全国の通信記事

2017年3月13日号

岐阜 自由研修・らかんG

【岐阜】岐阜管区では、大垣地区寺院主催で3月13日にアクアホール(JR大垣駅北・アクアウォーク2F)にて、年に一度の地区当番制の自由研修「らかんG」を開催した。「春財布の会」と題し岐阜県内の教師・檀信徒がともに「心の財(たから)」で「心の財布」をパンパンにして楽しみに新年度を迎えられるようにと催された。教師・檀信徒あわせ120人の参加があった。中では、講師に宗会議員 堀智仙僧正(岐阜 妙照寺住職)を迎え、「現代人(我々)は宗祖から何を学ぶのか」と題し講演があった。講演を聴き終えた参加者は「めまぐるしく価値観のかわる今ですが、日蓮聖人の時代はもっと価値変革の激しい時代だったのかなと想像できました。だからこそ自分たちがもっと、安心して暮らせる人づくり、社会づくりに努めなければならないですよね。」と話した。講演後半では、名古屋 蓮勝寺 犬飼盛勝上人による笙の生演奏があり、参加者は珍しそうに聴き入った。

2017年2月15日号

岐阜 祖父江鳳翔師帰山奉告式

岐阜170228祖父江鳳翔師 (2)【岐阜】岐阜市妙泉寺(祖父江鳳誠住職)にて二月十五日祖父江鳳翔上人の 第初行成満の帰山奉告式が行われた。
午前九時 岐阜駅より行僧七名が、多くの壇信徒と共に、唱題行脚をし、引き続き本堂前にて、水行を行った。
その後本堂にて行われた帰山奉告式で、鳳翔上人は「両親 そして壇信徒の皆様には ご迷惑 そして御心配をお掛けしましたが、百日間の修行の間、皆様一人ひとりの顔が思い浮かび、つらい修行を無事成満する事が出来ました。本日を新たなスタートとし、これからは皆様の為に修法道に励み、妙泉寺の発展の為、精進して参ります。」と感謝と決意を述べた。

2016年9月28日号

岐阜 身延護法団参

岐阜161007 (2)【岐阜】岐阜県宗務所・傍島智秀所長は9月28・29日の一泊二日で身延山久遠寺日蓮聖人降誕800年発願・護法団参を実施し、90人が参加した。
降誕800年にむけ、僧俗一体となり平成33年を迎えることを目的として開催された。また、宗門布教方針「組織で動く」にならい、宗務所・協議員・管内各会協力のもと企画した。
1日目、檀信徒は早朝の出発にもかかわらず身延山へ到着早々疲れを見せることなく輪番法要をつとめた。日々の感謝を込め大きな声での読経唱題だった。初めて身延山に来たという檀信徒は「道中疲れたけれども、大本堂の御宝前を拝見すると声を出さずには・・・。」と感動を語った。
2日目は、再び大本堂にて傍島所長導師のもと参加教師の式衆とともに日蓮聖人降誕800年発願法要を勤めた。傍島所長からは、祖山にて発願法要を勤め上げた喜びの言葉と、降誕800年まで今日の参加者それぞれの感動を知人、友人に伝え続けていただきたいと話しがあり、参加者は手を合わせたまま真剣に聞き入った。


                

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07