全国の通信記事

2019年2月28日号

東京南 京浜教区教化研究会議

東南190322 (2)【東京南】平成31年2月28日(木)に第43回京浜教区(楠山泰道教区長)教化研究会議が東京都南部(今田忠彰宗務所長)を担当管区に、大本山池上本門寺・朗峰会館で開催された。九十名が参加。
テーマは「日本人の死生観―いま、わたしたちは生老病死にどう向き合うのか―」。核家族化や高齢化が進み、葬送儀礼が多様化する社会の中で、時代の進展に応じて寺院や僧侶はいかに現代の生老病死に寄り添い、支えることができるかについて考えた。
京都大学大学院・政策のための科学ユニット特任教授カール・ベッカー教授により、「日本人の死生観と佛教的ターミナルケア」と題して基調講演が行われた。ベッカー教授は台湾仏教を例に挙げ、僧侶が傾聴に努めることの大切さを説き、寺院を訪問する人にとって、自分を認めてくれる「心ある相手」となるべきであると論じた。そのための方策として、お参りに来た方(悲しみ・辛さを共有する)、退職者(やる気を持ってもらい、コミュニティ作りに貢献する)、介護者(在宅での見取りやケアの精神的ストレスの軽減に助力)、高齢者(保険・貯金・相続の確認、財産の法的処理、遺品の行方の決定、葬儀・墓地・供養についての提言など)、遺族(遺族と尊敬してつきあい、心より認めてよき理解者となる)など、人々の状況に合わせた寺院活用の事例を紹介。殊に終末医療については、周囲とよく相談し、理解を得て事前に決定すること(自己決定権)が重要であると述べ、また葬儀や年回忌法要は、遺族に対してのグリーフケアとしての役割もあるとして、日本仏教の伝統的な死者供養の重要性を説いた。
続く分散会では、年代別に五つの部会に分かれて討議した。ベッカー教授も各分散会を巡回し、日本人の死生観を踏まえ、現代に求められる仏教と寺院の具体的な姿勢や活動について参加者と意見を交わした。
その後の全体会議では、ベッカー教授と関戸堯海師(大田区妙幸寺住職)が登壇。関戸師の進行のもと各座長より分散会の報告がなされ、後半は講師への質疑応答が行われた。自己決定権の重要性や、法衣を着用しての病院への訪問のあり方などについての質問に、ベッカー教授は一つ一つ回答し、講師の退室時には惜しみない盛大な拍手が送られた。
最後に日蓮宗現代宗教研究所三原正資所長より講評がなされ、引き続いての閉会式では、次回開催担当管区の安藤海潤神奈川県第二部宗務所副長(常眞寺住職)を導師に法味言上がなされ、閉会の辞を持って散会となった。

2018年11月25日号

東京南 ポカリン記憶舎朗読劇「ミチカケ」

東南181220b【東京南】品川 清光寺にて11月25日にポカリン記憶舎朗読劇「ミチカケ」が行われた。このミチカケとは幕末の品川宿 猫の目線で旅籠屋の女郎や下女の心根を語った朗読劇。演出家の明神 慈は詩的童謡で俳優の動きや声に余韻が残る濃密な時空
作りで覚醒空間に誘うとされその評価は「暁のサーカス」と評されている。公演が終わった後、観客たちは舞台となった品川宿に散策しに向かった。」

2018年11月18日号

東京南 池上雅楽会第一回公演

東南181220a【東京南】羽田 長照寺にて11月18日に池上雅楽会第一回公演が行われた。この雅楽会公演に際し、池上本門寺を稽古場に宮内庁の元楽長大窪永夫先生・現楽師大窪康夫・大窪貞夫先生方を講師に迎え凡そ1年間、稽古と準備に費やしてきた。
聴衆は「聴きなじみのある曲・初めて聴いた曲、どれも興味深くまた聞いてみたい」と満足気であった。来年、第2回公演を行う予定である。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07