全国の通信記事

2022年6月19日号

愛知尾張 「こども食堂キャラバンINかみやま」支援

尾張220620①【愛知尾張】 令和4年6月19日(日)、一宮市神山公民館で行われた「こども食堂キャラバンINかみやま」に於いて地域の子供達に対して、食文化についての学習会とフードパントリーが行われた。先着30名の子供達には「麺屋 天空」の特製唐揚げ入り弁当が配布され、地域住民や子供たちで賑わった。その会場に於いて尾張宗務所所長三大寺聡温上人(妙感寺住職)より、代表の水島邦雄様へこども食堂に対する支援金が手渡され、今後の活動に役立てると共に、活動の場を提供することで、尾張地域の日蓮宗各寺院もそれぞれの地域で協力し、支援ができるよう連携していくことが約束された。

こども食堂を主催するNPO元気ふれあい倶楽部は、固定の場所では無く、一宮市内の公民館や公園等、毎月場所を変えて、それぞれの地域で貧困の子供への支援や学習、フードロス問題への取り組み等の活動をしている。代表の水島様は「今後も場所を提供して頂けるお寺様や教会などを探しており、このようなご縁を頂くことだけでも有難いです。日本人の子供以外にも行き届かない貧困の子供がいるので、是非宗教者の方にもこの活動を理解して頂き、場所の提供の他、子供たちへの心の教育についてもお手伝いをお願いしたい」と語った。三大寺所長も「すぐに市内の日蓮宗寺院に経緯を説明して協力できる態勢を整えたい」と今後の支援について話し合いが行われた。

尚、今回の支援金については令和4年3月12日に一宮市木曽川町の法蓮寺で行われた、「日蓮聖人御降誕800年尾張管区大会」に於いて集まった御朱印や祈願・回向の浄財が充てられ、この他に「WAI!WAI!のわミー」、「いなざわ子ども食堂」、「つしまこども食堂」、「フードバンク愛知」、「岩倉子ども食堂ネットワーク」、「おだやか荘」へ支援が行われた。

2022年6月8日号

愛知尾張 第96回中部教区師恩会

尾張220617①【愛知尾張】一宮市蓮照寺に於いて6月8日、中部教区主催、尾張宗務所(三大寺聡温所長)当番による第96回中部教区師恩会が、尾張管区協議員議長清須市瑞正寺住職中山海解上人導師、中部教区各管区所長を副導師に、尾張宗務所所員出座の下、執り行われた。

本来なら中部教区の各聖100名以上が参列し、一年間の間に中部教区で遷化された先師に対して読経・焼香される行事であるが、コロナ過ということもあり、各管区所長と遷化された上人の遺弟に参列を願い縮小した形での法要となった。

師恩会は全国でも、この中部教区のみ行っている先師法要で当番管区の三大寺所長は「我々の先師は、かつての仲間をこのような形をもって追悼し、そして新たな布教を誓い合ったのではないかと思っております。先師がこのような素晴らしい行事を残してくれたことに感謝し、これからも中部教区でこの師恩会という行事が永遠に引き継がれていくよう願っております」と語った。中部教区ではこの一年間で10名の上人が遷化されている。参列した遺弟には教区長より供物が贈呈された。

2022年3月12日号

愛知尾張 日蓮聖人御降誕800年 尾張管区大会記事

尾張220316①【愛知尾張】 令和4年3月12日(土)、一宮市木曽川町法蓮寺(宮﨑貞悟住職)において日蓮聖人御降誕800年尾張管区大会が、犬山市妙感寺住職の三大寺聡温所長を導師に営まれ檀信徒・未信徒約500人が訪れた。

まん延防止等重点措置発動中という事態ではあったが、法要は流れ参拝として、境内地全体を使った寺フェス形式とする等、対策を施し、検温やマスクの着用・消毒といった感染対策を徹底し、愛知県防災安全局の「感染予防安全計画」の基準に従った上で開催に到った。

当日は9時より一宮市木曽川町妙君寺(加藤雄燈住職)より尾張青年会を中心に結成された纏隊先導のもと、千葉県大本山誕生寺に奉安され、100年ぶりに出開張されたとされる日蓮聖人御幼像と共に出発した。こぞうくんや近所の子供、檀信徒たち約50名が行列に参加し、纏の披露によって行列を見る人々を楽しませた。御幼像が法蓮寺の本堂に安置された後、10時より三大寺所長を導師に慶讃法要が執り行われ、法要後、御幼像が境内地にある開運殿へ遷座。11時から15時までの間、開運殿では管内教師が交代で常経し、参加者や参加出来ない方から寄せられた祈願回向を読み上げた。参加者は法要に参列することは出来なかったが、開運殿に御幼像が安置されると自由参拝となった為、密にならないようお堂へお参りして、間近で普段は見ることのできない日蓮聖人御幼像に手を合わすことが出来た。その他、境内地では管内教師による紙芝居やハンドチャイムサークル星彩による演奏、愛知県犬山市の犬山祭において披露されるからくり人形演技「日蓮聖人星下りの図」が披露され、足を止めて熱心に魅入る参加者が多くみられた。午後も13時より慶讃法要が執り行われ、境内地のイベントも午前午後と行うなど、人々が密にならないよう分散を心がけたタイムスケジュールが組まれた。また、三大寺所長の意向でウクライナの平和や世界平和の為の「祈りの鐘」を開催。手を合わせて鐘をつき、平和を祈る参加者の姿が見られた。その他、オリジナルデザインの切り絵御朱印や尾張社教会による被災地物産展、クラフト雑貨や和菓子などのブース、キッチンカーなど約20店舗が出店し、多くの人々が笑顔でお寺の境内地を歩き回ることができた。三大寺所長は「予想もしなかった新型コロナの感染危惧の中、難しい開催でしたが、感染対策を万全にて大会が円成出来ました。これも仏祖三宝並びに関係各聖・各位のご協力の賜物と、只々感謝いたしております」と皆様に感謝を伝えた。参加者からは、「100年に一度の御幼像を間近で拝見できて感極まった。」「イベントや買い物も出来、お寺のお参りが楽しいものだと知った。」「こぞうくんに会えた」等の喜ぶ声が多く聞こえた。

尚、「祈りの鐘」などウクライナ平和の為に集まった募金は、ウクライナ難民支援募金へ、御朱印や祈願・回向で集まった浄財は地域の子供食堂の支援金として寄付をさせて頂いた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07