全国の通信記事

2017年2月25日号

愛知三河 内野智翔師帰山奉告式

三河170227a内野智翔師 (2)【愛知三河】蒲郡市宗徳寺(内野隆穏住職)で二月二十五日、副住職である内野智翔師の第再行成満帰山奉告式が行われた。
清々しい晴天の中、多くの檀信徒に見守られながら水行が行われた。その後の帰山奉告式では、智翔師を始めとする行僧による力強い読経、そして思いの詰まった帰山奉告文に涙を流す檀信徒も多く見られた。
謝辞で智翔師は「自分が生まれてより今日まで、多くのお檀家さんにお世話になってきました。皆さんの思いを背負っていけるよう、これからも修行に励みます」と述べた。

2017年2月21日号

愛知三河 豊田英証師帰山奉告式

【愛知三河】田原市法華寺(豊田慈證住職)で二月二十一日、副住職である豊田英証師の第再行成満帰山奉告式が行われた。
寒風が吹きすさぶ中、多くの檀信徒に見守られながら水行が行われた。水行の迫力に檀信徒は驚いている様子であった。その後帰山奉告式が行われ、帰りを待ちわびた檀信徒で堂内は満員となった。
謝辞で英証師は「多くの方からいただいたご恩を少しずつお返しできるよう精進致します」と述べた。

2016年12月3日号

愛知三河 統一信行大会

三河161220 (1)【 愛知三河 】愛知三河宗務所(内藤潮耀所長)では、平成二十八年十二月三日に西尾市妙恩寺(太田行圓住職)で統一信行大会が行われた。当管区では平成二十三年に発生した東日本大震災犠牲者が翌年第七回忌を迎えるにあたり、平成二十九年三月に慰霊団参を計画しており、本年より追悼の意を表すべく最初に檀信徒百十二名が集い内藤宗務所長導師のもと震災慰霊法要が営まれた。続いて一龍斎貞鏡師による講談「東日本大震災・語り継ぐ知られざる物語り」が行われた。貞鏡師は被災地を実際に訪れ自分で見たこと、聞いたことを話し大震災の記憶を風化させないこと、また今ある命のありがたさを常に心で感じることがいかに大切かを力強い口調で語った。また昼の休憩時間には熊本地震災害義援チャリティバザーを開催され、大会参加者による善意の売上金は宗務院災害対策本部に送金された。
午後は次年に行われる東日本大震災慰霊団参での海上供養で海に流す「自我偈」の写経を三人一組で行った。参加者の一人は「最近ペンを手にすることが少なくなり時間も掛かりましたし上手にも書けませんでした。」と苦笑いをしていた。その後、三河修法師会により修法による写経への入魂、並びに平和祈願法要が行われ、参加者一同厳粛な面持ちで手をあわせた。そして、最後に内藤宗務所長が「本日、東日本大震災並びに様々な災害犠牲者慰霊のために多くの皆さんが参加してくださいました。この思いをこれからも忘れることなくお題目をお唱えしてまいりましょう。」と挨拶を述べ閉会した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07