全国の通信記事

2017年12月1日号

神奈川1 歳末助け合い街頭募金

神一171206 (1)【神奈川1】 12月1日、神奈川県第一部社会教化事業協会(安藤秀岳会長)は横浜市JR桜木町駅前で、歳末助け合い募金を行った。
本格的な冬の到来を感じられる冷たい風の中、本年も神奈川県第一部日蓮宗青年会(神部宣啓会長)や神奈川県第一部寺庭婦人会の協力の下、19名の僧侶、寺庭婦人が道行く方々へ募金の協力を呼びかけた。
立ち止まった数多くの方に協力いただいた善意の募金は、神奈川新聞社歳末たすけあい募金、日蓮宗あんのん基金に寄託された。

2017年8月22日号

神奈川1 第六十九回大岡川施餓鬼法要流灯会

神一170829 (7)【神奈川1】平成29年8月22日。横浜市中区末吉町の「旭橋」際の大岡川河畔において、立正和協会(原慎定会長)主催の第六十九回大岡川施餓鬼法要流灯会が営まれ、数多くの僧侶・寺庭婦人・檀信徒が参列した。
昭和23年より始められているこの法要では、大正13年に横浜を始め関東地方に甚大な被害を与えた関東大震災、昭和20年に終戦を迎えた太平洋戦争で亡くなられた数多くの戦没者、交通事故、水難事故等の都市災害横死、近年の災害物故者、祖先を始め過去因縁一切の精霊の供養のために幡水香を以て施餓鬼法要を行い、法要中に法号・名前を書いた灯籠を大岡川に流し供養を行っている。
午後六時より施餓鬼法要が立正和協会原慎定会長導師のもと開式され、式中、導師による表白ののちには神奈川県第一部寺庭婦人会により和讃の奉唱が行われた。和讃奉唱後に式場で自我偈が転読されるのと期を同じにして、大岡川にて灯籠流しの供養がはじめられた。
本年度供養された約200個の灯籠はゆっくりと列を描くように横浜の繁華街を流れる大岡川を下り、参列した数多くの檀信徒、また灯籠流しが行われている事に気がついた通行中の多くの未信徒は、それぞれ手を合わせて、川を通して繋がっている都市や海の果ての異郷の地で命を落とした物故者に供養の気持ちを向けた。

2017年7月26日号

神奈川1 第35回夏の少年少女修養道場寺子屋de夏休み

神一170808 (1)【神奈川1】平成29年7月26日より28日の3日間、神奈川県相模原市青柳寺(神部宣省住職)に於いて、神奈川県第一部日蓮宗青年会(神部宣啓会長)主催のもと、35回目の修養道場が開催され、51名の小・中学生が各地より参加した。
初日は食事等の日常的な作法や、合掌や正座等本堂での作法とお経や唱題行の練習を行った。
2日目、朝勤と清掃、食事を終えた後、「カレジャーハンター」と名付けられた、広大な青柳寺境内を利用したカレー作りの材料が書かれたカプセルを探す宝探しゲームを行った。道場生は協力し合い懸命に境内を散策し各班オリジナルのカレーの材料を手に入れた。
午後はカレジャーハンターによって入手した食材を使用し「豚キノコカレー」や「こんにゃくズッキーニカレー」等各班個性的なカレーを作り。夕食時にそれぞれのカレーを楽しみながら食べた。
3日目は親への感謝の手紙や将来の夢作文を書き、日々の親への感謝や将来の自分について考えた。この3日間の道場で子供達はお経や唱題行もレクリエーションもすべてにおいて一生懸命に取り組み、メリハリのある生活が送れた様だった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07