全国の通信記事

2021年11月3日号

愛知尾張 一宮市法蓮寺で落慶法要

尾張211109③【愛知尾張】11月3日、一宮市木曽川町黒田の法蓮寺に於いて日蓮聖人御降誕八百年奉賛・山門・開運殿・境内整備落慶法要が営まれ、檀信徒約100名が参拝した。本来であれば日蓮聖人の御生誕日2月16日の旧暦にあたる令和3年3月28日に開催予定であったが、コロナ過の為、延期・縮小と当初の思い描いた法要とは言えなかったものの、時期を見直し稚児行列を中止するなどの対策を施し、無事奉行へと漕ぎ着けた。法蓮寺宮﨑貞悟住職と総代皆様方の並々ならぬ宗祖への報恩と寺門広隆の思いが詰まった慶讃法要となった。

13時30分の法要開始時刻とともに、法蓮寺ハンドチャイムサークル「星彩」による宗祖への報恩賛鐘が堂内に鳴り響いた。その後、宮﨑住職導師のもと法要が進められ、法要の中に於いては、新たに再建された山門・開運殿・手水屋、整備された境内に向かって法楽加持が行われた。謝辞では総代の野々垣實様より「平成26年より7年をかけて境内地整備、山門・開運殿の再建とすすめて参りました。檀信徒の皆様には大変ご協力ご協賛を頂き有難く思います。この御降誕八百年記念法要をもって一端これらの事業の区切りと出来ることを大変嬉しく思います」と安堵の表情で集まった檀信徒に挨拶があった。宮﨑住職は「私が法蓮寺へ来て16年、住職になって13年という日々が経過した中7年前より、境内のブロック塀の整備からはじまり、開運殿・山門も結果として再建、立派になりました。この大きな事業が、どこに借金をするわけでもなくやり切れたことは、この法蓮寺の400人近い檀信徒一人一人の力の積み重ねであったと思っております。この宗祖御降誕八百年の目出度い年に奉賛事業を無事に勤め上げたこと、皆様方のお力添えのおかげと心より感謝申し上げます」と語った。法要後には京都本光院住職上田尚史上人による記念法話「成仏の証拠〜目に見えないものを見つける〜」が行われ、この大きな事業を支えた檀信徒が笑顔で耳を傾けていた。

この宗祖御降誕八百年の奉賛事業として法蓮寺に於いては山門・開運殿(妙見堂)・手水屋を再建・新築し、七面堂外壁修復、その他境内地整備と法蓮寺山門広隆寺門繁栄の大事業を無し遂げた。

2021年10月20日号

愛知尾張 北名古屋市長栄寺法燈継承式

尾張211022③【愛知尾張】北名古屋市長栄寺に於いて10月20日、宗祖報恩会式並び法燈継承式が行われた。第36世大野東秀上人より第37世松本善秀上人へ払子が継承され、関係僧侶、総代・檀信徒(コロナ過の為、人数を縮小、それぞれの地域・講中の代表者)約70名が宗祖の報恩並びに前住職の慰労と新住職誕生の祝いに駆けつけた。

本堂外・山門の幕も一新され、秋晴れとなった当日、宗祖報恩会式として長栄寺36世大野東秀上人が導師として昇堂し、宗祖740遠忌の讃歎とご報恩の回向に耳を傾けた。大野上人は40年以上に渡って長栄寺住職を務め上げ、清々しい面持ちで最後の導師を勤めた。檀信徒の中には少し寂しそうな表情で法要を見守る人々もみえた。まもなくして中楽が入り、新住職も昇堂。法燈継承の儀が執り行われ、長栄寺の御宝前において大野上人より、新住職第37世松本善秀上人へ払子が授与された。そして松本上人より奉告文が読み上げられ、その後松本上人導師のもと法燈継承式が滞りなく終了した。

謝辞で新住職松本上人は、「千葉より尾張の地に来て7年あまり、多くの皆さまに支えて頂けたからこそ、本日の法燈継承式を迎えることが出来ました。本当に有難い気持ちで一杯であり、皆さまから頂いたご厚情に答える為、今まで以上必死に精進し、長栄寺の護寺発展に励んで参ります。」と意気込みを語った。

総代の丹羽幸雄様は、前住職大野上人が住職として42年間檀信徒に対して親切に丁寧に対応して頂いたこと、護寺発展に尽力されたことに御礼申し上げ、その功労を讃えた。そして新住職松本上人には「昨今の世相の変わり方は非常に早く仏教界を取り巻く情勢は一段と厳しくなっている中、新住職が強い決意をもって長栄寺新住職に就任されたことに安堵した。檀信徒と一緒になって長栄寺護寺の為に努力をしていきたい」と語り、新住職松本上人と檀信徒が一丸となってこれから長栄寺を盛り上げていく意気込みが感じられた。

2021年7月10日号

愛知尾張 侍ジャパンの稲葉監督が参拝

尾張210712【愛知尾張】あま市七宝町瑞円寺に於いて7月10日、東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が星野仙一さんの永代供養記念碑を参拝し、前回の北京五輪の時、監督を務めた闘将に「これから行ってきます」と東京五輪にて悲願の金メダル奪取を誓った。

墓参に先立ち、本堂で大殿院将夢日仙居士(星野仙一氏の法名)の卒塔婆供養を行い、その後、佐々木友肇住職が五輪本番で結果が残せるよう必勝祈願を行った。その後、永代供養記念碑に卒塔婆を建立し、焼香して手を合わせた。

稲葉監督は、北京五輪で選手として4位に終わったため、当時の星野監督へ申し訳ない気持ちを今でも感じている。「東京五輪で金メダルを取ります。見守っていてください」と墓前にて星野さんへ思いを伝えたという。コロナ過の中、また、自宅が北海道という遠方にも拘わらず、オリンピック前に星野さんへの挨拶を自ら決行された稲葉監督の篤い思いが感じられた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07