全国の通信記事

2017年6月14日号

東京西部・世田谷区常在寺で公演「壱ノ会芒種の季」

東西170621 (7)【東京西】六月十四日(水)に世田谷区弦巻 常在寺(駒野日高猊下)本堂に於いて、日本舞踊家の梅川壱ノ介さん(昭和五十八年一月七日生まれ)の公演「壱ノ会 芒種(ぼうしゅ)の季」が行われた。
当日の公演は三部構成。午前十一時から、午後三時からの二回公演で行われた。
第一部は梅川壱ノ介さんによる舞「芒種の季」、祝いの舞を披露、来場の方々のご多幸を祈念し踊られた。
第二部では常在寺住職のご子息であり、執事である駒野教晴(きょうせい)上人(平成二年四月十日生まれ)をゲストに招き対談を行い、お互いの生立ち、家業や留学経験などの共通通点、また修行中に感じたこと、今回の公演に至った経緯を話された。また、駒野教晴上人による法話、日常の中で出来る修行として「六波羅蜜」の六つの修行を説明され、信行の大切さ、また宗祖御遺文「開目抄」より「佛弟子は必ず四恩を知って知恩報恩を報ずべし」のお言葉を引用し、人の恩の大切さを説いた。
第三部では駒野教晴上人、常在寺執事長 廣川潮月(ちょうげつ)上人、常在寺執事 眞々田元敬(げんきょう)上人の三名で御祈祷が行われ、壱之介さんが御祈祷に合わせ舞を披露された。「踊っている時に無心になれた。師には「空間を掴みなさい」と言われ常に心がけていた。お寺の静謐な空間で踊れたのは貴重な体験でした」と語られた。
今回の公演は常在寺に於いて初めての試み、壱ノ介さんと教晴上人が知り合って1ヶ月後に行われた。「兎に角話が合うんです」と壱ノ介さん。意気投合し気がついたら今回の企画を話し合っていたという。二人共何か新しい形で日本文化、仏教を紹介していきたいという思いがある。当日は海外からの来場者もあり、会場アナウンスは日本語・英語の二カ国で教晴上人が案内されていた。「寺離れと言われる時代、お檀家さんには当然の事ながら、国内外を問わず開かれたお寺になれれば」と語られた。
また、駒野日高猊下と壱ノ介さんで能登 本山 妙成寺での企画も思案中だという。今年の九月二十四日には前田家十八代目御当主をお招きし植樹祭が行われ、九月三十日にはブッタガヤ大菩提寺の御住職も参られる予定。

2017年3月11日号

東京西 東日本大震災復興支援バザー・第七回忌追善法要

東西170315a (2)【東京西】平成29年3月11日、神楽坂 善國寺に於いて東日本大震災復興支援バザー・第七回忌追善法要が行われた。
今回七回忌の節目を迎えるにあたり、東京都西部社会教化事業教会を中心に宗務所および六会が参加し追悼法要を行った。
午前10時より境内にてバザーを開始。福島の物産品、管内寺院より集められた物品、また古本市などが立ち並び、夕方まで約二千人の方々が訪れ賑わった。
午後2時半よりの法要では及川玄一社教会会長が導師を務め、被災物故者の霊位への供養および被災地の復興を祈念し追善法要を厳修した。
法要中には途切れることなく焼香の列が並び、参列の一般の方々も一緒に声を出して読まれ、堂内に読経の声が響き渡った。
また、法要後にも焼香の列は途切れず、多くの方々が追悼のために手を合わせられた。
当日のバザーの売り上げ、街頭募金等の義援金合計約700,000円を全額アーユス仏教国際協力ネットワークにお渡しし、無事終了した。

2017年2月24日号

東京西 京浜教区教化研究会議

東西170315b (3)【東京西】平成29年2月24日(金)に第41回京浜教区(石井隆康教区長)教化研究会議が東京都西部(茂田井教洵宗務所長)を担当管区に新宿成子 常圓寺さまで開催された。
今年度は「信仰の継承ーこれから檀家制度はどうなってゆくのだろうかー」をテーマに教師80名が参加、開会にあたり茂田井所長を導師に法味言上、続いて石井教区長より「檀家制度は果たしてこのまま続くのであろうか。これからの布教活動を行っていく上で、もう一度その事を再確認し、考える機会にして頂きたい」、また茂田井所長より「師父より、これからの時代は檀家ではなく檀徒であると言われた事がある。個の時代の布教を考える機会になれば」と挨拶があった。
基調講演には龍谷大学社会学部社会学科准教授 猪瀬優理(いのせ ゆり)先生をお迎えし、伝統仏教寺院を取り巻く状況、創価学会調査からみる信仰の継承、浄土真宗本願寺派からみる信仰の継承、これからの檀家制度に関して、また信仰継承を考える上で教団としての今後の基本姿勢の重要性を説かれた。
近著には『信仰はどのように継承されるか 創価学会にみる次世代育成』がある。
今回は前年度東京都東部さまでの「信仰の過疎を考える」テーマを受けた上で、「檀家制度」をどう考えてゆくかというトピックに限定し議論を行うために事前アンケートをお願いした。
事前アンケートの分析報告、資料を踏まえた上で、分科会グループをアンケート設問A「檀家制度をどのように考えているか」・B「宗派に自信を持っているか」・C「信仰(信心)を伝えているか」の3種に分け、さらにそれぞれを2グループに分け、A 2グループ、B 2グループ、C 2グループの計6グループでそれぞれ担当のアンケートテーマについてディスカッションを行なった。
昼食を含めた2時間の分科会の後に全体会議を行い、講師の猪瀬優理先生の他にコメンテーターとして、仏教情報センター事務局長 互井観章師、日蓮宗現代宗教研究所研究員 岩田親靜師、日蓮宗宗教問題検討委員 中島源吾師が登壇し、参加者から闊達な意見が交わされた。最後に共催である日蓮宗現代宗教研究所 櫻井義久主任より「今回の議論を受け、信仰の継承に当たってはまず自分自身を見つめ直す機会が重要である事を再確認した。その為には新しいものばかりに目を向けるのではなく、過去のものを踏まえた上で考えてゆくことが必要」と講評された。
閉会式では次回開催担当管区の山崎浩道神奈川県第三部宗務所所長を導師に法味言上がなされ、山崎浩道所長より「今教研会議を受けた上で次年度会議のテーマを議論し、準備を行っていきたい」と述べて閉会した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07