全国の通信記事

2017年2月22日号

佐賀 管内の帰山式

佐賀170222籾井、宮本、松嶋師 (1)【佐賀】昨年11月1日、佐賀県から、初行に籾井恵秀上人、第再行として宮本智行上人が大荒行堂での百日修行に入られた。また、副伝師として五回目の任務になられる松島正英上人も、平成二十八年度の大荒行堂に入行された。
そして、平成29年2月10日、各寺院の檀信徒や管内上人が見守る中、佐賀県からの二人の青年僧と副伝師は、大荒行を成満された。
その帰山の式典は、
2月22日(水)に籾井上人の本経寺(籾井恵親住職)、2月23日(木)に宮本上人の妙海寺(宮本智昭住職)、2月24日(金)に松島上人の國相寺にて行われた。
初行を成満した籾井上人は、厳しい修行でやつれた姿ながらも、新しく伝授された技を、支えて下さった檀信徒や先輩上人に披露された。
二回目の百日を過ごした宮本上人は、人を導くという事の困難さを、その身をもって体験し、またその実体験を基に、これからの布教を強く誓われた。
通算千日の荒修行を終えられた松島上人は、正伝師猊下より「慈覚阿闍梨」の名を頂戴し、この偉業は、何よりも檀信徒の皆様のお力によるのだと、改めて感謝の気持ちを表された。

2016年12月3日号

佐賀 施設訪問

佐賀161209 (2)【佐賀】社教会(藤木弁昇会長)は、12月3日塩田町にある社会福祉法人たちばな会(小寺大誠理事長)へ施設訪問を行った。
会では毎年福祉施設への訪問を行っており、年末の恒例行事となっている。会員10数名が参加し、初めに会長導師により職員・利用者の方々の無事を願い修法祈願を行い、施設へ金一封を贈呈した。次に、吹奏楽団・小城ウインドアンサンブルによる演奏が行われた。
利用者の皆さんは揃って外出する事が難しく、なかなかコンサートに行くことが出来ないとの事。童謡や時代劇のテーマなど親しみやすい曲が演奏されると、手拍子を取ったり、リズムに合わせて体を動かしたりと大変喜んでいる様子だった。最後に施設代表の方から感謝と、再度お越しいただく事を首を長くしてお待ちしていますと挨拶があった。

2016年10月28日号

佐賀県社教会管区研修会

佐賀161101 (1)【佐賀】秋雨の肌寒い10月28日、佐賀県社教会(藤木辨昇会長)主催の管区研修会が、小城市の市民交流プラザ「ゆめぷらっと小城」において、佐賀県宗務所との共催にて開催された。
小雨の降る中、僧侶・檀信徒合わせて30名程の参加者が、佐賀新聞社専務取締役・編集主幹である富吉賢太郎氏を招いての、『私が出会った感心な人たち』という講演に耳を傾けた。
富吉氏は、かつて約10年間に亘り、佐賀新聞の1面コラム「有明抄(ありあけしょう)」を執筆されていた。
当然その反響も大きい中で、様々な人に出会い、さらに多くの事を学ばれたという話を、記事を読みながら参加者に向かって語り掛けていた。
その中でも特に、死刑囚であった歌人・島秋人(しまあきと)について、強く語られていた。
島が重犯罪を行い、死刑囚として獄中で過ごす中、小学生の時に図工の吉田先生からの一言の褒め言葉が、大人になった今でも思い出され、自分の支えとなったのだという。
そしてそこから、先生夫妻との交流が出来、歌人として改めて人生を生きることになったそうである。
吉田先生も、幼い頃の島に対して、何気ない気持ちで言葉を発したのであろう。
しかし、そのたった一言が、誰かの心の支えとなる、誰かの人生を左右してしまう可能性があるのだということを、富吉氏も、コラム執筆中の反響や出会いの中で、強く感じたそうである。
そして、そこからまた「学び」を得ることで、どんなに齢を取っていても、人間は成長していくことが出来るのだと伝えられた。
この事は、メディアで発信をしている側に限らず、私達だれにでも当てはまる事ではないだろうか。
特に、「いのち」や「想い」に対峙している僧侶にとっては、何気ない行動や発言が、実は誰かを救い、また誰かを傷つけてしまう可能性がある事を、改めて強く感じ、内省させる内容であった。
「いのち」を輝かせる、より良く生きることは、ほんの些細な事がきっかけになることもある。
今回の富吉氏の講演によって、私たちの周りの様々な縁が、それに対する言動が、そして何より『南無妙法蓮華経』のお題目が、より良い生き方に、感心な人となる為に、いつでも繋がっているのだと想像することが出来たのではないだろうか。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07