全国の通信記事

2021年11月14日号

宮鹿沖 日南市妙源寺で法燈継承入寺式

宮鹿沖211124②【宮鹿沖】令和3年11月14日、宮崎県日南市経王山妙源寺にて黒木敬順住職の法燈継承入寺式が執り行われた。
令和元年に妙源寺の住職となった敬順上人だがコロナ禍のため入寺式を延期、延期の状態が続いていた。そんなこともあり、今回の開催に妙源寺檀信徒の熱い想いが表れた入寺式となった。
式の中では敬順上人が住職となるまでの4年間、代務住職をされ妙源寺を護ってきた日向市妙国寺住職黒木報源上人から払子、過去帳が授与された。
妙源寺筆頭総代 榎木田和身さん、檀信徒 久保満利子さんは「妙源寺檀信徒として住職を支える。私たちは敬順上人を我が息子と思って精一杯住職の力となる事を誓う」と涙しながらその想いを語られた。
式の終了後には日本舞踊藤間流の藤間稔樹さんを始め門下生6名が妙源寺御本尊へ「御祝儀舞民謡三番叟」、「合唱で光を」の舞踊を奉納された。
妙源寺檀信徒と敬順住職との絆を強く感じた法燈継承入寺式であった。

2021年11月2日号

宮鹿沖 延岡市本東寺のお会式法要

宮鹿沖211105②【宮鹿沖】11月2 日宮崎県延岡市本東寺のお会式法要に併せソーシャルディスタンスを取り「ご降誕800年記念 伝統の高座説教」が行われた。

説教師は布教院卒業生である吉田憲由師「お会式は日蓮大聖人にお会いできる法要。日蓮大聖人が命をかけたお題目を740年経つ今、受け継いでいる。そしてこれから未来への子どもや孫たちへ繋げるのが私たちの役目である。
日本人の若い方は宗旨や宗派を知らない人が多いが、海外では自分の宗教、宗派を持っていないと信用してもらえず、大切な仕事が任されない事がある。
教えを伝えていく事も大事だが、まず私たちは日蓮宗。そして自分の家の菩提寺。総本山は身延山久遠寺。お題目南無妙法蓮華経を心の拠り 所としています。と子供や孫に伝える事から始めましょう」話し、最後に日蓮大聖人 が生涯大切に持ち続けた母の髪を日朗上人に託した「悲母の毛髪」 のくり弁が行われた。

ご入滅される死の床まで肌身離さず持ち続けた母の毛髪。
最後の最後まで母を想う日蓮大聖人の優しさに聴聞する全員が胸を打たれ信仰の華を咲かせていた。

2021年7月31日号

宮鹿沖 龍雲寺第11回龍雲寺わんぱく寺子屋

宮鹿沖210818(修養道場①【宮鹿沖】七月三十一日(土)宮崎県 都農町龍雲寺(吉田憲由住職)第十一回龍雲寺わんぱく寺子屋が開催された。二十名の元気な子どもたちが集まり、三密に気を付けながら規模を縮小しての開催となった。龍雲寺の寺子屋は住職だけではなく、総代役員さんや檀家さんが何日も前から、準備をし、みんなで地域の子どもの成長を見守り、支え続けている大切な行事である。寺子屋の中で吉田団長は「寺子屋の3つの約束!みんなで助け合いましょう。元気な声であいさつをしましょう。はきものをそろえましょう。を守ってみんなで成長しましょう」と挨拶。将来の夢や願いを込めながらプラ板でのお守り作り、慣れない筆を使い、写佛体験(今年はアマビエ様)や、数珠作りと沢山の仏教に触れ、修行に打ち込んだ。子供は地域の宝!檀信徒の未来!みんなで見守りながらゆっくり育てて行きましょう。暑い暑い宮崎の夏とコロナウイルスを吹き飛ばす、元気いっぱいわんぱく寺子屋が夏休みのスタートと共に楽しい思い出となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07