全国の通信記事

2021年6月27日号

愛知名古屋 第一回目の修養道場

名古屋210712②【愛知県名古屋】令和三年六月二十七日、名古屋青年会は東区本覚寺(伊藤秀温住職)にて本年度第一回目の修養道場を開催した。例年であれば夏休み期間中に宿泊を伴う形での開催をしてきたが、本年は新型コロナウイルス感染拡大の懸念から、お寺で修行体験をテーマに「おぼうさんとてらこや」として、宿泊を伴わない日帰りの寺子屋形式で年度内に複数回開催する予定。参加者も少人数制にし、この日は九人の参加者が腕輪数珠作りやお参り・お焼香の作法を学んだ。始まってすぐは緊張気味だった参加者も、短い時間で打ち解け、最後は「楽しかった」と笑顔で手を振り帰っていった。次回は八月二十九日、南区法筵寺を会場に開催予定。

2021年4月28日号

愛知名古屋・立教開宗会営む

名古屋210519①【愛知県名古屋市】令和三年四月二十八日、名古屋市宗務所(天野行淳所長)主催の「立教開宗会」が、名東区本成寺(所長自坊)にて名古屋聲明師会会員出仕のもと営まれた。

本年も新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえ、教師や檀信徒は事前にオンライン(ユーチューブ)での法要参加を呼び掛けた。

当日のオンライン法要開始時には、堂内を暗くし、お燈明だけで開式。光に照らされる散華が撒かれたり、お経が進むにつれて太陽が昇っていくように徐々に堂内を明るくする演出をしてオンライン法要に花を添えた。

法要後には天野所長が「私たちはお題目を通して仏様の従者であり、仏様の弟子であり、仏様の子である尊い存在です。私たちの祈りの先には日蓮聖人の夢に見た幸せな時と場所があるはずです。立教開宗会を機に仏の子である自覚を持ち、邁進し、自分自身も周りの人も幸せにしてください。」とオンライン説教で語られた。

2021年3月10日号

愛知名古屋 東日本大震災・各地災害慰霊法要

名古屋210325【愛知名古屋】令和3年3月10日、名古屋聲明師会(犬飼盛勝会長)は千種区蓮勝寺(会長自坊)において「東日本大震災 並びに 各地 災害慰霊法要」を聲明師会会員出仕のもと開催した。
当日は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、無参拝で執り行われたが、法要の様子はYouTubeでのライブ配信を行い、視聴者と共に被災物故者へ鎮魂の祈りを捧げると共に、被災地の早期復興を祈念した。
今回の法要で集まった浄財は、全額震災義援金として寄付される。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07