全国の通信記事

2019年2月26日号

帰山式・一宮妙君寺 加藤雄燈師

尾張190306 加藤師 (1)hp【愛知尾張】2月24日  一宮市妙君寺では加藤雄燈住職 の加行所  第参行 成満帰山報告式が行われ、管内僧侶、住職の帰りを待ちわびる多くの檀信徒が 参列した。
行列 水行式と 式が進行し帰山報告式の中では 雄燈師の大黒相承達成の報告、来賓各聖からの祝辞が述べられた。
謝辞において、総代の古田滋留氏は「この妙君寺は、皆様と共に祈るお寺。これからも期待を持って、ご参詣下さい」と述べ雄燈住職は「荒行の日課にも耐えることが出来たこの心身をもって、皆様に祈りの力、尊さを伝えていきたい」とこれからの決意を述べた。

2019年2月23日号

愛知尾張 河村泰政師の帰山式

尾張190305b河村師hp【愛知尾張】2月23日一宮市妙法寺(河村廣嗣住職) 河村泰政師の第参行帰山奉告式が執り行われた。多数の僧侶・檀信徒の出迎えの下、行列で本堂に到着後水行を行った。当山からは30年ぶりの入行ということもあり初めて水行を見る檀信徒も多くその迫力に圧倒されていた。奉告式では御宝前に無事成満・大黒相承できたことへの謝意と今後の精進の誓いを奉告した。後、安藤晴雄宗務所長より祝辞・第五行成満佐々木友肇修法師会長より荒行堂の説明と今後の活躍を期待する祝辞が述べられた。結びの謝辞で河村泰政上人は、「第参行大黒相承をずっと目標にしていました。送り出してくれた寺族、檀信徒の皆様に感謝すると共に、第参行成満が目的ではなく、行中に得た経験を檀信徒の皆様にお伝えするべくより一層精進して参ります」と述べた。

2019年2月13日号

愛知尾張 服部智康師帰山式

尾張190305a服部師【愛知尾張】2月13日、小牧市妙遠寺(服部智謙住職)において、服部智康師の第再行成満帰山奉告式が営まれた。智康師は成満僧5名と共に唱題の声を響かせながら、5人の総代と自坊への帰山行進を行い、山門で成満旗を掲げた多数の檀信徒に迎えられ、その後気迫のこもった水行式を行った。本堂での帰山奉告式で智康師は「自分がいかに沢山の方々に支えられているかという事を、強く実感した100日間だった。今度は自分が悩み苦しむ人々を支えていける僧侶になる事が、周りの方々への恩返しだと思う。修行で得た事を糧とし、これから益々精進して参りたい。」と謝辞を述べた。式後は智康師ら成満僧6名による法楽加持が行われ、檀信徒の年中安泰が祈念された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07