全国の通信記事

2017年5月28日号

愛知尾張 犬山市妙海寺法燈継承式

尾張170626 (1)hp用【愛知尾張】5月28日犬山市妙海寺で法燈継承式が行われ、第32世田中貴遠師より、第33世田中恭遠師へ妙海寺住職の法燈が託された。
式に先立ち、新住職はお稚児さんと共に晋山行列を行い、歴史ある犬山城下町を練り歩いた。多くの僧侶、檀信徒が迎える中、新住職が昇堂。
式中においては、役稚児、田中七海さん田中歩君が新住職の就任を喜ぶ「天童祭文」を読み上げ、御宝前を彩った。
謝辞で前住職貴遠師は「30年余、妙海寺の住職として日蓮大聖人にお給仕させて頂いた事、就任以来の念願であります法華経の道場として次の代に法燈を継承出来ました事、また引退後の身を案じて下さる檀信徒の多き事を感じ、本日は感慨無量でございます」
新住職恭遠師は「檀信徒と共に真心こめて日蓮大聖人にお給仕いたします」と
檀信徒と共に歩む法華経信仰の決意を語った。

2017年5月13日号

愛知尾張・小牧市敬法寺で法灯継承式

愛知尾張170619(4)【愛知尾張】五月十三日に小牧市敬法寺で第二十六世安藤正昭師より第二十七世阪口潮德師への法灯継承式が行われ、檀信徒約三百名が参列しました。(法灯継承式とは住職の交代の儀式)
心配していた夜からの雨も奇跡的に上がり、百二十名を超えるお稚児さん行列とともに新住職は敬法寺に到着。
法要では、住職の証である払子(ほっす)が安藤上人から新住職に手渡され、お稚児さんの小林亮介君、阪口胡海さんが祭文を読み上げた。阪口新住職は奉告文で安藤師の四十年以上にわたる住職としての活躍を讃え、新住職としてさらなる寺門興隆に尽くし、祖願達成の一端を担うことをご宝前に言上しました。
謝辞で安藤師は「安藤家として先代から数えて七十年、敬法寺と関り、支えてくださった善意と厚誼に感謝したい」と述べ、阪口師は「お寺の次男として生まれ、入るお寺がない中、住職として檀信徒を教化し大聖人のご本懐を全うしたいと願い、三年間お経をあげ続けました。本日、敬法寺に入寺することが叶い、祖父慈海上人との約束がようやく果たせ感謝の極みであります。皆さまのお役に立てる僧侶になるべく精進して参ります」と涙ながらに決意を語った。最後に総代の石田留男氏が安藤師への感謝と労いの言葉をかけ、新住職へ「人々を幸せに導いて、仏教と社会平和のために尽力してほしい」と期待を述べた。

2017年4月22日号

愛知尾張 善学院日妙上人第673遠忌

尾張170511 (2)【愛知尾張】4月22日あま市 日妙寺(則武憲嗣住職)にて、善学院日妙上人の第673遠忌法要が営まれた。日妙上人は、元々は真言宗の僧侶であり善妙と称したが、かつて流れていた佐屋川の裙衣橋(つまごばし)(現在の日妙寺)で日蓮聖人を呼び止め、三昼夜にわたり法論をかわした。法論の末、日蓮聖人に帰依し名を日妙と改めた上人は、ここ尾張の地で法華経布教につとめられた。日妙寺では法要の際、上人が106歳で遷化されたことに因み、「おむす」という米100粒と黒豆6粒のおにぎりをお供えする。この法要は、住職、檀信徒の日妙上人に対する報恩の想いで毎年行われる。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07