全国の通信記事

2019年11月19日号

大分 第35回九州教区檀信徒研修道場

大分191127 (3)【大分】第35回九州教区・檀信徒研修道場が令和元年11月19・20日にレンブンラントホテル大分(大分市)にて、九州の檀信徒85人が集まり開催された。13時半より開講式が行われた。十四時より身延山庶務部長、小澤惠修師より『いのちと法華経』の講義では、私たちの身の周りの人は仏様です。だから、共に生き、共に栄えて生きましょう。共栄が大切ですと講演された。翌日では、大分市妙瑞寺住職(菊池泰啓師)よる唱題行を参加者全員で行われ、一心にお題目が会場に響き渡った。11時より閉講式の挨拶では大分県宗務所所長(佐々木浩文師)では、2日間で学んだ事を生かし、生活して生かして行きましょうと挨拶した。檀信徒の方に感想を聞くと「大変良い話を聞けて良かったです。また、他県の檀信徒の方にお会いできて嬉しかったです」と笑顔で帰宅していった。

2019年9月11日号

大分・青年会主催の「大人の寺子屋」が大盛況

大分190924 (2)【大分】日蓮宗大分県青年会(首藤泰隆会長)は9月11日、首藤師が住職を務める杵築市延隆寺で第6回目となる「大人の寺子屋」を開催し、70名ほどの参加者が共に仏道修行に励んだ。今回は「からだと心が歓ぶ」をテーマに、外部講師として以前より首藤師と親交がある小田茂美氏を招いた。小田氏は「からだ・こころ健幸協会」の会長として各地に出向き、多くの人の健康維持のサポートをしている。今回の講演も全員で体を動かし、参加者も笑顔を見せ真剣に学んでいた。また講演後は小田氏と、日青会員によるディスカッションを行い、荒行やお題目についてなどの質問をされ、檀信徒の方々は勿論のこと一般参加者にも日蓮宗とはどういった宗教か知る良い機会となった。その後は日蓮聖人の龍口法難を演目とした劇や、日青会僧侶による法話、静かな環境での写経等を行ない、一日通して大いに盛り上がった研修となった。

2019年7月29日号

大分 檀信徒協議会総会

大分190815【大分】大分県檀信徒協議会総会が、7月29日大分市ホルトホールで開催され、各寺院総代約20名が参加した。宗務所長改選に伴い、今年度から新しく法心寺檀徒、房前茂昭氏が会長に就任し、現況報告や予算等の審議が行われた。また会議の中で、各寺院総代は総代の袈裟章を付けること、日蓮宗新聞を購読することが確認された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07