全国の通信記事

2019年6月9日号

愛知名古屋 「音のちから・心のしらべ」

名古屋190708 (1)【愛知名古屋】6月9日(日)名古屋市千種区の蓮勝寺(犬飼盛勝住職)に於いて、第13回「音のちから・心のしらべ」が行われた。始まりと終わりまで繋がりをもって企画されているこの催しに、老若男女約200名が来寺した。
午前中に雨が降ったにもかかわらず多くの方々が来寺された。東日本大震災並びに各地での震災にて犠牲となった方々への慰霊「祈りの法要」ではじまり、聲明と経文が唱えられ、雅楽が奏でられる中、東インド古典舞踊が皆を魅了した。そして参加者全員で手を合わせ、心をひとつに犠牲者への祈りを捧げた。
その後、クリスタルボウル、シタール、インドアコーディオン、二胡、インドバイオリン、法話、東インド古典舞踊、アフリカン太鼓と様々な民族楽器・お話し・舞踊と集まった参加者の心に安らぎと癒しの時間を届けた。
最後には演奏者達によるコラボレーションとなりクリスタルボウル、聲明、シタール、アフリカン太鼓、笙と徐々に演奏が加わり音の響きが堂内に沁み渡った。
「一人一人の思い、願いは音に乗り、音の波動と共に必ず相手へと届きます。音のちからで皆が笑顔で倖せになれますように」と住職の言葉で締めくくられた。
全ての演奏終了後は堂内ではヨガ体験を。境内地では有機野菜販売と子供たちスタッフによる縁日(売り上げは全額、神戸大学ボランティアバスプロジェクトに寄付)を開催。縁日ではポップコーン、綿菓子、射的、黒ひげ、輪投げ等が行われ、大人も子供も楽しいひと時を過ごした。
来寺者は「来年も必ず参加したい」と次回への思いを語っていただけた。
回を増すごとに来寺者の期待や希望も増えつつあるこのイベント、今後も蓮勝寺ならではの「音」への探求が期待される。

2019年5月26日号

愛知名古屋・本成寺でお寺deフェスタ

名古屋190611 (5)【愛知名古屋】令和元年五月二十六日、名古屋市名東区本成寺(天野行淳住職)において『第十三回 お寺deフェスタ』が開催された。
この催しは近隣の方、お寺と縁がなかった方々に法華経・お題目との結縁のきっかけとなるようにと、「幸せの発信」をテーマに、日蓮宗宗務院、日蓮宗名古屋宗務所、地元名東社口商店街協同組合の協賛のもとに開催され、約三百名もの来場者が境内地を埋め尽くした。
本堂では、和太鼓、ウクレレ隊、金管アンサンブル、地元のコーラスグループ、愛知学院大学の学生によるジャズ演奏が行われ、中でもウクレレ隊による本成寺テーマ曲「ありがとう」は集まった人での大合唱となった。
境内では、地元商店街出店によるたこ焼きやかき氷、ドリンクなどの販売や、射的・お菓子すくいなどのブースが出るなど、縁日さながらの賑わいで子どもたちの楽しい声が響いた。
後半、本堂内では「祈りのフェスタ」が行われ僧侶による読経、住職による申込みされた各祈願申込みが読み上げられると、参加者は手を合わせ、心をひとつに一心にお題目をお唱えした。結びには「幸せへの祈り」として住職による法話が行われ「元号が変わり初めての開催。私たちは令和の時代を素晴らしい時代にすることを託された存在。素晴らしい時代とは幸せな時代です。幸せは、一人で優越感に浸るだけでは得られず、皆で築きあげ、皆が満足を感じることによって得られるものです」と話し、最後に「幸せな一年を過ごし、また来年本成寺で会いましょう」という言葉で大きな拍手に包まれた。
小学六年生の子が今年で十三回目ということに対し、「私が生まれる前からやっているなんてすごい。これからもずっと続いてほしい」との声が聴かれた。
第十四回お寺deフェスタは、令和二年五月二十四日の日曜日開催予定となっている。

2019年2月26日号

愛知名古屋 安藤日瑛上人の通夜、葬儀式

名古屋190508【愛知名古屋】去る二月二十六日(火)、二十七日(水)中村区 正悦山 妙行寺に於いて、縁頭本山 頂妙寺 第八十九世、正悦山 妙行寺 第三十三世 安藤信行 真浄院日瑛上人(世壽九十歳)の通夜、葬儀式が、大本山 正中山法華経寺貫首 新井日湛猊下を大導師に迎え、管内外有縁の各聖式衆のもと執り行われた。式には二日間を通して管内外有縁の寺院、妙行寺寺族、檀信徒を合わせ、総勢約四百名を超える弔問者が上人のご遺徳を偲び参列した。
通夜式は午後六時、御題目唱和と共に東区 本覚寺住職 伊藤守温導師が入堂。読経、回向の後、遺弟の安藤英龍上人より集まった多くの参列者に向け謝辞が述べられた。発せられる言葉一つ一つをしっかりと受け止めようとする檀信徒の様子がとても印象的であった。
翌、葬儀式では午前十一時、奏楽と共に新井日湛大導師が入堂。式中には新井日湛大導師より歎徳がなされた後、愛知県名古屋宗務所長 東区 壽元寺住職 石垣一鳳所長(宗務総長代読)、本山頂妙寺参与 広島県福山市妙政寺 宇根海静住職、中区 首題寺 加藤通幸住職(達師法縁繋珠会中京支部代表)より弔辞が拝読され、上人との別れを惜しむと共に増円妙道を祈念した。総代の小出正敏様の謝辞では、「本山頂妙寺貫首様になられてより八年間、妙行寺檀信徒一丸となり延べ百回以上、毎月欠かす事無く、本山へ参詣し、我々に信仰の重きを教えて頂きました」と感謝の言葉が述べられた。その後、遺弟より「お上人は常々、当山は檀信徒の皆様のおかげでこうして寄り添いながら歩んでこられた。この事は本当に感謝すべき事であると申しておりました。これからもその歩みを変えること無く、お上人の遺志をしっかりと受け継ぎ、前に進む覚悟でございます」と決意を述べ、参列者への感謝の言葉で結んだ。
尚、本山頂妙寺に於いて、令和元年五月三十日に本葬儀が執り行われる。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07