全国の通信記事

2017年9月7日号

長崎 九州教区寺庭婦人会総会・研修会

長崎170925 (3)【長崎】九州教区寺庭婦人会の総会・研修会(当番管区・長崎県)が9月7日、佐世保市ホテルオークラJRハウステンボスで開催され、九州各管区の寺庭婦人109名が参加した。
渡部智文・長崎県宗務所長を導師に、熊本地震・九州北部災害の慰霊と早期の復興を祈念し法味言上。宗歌「立ち渡る」を斉唱の後、主催者を代表して吉田アツ子長崎県寺庭婦人会会長が挨拶。来賓の渡部所長より「縁の下の力持ちとして、お互いのノウハウを交換し、切磋琢磨しながら自坊をさらに盛り上げて下さい。」と祝辞を述べた。午前中にあった研修会では、「寺庭婦人の可能性」と題して梶原一乗上人(長崎県西海市・実相寺住職)による講演。「法華経に出会い、お題目に出会えたことが一番の喜びで、人深い縁によるものです。皆さんは誰よりも、最高の縁をいただいてお寺に嫁いでいます。この出会いがすべての可能性につながっていきますので、住職と共に歩み、お檀家さんと共にお寺を盛り上げ、布教・伝道に勤めて下さい。」と可能性の広大さを示した。その後、来たる日蓮聖人御降誕800年九州教区法要に向け、長崎県独自の和讃歌「蓮華の如くー縁生」を披露し、御宝前に奉納した。
昼食後に開かれた総会では、平成28年度会計決算報告・各管区婦人会活動報告を発表。教区内の寺庭婦人が互いに情報交換をすることにより、共に刺激となり、各寺院の活性化やお寺作りにおおいに役立つものだと感じた。

2017年8月22日号

宮崎・鹿児島・沖縄 第6回寺子屋

宮鹿沖170904a (3)【宮崎・鹿児島・沖縄】8月22日宮崎県児湯郡都農町の龍雲寺さまで第6回寺子屋が開催され、20名の子ども達が参加しました。
最初に龍雲寺住職吉田憲由上人は、正座の仕方や本堂での作法、あいさつの意味を説明し、「お互いを思いやる心・人の痛みのわかる心・合掌の心・3つの大切な心を修行を通して学んでほしい」とお話をされました。
その後、子どもたちは数珠を作り、将来の夢などを込めながら写経や写仏をしたあと御宝前にお供えをし、うちわ太鼓でご先祖様に感謝の心を込め、夢が叶うようにお題目を唱えました。小さい体でも口を大きく開けながら唱える姿にはとても感動しました。
お昼は毎年恒例で大人気の流しソーメンやスイカ割り、絵本の読み聞かせを行いました。流しソーメンの竹などの準備は総代役員さんが何日も前から準備していただき、とても大好評です。参加された子ども達は「おしょうさん、また来年も来たいです。ありがとうございました」と小さな手を振りながら山門を出て行く姿に、数時間前とは全く違い大きく成長したことが嬉しく感じた寺子屋でした。

2017年8月21日号

福岡 九州教区僧風林

福岡170830 (2)【福岡】九州教区(田中英康教区長)は8月21日から23日にかけて福岡市日蓮聖人銅像護持教会(渡邉正順主管)において九州教区主催僧風林を開催した。
毎年小中学生を対象に九州各地で開催され、今回は6年ぶりに福岡での開催となった。
1日目は開校式の後、白衣の畳み方から始まり、3班に分かれてのお経練習。その後、朝夕勤における所作や声明など短い時間ながらも子供たちは一生懸命学んでいた。夜には本堂で唱題行が行われ慣れない正座に苦戦しながらも大きな声でお題目を唱えた。
2日目は起床と清掃の後に本堂前で水行をし、その後閉林式の法要に向けての所作や声明、仏具など諸役の練習を行った。
また、夜には子供たちと先生、スタッフ共に焼肉を食べに行き、その後、温泉に行き親睦を深めた。
3日目はお盆の棚経指導が寸劇形式で行われ、その後昼食を挟み閉林式となった。閉林式では子供たちが僧風林の間に練習したお経や所作を師僧や保護者の前でしっかりと行うことが出来た。
最後に主任を務めた野出修輝師(糟屋郡妙覚寺)は「皆さんは大人になっていく中で多くの方と出会います。そのすべての出会いと大事にしてください。そして保護者の皆さん、今日帰ったら子供たちを褒めてください。それだけの事を子供たちは一生懸命にやっていました。子供たちの一生懸命な姿は私たちの方が感動させられました」と述べ閉林式をしめた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07