全国の通信記事

2017年8月1日号

長崎 原爆殉難者慰霊行脚

長崎170802 (5)【長崎】八月九日の長崎原爆の日を前に、同月一日に長崎原爆殉難者慰霊行脚が執り行われた。
長崎県内の青年僧を中心に四十四名が参加し、長崎市内の防空本部跡から平和公園までの約四キロを行脚した。
行脚終了後、長崎県日蓮宗青年会の森慈弘会長は「世界から核兵器が無くならない中で、長崎を最後に核兵器が使われたことはありません。歴史を風化させることなく、戦争や原爆から学び、世界平和を祈りましょう。」と、集まった青年僧に呼びかけた。

2017年6月29日号

宮鹿沖・声明師会、布教師会研修会 開催

宮鹿沖170706 (1)【宮崎・鹿児島・沖縄】
声明師会(吉田静正会長)と布教師会(吉田憲由会長)の研修会が6月29日、宗務所の立正寺(森下恵裕住職)にて開かれた。
先ず声明師会では総会に引き続き、会長指導による『声明七曲・椅子式の所作ついて』の研修が行われた。教師20名で声明の発声の仕方、音の高さや節などに気をつけながら声明七曲を唱えた。また椅子式の導師・式衆の所作についての研修を行った。
次に布教師会では、会長指導による「優しい高座説教の作法」をテーマに、高座説教の歴史から話の作り方・作法を学び、若手教師が実際に高座に登って学び合った。
この研修会を通して来る降誕八百年に向けて、管区一丸となって布教伝道に励んでいくことを新たに誓い実践の大切さを学ぶ研修となった。

2017年6月24日号

宮鹿沖・第35回 日蓮宗九州地区保育研修会宮崎大会

宮鹿沖170628(2) 【宮鹿沖】平成29年6月24日から25日に、立正幼稚園(松野蓮香白蓮寺住職)が開催当番園として、日南市南郷町にある「南郷ハートフルセンター・大研修室」において、九州各地の保育連盟に加入している園の職員80名を集め、研修会を開いた。来賓として日蓮宗保育連盟新居養雄理事長、同横川和克事務局長、塩田義徹熊本県宗会議員、佐野前延福岡県宗会議員、田中英康九州教区長、森下恵裕宮崎・鹿児島・沖縄三県宗務所長、同管区工藤海悟社教会々長を招き、開催した。開式後全員で宗歌を斉唱。冨田隆文九州教区保育連盟会長が導師となって法味言上し、主催者の挨拶として「九州は1つ」とスローガンを述べた。1日目の研修会に椋木京子宮崎大学准教授による記念講演『こころを育てる いのちを育てる』を、2日目は森下恵裕師の信行講話、立正幼稚園の職員による「にちれんさまの折り紙」を披露された。会場を移し、「南郷プリンスホテル」にて懇親会を開き、親交を温めた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07