全国の通信記事

2017年8月17日号

東京東 第9回「夏の1日寺子屋」

東東170901b①【東京東】墨田区柳嶋法性寺(鈴木良敬住職)は8月17日・18日の各日、第9回「夏の1日寺子屋」を開催し、園児・小学生総勢135人が参加した。
僧侶並びに信徒青年会員12名のスタッフのもと、参加の子どもたちは、団扇太鼓を叩きながらの唱題行やお経の練習、各々の願いを込めたお守り作りなど普段経験することのない修養に熱心に取り組み、民話の聴講や折り紙、ビンゴ大会などのレクリエーションで大いに楽しんだ。9メートルの竹4本を使った恒例の流しそうめんも行われ、元気溢れる子どもたちはお腹も気持ちも満たされ、今年もお寺での夏の楽しい1日を大勢の友だちと一緒に過ごした。

2017年7月27日号

東京東 第四十六回身延山少年少女修養道場

東東170901a②【東京東】青年会(白川昌栄会長)は、第四十六回身延山少年少女修養道場を7月27~29日の二泊三日間、身延山本行坊を会場に開催した。
今回は小中学生18名が参加し、本山朝勤への参列や思親閣の登詣などの貴重な僧道体験をした。また、本所防災館にも訪れ、暴風雨体験コーナーでは身をもって強風や大雨に関する知識を高めるなど、近年多発する災害への備えを学び、普段の生活では経験する事のない有意義な三日間を過ごした。
参加した子どもたちからは、「思親閣へ登ったのは大変だったけど三日間すごく楽しかった」等の声が聞かれた。

2017年5月27日号

東京東 秋廣平六翁二百回忌音楽法要

東東170731【東京東】伊豆諸島の一つ大島町で、波浮港開港・波浮港村創設の祖とされる秋廣平六翁の没後二百年記念事業(秋廣道郎実行委員長)が5月27日、旧波浮小学校で開催された。
この事業の一環として冒頭に「秋廣平六翁二百回忌音楽法要」が営まれ、道師に菩提寺である海中寺の吉川泰全住職、脇導師に西村寛和宗務所副長並びに布施慈宣伝道センター長、式衆に管内はじめ有縁の各聖が御出仕され、会場全体が荘厳な空気に包まれる中、大島佛教会各師、三辻利弘大島町長はじめ島内外の来賓、親族や一般の方など約800人が参列し、秋廣平六翁の供養と共に、改めてその偉業を讃えた。
その他、町民合唱団による合唱、紙芝居「波浮物語」、御神火太鼓、古歌や手踊りなど郷土演芸の披露や、波浮港往時の貴重な写真展示や地元名産品のブースなども出店され、多くの人が地元伊豆大島の歴史と魅力を再確認した一日となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07