全国の通信記事

2021年4月28日号

佐賀 総代統一信行会

【佐賀】立教開宗の聖日である4月28日、小城市の九州本山・松尾山光勝寺(松島日應貫首)において、佐賀県寺院総代統一信行会が開催された。
佐賀210506 (2) 昨年は、コロナウィルスの流行により、中止となった統一信行会であったが、本年は光勝寺の本堂を広く使い、お互いの距離を保ち、換気を行い、開催の運びとなった。
会場の密を避ける為、各寺院からの出席者数を制限し、僧侶・檀信徒合わせて、70名程の参加となった。
まず最初に、佐賀県宗務所長を兼ねる松島貫首と共に、お経を唱え、お題目修行に励んだ。松島貫首は、お勤めの後の話で、「こういう時代だからこそ、自粛はしても、萎縮をせずに、 力強くお題目布教を行っていく」と、コロナウィルスの状況を乗り越えていく覚悟を示された。
次に、多久市等覚寺(小寺成文住職)の小寺亮佑上人による法話が行われた。小寺上人は、今のこの日本・世界の状況は、疫病や天災等の多くの困難があり、日蓮聖人の時代と重なると指摘。それに加えて、新しいやり方、変化していく状況に対するストレスもあるとのこと。自分一人で抱えきれない悩み・苦しみは、仏様にお預けして、軽くなりましょうと、優しく語りかけていた。また、小寺上人が布教研修所時代に参加した、西日本豪雨の復興ボランティアの経験の話をされた。その中で、苦しいの最中にいるはずの被災者の方に、「たくさんの人に助け・支えられて、本当にありがたい。生きる力・勇気をもらった。この恩を忘れずに返したい」と感謝の言葉を頂いたことを、強く鮮明に覚えていると思い出されていた。自暴自棄になりそうな中であっても、人と人とのつながりや、ふとしたことがきっかけで、心が清らかになり、生きる力となるのだと語られていた。
最後に、とても困難な社会の状況ではあるけれども、改めて色々な物事を見つめ直し、再認識するきっかけとして欲しいと、お題目・日蓮聖人の教えがその手助けとなるのだと述べられ、法話を終えられた。
休憩を挟んで後に、檀信徒協議会総会が開催され、各種報告や質疑応答が行われた。

2021年3月28日号

佐賀 本山光勝寺第65世松島日應師の晋山式

佐賀210414③hp【佐賀】桜満開、春爛漫の3月28日、佐賀県は小城市にある鎮西本山松尾山護国光勝寺で、第65世松島日應師の晋山式が行われ、僧侶檀信徒200人が参列した。光勝寺は文保元年(1317)九州探題職を任命された千葉胤貞公によって創建された古刹で、当山十五代目に「鍋冠り日親上人」が九州の総導師職に赴き中興された、九州唯一の本山である。当日は天気があいにくの雨。10時過ぎに行列が始まり、無数のお題目の声に包まれながら山門をくぐった後、厳かな雰囲気の中、11時に晋山式が始まった。式中松島新貫首は奉告文にて「宗祖の立正安国のみ教えを伝え、久遠成院日親上人の絶対的法華経信仰流布を誓い、開闢700年という歴史の重さを胸に刻み、前平井猊下の復興事業を継承し、九州唯一の本山としての存在を示し、立正安国・祖願達成の為不惜身命の決意をもって法華経・お題目を流布せん事を誓い奉る」と継承に対し報恩の思いと護山の決意を述べた。祝辞には大本山池上本門寺貫首菅野日彰猊下、九州教区長長崎県宗務所所長渡部智文僧正、宗会議員佐野前延僧正、國相寺筆頭総代清賀千江子氏それぞれが述べられ、松島師の日蓮宗においての布教や修法に於いての功績を讃えられ、さらには寺門護持発展の功績にも触れられ、光勝寺での今後の活躍を大いに期待された。松島師は謝辞で「参与、総代の推挙により第65世の法灯を継承する事となりました。先人たちが築き上げてきた歴史と信仰を繋ぎ、前貫首平井日延猊下の意を受け継いだ事業達成に邁進する事をお誓い申上げます」と最後に誓われ、コロナ禍の中の晋山式開催でしたが無事に終えることができた。

2021年2月6日号

佐賀 日蓮大聖人御降誕800年慶讃法要

佐賀210212②【佐賀】令和3年2月6日土曜日、佐賀県宗務所(所長松島正英)主催にて、日蓮大聖人御降誕800年慶讃法要を、鎮西本山松尾山護国光勝寺本堂に於いて厳修した。
令和3年は、日蓮聖人がお生まれになられた貞応元年(1222年)2月16日から、ちょうど800年という記念の年を迎え、そして今年2月はまさにご正当の月でありました。
本来ならば寺院総代統一信行会並びに婦人部統一信行会というそれぞれ100人規模の信行会が佐賀管区では執り行われる予定でありましたが、新型コロナウイルスの影響を受けて、行事の中止を余儀なくされました。代わりに、規模を縮小するなど対策を取って、日蓮聖人ご降誕800年慶讃法要を執り行いました。
法要では、松島正英宗務所長を導師に迎え、協議員議長藤山英周僧正、布教師会会長辻雅英僧正が脇導師を勤め、佐賀県宗務所役職員に出仕頂き、佐賀県檀信徒協議会役員・佐賀県寺庭婦人会長・婦人部檀信徒の代表者のみの参列で厳修致しました。
毎年の信行会となれば佐賀県各地からの檀信徒で埋められる堂内は、密を避けるために今年は約20人程度の参列者のみとなりました。
松島正英宗務所長は「法華経を信ずる人は冬のごとし。冬は必ず春となる。」と妙一尼御前御消息の一文を引用され、冬は必ず春となるように今ある信力にさらに磨きをかけて、この難局を乗り越えていくことを参詣者に激励された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07