全国の通信記事

2017年10月8日号

佐賀 寺フェス~お寺でミュージカル

152【佐賀】多久市・等覚寺(小寺成文住職)で、10月8・9日の両日『寺フェス~お寺でミュージカル』が開催された。等覚寺に勧請する安産守護・西ノ原大明神。江戸時代・多久の地を治めた四代邑主多久茂堯公の娘・林姫を、法華経にて勧請するまでの出来事を題材としたミュージカル「林姫哀話」が同寺境内にて奉納公演され、2日間で約750名の人々が境内を埋め尽くした。3年前にも多久市内のホールにて公演されたが、その時から脚本家、演出家、演者の保護者会、そして小寺住職とで境内で奉納が出来ないか模索し実現したもの。特に今回の奉納公演の原動力になったのは、同寺で安産祈願をして無事出産できた感謝の気持ちを伝えたい、との保護者達の思いであった。劇中、全ての演者が観客に向かって「いのちに有難う」と云うセリフに合わせて客席に合掌礼をするシーンがあり、その時は観客の多くも一緒に手を合わせる光景が見られた。観覧に来た20代の女性は「夜、幻想的な境内での公演で、江戸時代の人々に思いを馳せるには最高の舞台だったと思います。自分もここで御祈願をして頂いて生まれてきました、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。私も必ずお参りに来ます。」と興奮気味に話していた。小寺住職は「当山にとって初めての取り組み。特に夜の境内での公演と云う事で不安もありましたが、檀信徒と多くの地元の方々にご協力を頂き、無事終えることが出来ました。これからのお寺の可能性を考える上でも、大変参考になった有難い公演でした。」と話していた。

2017年10月6日号

宮崎・鹿児島・沖縄 九州教区教学研修会

宮鹿沖171114【宮崎・鹿児島・沖縄】宗務院と九州教区(田中英康教区長)は九州教区教学研修会を10月6、7日に鹿児島市内で開催され、僧侶54人が参加した。6日は勧学院講学職・伊藤瑞叡師が「立正安国論の実践倫理哲学」、人権推進委員会委員長の前田幸廣師が「人権について」を講義。7日は南九州市の知覧武家屋敷と知覧特攻平和会館を見学した。

2017年10月4日号

熊本 第44回護法大会

熊本171010 (4)【熊本】宗務所(濵田義正所長)主催の第44回護法大会が10月4日、宇城市松橋町のウイングまつばせであり、管区内の僧侶や檀信徒ら約800人が参加した。
護法大会は県内各組寺会を持ち回りで開催され、今年は宇城地区組寺会が担当。大会は寺庭婦人会による法華和讃とコーラスで幕を開けた。山口義人・布教師会長の「降誕800年に向けて」の法話に続いて、濵田所長を導師に「日蓮大聖人報恩と自然災害慰霊・熊本地震復興祈願修法大法要」が厳修され、日蓮大聖人へ報恩感謝の祈りをささげるとともに、熊本地震をはじめ度重なる自然災害による犠牲者の御霊に追善の誠を尽くし、一刻も早い復興を祈願した。
さらに、法要の最後には塩田義徹・宗会議員による御親教と御経頂戴もあり、参加者に対し、平成33年の日蓮大聖人御降誕800年に向けて、さらなる信心を呼びかけた。
また、法要後の清興は「須藤かよグループAPT」の演奏会があり、参加者はピアノとボーカル、バイオリン、ドラムによる音の調べを堪能した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07