全国の通信記事

2019年12月15日号

長崎 大村市大法寺で法灯継承式

長崎191227hp【長崎】令和元年12月15日、大法寺(大村市)にて法灯継承式が行われた。宮村仁士新住職は、平成23年に遷化された師父上人より8年の歳月を経て、堂内に溢れんばかりの檀徒信徒に見守られながら、法灯を受け継ぐこととなった。
奉告文では、昭和15年より当地にて始まったお題目の道場より、観音結社を経て寺号公称にいたるまでの縁起を述べた。またそこに至るまで、尽力した自身の祖父母、師父上人、また道しるべとなり、多大なる力を与えたくださった佐世保市本興寺第四世永村日鵬上人、その志を引き継ぎ代務として法灯の護持に努めてきた松本玄経師(佐世保市本興寺)など有縁の人々に感謝を述べ、師厳道尊の志にて、恩に報いる為のさらなる精進を誓った。
また式典の後には、ご縁ある落語家の立川志遊師匠による祝い落語が披露され、会場はより和やかで温かな空気に包まれた。
冬の晴天の下、若き新住職の門出は、人々の笑顔と共に、まさに晴れやかなものとなった。

2019年11月30日号

長崎 第17回信徒青年の集い

長崎191210 (2)【長崎】令和元年11月30~12月1日「第17回信徒青年の集い 長崎地区大会」(光伝寺檀徒 金子宗弘会長)が信徒青年会38名、僧侶12名が参加して開催された。
第一会場では、総会の後研修会が行われ佐世保市大恵寺副住職 大木亮慶上人がご講師として登壇し「信仰について考える」というテーマで、何気ない普段の生活のいたる所に信仰のきっかけは存在し、夫婦・親子がお互いを思い合うように目の前の相手のことを思うことが信仰に繋がっていくのだと話された。参加した檀信徒たちは大きく頷きながらご講義に聞き入っていた。
夜は第二会場「長崎にっしょうかん」に場を移し、僧俗交えて盃を交わし、躍りあり、合唱ありで盛り上がり互いの親交を深めた。
翌日は飽の浦 昭徳寺(森光徳住職)、脇岬 岬忍寺(大町智経住職)、蚊焼 真乗院(加藤経啓住職)の三箇寺を参拝した。離島を含め県内各地より集まった参加者は、来年また再開することを誓って各々帰路についていた。

2019年11月19日号

長崎・声明師会総会並びに研修会

長崎191220【長崎】声明師会(合川泰通会長)は、去る十一月十九日、令和元年度日蓮宗長崎県声明師会総会並びに研修会を川棚町 常在寺に於いて開催し、県内僧侶三十名が参加した。

総会では、会務報告・全国代表者会議の報告を発表。その後、今年度以降の様々な活動予定などが、協議・報告された。

研修会では、宮崎県声明師会会長 吉田憲静 上人による「高祖讃」の講習が執り行われた。
「高祖讃」とは、日蓮聖人を讃える声明の中の一つでありながらも、約四十年前の日蓮聖人七百遠忌以降、あまり知られていない。しかし、来たる令和三年 日蓮聖人御降誕八百年の長崎県大会において、この高度かつ複雑でありながらも、日蓮聖人を讃える声明として、一人でも多くの檀信徒の皆様に理解していただきたいという会長上人の熱い想いにより実現した今回の講習である。

研修会後には、常在寺住職 合川天心上人導師の元、長崎県 本年度物故者の上人の法要が執り行われた。
何かを学ぶことは、他人に伝えることである。そして、他人に伝えることは、自分自身が学ぶことでもある。今回の総会・研修会により、参加者一人一人が様々なことに関心をいだき、伝えることの大切さが高まった意義ある研修会になった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07