全国の通信記事

2018年5月22日号

東京東 江東区玉泉院で入寺式と本葬儀

東東180613 (5)【東京東】江東区玉泉院で5月22日、第二十九世井上慶亮師の入寺奉告式と、去る1月31日に遷化された第二十七世承智院日宏(井上日宏)上人の本葬儀が執り行われ、管内・法縁など有縁の僧侶並びに檀信徒200人が参列した。
午前の入寺奉告式では、慶亮師はこの度の慶事に持田日勇貫首(本山茂原藻原寺)より贈呈された法衣を着帯。開式に先立ち、浄心寺から宗立学寮同期生の掲げる玄題旗と唱題を先導に僧侶檀信徒40名と共に練行列を行い深川山内に入寺を披露、地元の方々の祝福に包まれた。奉告式では、御宝前において内山堯邦宗務所長より辞令及び認証状の伝達、外山寛穂師(浄心寺住職)より払子が継承され、遷化された師祖父・師父に見守られる中、威風堂々と奉告文を読み上げられた。
慶亮新住職は挨拶で、「12歳の時に出家得度させて頂き、16歳の時に師父である承泉院日朋上人が遷化したことを受けて、改めて自身が僧侶となることを深く自覚しました。以来、祖父が師となり父親代わりとなって、厳しく育てて頂きました。そして本日、多くの皆様の支えによって入寺奉告式を迎えることができました。このご恩を返すためには、住職となり玉泉院に奉仕することが自分にできるただ一つのことであります。この日を出発点として、寺門繁栄を目標に努力精進して参ります」と決意を新たにされた。
午後には、持田日勇貫首導師のもと承智院日宏上人の本葬儀を厳修、中川法政宗務総長をはじめ友人代表として石川日命貫首(大本山小湊誕生寺)、小西法縁代表として小倉日教貫首(本山小室妙法寺)、荒井義明総代より弔辞が捧げられ、一同、増円妙道を祈った。また、葬儀委員長の西村寛和師(圓隆院住職)は謝辞で御礼旁々、現在の玉泉院本堂・会館・庫裡の完成当時を振り返り「落慶式は、得度したばかりの慶亮師の第一歩として、親子孫の三代一会で行う。この法要に出仕することに大切な意味がある」と、法城完成の喜びと法孫の将来を考え嬉しそうに話された日宏上人との思い出の一端を紹介して、参列者と共にそのご遺徳を偲んだ。
井上日宏師は、昭和29年に玉泉院の法燈を継承後、戦禍を被った本堂・客殿・庫裡など寺観を幾度も整備し、平成12年には境内建物を一新して現在の本堂・会館・庫裡を建立された。宗内においては、布教師会長、日蓮宗特派布教師、日蓮宗常任布教師などを歴任、多年に亘る言説布教の功績により権大僧正に昇叙。宗外においては、全日本仏教会国際文化局長などを歴任。千葉刑務所教誨師並びに東京拘置所教誨師に就任、のちにこの活動が評価され法務大臣表彰を受ける。また江東区青少年育成教化功労賞などを受賞。さらには、書籍を多数出版、九星気学の講師としても全国的に活躍されるなど、檀信徒のみならず宗門内外で布教活動に取り組まれた。1月31日遷化。世寿90歳。

2018年5月20日号

東京東 新島・妙蓮寺で入寺式

東東180613b①新島妙蓮寺様入寺(ウェブサイト用)【東京東】新島妙蓮寺で5月20日、第六世吉田俊栄師の入寺奉告式が執り行われ、島嶼組寺をはじめ管内・有縁の僧侶並びに檀信徒約100人が参列した。
開式に先立って、若郷会館から50人による稚児行列が行われ、地元の方々に新住職の入寺が披露された。奉告式では、正干与の横山智公師(式根島東要寺住職)より払子の継承、檀信徒による新島若郷村伝統の節題目が奉唱されるなど、海に囲まれる島嶼部ならではの壮大且つ心地よい雰囲気の中、盛大に奉行された。謝辞で吉田新住職は、涙で言葉を詰まらせながら、法燈継承の喜びと感謝を述べられた。

2018年4月7日号

東京東 いのりんぴっく―花まつりdeえんむすび―

東東180424【東京東】宗務所(内山堯邦所長)は管区主催の「いのりんぴっく―花まつりdeえんむすび―」を4月7日、柴又題経寺(望月洋靖住職)にて開催した。
第13回となる今回は、「寺ヨガ☆老若男女みんなでヨガ奉(まつ)り!」を行った。NPO法人 VYS YOGI協力のもと、祖師堂を会場に、午前の部は「ヨガdeデトックス~健康美を手に入れよう!」、午後の部は「ヨガセラピー~首・肩・腰が軽くなる!」を実施、野外ブースでのセラピーとあわせて総勢108名が参加した。荘厳な雰囲気の中、〝寅さんの名言〟を交えた指導で心身共に充実、参加者一同、笑顔でいい汗を流した。
また、境内の特設ステージでは、四会協力のもと、布施慈宣伝道センター長導師による花まつり法要、小山内功静布教師会長並びに持田貫信副会長による法話、林貫恵修法師会長導師による特別祈願法要、祖師堂ではプチ修行体験として、岡﨑英里伝道センター研修部主任導師による唱題行が執り行われた。ブースでは、日青会(高橋龍晟会長)によるお坊さんカフェや信徒青年会(身延別院)による甘茶の接待、恒例となっている帝釈天参道商店街の買い物券や景品が当たるくじ引き、岩手県智恩寺波木井会や神二青少年教化委員会並びに利島の物産展、下野材木店による多摩産野菜の販売と杉塔婆のキャンペーン、NPO法人グリーフケア支援協会による無料写真撮影会、寺子屋ブッダによる「死の体験旅行」、さらには、神奈川県第二部管内万灯講による万灯行列、駄菓子屋ROCKによるライブや駄菓子の販売、東京東部オリジナルキャラクター“れんちゃん”の登場など、さまざまな催し物で、お年寄りから子どもまで笑顔の花が満開となった。また、地元恒例の「柴又さくらまつり」も同時開催され、約五千人の来場者で柴又の街全体が終日賑わいを見せた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07