全国の通信記事

2020年11月18日号

愛知三河 和紙製・蓮華づくり習得

DSC_0677【愛知三河】愛知三河宗務所(森和法所長)は11月18日に、妙恩寺(太田行圓住職)で『ハスワーク』専門講師を招き、教師研修会を開催した。管内教師、寺庭婦人合わせて20名が参加した。
『ハスワーク』とは、和紙と紙コップを使って蓮華の花を作成する事で、三河管区では令和3年開催予定の日蓮聖人降誕800年記念大会において、この『ハスワーク』を檀信徒たちにも行ってもらう予定で、管内教師、寺庭婦人がこの『ハスワーク』を指導できる立場になれるよう今回の研修を受けた。
参加者は、色とりどりの和紙を重ね合わせて蓮の花づくりに取り組んだ。紙の先をねじって花びらのようにとがらせ紙コップに黙々と貼り付けた。

2020年11月5日号

愛知三河 声明師会が人形供養祭

DSC_0664【愛知三河】声明師会(林海靖会長)は西尾市眞正寺(若山真洋住職)で11月5日、人形供養祭を行った。6名の会員僧侶が出仕した。
穏やかな秋晴れのもと、三河各地よりお預かりした、雛人形や五月人形、ぬいぐるみ、古くなった御守や仏壇、位牌等。読経、お清め、祈祷と抜魂報恩の法要を行った。
林海靖会長(豊田市妙見寺住職)は「今回はコロナ禍において少人数での供養祭となったが、様々な思いがこもっている人形等と気持ちよくお別れができる機会、途切れることなく毎年続けていきたい。」と語った

2019年12月14日号

愛知三河 歳末助け合い募金運動

三河200107【 愛知三河 】社会教化事業協会(三浦行信会長)は歳末助け合い募金運動を12月14日、西尾市「憩いの農園」にて行った。
憩いの農園では、年末年始に飾られる生花等を買い求めに訪れる人々で賑わいをみせていた。そんな中、社教会の会員が店舗出入り口前にて、「歳末助け合い募金にご協力お願い致します」と声をかけ、善意のご協力をお願いした。その際に、大人には宗務院で発行しているリーフレットを、子どもには色とりどりの風船を用意した。
三浦会長は「多くの方々の善意の御協力のおかげにより、20年以上も続けることができているこの募金運動、これからも大切にしていきたい」と語った。
集まった募金は、西尾市社会福祉協議会に寄付された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07