夜9時ごろです。寺院によっては、参加団体の数が異なり、開催時間が異なります。また天候によっても開催の有無がございます。ご確認の上、お参りしてください。
九月十二日藤沢片瀬龍口寺(龍口法難会)
十月一日茅ヶ崎 信隆寺
十月十日横須賀 法道寺
十月十七日横須賀 妙傳寺
十一月三日三浦市 延壽寺
十一月六日横須賀 本住寺
十一月七日横須賀 大明寺
十一月八日三浦市 實相寺
十一月十一日横須賀 龍本寺
十一月十三日三浦市 大泉寺
十一月十五日三浦市 圓徳寺
十一月二十三日藤沢 妙福寺

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07