全国の通信記事

2020年2月18日号

神奈川1 伊東常行師帰山式

神一200226 (2)【神奈川1】令和2年2月18日、晴天の中、川崎市鹿島田浄蓮寺(伊東正光住職)において、第参行伊東常行師の帰山奉告式が営まれた。約百名の檀信徒と関係者が見守る中、午前9時40分より、伊東常行師をはじめとする出行僧6名が帰山旗をもつ檀信徒とともに、南武線鹿島田駅前から帰山行列を出発し、山門を抜けて本堂前に到り、読経、写真撮影をした後、出行僧6名が水盤を囲み、迫力ある水行式が行われた。帰山奉告式では、行僧各聖の力強い読経と御宝前法楽加持が行われた後、常行師により帰山奉告文が読み上げられた。堂内にいた檀信徒は各々、身命に合掌し、その様子を見守っていた。その後、吉田顯嶺修法師会長により、許証が代読され、常行師へ授与された。謝辞において、常行師から「大黒様のおまつりをすることが私の使命であり、それにより、大黒様をお持ちの各家庭に、益々の御守護をしていただきたく思い、荒行に入りました。 一心に読経をし、日に7度の水行を怠ることなく精進することができ、行堂での大黒祭で各家庭の大黒様の汚れを落とすことができました。本日お配りする御札と大黒様には私だけでなく全120名の行僧の100日分のお経が詰まっている大変尊いものであり、皆様の願いや祈り、供養の志は、浄蓮寺の鬼子母神様、大黒様とつながり、浄蓮寺の鬼子母神様は荒行堂の鬼子母神様と電話の線のようにつながっております。皆さまが法華経に説かれる生き方をしていたければ、必ず鬼子母神様、大黒様はお守りしてくださいます。今後も皆様と一緒に修行をして心を研ぎ澄まして次の行を目指したいと思います。」と力強く語った。

2019年10月10日号

神奈川1 日蓮聖人御降誕800年慶讃報恩団参

神一191016①【神奈川1】10月10日、神奈川県第一部宗務所主催の日蓮大聖人御降誕800年慶讃報恩団参が行われ、141人の僧侶檀信徒が誕生寺、清澄寺を参拝した。誕生寺では安藤海潤宗務所長を導師に日蓮大聖人御降誕800年慶讃法要が行われた。
早朝横浜駅・武蔵小杉駅を出発した参加者は誕生寺に参拝した。祖師堂では石川日命貫首より御経頂戴と横浜での法話や講演の機会が多かったことを踏まえた挨拶を頂戴し、慶讃法要の導師が安藤宗務所長に委嘱された。
法要では式衆を管区声明師会が担当し、荘厳な誕生会伽陀が唱えられたのち読経。管区檀信徒協議会会長・白石勇司氏より檀信徒誓願文が唱えられた。
宗務所長は挨拶で90歳を越えて参加した方を紹介したのち「インターネットやテレビ等のメディアだけでなく、実際に場所を見て尊さを肌で感じて体験としていただき、いいものを感じて欲しい」との希望を挨拶で述べた。
誕生寺での縁起説明後、参拝団は清澄寺に移動して昼食。祖師堂・摩尼殿を参拝し、旭が森で立教開宗の往時を偲び、日蓮大聖人の足跡を肌で感じた一日となった。

2019年8月25日号

神奈川1 大岡川施餓鬼法要流灯会

神一190828 (2)【神奈川1】令和1年8月25日。横浜市中区末吉町の「旭橋」際の大岡川河畔で、立正和協会(片沼顕修会長)主催の大岡川施餓鬼法要流灯会が営まれ、200名を超える僧侶・寺庭婦人・檀信徒が参列した。
今回で71回目を迎えたこの法要では、関東大震災や太平洋戦争で亡くなられた戦没者、近年頻発する地震・風水害等の天災の物故者、交通事故・水難事故等の都市災害の物故者、祖先を始めとする過去因縁の一切の精霊の供養のために施餓鬼法要を営み、法要中に法号・名前を書いた灯籠を流し供養を行っている。
午後6時に雅楽が鳴り響く中、立正和協会 会長導師のもとに施餓鬼法要が開式。
導師が表白文を読み上げた後、神奈川県第一部寺庭婦人会による和讃の奉唱が行われた。
日が沈みかけた6時半頃、自我偈の転読が始まると、川に浮かべた船から、1000を超える諸精霊の供養のための約400基の灯籠が一つずつ丁寧に放たれた。 風に煽られながら、ほのかにオレンジ色の光を放つ灯篭は暗い水面に姿を映し、ゆっくり列を描き、集まったり離れたりしながら、幻想的に大岡川を下った。 横浜の喧騒を忘れさせる雰囲気の中、道行く人々も足を止めて、手を合わせて灯籠の行く末を静かに見守りながら、諸精霊に供養の気持ちを手向けていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07