全国の通信記事

2017年12月9日号

長崎 信徒青年の集い

長崎171215 (5)【長崎】信徒青年会(金子宗弘会長)主催、信徒青年の集いが12月9日・10日の一泊二日で平戸市本成寺(今川亮生住職)を第一会場、国際観光ホテル旗松亭を第二会場として開催され、教師・信徒青年合わせて59名が参加した。
この信徒青年の集いは、将来の日蓮宗寺院を支えていく寺院の信徒青年の信仰増進と融和を図り、寺門興隆に寄与することを目的とした集いで、県内5地区を毎年順番に会場として開催されている。今年で15回目。管区開催の信徒青年会が毎年、一泊二日で開催されるのは全国でも珍しく、一ケ寺一青年会の結成を目指し宗門運動に取り組んでいる。
今年は、全国檀信徒協議会会長の池上幸保氏を講師に招き、日蓮聖人御降誕八百年に向けた宗門運動にちなんだ研修を行なった。「目に見えないものに生かされる感覚を持つ大切さ。正しい信仰を持った人達によって安穏な社会を築いていきましょう。その為には、代々受け継いできたものを次の世代に伝える信仰の継承が大事である。」と宗門の応援団としての活動を学んだ。
二日目の十日は、本成寺で朝のお勤めと唱題行を行い、お寺の縁起を聞き、国指定史跡「平戸和蘭商館跡」復元建築物・松浦資料博物館などを巡り、大航海時代の日本の歴史とロマンを学び、昼食後散会した。

2017年12月4日号

熊本 歳末助け合い行脚

熊本171212 (2)【熊本】熊本県青年会(塩田義照会長)にて12月4日歳末助け合い唱題行脚が行われた。八代市宗覚寺(山口義鐘住職)にて一読後出発し、約2時間団扇太鼓とお題目の声が響き渡った。途中、歳末助け合い募金の呼びかけやお題目の声、団扇太鼓の音を聞き、家の前で待っている方、走って追いかけて来る方、自分の団扇太鼓で一緒にお題目を唱えて待っている方などたくさんの方が募金に協力してくださった。

2017年11月28日号

長崎 第46回護法大会

長崎171548b (3)【長崎】長崎県宗務所主催、第46回護法大会が11月28日、長崎県佐世保市のアルカスSASEBOにて開催され、離島地区を含む県内各地より約1500人を越える檀信徒が参加した。
「いのちに合掌~日蓮聖人降誕八百年に向けて~」と題して行われた大会は、長崎県宗務所長を導師に、立正安国・世界平和、さらには熊本地震・九州北部豪雨等の災害殉難者の慰霊、また早期復興を祈念する法要にてはじまった。法要中の修法(修法導師=松本玄経師)では力強い読経の声がホールにこだまし、檀信徒もそれに応えるように一心にお題目を唱えていた。
続いて、落語家・天台宗僧侶の、露の団姫師による仏教落語が披露された。三途の川を題材にした「仏は君をホットケない」という露の団姫師自身による作品は、様々な仏様の役割を知り、仏様を身近に感じて欲しいと思いの込められた噺で、聴衆の心を引き付けていた。また続いて、露の団姫師の夫である太神楽曲芸師の豊来家大治朗師による曲芸も披露された。
講演では「法華経が好き」と題し、露の団姫師の、法華経との出会い、また落語家・僧侶を志したきっかけや、修行時代の話をもとに「主体性を持った信仰は人生を楽しく明るくするものである」と語った。
盛況の内に幕を閉じた大会を通し、長崎県宗務所所長の挨拶にて述べられた「いのちに合掌するという心の素晴らしさ」また「祈りの大切さ」を感じ得た参加者からは「是非今日の想いを家族にも伝えたい」との感想が多数聞かれた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07