全国の通信記事

2017年6月16日号

東京北部・東京都四部布教講習会開催

東北170620 (1) 【東京北部】平成29年6月16日、東京都四部宗務所主催による、平成29年度東京都四部布教講習会が東京都北部宗務所年番として、日暮里ホテルラングウッドを会場に開催された。今回は『江戸の文化に学ぶ』をテーマとし、近年、江戸の文化が世界と比しても著しい発展を遂げていたことが注目され、江戸期の歴史に学び現代に活かすコンセプトのもと、江戸の歴史と文学研究の第一人者である講師の先生に御教示戴き、東京の原点を踏まえて未来を模索する一助となれば、という願いを込めて企画されました。
午前の第一回講演では、身延山大学仏教学部長である望月真澄先生を講師に『江戸の法華信仰と法華文化』を議題として、江戸に法華信仰が浸透した形態から、浮世絵・落語・浄瑠璃などの作品から町人文化としての発展、江戸町衆の気質や信仰としての特徴など、如何にして江戸に法華信仰が弘まったかを御教示戴いた。
午後の第二回講演では、様々なメディアで活躍中である、国文学研究資料館長にして日本文学研究者である、ロバート・キャンベル先生を講師に『明治文豪が描く「上野の山」』を議題として、東京で最初に出来た、上野戦争の地である上野公園が、歴史的な重み・厚みを感じさせる場所であることを紹介頂き、街によって場所によってそれぞれの文化的な役割があったと御教示戴いた。
続いて、望月真澄先生とロバート・キャンベル先生の対談形式で「江戸の法華信仰について」講演を行い、ロバート・キャンベル先生は、身延山へ毎年数回参拝するなど本宗への造詣が大変深く、「信仰的側面では人々は、心の拠り所として年中行事で集まり、心の癒しを求め祈りや感謝を現した。また縁日や御開帳の年間スケジュールが当時の出版物から判り、花見や芝居を楽しむという精神生活の中心に信仰があったと、現在も私の職業として継続して学ぶことが出来ている」と仰った。日蓮宗と江戸の関わりについては、晩年の葛飾北斎を例に挙げ日蓮聖人祖師像の力強い印象を語られ、また「北斎の美術には妙見信仰より星が沢山描かれていて、宗教と思想が密接に関わり祈りと信仰が作品によって弘められていた」とお話くださった。
講演の締めくくりとして望月真澄先生からは、「浮世絵を見ても法華信仰には大変力強さを感じ取れる。芸術作品から見て取れる江戸当時の法華信仰の賑やかな姿を参考にして頂いて、これからの布教活動とお寺の在り方についてはコミュニティセンターとして、お寺離れ・お墓離れの世の中においては、我々お寺だけでの努力だけでなく、檀信徒と僧俗一体となって盛り上げて頂きたい」と力強く御教示戴いた。本講演での宗門教師の出席者は100名を超え、盛大にして大変意義深い講習会となった。

2017年2月20日号

東京北 佐野詮修師帰山奉告式

東北170227③佐野詮修師hp用【東京北】2月20日、第参行を成満した佐野詮修上人の帰山奉告式が、御自坊である台東区東浅草 正法寺で行われ、多数の僧侶檀信徒が参列した。
春の訪れを告げるかのような気候の中、行列後、御守護の毘沙門天神の前にて力強い読経。御宝前にて唱題三唱。入行以前とは大きく変わった風貌と声に、檀信徒は感激し合掌してお出迎えをした。
本年成満した6名との水行式に際しては檀信徒の驚嘆の声が上がった。奉告式では、仏祖三宝へ無事の帰山奉告をするとともに、これからの不自惜身命の法華経弘通を誓った。
行僧を代表して、佐野上人とは再行と今回の参行で200日共に修行された富田泰陽上人よりご挨拶があり、「お互いに大黒祭の実行委員として重責のある任務を全うし、互いに辛い思いをし心で泣いたが助け合い、私自身が本当に何度も、もう持たないなという時に、佐野上人にいつも助け船を出してくれて、手を差し伸べてくれたお蔭で、私自身も寒壱百日の成満を迎えられました。本当に真面目な方で、自分の責任を果たして、本当に素晴らしい方でした。いつも私達は互いに成満してからが僧侶として本当の勝負だと言っていましたが、これからは檀信徒の皆様の為に沢山の宝物をお分けするということを続けてくれると思います。」と述べた。
宗務所では書記長、修法師会では幹事長を務める佐野上人に、望月兼雄宗務所長、豊田昌樹修法師会長、吉田見悠宗会議員よりそれぞれ、第参行御成満と、宗務所や管内はもとより御自坊での大現者として修法布教など、今後益々の御活躍を願う御祝辞が述べられた。
結びに佐野上人は、御祝辞と参列頂いた各聖に謝辞を述べ、檀信徒の皆様には「富田上人に、涙脆くなるのは歳のせいだと言われました。私も歳を取ったと思います。尊神様にお声掛けを戴いて、まさか私が3回も行に入るとは夢にも思っておりませんでした。私が今回3回目の行に入ったのは、ただこの正法寺を継承し一生懸命に頑張る、その力を、力の足りない自分に積ませて頂く、そういう気持ちで今回荒行堂に入らせて頂きました。それが一番の気持ちでした。行に入り何が一番大事なのかよく分かったつもりでおります。これからはこのお寺にに張り付いて、このお寺の檀信徒の為に、留守を守ってくれた寺族の為に、これからもしっかりとお経をあげて頑張って行きたいと思います。」と溢れる涙を流しながら謝辞を述べた。

2017年2月19日号

東京北 七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会

東北170221 (2)hp用【東京北】台東区谷中 本山瑞輪寺(井上日修貫首)に於いて2月19日に七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会が厳修され、本年の日蓮宗加行所を成満した行僧29名が出仕し、檀 信徒僧侶約130名以上が参列した。
本年の日蓮宗加行所第参行を成満された富田泰陽上人(港区大法寺住職)が水行導師と修法導師を務め、29名による大迫力の水行式では 取り囲んだ檀信徒からは驚嘆の声が上がった。引き続き井上日修猊下を法要導師に、行僧のとても早く力強い読経と、一糸乱れぬ木剣による御祈祷が厳修され、国家の安泰や檀信徒それぞれの御祈願を祈念した。
本年の日蓮宗加行所を成満した出仕行僧を代表し、た第参行御成満され、水行導師と修法導師を務められた富田泰陽上人
より、「私は再行の時は水行班でしたので、今日も水を被る時はいきいきとしておりましたが、前に出ると足が震えました。大変緊張致しました。参行に入り大黒様の行、大黒様は笑顔でございます。大黒様の笑顔で過ごすことを心がけて壱百日を過ごして参りました。入行中では、今そちらの一番後ろにお座りの五行であった齊藤憲弘上人のお言葉の中に『一切円満大調和』という言葉を頂きまして、先ほど皆様と一緒にお題目を唱えさせて頂き、御法前の日蓮大聖人、七面大明神様、すべてのものと咸応道交、心が通じ合うことを目指して我々はお経をあげ唱題し御祈祷させて頂きました。それが叶ったと時に『一切円満大調和』ということで咸応道交が生まれます。私は初めてのお葬式の時に、井上猊下にお供をし、ひとりひとり仏様に対してひとりひとりの引導を語りかけて読むと教わりました。そのままの姿で今日、修法導師を務めさせて頂き本当に感謝しております。」と謝辞を述べられた。
結びに井上猊下より「本年も七面大明神例大祭と荒行僧をお迎えしての國祷会を盛大に厳粛の内に奉行することが出来ましたことを心から感謝を申し上げます。本年も大荒行堂100日を成満され、ただ今ご挨拶を頂き、また本日水行導師・修法導師をお務め頂きました第参行御成満の富田上人を始め、29名の行僧がお集まりくださいまして、、衷心より厚く御礼申し上げます。出行僧の皆様方には、法体健全で無事に100日の行を終えられましたことを、心からお祝いお慶びを申し上げます。誠におめでとうございました。私もかつて52年前に初行に入りました。やはり初行上人は本当に辛い行を重ねたと思います。生きて出られる保障はございません。しかし、一心に一生懸命に修行することによって、身体が励むのです。今でも荒行堂の中堂に『寒水白粥凡骨将死 理懺自悔聖胎自生』が柱にございます。冷たい水を被ってお粥をすすり、自分の身体がまさに死にそうになるまで痩せ衰えていく。そういう中に『理懺自悔』といってまさに仏様のようになれる。それが寒壱百日の荒行でございます。初行は無情と言うけれども、また、再行、参行、四行、五行とそれぞれに大変な修行を重ねられた皆様でございます。檀信徒の皆様方は今日、30名余りの行僧さんから大変有難いお加持を受けられました。滅多にこのようなお加持は受けられません。必ず皆様方はお加持を受けられたことによってご利益を戴いて、今年は1年間無事息災に過ごされることと存じます。それには常日頃の御精進、御題目のご修行が大事でございます。どうか今日、この感動を胸に決して忘れることなく、益々、御題目のご信仰にご精進頂きたいと存じます。御題目の信仰は、自分自身で自分の人生を切り開いて、自分が幸せを勝ち取ることでございます。一生懸命に御祈願された祈願のお応えはかならずございますが、どうか益々、良い結果を掴んで頂きますようにお願いを申し上げます。」とご挨拶が述べられ、その後、山内の東京七面山堂内にて行僧による特別祈祷があり、七面大明神例大祭・大國祷会は無事円成した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07