全国の通信記事

2018年5月1日号

東京北 「祈りの日」の法要

東北180501 (9)hp用【東京北】三月二十七日、東京都足立善立寺で「祈りの日」の法要が執り行われた。
この日は仏壇・仏具の関連企業や寺院などでつくる一般社団法人「PRAY for (ONE)」(保志康徳代表理事)が「祈りの日」として日本記念日協会に登録され、初めて迎える日であった。
「祈りの日」は、仏教を保護した天武天皇が、西暦685年(天武天皇14年)3月27日、諸国の豪族に対し、「諸國家毎に佛舎(ほとけのみや)を作り、即ち佛像と経とを置きて礼拝供養せよ」(佛舎を作り、仏像と経を置いて礼拝供養するよう)と詔を発したことの記述が『日本書紀』にあることにちなむ。
まず、本堂にてエレクトーン奏者 中村麻由氏の献奏(献奏とは、亡くなった方が好きだった曲などを、葬儀やお別れ会で演奏し、その方を偲ぶもの)の中、善立寺住職新倉典生上人導師のもと龍谷寺大坂浩規上人、龍延寺北里康記上人とともに法要が執り行われた。法要では「祈りの日」制定にあたり先祖への祈り、世界の平和と幸福への祈りをささげた。
読経後、ダウン症の書家 金澤翔子氏が力強い筆さばきで「祈り」の文字の大書を奉納された。翔子氏は「心を込めて字を書きました。今後も感謝の気持ちですべての人々の幸せを祈ります」と述べられ、その後、御自身の夢を語って下さいました。翔子氏は今後も「祈りの日」を大切にしたいともおっしゃっていただきました。
その後客間にて中村麻由氏のエレクトーンの心地良い音の空間の中、ワークショップが行われ、折り紙の裏に祈りや願いのメッセージを書き、折りあがった後その鶴に息を吹き込む事によって、その祈りを運んでくれる「祈り鶴」を折りあげました。
最後に金澤翔子氏が中心となり参加者全員で「ふるさと」を合唱してお開きとなった。
最近では、祈る事を忘れてしまっている方も多いように感じる。今日一日を善立寺様で過ごし感じたのは、祈る事によって絆が深まり祈ることによって、見えないものが見えるものに変化するものなんだと感じた。願いや思いを以って何かの為、誰かの為に祈る事が大切であり、祈るもの祈られるものそれぞれが幸せになれる大切な行いなんだと、あらためて実感することができた。宗派・宗教を越えて「祈りの日」を大切にしたいもだ。

2018年3月1日号

東京北 京浜教区檀信徒協議会研修会

東北180302 (1)【東京北】3月1日、本山 谷中瑞輪寺(井上日修貫首)にて、本年度で3回目となる、平成29年度京浜教区檀信徒協議会研修会が開催され、春一番が吹く荒天の中、多くの檀信徒が集まった。開会式に先立ち、東京都北部宗務所長である肉倉堯雄上人(台東区一乗寺住職)を御導師に迎え法味言上し、研修会の無事円成を祈念した。 開会式では、開催管区である東京都北部檀信徒協議会事務局長の伊東二郎様が司会を務め、北部檀信徒協議会会長である川名雅之様より「檀信徒の会ではありますが、北部管内の各聖、特に若いお上人方のご協力を得て開催に至り、大変有り難く感じております。我々、日蓮宗の檀信徒は日蓮宗の応援団であり、今日は応援団長でもある全国の会長である池上幸保様にもおいで頂きました。今日は出席して良かったとお帰り頂けます様な研修会となるよう、是非とも宜しくお願いします」とご挨拶され、続いて日蓮宗全国檀信徒協議会会長である池上幸保様より、「日蓮宗には全国74の管区という単位に分けております。74管区を更に大きくし、11の教区というブロックに分かれております。私どものこの教区は京浜教区と申します。日蓮宗の宗政の中で、各管区、各教区、全国に設けられており、いわいるお寺の護持会というものが菩提寺の応援団であるならば、檀信徒協議会というのは日蓮宗の応援団でございます。菩提寺という壁を超えて同じお題目に生きる檀信徒が、横の繋がりを持って共に日蓮宗を支えていこうということであります。そのことによって、お祖師様の願いであった安穏な社会、立正安国を実現する為に、正しい信仰を持った人を一人でも多く作り、自らが実践していく為に研修していくことを趣旨としております」と、檀信徒協議会研修会のご説明がなされた。また、開催教区を代表して京浜教区副教区長の茂田井教洵上人(八王子市最教寺住職)、研修会会場をご提供頂いた本山谷中瑞輪寺執事長の稲荷泰雅上人(豊島区妙経寺住職)より、それぞれ謝辞が述べられた。
引き続き堂内にて、講談師である一龍斎貞鏡さんが『日蓮聖人御一代記』を講談した。第1回より連続して貞鏡さんは日蓮聖人の御一代記を講談しており、3回目となる今回は、日蓮聖人御降誕から小松原法難までを語り、張り扇で釈台を叩き調子良くメリハリをつけ、参加者は熱心に聴き入った。
場所を書院に移し昼食を済ませ、午後にはお香の歴史等を学んだ後に、参加者が8人1組のグループに別れ、それぞれ熱心に匂い袋を作製した。
次年度開催予定の京浜教区長 神奈川県第二部宗務所長の楠山泰道上人(横須賀市大明寺住職)、神奈川県第二部檀信徒協議会会長の岩瀬厚様より、次年度開催や御降誕800年事業への参加ご協力のお願いがあり、結びに北部宗務所肉倉所長より「主催者はあくまでも檀信徒の皆様ですので、楽しかった、また来たくなる、ということを続けていけると益々良くなると思っております」と結ばれ、その後は茶話会を開き、参加者は甘味を楽しみながら本日の感想を語り合い、好評の声が多数聞こえ、平成29年度京浜教区檀信徒協議会研修会は無事に円成した。

2018年2月19日号

東京北 七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会

東北180221 (3)【東京北】台東区谷中 本山瑞輪寺(井上日修貫首)に於いて2月19日に七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会が厳修され、本年の日蓮宗加行所を成満した行僧30名が出仕し、檀信徒僧侶約130名以上が参列した。
本年の日蓮宗加行所参籠を成満された嶋田教要上人(杉並区宗延寺住職)が水行導師と修法導師を務め、30名による大迫力の水行式では取り囲んだ檀信徒からは驚嘆の声が上がった。引き続き井上日修猊下を法要導師に、行僧の早く力強い読経と、一糸乱れぬ木剣による御祈祷が厳修され、国家の安泰や檀信徒それぞれの御祈願を祈念した。
本年の日蓮宗加行所を成満した出仕行僧を代表し、水行導師と修法導師を務められた嶋田上人より、お招き戴いた井上日修猊下と、参列された本年度正傳師 吉澤日観猊下に謝辞を述べられ、「行僧は益々、清く正しく美しく浄化をして、皆様のもとで祈祷をして願いを叶える仏様の使いになるべく、『如蓮華在水』の如く加行をして参りました。法華経は罪障消滅を説いているお経でございます。荒行堂では、我々自分たちの前世からの全ての因縁を、尊神様へあげるお経の力と水神明王様の水の力で清めて、蓮の花の一輪の如く成満してきたと自負しております。今が旬でございますので、今のうちに私たちはたくさんの御祈祷を致します。今日、御祈祷を受けた皆様は、必ず止まっていたことが一歩先へ進むと思います。明るくお題目を唱えてお過ごし頂きたいと思います。今日、私は井上日修猊下の御縁で修法導師をさせて頂きましたが、私の自坊は、報新山宗延寺と申しまして、昔小田原で報新宗延という方が一生懸命法華経を信仰しており、瑞輪寺様の御開山である身延山17世 慈雲院日新上人がお聞きになって、山号を報新山、寺号を宗延寺として建立しなさいと仰った、お名前が山号と寺号になっている珍しいお寺です。今日は深く御縁を感じております。」とご挨拶された。
続いて、平成29年度正中山大荒行堂正傳師 吉澤日観猊下より 「本日、御来賓で御出での小林前宗務総長より拝命を受けまして、今日お経をあげた行僧と共に、壱百日間御修行させて頂きました。瑞輪寺様の御守護神である七面大明神の良き日に、我々30名をお迎え頂きまして、井上猊下には心より感謝申し上げます。本年度は84名の修行者が2月10日に無事に出行しました。その30名がここにきてお経をあげるのは並大抵ではございません。井上猊下の御縁の方、瑞輪寺の御縁の方のお力により参集させて頂きました。本日は参籠上人より初行上人までの各行の、より優れた行僧が来ております。本日御祈祷を受けた皆様には大変ありがたいお経を頂戴されたと存じ上げます。今、この行僧が来ている清浄衣は僧侶が亡くなった時に着る死に装束であります。命を懸けて修行して参りました。皆様の御祈願が必ず叶うのではないかと確信しております。」と謝辞を述べられた。
結びに井上猊下より「平成18年の7月末に、当山52世、現在身延山第92世の内野猊下の後を受けまして晋山させて頂きましてから、爾来12年になります。晋山してから、是非、国の安泰を祈願するこの國祷会、大祈願会をやらせて頂きたいと、平成20年からこの國祷会を続けさせて頂いており、本年は第11回目と相成り、当山総代をはじめ檀信徒の方々が大勢お集まり頂きましたことを、厚く御礼申し上げます。また、御来賓の当山参与、小林前宗務総長、金森上人、畑上人、ただいま御挨拶頂きました、正傳師をお務めなられた吉澤上人、錦上花を添えて頂き厚く御礼を申し上げます。御挨拶を頂きました、参籠で御入行なされた嶋田上人を始め、各行別に大勢の各聖が奉仕の精神でこそ瑞輪寺へおいでを頂けたと存じ、心から御礼を申し上げますと共に、皆様の無事御成満を心からお慶び申し上げる次第でございます。誠におめでとうございました。さて、この國祷会は、国の安泰、国家安全、国の五穀豊穣を願う祈祷会でございます。先ほど吉澤傳師様も仰られました通り、84名の成満僧の中で30名の方が御出で頂くというのは本当に有り難いことで、稀に見ることではないかと思います。このような有り難い壱百日結界の荒行僧のお加持を皆様方は受けられたわけで、大変に幸せなことであろうと存じます。罪障消滅という言葉がありました。罪障というのは、知らず知らずのうちに私共の心の中に溜まっていく垢なんです。こうして大勢の行僧さんによってお加持をして頂き、溜まっていた垢を綺麗に落とされたはずでございますから、皆様どうか益々、御題目の信仰を通じて七面様の御利益を請うて頂きたいと思います。必ず心身共に健全になられたと思いますから、益々御題目の御信仰に御精進して頂きますよう、より一層幸せに生活して頂きますように御祈念を申し上げます。」と謝辞が述べられ、その後、山内の東京七面山堂内にて行僧による特別祈祷があり、七面大明神例大祭・大國祷会は無事円成した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07