全国の通信記事

2019年12月4日号

愛知尾張 星野仙一氏の永代供養記念碑完成式

尾張191220①hp【愛知尾張】あま市七宝町瑞円寺に於いて12月4日、野球殿堂入で中日ドラゴンズ‐阪神タイガース‐東北楽天イーグルスで監督を務めた星野仙一氏の永代供養記念碑完成式と供養会が行われた。星野仙一氏は2000年に瑞円寺本堂建立委員長をつとめられ、佐々木友肇上人と親交も深く、三回忌を前に星野家ご家族ご親族の志しにより瑞円寺内沖之島霊園に永代供養塔を建立する運びとなった。法要には生前親交のあった、身延山副総務‐共栄部長の浜島典彦上人を大導師に迎え、星野家と親族の他、現中日ドラゴンズ監督与田剛氏、読売ジャンヤンツ前コーチ井端弘和氏など野球選手OBや縁のある人々
40人が参列した。
当日は始めに沖之島霊園で、星野仙一氏の直筆である『夢』が刻まれた永代記念碑の除幕式が佐々木友肇上人導師の元に執り行われ、墓碑が開眼された。その後、本堂に於いて浜島典彦大導師の元、三回忌供養会が厳修され参列者は塔婆供養し焼香した。親族代表の挨拶では、仙一氏は亡くなる前から何かあれば佐々木住職へすぐ連絡するよう言葉を残していたことも明かされ、突然の訃報から来年1月4日で三回忌を迎えるにあたり葬送から法事などスムーズな取り計らいをして頂いた佐々木住職へ感謝を述べると共に、集まった関係者にも御礼の言葉を述べた。佐々木住職からは「星野さんにはこの瑞円寺を再建する際、本堂建立委員長としての要職を務めて頂きました。その直後翌年に阪神タイガース監督になりリーグ優勝、さらに東北楽天イーグルスで日本一と弱小チームを奇跡の優勝へ導いたことは、少なからずとも建立委員長として苦労された功徳によるものもあることでしょう」と、野球界だけでなく、宗門の中でも遺徳を残された星野仙一氏を偲んだ。

2019年11月30日号

愛知尾張 あま市圓行寺法燈継承入退寺

尾張191209 (2)【愛知尾張】あま市圓行寺に於いて11月30日、法燈継承入退寺式が行われた。第25世安藤晴雄上人より第26世安藤恒允上人へ払子が継承され、関係僧侶、檀信徒、稚児行列参加者併せて約300名が前住職の慰労と新住職誕生の祝いに駆けつけた。
雲一つない晴天が広がる当日、新住職恒允上人は、総代とお手伝いの僧侶、約60名のお稚児さんと共に練り行列にて圓行寺へ入った。入堂した新住職導師の元、稚児育成祈願法要が営まれ、千田椋大君と玉谷莉乙ちゃんによる献華、稲垣志龍君と稲垣柚吏亜ちゃんによる天童祭文が御宝前にて奉納され、後の法燈継承式に華を添えた。午後一時半より玄中山圓行寺本堂に於いて法燈継承入退寺式が厳かに執り行われ、第25世晴雄上人より第26世恒允上人へ払子授与、新住職から奉告文が読み上げられ、滞りなく法要が修められた。新住職は謝辞で、「この度、縁あって第26世の法燈を継承する運びとなりましたが、伝統の重さに比べ自らの浅学非才を思いますと忸怩たるものが御座います。しかしながらこれよりは仏祖三宝並びに檀信徒諸々霊の供養に尽くし法燈護寺と寺門広隆、来たる日蓮聖人御降誕800年に向けて御題目弘通妙法流布に邁進して参る所存であります」と決意を述べられた。また筆頭総代の安藤博己様からは前住職に感謝を述べられ、新住職には共に圓行寺を盛り上げていくよう檀信徒に呼びかけられた。

2019年11月4日号

愛知尾張 こころといのちの講演会

尾張191112③【愛知尾張】11月4日、一宮市の総合大雄会病院・南館10階で、尾張社会教化事業協会主催の「こころといのちの講演会」が行われ、芦花ホーム常任医師の石飛幸三氏と斉藤大法上人(埼玉県要唱寺住職)の講演と対談が行われ、約180名の参加者が耳を傾けた。
主催の尾張社教会会長井村一誠上人(東海市妙法寺住職)の挨拶ではじまったこの講演会は、高齢者医療と介護の未来に焦点をあて、「平穏死」を勧められて医師・石飛幸三氏の講演を基に人生の終末期に於けるさまざまな問題点を考えさせられる場となった。実際に外科医として人々の命を救ってきた石飛氏が、病院死が8割という現状に、医療が本人の為になっているのかと疑問を懐いて生と死を考える話は、聴衆を引き込んだ。休憩の後、斉藤上人の講演が行われた。僧侶という立場から現在の医療の問題点を取り上げ、高齢者医療費が急増している反面、死との向かい合いが出来ない我々の現状はまさしく宗教・哲学が機能していない事を表していると指摘した。精神科医から僧侶へと道を進んだ斉藤上人の話も石飛氏の平穏死と?がるものがあり、より一層仏教の教えによる心の救済へ期待が高まるものと感じられた。
話を聞いた一般参加者からは、「石飛氏の話は、お医者さん自ら現在行われている医療を否定するという奇抜な内容で、特に病院内の講堂に於いてこのような話が聞けた事に驚いた」「特養に母を入れている身として、心に突き刺さる話であった。母が一日でも人生を全うできるような支えとなるよう、これから仏教の教えを学びたい」という声が挙がっていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07