全国の通信記事

2018年8月6日号

東京西 少年少女のための修養道場

東西180827 (1)hp【東京西】八月六日(月)から八日(水)にかけて、総本山身延山に於いて「平成三十年度寺子屋 少年少女のための修養道場」が東京都西部青年会(池袋妙経寺 稲荷文映会長)主催、東京都西部宗務所(八王子最教寺 茂田井教洵所長)後援で開催された。
毎年中学生、小学生を対象におこなう修養道場。今年は五歳から十四歳の計四十一名が参加し、「お寺で学ぶ、ありがとうのココロ」をテーマに身延山岸之坊(諏訪是昌住職)に於いて二泊三日にて行われた。
一日目は新宿成子常圓寺(及川玄一住職)に集合しバスにて身延山に向けて出発した。身延山岸之坊に於いて開校式を行い、茂田井教洵所長より「この二泊三日は皆さんにとっては大きな修行となります。先生の話をよく聞き、家に戻った時にお父さんお母さんがどんなにありがたいかを少しでも実感して貰えるよう、一生懸命務めてください。」と、自身が沙弥校で体験されたことを交え挨拶をされた。
その後、身延山久遠寺にて御開帳、諸堂案内を受けた。岸之坊に戻ってからは修養を主に行い、本堂での立ち、座りの際に伏拝、合掌時には数珠を綾にする等、短い期間でありながら子供たちはそれぞれ必死に取り組み、仏事作法の様々な所作を身につけていった。
二日目は朝勤、仏事作法に励んだ後、草野妙敬法尼(群馬県大法院住職)著書の「ロータス・カード」を使用して法華経の勉強をした。その後ロープウェイにて思親閣に登り御開帳を受け、山頂で昼食をとりロープウェイにて下山。下山後三門上層の十六羅漢像を拝観した。三門の上層は毎月十六日と八月七日のみ拝観可能となっている。午後は修養、レクリエーションと続き、夜には花火を行うなど、勉強と遊びに充実した一日となった。
最終日は身延山久遠寺本山朝勤に参加、荘厳な法要に子供達も緊張の面持ちでお題目をお唱えした。朝食後門前町にて各々家族へのお土産を買い、富士サファリパークへ移動しサファリツアーを楽しんだ。
閉校式は新宿常圓寺にて行い、三日間練習を重ねたお経、所作を法要の中でしっかりと行い、厳しいながらも笑顔の絶えない二泊三日となった。
皆充実した表情で保護者の元へと戻り無事寺子屋を終えた。

2018年5月24日号

豊島区観静院第43世高桑正路師入寺

IMG_6194【東京西】豊島区観静院で第41世高桑正温師から第43世高桑正路師への法灯継承式が5月24日に営まれた。僧侶檀信徒約80人が参列し、正温前住職への感謝と正路新住職への期待のお題目を唱えた。
正温前住職は、佐渡・本山妙宣寺へ晋山した40世高桑日能上人の跡を継ぎ、昭和42年同院へ入寺。50年前の日蓮聖人降誕750年には宗務院職員として慶讃事業に携わり円成に尽力した。続く聖人700遠忌では、宗門事業の計画から参画し、中心人物として活躍。日蓮宗が一体となり、報恩の誠を捧げることができた立役者となった。正路新住職も現在宗務院に在職しており、偶然にも正温前住職と同じ降誕事業を担当している。式後に都内で行われた披露宴では、中川法政宗務総長が祝辞のなかで、降誕八百年を円成へ導くための正路新住職の手腕へ期待した。
式では正温前住職が、住職だけが座ることができる「礼盤」に上がり、無事に退隠できることと法灯が継承できることへの仏祖三宝への報恩を捧げ、住職として最後となる役割をつとめあげた。ご宝前で正温前住職から住職の証となる払子を受けとった正路新住職は、緊張した面持ちで初登礼盤。次第に住職としての重責を担う表情で、正温前住職や寺族・檀信徒とともに決意のお題目を唱えた。
住職辞令を伝達した茂田井教洵宗務所長は祝辞に立ち、正温前住職が今に続く近代宗門の礎を作り上げたことに謝意を表し、青年会長などを務めた正路新住職による寺門興隆が管区や宗門の力となっていくことを望んだ。
正路新住職は檀信徒へ向かい「玄関でお線香をいじっていた、幼い頃のイメージがまだ残っていると思いますが、師父の背中を見て、そして母、兄、親族の背中を見てここまで育つことができました。しかし、まだまだ未熟の身であります。祖父や師父のようにはいかないこともあると思いますが、一生懸命に護持繁栄に務めて参ります」と涙ながらに語った。(支局発)

2018年3月24日号

東京西 島唄ライブイベント「琉球の春風」

東西180410 (4)【東京西】三月二十四日(土)豊島区南池袋 清立院(榎一優住職)に於いて春季彼岸会法要の後に、島唄ライブイベント「琉球の春風」が行われた。清立院開山以降六百有余年の歴史の中で初めての試みではないかと榎住職は語られた。
榎住職の叔父が第二次世界大戦中に沖縄で戦死され、榎晃妙先代住職、榎一優住職共に沖縄への思い入れは強く、今回のライブイベントは慰霊の思いから行われた。榎住職は法要前に「沖縄では、沖縄出身者以外の方々、全国から沖縄に出兵された方々が大勢亡くなられています。辿れば、自分たちの先祖に当たる方々も無関係ではない。その慰霊への思いが音楽であれば皆様の心に入りやすい、伝わりやすいだろうと思い今回島唄ライブを行うことにしました。」と挨拶で語られた。
出演者は六名、三線・唄にLisa Oki(リサ・オキ)、世持 桜(よもち・さくら)。舞踊では八重山舞踊 石垣 綾香(いしがき・あやか)、琉球舞踊 嘉数 奈々(かかず・なな)。ギターに渡辺 明応(わたなべ・あきお)、世持 錬(よもち・れん)。世持桜さんと世持錬さんは姉弟での出演となる。
当日は檀信徒・一般参加者約一六〇名が参加され、出演者と一緒に歌い、踊るなど大いに盛り上がった。本堂は満席になってしまったため、本堂下の会場にプロジェクターでライブの様子がリアルタイムで流れるようにし、本堂に上がれなかった方々も観られるようにとの配慮もあった。
今回の出演者たちの出演のきっかけとなった沖縄料理店がある。東上野の「沖縄ダイニング『和海(なごみ)』」、池袋駅前「琉球料理『みやらび』」、この二店が協賛し、出演達との縁が生まれた。「和海」はバンド「BEGIN」のメンバー上地等さんのお兄さんが経営するお店、両店とも定期的に沖縄音楽・舞踊のライブを行っている。
当日のライブの様子はyouTube(ゆー・ちゅーぶ)、「御嶽山 清立院」チャンネルでも配信されている。
榎住職は今後もこの活動を継続していきたい、次回は秋季彼岸会での企画を予定していると語られた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07