全国の通信記事

2017年11月4日号

長野 豊興教会で御会式・落慶法要

長野171120【長野】北安曇郡池田町の豊興教会で11月4日に御会式・落慶法要が行われ、併せて千野真哉師の就任式が山口顯辰師(秋田県本住寺住職・池上本門寺学監)を導師に迎え、長野県中信地区寺院の各師を式衆にとり行われた。
豊興教会は昭和9年に現在の安曇野市一乗寺より一部を移転し、昭和21年に宗門から認可を得て始まった。それまでは一乗寺の住職が代務担任として務めていた。
総代を務める菱沼智子さんの自宅から唱題行列を行い、檀信徒の待つ豊興教会へと30分ほどかけて歩いた。行列には長野県としては初めて訪れるこぞうくんも参加し、沿道に訪れた檀信徒からも合掌を仰いでいた。
新しい庫裏には豊興教会と一乗寺から合わせて40名以上が参列し、堂宇完成を祝うと共に新たな担任を迎えることに喜びを感じていた。
前代務担任となる千野泰信師(一乗寺住職)は「真哉師は非常によくお経をあげます。これからはこの教会にもお経の声が響きますので、お近くに寄った際には是非ご参拝ください」と挨拶に述べていた。
新たに担任となった千野真哉師は「わからないこともありますが、檀信徒と共に頑張っていきたい」と笑顔で挨拶し、総代の菱沼さんは「若いご住職を迎えることができ、これから共に豊興教会を盛り立てていきたい」と語っていた。
真哉師は平成5年度に信行道場を修了、また平成10年度には荒行堂を修了している。担任に就任するまでは一乗寺の修徒として務めていた。

2017年10月15日号

長野 第5回ほうおん音楽会

長野171025①【長野】安曇野市一乗寺(千野泰信住職)で5回目の開催となるほうおん音楽会(おんがくえ)が10月15日に慈母観音例大祭に併せて開催された。音楽会には90名以上の来場者で本堂内がいっぱいになった。
千野泰信師は挨拶の中で「ほうおん」には色々な漢字が当てられることから、来場者が各々で違った「ほうおん」を思い浮かべてほしいと話していた。又、和讃隊の代表を務める千野慧蓮師(一乗寺修徒)は「椅子に座っているのと違い、畳に座って床から直に音を感じられるシチュエーションはなかなか無いことだと思うので一味違ったコンサートになることと思います」と話していた。
来場者の中には、開催直前に地方紙に掲載された記事を見て訪れた人も多く、訪れた人は音楽と共にお寺を身近に感じることができた様子で聴き入っていた。

2017年9月3日号

長野・中信地区統一信行会

長野170919 (4)【長野】同心会(千野泰信会長)は中信地区統一信行会を9月3日、岡谷市身延別院(清水隨静代務住職)で開催した。中信地区寺院の教師・檀信徒合わせて70名以上が参加した。
法要後には加藤要瑞師(長野市原立寺住職)による法話と唱題行が行われ、加藤師はお経を読むことの意味や日蓮聖人の御遺文を解説した上で、唱題行をすることの大切さを檀信徒にわかりやすく話していた。
清水師は「お寺の御宝前と皆さんの自宅にあるお仏壇は共にお釈迦様につながっています。本日行った信行はこの場で終わりではなく、ご自宅に戻られてからお仏壇に手を合わせてご報告してください。そこまでしてようやく統一信行になります」と閉式の挨拶をしていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07