全国の通信記事

2019年2月19日号

東京北 七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【東京北】台東区谷中 本山瑞輪寺(井上日修猊下)に於いて2月19日に七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会が厳修され、本年の日蓮宗加行所を成満した行僧30名が出仕し、檀信徒僧侶約130名以上が参列した。
本年の日蓮宗加行所第五行を成満された村山智洋上人(三浦市圓徳寺住職)が水行導師を勤められ、日蓮宗加行所第参行を成満された河村泰政上人(一宮市妙法寺御裡)が修法導師を勤められた、水行式では30名による大迫力の水行であり檀信徒も息を殺して見入っていた。引き続き井上日修猊下を法要導師に、行僧の早く力強い読経と、一糸乱れぬ木剣による御祈祷が厳修され、国家の安泰や檀信徒それぞれの御祈願を祈念した。
平成30年度正中山大荒行堂正傳師 吉澤日観猊下より 「本年度は87名の修行者が2月10日に無事に成満しました。井上猊下の命を受けて本日、水行導師並びに修法導師をお勤め頂いた村山上人、河村上人が中心となりまして30名が参集させて頂きました。井上猊下には心より感謝申し上げます。この行僧が来ている清浄衣は僧侶が亡くなった時に着る死に装束であります。命を懸けて読経と水行をして参りました。ですので、本日、檀信徒の皆様は大変ありがたい御祈祷を受けられたと存じ上げます。皆様にはご祈祷を心に留めて頂いて今年一年間、無事であるようにと行僧は御祈祷をされたと思います。どうぞ受け取って頂ければありがたい限りでございます。井上猊下におかれましては益々、御法体健全にして頂きまして我々に引き続きご教導頂ければありがたいと存じます」と謝辞を述べられた。
続いて本年の日蓮宗加行所を成満した出仕行僧を代表し、水行導師を務められた村山上人より、お招き戴いた井上日修猊下と、参列された本年度正傳師 吉澤日観猊下に謝辞を述べられ、「この國祷会は国の平和を祈る式でございます。日蓮聖人が立正安国論で言われているように、国の平和がなければ我々が安心して暮らせる世の中はない、といった思いで日蓮上人は法華経を広宣流布しておられました。我々、行僧も皆様の幸せを思って一百日を過ごして参りました。国の平和をそして皆さんの幸せを祈る姿勢こそが仏様、諸天善神の功徳を頂けることが出来ます。皆様もこの國祷会の意味するところであります国の平和といったことを祈って頂けるからこそ、皆様の願うことが成就するのであります。しかし、今後、うまくいかないことがあるかもしれません、そういった際にはまた、瑞輪寺様に来て頂き、正しい行いを今一度、確認して頂き、お参りをして頂ければ、皆様のご家族の方々が安穏に暮らせていけるのではないかと思いますので益々、瑞輪寺様をもととして御信心して頂ければと思います。我々、修行僧は木剣をもって皆様の心の迷いをお祓い申し上げます。日蓮聖人の教え法華経の教えを正しく信仰して頂き、御祈祷を受けて頂けるとその相乗効果で皆様が幸せに、国が平和になっていくであろうと思います。我々と共に国が世界が平和であるように共に精進して参れればと思います。」とご挨拶された。
結びに井上猊下より「日蓮宗大荒行を成満されました行僧の皆さん、当山の大荒行堂成満國祷会に御来山頂きまして誠にありがとうございました。また、私が瑞輪寺に晋山させて頂きましてから、爾来13年になります。本年は第12回目と相成りこの國祷会に錦上花を添えて頂きました。御来賓の当山参与、小林上人、金森上人、畑上人、御挨拶頂きました、正傳師をお務めなられた吉澤上人、副傳師をお務めなられた新妻上人、厚く御礼を申し上げます。正傳師様の御挨拶の通り、本年は87名の行僧しか入行しなかった中で、30名もの方々がボランティアの精神で当山においで下さった事はありがたい限りで、檀信徒の皆様は心から感謝をしなければならないことであります。と申しますのも、お1人が百日、30人が集まれば三千日でございます。この三千日の功徳を皆様は頂けたわけです。どうか、これからも七面様の御信仰を通じてお題目の信仰を益々なさって頂く、それが皆様にかえってくるのが御利益でございます。どうか本日12回目の國祷会に御参加頂きました事をご自身の身に叩き込んで頂いて、一生懸命に御信仰に励み頂きたく存じ上げます。」と謝辞が述べられ、その後、山内の東京七面山堂内にて行僧による特別祈祷があり、七面大明神例大祭・大國祷会は無事円成した。

2019年2月18日号

東京北 立正安国世界平和大國祷会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【東京北】 台東区今戸 長昌寺(鈴木晃永住職)で2月18日、立正安国世界平和大國祷会が、本年日蓮宗加行所を成満した9名の行僧と、正観世音菩薩御縁日出仕僧の会「世尊会」の修法師各聖、多数の檀信徒参列のなか、盛大に行われた。春の訪れを告げるかのような気候の中、成満した9名の行僧の水行式を、本年第参行を成満された飛鳥暁乗上人(池之端大正寺御裡)御導師のもとに行われた。その後、長昌寺観音堂にて同じく飛鳥上人を修法導師に、立正安国世界平和大國祷会が厳修された。法要後、成満僧を代表し、同じく飛鳥上人より、成満僧9名をお招き頂いた御礼とご挨拶があり、「私は8年前から東京北部宗務所の通信員としてこちらの長昌寺様にお邪魔をして写真と記事を日蓮宗新聞社に送っております。ですので、去年も私はこの場所にいまして、成満された代表お上人のご挨拶を聞いておりました。そのお上人が仰っていましたのは、行僧は法華経を体感して、命を惜しまず水行をし、木剣を振って皆様の因縁を鎮め成仏まで導く為に私たちその者が剣にならなければならないといった内容でした、私もその事が行中、常に念頭にありましたので行中は中堂でたくさんの読経をし、体を熱くして水行をして参りました。例えるならば刀を作る鍛冶屋さんのように、まさに自分自身が剣になるかのような修行が出来たと自負しており大変満足がいく行となりました。入行前にそのお話を聞くことが出来本当に良かったなと思っております。また、仏様や諸天善神の神力と僧侶があげる経力と皆様の念ずる力の四念力、この三つが具足して福徳力となります。是非とも皆様にはあげさせて頂かせているといったお題目をお唱え頂きたく存じます。」と述べられ、堂内は温かい拍手に包まれた。
法要大導師を務められた長昌寺御院代の鈴木海光僧正は「本年、61年目を迎えます立正安国世界平和大國祷会も本年度、荒行を御成満されましたお上人また、世尊会の修法師のご出仕を賜り厳修させて頂き大変ありがたく存じあげます。また、檀信徒の皆様も沢山の御来山頂きまして誠に有難うございます。行僧を代表してご挨拶頂いた飛鳥上人には、通信員はもとより、団参、檀信徒研修道場と管内行事で大変お世話になっており、本日は修法導師をお勤め頂きまた丁重なるご挨拶を頂きました。お話を聞いておりまして大変厳しい御修行をなさったのだと存じております。さて、この長昌寺は、荒行堂があります大本山中山法華経寺と大変縁のあるお寺でして、開山上人は浅草寺の第三世座主、寂海法印(師)でごいます。当山、山門近くの芝生に石碑が建立されており、そこには中山富木日常と金龍山寂海とございます。当時、鎌倉時代は盛んに法論が行われておりました。そんな中お二人が法論となり、日常上人の仏法の真髄は法華経にありといった言葉に感服なされた寂海法印(師)は、日蓮聖人の元に馳せ参じて、弟子となり日寂となり、一寸八分の観音様をお持ちになりこの地に安置なされて、この長昌寺を創建したと言われております。ですので、日常上人がいらっしゃらなければ勿論、長昌寺は無かったことかと思います。一昨年のこととなりますが日常上人の御尊像を4体御造りになり法華経寺の日湛猊下より寄進頂きました、大変ありがたいことと存じております。また、本年も無事に大本山中山法華経寺の大荒行堂を成満なされた行僧の方々をお迎えして大國祷会を奉行し、立正安国世界平和を皆様と共にお祈りすることは大変意義の深いことでして、御参詣頂きました檀信徒の皆様の功徳は計り知れないものでございます。日蓮聖人のお言葉に極楽百年の修行は穢土の一日の功徳に及ばずとございます。皆様は大変な功徳を本日、お積みになったわけでございます。ですから早速、荒行成満の行僧様の御法力を体いっぱいに頂けたわけでございます。どうかその御法力を1年間お保ち頂きまして、御精進賜りますようにお願い申し上げます」と述べ、結びに長昌寺総代 吉池延子様が謝辞を述べられ、立正安国世界平和大國祷会は無事に円成した。

2019年2月11日号

東京北 飛鳥暁乗師帰山式

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【東京北】2月11日、第参行を成満した飛鳥暁乗上人の帰山奉告式が、御自坊である台東区池之端 大正寺(飛鳥亘央住職)で行われ、多数の僧侶檀信徒が参列した。朝から雪が降る厳しい寒さの気候であったこの日、行列では多数の檀信徒とともに行進し、太鼓の音とお題目が澄み渡った空気の中、響き渡っていた。その後、御宝前にて唱題三唱。写真撮影をした後に本年成満した6名行僧が水盤を囲み、水行式を行った。奉告式では大迫力の読経とご祈祷の声に堂内にいた檀信徒が身命に合掌していた。
来賓である肉倉堯雄宗務所長、豊田昌樹修法師会長よりそれぞれ、第参行御成満、初行僧の指導への謝辞や、管内、修法師会、さらには御自坊での大現者として修法布教など、今後益々の御活躍を願う御祝辞が述べられた。
また、正干与である本山報恩寺 御貫首 長瀬日優猊下より「檀信徒の皆様にはこれからも大正寺に足繁くお運び頂きご住職の亘央上人、並びに暁乗上人の感得する大黒相承祈祷のもと大正寺に安置されている大黒福寿尊天のその功徳を受け取ってほしい」と述べられた。
結びに飛鳥暁乗上人は、御祝辞と参列頂いた各聖に謝辞を述べ、「檀信徒の皆様、帰って参りました」と述べると沢山の拍手が鳴り響いた。続けて「今回の荒行は自分のなかで納得のいく大変満足のいく行ができました。そして、この行で溜めたものは檀信徒の皆様の力になるよう、皆様に頂いた恩をお返ししようと思っておりますので、これからも宜しくお願い致します」と溢れる涙を流しながら謝辞を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07