全国の通信記事

2022年6月4日号

佐賀 佐賀市國相寺で法燈継承式

佐賀220627③【佐賀】6月4日 佐賀県佐賀市の國相寺で第28世松島正英師から第29世松島正静師への法燈継承式が営まれ初夏の晴天の下、僧侶檀信徒含め約150名が参列した。國相寺は明治42年に火災により本堂が全焼した歴史があるが、その後先代住職の尽力によりコンクリート造りの本堂として昭和30年に再建された。その本堂で法要が勤められ、前住職より払子継承がなされ、新住職は仏祖三宝の御前にて力強く奉告文を読み上げた。晴れやかに法燈が継承されたことに管内寺院、ならびに檀信徒一同大きな感動に包まれた。前住職松島正英師は約30年にわたり住職を務め、日蓮聖人御像や山門新築、墓地や境内の整備と國相寺の発展に務められた。新住職松島正静師は「お寺に生まれたご恩を返すべく、歴史を守り当山の護持発展に邁進致します。更には現代において法華経・お題目のご縁を結ぶために創意工夫し精進して参ります」と謝辞を述べた。

2021年11月12日号

佐賀 本山光勝寺でお会式

佐賀211124【佐賀】11月12・13日(金・土)小城市鎮西本山松尾山護国光勝寺(貫首 松島日應)に於いて、日蓮大聖人第740遠忌報恩御会式が貫首松島日應御導師の元に厳修された。12日午後7時に小城市内を約1時間かけて報恩の万灯行列が行脚し、その後午後8時から報恩御会式大法要を修め、13日にも引き続き御正当の御会式法要を営み、県内各聖・檀信徒併せて300名以上が参列した。

法要に先立ち、小城の夜町を万灯行列が照らし、お題目の声が町に響いた。今年は特別に鎮西身延山本佛寺御山主佐野前延僧正率いる本佛寺の万灯も参列、万灯の光明や纏の演舞が加わり例年にない盛大かつ厳粛な報恩の万灯行列となった。

引き続き法要が営まれ、佐賀県寺庭婦人会・本佛寺婦人会合同による和讃奉納に始まった。

本年は第740遠忌の節目なる法要であり、日蓮大聖人を慶讃し御報恩に謝すべく県内各聖・檀信徒の読誦・唱題の声が広い堂内に響き渡った。

一方松尾山内には、地元の小城高校生による竹灯籠の温かい光がともり、境内地を明るく照らしていた。これは、先9月に急逝した同級生の岩永航河さん(享年17歳)の竹灯籠のイベントを復活させたいという遺志を引き継ぎ、同級生らによって挙行されたものであり、思いがこもった一万基の灯明を松尾山へ奉納した。参拝者からは、「幻想的な光の中でお参りができてありがたかった」と感想があり、寺院・檀信徒共に日蓮聖人への思いを深めた。

2021年4月28日号

佐賀 総代統一信行会

【佐賀】立教開宗の聖日である4月28日、小城市の九州本山・松尾山光勝寺(松島日應貫首)において、佐賀県寺院総代統一信行会が開催された。
佐賀210506 (2) 昨年は、コロナウィルスの流行により、中止となった統一信行会であったが、本年は光勝寺の本堂を広く使い、お互いの距離を保ち、換気を行い、開催の運びとなった。
会場の密を避ける為、各寺院からの出席者数を制限し、僧侶・檀信徒合わせて、70名程の参加となった。
まず最初に、佐賀県宗務所長を兼ねる松島貫首と共に、お経を唱え、お題目修行に励んだ。松島貫首は、お勤めの後の話で、「こういう時代だからこそ、自粛はしても、萎縮をせずに、 力強くお題目布教を行っていく」と、コロナウィルスの状況を乗り越えていく覚悟を示された。
次に、多久市等覚寺(小寺成文住職)の小寺亮佑上人による法話が行われた。小寺上人は、今のこの日本・世界の状況は、疫病や天災等の多くの困難があり、日蓮聖人の時代と重なると指摘。それに加えて、新しいやり方、変化していく状況に対するストレスもあるとのこと。自分一人で抱えきれない悩み・苦しみは、仏様にお預けして、軽くなりましょうと、優しく語りかけていた。また、小寺上人が布教研修所時代に参加した、西日本豪雨の復興ボランティアの経験の話をされた。その中で、苦しいの最中にいるはずの被災者の方に、「たくさんの人に助け・支えられて、本当にありがたい。生きる力・勇気をもらった。この恩を忘れずに返したい」と感謝の言葉を頂いたことを、強く鮮明に覚えていると思い出されていた。自暴自棄になりそうな中であっても、人と人とのつながりや、ふとしたことがきっかけで、心が清らかになり、生きる力となるのだと語られていた。
最後に、とても困難な社会の状況ではあるけれども、改めて色々な物事を見つめ直し、再認識するきっかけとして欲しいと、お題目・日蓮聖人の教えがその手助けとなるのだと述べられ、法話を終えられた。
休憩を挟んで後に、檀信徒協議会総会が開催され、各種報告や質疑応答が行われた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07