全国の通信記事

2017年7月25日号

愛知尾張 修養道場in山小屋

尾張170825【愛知尾張】青年会(石黒友大会長)は、7月25日から27日の日程で、岐阜県八百津町の山小屋 「山なんや」を会場に第40回少年少女夏季修養道場を行った。今年は、小学1年生から中学3年生まで18名の参加者が集まり、青年会員を中心としたスタッフと共に、充実した3日間を過ごした。
例年、修養道場は寺院を会場に開催しているが、今回はお寺を飛び出しての道場開催。青年会員、スタッフもいつも以上に準備を入念に行い臨んだ。
寺院にて、宿泊するよりも 大変な環境の中であったが、野外にご本尊を掲げてのお経、八百津出身の杉原千畝記念館の見学、土鈴作り、魚のつかみ取りなど、子供達は雄大な自然の中で大いに学んだ。

2017年7月22日号

愛知尾張 「悩み」についてのセミナー

尾張170829HP用【愛知尾張】7月22日一宮市妙君寺(加藤雄燈住職)にて、「心の対談」と称し、僧侶と心理カウンセラーを講師に「悩み」についてのセミナーが行われた。はじめに仏教学と心理学、僧侶の加藤住職と心理カウンセラーの丸一真也氏が、「悩み」の構造について話し、参加の皆さんと共に、悩みの事例研究のワーク、活発な質問を通して心について学んだ。
参加の方からは、「仏教の中にも、心理学が既に存在する事を初めて知った」
「参加者同士での対話をする事で 悩みを客観的に捉えることができた」
などの喜びの意見が聞こえた。
妙君寺では、様々な分野の学びの機会を設け、地域の人々の学びと交流の場を提供している。

2017年5月28日号

愛知尾張 犬山市妙海寺法燈継承式

尾張170626 (1)hp用【愛知尾張】5月28日犬山市妙海寺で法燈継承式が行われ、第32世田中貴遠師より、第33世田中恭遠師へ妙海寺住職の法燈が託された。
式に先立ち、新住職はお稚児さんと共に晋山行列を行い、歴史ある犬山城下町を練り歩いた。多くの僧侶、檀信徒が迎える中、新住職が昇堂。
式中においては、役稚児、田中七海さん田中歩君が新住職の就任を喜ぶ「天童祭文」を読み上げ、御宝前を彩った。
謝辞で前住職貴遠師は「30年余、妙海寺の住職として日蓮大聖人にお給仕させて頂いた事、就任以来の念願であります法華経の道場として次の代に法燈を継承出来ました事、また引退後の身を案じて下さる檀信徒の多き事を感じ、本日は感慨無量でございます」
新住職恭遠師は「檀信徒と共に真心こめて日蓮大聖人にお給仕いたします」と
檀信徒と共に歩む法華経信仰の決意を語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07