全国の通信記事

2017年3月23日号

神奈川1 川崎市浄蓮寺で彼岸寄席

神一170324 (1)【神奈川1】平成29年3月23日、川崎市浄蓮寺(伊東正光住職)に於いて初めての試みである彼岸寄席を開催し、檀信徒並びに地元の商店会や近隣住民が約120名集まった。
まず、寄席の開催に先立ち本年日蓮宗大荒行堂初行を成満した柳下教明師(川和妙蓮寺内)浅井将玄師(本山本興寺内)日比宣仁師(保土ヶ谷樹源寺内)の三師に荒行堂にて感得した木剣加持が行なわれ、参加者の所願円満が祈られた。
その後、日蓮宗ではお馴染みの講談師、一龍斎貞鏡師による講談、その後林家正雀師による落語が行われた。
貞鏡師は調子の良い語り口で観客の笑いを誘いながらも奢りや慢心を起こさず精進された西行法師の講談を披露した。
貞鏡師の講談の後は林家正雀師がご自身の若い頃のエピソードから始まり、笑いで会場を温め「松山鏡」という落語を披露し、親への恩と感謝の大切さを考えさせられた。落語の後正雀師は扇を三本使った寄席の舞を披露し観客を沸かせた。
浄蓮寺としての初の試みに多くの人々が満足した様子で「今日は本当に楽しい1日になった」と話し帰路に着いた。

2017年2月26日号

神奈川1 川端智英師の再行帰山奉告式

神一170228b川端智英師 (5)hp【神奈川1】2月26日、開山片山日幹上人の月命日に合わせ、川崎市麻生区匡真寺(山田日耀住職)修徒川端智英師の再行成満帰山奉告式が行われた。
清々しい青空の下、午前10時より帰山行列が組まれ、匡真寺の門をくぐった行僧は、本堂、霊山堂にて読経。その後、霊山堂前にて水行式が行われた。11時から奉行された本堂での帰山奉告式では、5人の荒行僧と大勢の檀信徒ともに気力に満ちた力強い読経と法楽加持を行った。
川端師は「再行成満は仏祖三宝の冥加であり、成満は関わった全ての人の協力によるものであり、一人の功徳ではない。法華経は感応、修法は感激、人生は感謝である事を肝に銘じ、今後も邁進したい。加行所で頂いた力を皆さんに分けさせていただきたい」と抱負を述べた。

2017年2月18日号

神奈川1 柳下教明師帰山奉告式

神一170228a柳下教明師 (6)hp【神奈川1】2月18日、横浜市都筑区妙蓮寺(柳下俊明住職)において初行柳下教明師の帰山奉告式が行われた。
前日に吹いた春一番で掃き清められ、穏やかながら凛とした空気の中、多くの檀信徒とともに帰山行列が行われた。法味言上、水行式の後
本堂での帰山奉告式では、お堂に入り切れない程集まった大勢の参列者の多幸を祈った。
今回、寺で30年ぶりとなる初行成満を迎えた柳下師は、小3の時、母を亡くし、小4で得度。大学時代は堀之内妙法寺で修行に打ち込んだ。
檀信徒各人各家の繁栄の為、そして母の供養の為の想いを胸に真っすぐ一生懸命修行に励んでいた。
師父である柳下俊明住職は涙で言葉を詰まらせながら、家族一丸になって待ち望んでいた帰山への喜びの言葉をかけた。
教明師はあいさつで「自分一人で修行をしたわけではない、皆さんの力を以て修行させていただいた。先輩、同行に助けられ、恵まれた100日だった。また、家族、産み母、育ての母に感謝の念でいっぱいです。」と涙ながらに述べ、今後の益々の精進を誓った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07