全国の通信記事

2022年7月23日号

大分 清正公「第412遠忌 二十三夜祭」

大分220728【大分】7月23日(土)清正公「第412遠忌 二十三夜祭」が、大分市法心寺(佐々木浩文住職)において開催された。
コロナの影響で3年ぶりとなった二十三夜祭に佐々木浩文住職は「3年ぶりに千灯明を灯し、豆茶の振る舞いをする通常通りの二十三夜祭が開催でき、清正公様もお喜びになられたことでしょう」と話された。

千灯明は清正公が大分市鶴崎の港に着く時や出発する時、町民がこぞって灯火や提灯をもって迎えたという故事にならい、供養のため境内に千の灯明を灯す行事。豆茶は清正公が戦場で兵士の士気を鼓舞するため、麦茶に煎った大豆を入れた素朴な味で、健康にも良いとされる。

2020年12月25日号

大分 冊子「おうちで寺子屋」配布

大分210112②【大分】日青会では毎年県内の檀信徒を集めて『大人の寺子屋』を開催していたが新型ウイルスの影響で中止となった。しかし、毎年楽しみにしていた檀信徒の為に何か出来ないかと考え「おうちで寺子屋」の冊子を発行した。新型ウイルスでお寺にお参り出来ない方、不安で出歩く事の出来ない方に向けて、会員一同が檀信徒に向けてメッセージを込めた写仏や写経等を制作した。
手元に届いた檀信徒や子供達は「沢山の種類があって良かった」「お上人さんの思いが伝わる冊子を頂け有り難かった」と喜びの声が上がった。

2019年11月19日号

大分 第35回九州教区檀信徒研修道場

大分191127 (3)【大分】第35回九州教区・檀信徒研修道場が令和元年11月19・20日にレンブンラントホテル大分(大分市)にて、九州の檀信徒85人が集まり開催された。13時半より開講式が行われた。十四時より身延山庶務部長、小澤惠修師より『いのちと法華経』の講義では、私たちの身の周りの人は仏様です。だから、共に生き、共に栄えて生きましょう。共栄が大切ですと講演された。翌日では、大分市妙瑞寺住職(菊池泰啓師)よる唱題行を参加者全員で行われ、一心にお題目が会場に響き渡った。11時より閉講式の挨拶では大分県宗務所所長(佐々木浩文師)では、2日間で学んだ事を生かし、生活して生かして行きましょうと挨拶した。檀信徒の方に感想を聞くと「大変良い話を聞けて良かったです。また、他県の檀信徒の方にお会いできて嬉しかったです」と笑顔で帰宅していった。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07