全国の通信記事

2017年5月13日号

東京南 第7回寺町ウォーキング

東南170608 (4)【東京南】5月13日、東京都町田市において日蓮宗東京都南部宗務所主催の「寺町ウォーキング」が行われた。最終回となる第7回は「開発地域の寺院の歴史・文化に触れる」をテーマとし、15名の参加者と8名の僧侶らは東京都町田市能ヶ谷町から三輪町周辺を散策した。
出発地となった蓮清寺(町田市能ケ谷町1044)では、東京都南部宗務所所長・石井隆康師(目黒区・立源寺)を導師に開講式が行われ、その後、蓮清寺副住職・梅本明宏師より「夏お召し講」について解説がなされた。夏お召し講は、川崎市西部から町田市の東端に亘る地域の講中で、毎年大本山池上本門寺の大堂に安置される日蓮聖人御尊像の肌着と白衣を奉納しており、その成立は18世紀末頃まで遡るとされる。
蓮清寺をあとにした一行は、次に旧白洲次郎邸武相荘を拝観し、白洲次郎氏の書斎や愛用品等を見学した。続く妙行寺(同能ヶ谷739)では参拝の後に昼食をとり体を休めた。その後、最後の目的地である妙福寺(同三輪町811)へは、雨天のためバスでの移動となった。
妙福寺では澁谷辨要住職より、同寺の縁起と、本来は散策予定であった多摩丘陵一帯の原風景についての説明がなされた。
都心在住の参加者の一人は「東京とは思えない自然豊かな環境で心が落ち着いた。それぞれのお寺の上人から話を聞き、町田市能ヶ谷・三輪町地域に古くから続く法華信仰の息吹を感じることができた」と充実した様子であった。

2017年2月14日号

東京南 富田泰陽師帰山報告式

東南170227富田泰陽師【東京南】平成29年2月14日 午前10時半より水行。午前11時より檀信徒・麻布十番町内会100名が集まる中、大法寺住職 富田泰陽上人の第参行帰山報告式が執り行われた。富田上人は挨拶の中で「大黒様の福徳は自らだけに留まらず、皆と笑顔を共有すればこの福徳はあふれんばかりになると思います。今後はこの大法寺に訪れる人が老若男女問わず、皆、大黒様のような笑顔に慣れる。このような寺院を築きいて参りたいと思います」

2016年12月10日号

東京南・第5回 寺町ウオーキング

東南170110①【東京南】東京都南部宗務所主催 「第5回 寺町ウオーキング」が平成28年12月10日に行われた。
今回は「お坊さんと都会の寺を歩く」と題された内の第2回。
参加者30名は港区三田から渋谷区広尾までの道程を歩いた。出発地の薬王寺では、宗務所副長 高倉章瑞上人
を導師に法味言上。その後、薬王寺(小林顕浄住職)の縁起。また覚林寺(平井良昌住職)にては加藤清正公と蛇の目紋について話された。
妙福寺(富川大亮住職)、圓眞寺(稲田海聡住職)参拝後、昼食会場の承教寺(関勝宣住職)では英一蝶筆釈迦如来像を拝観し、午後は妙圓寺住職 坂輪宣敬師による「地域の歴史と寺院」をテーマに講演が行われ、最後に訪れた法雲寺(小松浄貴住職)の縁起を聞いた後、雅楽の演奏を聴きながらティータイムとなった。
参加者からは「この地域に、これだけ日蓮宗の寺院があるとは思わなかった。寺院それぞれの縁起・特色があり
非常に勉強になった。また次回も参加したい。」と語った。
第6回(品川~鈴ヶ森)は2月25日(土)開催予定。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07