全国の通信記事

2018年6月18日号

東京東 宗務総長退任・宗会議員就任の慰労と激励

東東180718【東京東】「小林順光師宗務総長御退任・持田貫信師宗会議員御就任」御慰労並激励会が6月18日、日本橋ロイヤルパークホテルを会場に、金山見学協議員会議長・小山内功静布教師会長・林貫恵修法師会長・伊藤海祐声明師会長・吉田英修社会教化事業教会長の各聖が発起人となって開催され、管内はじめ有縁の教師74名が出席した。
伊藤師先導のもと両師入場後、発起人代表の金山師より挨拶、内山堯邦宗務所長並びに持田日勇貫首(本山茂原藻源寺)、外山寛穂宗務所顧問の各聖より祝辞、林師・吉田師より記念品の贈呈がなされた。小林前宗務総長には、宗祖降誕八百年関連行事・事業の策定および予算の確定、また、毎年8月15日に奉行される千鳥ヶ淵での法要はもとより広島・長崎・沖縄各県における慰霊並びに平和祈願法要の厳修、東日本大震災に対する復興支援、殊に両親を亡くされた里親会への支援といった立正平和活動への取り組みなど、御功績の一端が御慰労旁々紹介され、また、持田宗会議員には、「海外布教や宗門中枢である宗務院伝道部奉職で培われた豊富な経験と知識で、高い見識をもって宗門興隆のためにご活躍頂きたい」と激励の言葉が贈られた。
これを受けて、はじめに小林前宗務総長より挨拶があり、御礼とあわせて就任四年間の喜びの一つとして、「将来、宗門を背負って立つのだぞ」という実父のかつての言葉に応えるべく、加行所入行会・成満会において、実弟の武井良行千葉県北部宗務所長(当時)と兄弟揃って、宗務総長として祝辞を述べられたことを挙げられ、結びには幕末の学者である佐藤一斎の言葉を引用して今後も宗門のために努力する所存であることを述べられた。また、持田宗会議員は御礼とあわせて、「分かりやすい宗門機構、よりフェアな組織形態を目指して精進して参りますので、各聖にはご指導ご鞭撻をお願いしたい」と決意を述べられた。
最後に、小山内師より開催御礼の言葉が述べられ閉会となった。尚、各師の挨拶冒頭には、当日の朝に発生した大阪府北部地震に対して、犠牲者のご冥福と被災者の安全確保、被災地の復旧を祈念する言葉が述べられた。

2018年6月17日号

東京東 正龍教会で落慶法要

東東180717【東京東】墨田区正龍教会(塚原英基住職)で6月17日、本堂・客殿・庫裡・納骨堂の落慶法要が執り行われ、管内はじめ有縁の僧侶並びに檀信徒130名が参席し、新たな法城の完成を祝った。
法要では、修法師30名による修法が奉行され、納骨堂天井に描かれた龍の如く、凄烈な読経の声が堂内に響き渡った。修徒で第四世となる塚原一乗師は謝辞で、「皆様から賜わりましたお力で、師父の理想が形になりました。当会一同、更にお題目の布教に精進して参る所存でございます」と述べられ、決意を新たにされた。
正龍教会は、大正年間に開基日朝法尼、日廣上人によって墨田区竪川(現・立川)に正竜教会布教所として創建され、その後、信行院英明上人が宗教法人正龍教会を設立、現在の横川に移る。この度、宗祖降誕八百年を記念して境内を一新し、屋内納骨堂形式の「本所廟堂」として生まれ変わった。

2018年6月6日号

東京東 東京四部布教講習会

東東180706 (2)【東京東】東京四部宗務所主催の平成三十年度東京四部布教講習会が6月6日、東京都東部宗務所(内山堯邦所長)を担当管区として第一ホテル両国にて開催され、100名の教師が参加した。
テーマは、「最新医療からみたいのち」。当管区では、宗門運動『立正安国・お題目結縁運動』開始以来、スローガンの「いのちに合掌」に則り、過去二回、「いのち」をテーマに絞って研鑚を深めており、今回も医療の立場からみた「いのち」について講演を頂き、布教の一助となすべく企画・開催された。
開講式では、内山所長を導師に法味言上及び挨拶、続いて武見敬三氏(参議院議員・日蓮宗全国檀信徒協議会顧問)より挨拶があり、「私も堀ノ内妙法寺の檀家で、幼少の頃から家族を通じて信仰を身につけられたことは幸せであり、その上で政治家として国政の役割を担わせて頂いている。大きな変革期にある我が国において、中長期的な展望をきちんともって、少子高齢化の中においても活力ある健康長寿社会を構築し、国民が正しく国を守り国を育て、一人一人が努力精進し、健康かつ有意義に人生を過ごせる社会にしていきたい。是非、日蓮宗としてまたそれぞれの地域社会の立場で、この国を支えて頂きたい」と宗門への期待を寄せられた。
講習会では、最初に岡野栄之先生(慶應義塾大学医学部教授)より「最新医学からみたいのち」と題して、研究データをもとに講演が行われた。冒頭、約40億年前の地球誕生以来、地球と共に進化してきた生命の歴史、一つの受精卵からできた約60兆・250種類の細胞で構成される人間の体、特に多能性幹細胞や体性幹細胞の機能など、生物・生命・細胞についての説明がなされた。次にES細胞について、初期胚から取り出した多能性幹細胞で、無限に増えて体を構成するどんな細胞も作ることができるため難病など色々な疾患に再生医療として用いることができる一方、他人の細胞であるため移植後に拒絶反応を起こす可能性があり、また免疫抑制剤と併せて細胞の生存維持を図る必要があるためインフルエンザや感染症にかかりやすく、癌も抑制できず、さらには倫理的、宗教的議論もあると現状を示された。続いてiPS細胞について、これらの問題点を回避して発見された技術で、「発生過程は、後戻りしない」という発生生物学の常識を打破して、体細胞の初期化に成功したものであり、医療応用への可能性として、拒絶反応のない安全な再生医療の確保や病気の原因究明、創薬、投与前の副作用の評価などを挙げられ、さらに難病の解決や万病克服への試金石にもなるとされた。現在は、iPS細胞を用いた再生医療の実現に向けて、脊髄損傷や認知症などを対象疾患に研究・開発をすすめており、「安全なiPS細胞治療を1日も早く患者さんへ」と思いを述べられた。
次に、河北博文先生(河北医療財団理事長)より「地域医療からみたいのち」と題し、神学・法学・医学の分野を習得したいわゆるプロフェッショナルとされる立場、特に医療から見た命についての講演が行われた。人間は「考える葦」と言われるように考えることで強くなれる存在であるため常に考える習慣を身に付けることが重要であること、また、命に関わる職業という点で医者と僧侶は共通しているとされ、人間の尊厳の定義とは「その人らしいこと」、すなわち「その人らしく生き、その人らしく死ぬこと」であり、医者や宗教者は一人一人に寄り添い支えるべき立場にあること、健康とは身体的・精神的・社会的に調和が取れていることで、その為には人間の臓器や細胞だけを見る人体病理ではなく、その人がどんな人かをきちんと見て、認め、一人一人を見極めるといった人間病理として考えることが重要であること、さらには、人と社会は密接な関係にあることから人間病理から社会病理を考える必要があること、そして、人に接する時には「需要・傾聴・共感」の気持ちをもつこと、すなわち相手の気持ちを受け止めるにはまず自らが心を開き、心を込めて最後まで相手の言いたいことをしっかりと聴き、心を共にして常に寄り添う、そういった心が大切であるとされ、社会の誰かが一緒になり寄り添うことで、人間は「その人らしく」生きていけると結ばれた。また、「死は医療の敗北ではないのか」との質問に対しては、「必要な治療を施した上での死はその人の人生の完結であり、ある意味喜びでもある」、と死生観を示された。
閉講式では、来年度開催担当管区の茂田井教洵東京都西部宗務所長を導師に法味言上及び挨拶がなされ、最後に小山内功静東京都東部布教師会長より御礼の言葉が述べられ閉会となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07