全国の通信記事

2019年1月26日号

神奈川1 「寺コン」開催

神一190130 (2)【神奈川1】平成31年1月26日、川崎市宗隆寺(嶋田一乗住職)において、神奈川県第一部青年会(神部宣啓会長)主催のお坊さんが独身の方々の縁結びをプロデュースする「寺コン」が開催され、21人の一般独身者が参加した。
7回目の開催となった「寺コン」。この度は法話、唱題行、御祈祷など日蓮宗のお寺ならではの様々な企画を沢山盛り込んだ内容であった。
参加者はまず、各々自己紹介を行った。最初は緊張している様子であったが、すぐに緊張も解け、一組2分という決められた時間を過ぎても、止まらないほど、話に花が咲いていた。
次に参加者は副住職によるお寺の歴史と会員による法話、また修法師による良縁成就等の御祈祷を受けた。
そして、懇親会。参加者は本堂での様々な体験とは対照的に客殿に用意された豪華な食事を食べながら、終始和気藹々とした楽しい雰囲気で懇親を深めていた。
懇親会後には唱題行が行われた。薄暗いお堂の中で、参加者は自分のみならず、他者の幸せを願い、様々な心に願うことが叶うよう、これから行動に移していくことを誓った。
解散する際には、多くの参加者が「お寺でのこのような催しに参加できてよかった」と述べ、笑顔で帰っていった。

2018年11月10日号

神奈川1 法田寺で袈裟KESA COLLECTION

神一181120 (6)hp【神奈川1】 平成30年11月10日、川崎市法田寺(岸顕崇住職)において、報恩御会式が営まれた。荘厳な御会式法要では檀信徒と共に報恩抄を拝読し、5人の天童が華を添えた。
法要後のフェスティバルでは境内に模擬店が並び、500人を超える数多くの参詣者で賑わい、こぞうくんも境内を歩き、記念撮影に応じていた。本堂で行われたこども法要には100人を越えるこどもが集まり、合掌などの作法を学び、住職の法話に耳を傾けていた。
また本堂前の特設ステージでは寺ヨガ、空手演武、万灯奉納の他、アフリカ伝統の生地と用いて作られた僧侶の袈裟のお披露目、「袈裟 KESA COLLECTION」が行われた。この企画では、アフリカで自社縫製工場を運営し伝統の手織りや生地を使用した商品を展開しているアパレルブランドCLOUDY(銅治勇人代表)と法田寺がコラボレーション。
アフリカ現地で生地を加工し、僧侶が着用する袈裟を生産することで雇用の創出を狙う。色とりどりの袈裟をまとった僧侶が散華しながら本堂前に登場すると参詣者から歓声が上がった。
四種類の袈裟が出揃うと、岸顕正副住職と銅治勇人氏が袈裟に使われている生地の説明やアフリカの現状報告等をユーモアを交え対談した。袈裟を一着作成することでアフリカにおいての一週間分の食料支援になる。問い合わせは法田寺(電話044-522-1616)に。

2018年8月23日号

神奈川1 大岡川施餓鬼法要流灯会

神一180829 (8)【神奈川1】平成30年8月23日。横浜市中区末吉町の「旭橋」際の大岡川河畔において、立正和協会(原慎定会長)主催の大岡川施餓鬼法要流灯会が営まれ、数多くの僧侶・寺庭婦人・檀信徒が参列した。
昭和24年吉田橋際で行われた第1回流灯会より数え本年度で70回目を迎えたこの法要では、関東大震災や太平洋戦争で亡くなられた戦没者、近年頻発する地震・風水害等の天災の物故者、交通事故・水難事故等の都市災害の物故者、祖先を始めとする過去因縁の一切の精霊の供養のために施餓鬼法要を営み、法要中に法号・名前を書いた灯籠を流し供養を行っている。
午後6時より施餓鬼法要が立正和協会原慎定会長導師のもと開式され、導師による表白ののちには神奈川県第一部寺庭婦人会により和讃の奉唱が行われた。和讃奉唱後に式場で自我偈が転読されるのと時を同じくして灯籠流しがはじめられた。
開式当初降っていた雨も灯籠が流れる頃には止み、200人を超える参列者が掌を合わせ供養の気持ちを向けるなか、本年度供養された約400個の灯籠はゆっくりと列を描くように横浜の繁華街を流れる大岡川を下っていった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07