全国の通信記事

2019年7月30日号

宮鹿沖 第9回わんぱく寺子屋

宮崎190821【宮鹿沖】宮崎県都農町龍雲寺(吉田憲由住職)で7月30日、夏休み恒例の「第9回わんぱく寺子屋」が行われた。
都農町民の子どもたちをはじめ、隣町の日向市や遠くは鹿児島から参加があり、下は5歳から上は12歳まで27名が修行体験に参加した。
日蓮宗特製のお揃いのTシャツに袖を通し、27名心一つに数珠作りやうちわ作り、写経写仏、座禅体験とみんなで楽しく、時には厳しく、仏さまの教えを学びました。
午前中の修行体験後には、総代役員さん特製の流しそうめん体験とスイカ割りにとても大はしゃぎだった。
都農南小2年の永友大貴君(7)は「座禅やうちわ作りなど、みんなと楽しく修行ができた。お父さん、お母さんはいつも頑張っているので、ありがとうを言いたい。また来年も参加します!」と話していた。
寺子屋を通して、お互いを思いやるココロ、人の痛みのわかるココロ、大切なことを修行を通して身につけ、笑顔いっぱいでみんな龍雲寺の山門から帰っていきました。

2019年7月28日号

宮鹿沖 一泊寺子屋

宮鹿沖190828【宮鹿沖】令和元年7月28、29日に宮崎・鹿児島・沖縄三県日蓮宗青年会(田中直秀会長)主催の一泊寺子屋が宮崎県延岡市妙傳寺(首藤泰秀住職)にて開催された。
小学生から中学生までの子どもたち36名が集まり、①大きな声でいつも挨拶②必ず時間を守る③履物をきちんとそろえる。という3つの約束をしっかりと守るという目標を掲げスタートした。
寺子屋では、朝夕のお勤めや法話、写経に陶芸体験やお祭り夜店遊び、プールと色々な事を楽しく体験してもらえた。
一泊二日という短い時間だったが、時間がたつにつれて挨拶や履物を揃えるといった事で注意をする事も無くなり、子どもたちで考え行動する姿に成長をとても感じた寺子屋であった。

2019年7月9日号

宮崎・鹿児島・沖縄 九州修法師会連合会研修会

宮鹿沖190730①【宮崎・鹿児島・沖縄】令和元年7月9日に九州修法師会連合会研修会が鹿児島県(冨田義浩修法師会会長)で開催された。
全国修法師連合会 吉田顕嶺会長をはじめ66名の修法師が参加し、能勢妙見山 真如寺 植田観樹僧正を講師にお招きし『修法布教の諸問題?宗祖の祈りと修法師の指名』というテーマで講義を受けた。
「師厳道尊」(しげんどうそん)の言葉。
修法師としての使命や心構え、あるべき姿、これから私たちが目に見えない糸、不思議な縁で出会った人を救い繋がっていくかあらためて考えさせられた。
この講義をかてに修法道を励んでいきたいと思う。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07