全国の通信記事

2018年4月15日号

三重 立正平和祈願会

三重180516 (4)【三重】日蓮宗三重県宗務所(三重県四日市市妙延寺内)主催による『第51回立正平和祈願会が4月15日、三重県名張市の名張産業振興センター『アスピア』にて開催された。毎年、三重県内寺院を主会場に開催されるこの立正平和祈願会。51回目となる今回は、名張市を会場にして開催。檀信徒約160人が集い、法話を聴き、唱題行などの修行にはげんだ。
どんよりとした曇り空が覆う15日午前10時半、立正平和祈願会が開会。
第一講は社協会を代表して三重県熊野市本乗寺(冨田啓暢上人住職)内、冨田周温上人による講話がおこなわれた。
自身あ教誨師である冨田上人。『教誨について』と題し、教誨師についての講話を話された。
今秋公開予定の映画のテーマでも扱われている教誨師。その教誨師とはどのようなことをおこなっているのか。冨田上人はまず、教誨師が主としておこなう『宗教講話』『宗教座談会』『宗教面会』について説明された。そして、自らの体験談から、はじめて教誨師として三重刑務所(三重県津市)を訪れた時のことを話された。足を踏み入れるまでは「どんな恐ろしい人と対峙するのか」と思っていたが、実際に会う受刑者は皆、見た目は自分たちと何ら違いがない。その体験から、罪を犯した人と私たちとの差などとというのはまさに紙一重。これはまさに十界互具だな…と冨田上人は感じたという。
私たちは日々の生活の中で、心に怒りを持つことがある。それは地獄や餓鬼や畜生の心が大きくなったということ。「ですが大抵は、そんな心を抱いても罪を犯したりすることはない。それは皆さんの心の中には同時に、そういった怒りを抑える仏や菩薩の心があるからです。これからも皆さんは、仏様の心・菩薩様の心を持ちつづけていただきたい」と述べられた。
「より良い世界、より過ごしやすい世界にするために、仏様の心・菩薩様の心をもってすべての人に接していただけたら…と思います。そして私もまだまだ勉強中の身。これからも皆様と一緒に勉強していきたいとおもいます」と述べられ、法話を終えられた。

次いで第二講は、布教師会より高津憲周上人(三重県名張市妙典寺住職)による統一信行、『ご降誕』と題しての法話がおこなわれた。
高津上人は、ご降誕800年を間もなく迎えるに当たり、日蓮聖人ご降誕から立教開宗までのご一代記を、時に面白おかしい表現などを交えつつ解説。笑い声の飛び交う朗らかな講義となった。
引き続いての第三講は、日蓮宗三重県青年会会長田中孝典上人(三重県伊賀市上行寺徒弟)による唱題行がおこなわれた。
田中上人は、青年会が例年使用している唱題行のしおりを皆とともに読み上げ、唱題行をおこなった。
午前の最終講義 第四講は、伝道センターより山口雅大上人(三重県四日市市日法庵教導)による法話がおこなわれた。
伝道センターでは法華経の内容をより知ってもらおうと、平安時代の歌謡集『梁塵秘抄』に詠まれている法華経二十八品歌等から法華経を解説した教箋『法華百葉』を毎年5部ずつ作成。この『法華百葉』をテキストに、常不軽菩薩品や如来神力品などの講義・解説をされた。
昼食を挟んで午後からは、三重県内の僧侶も一同に出座しての立正平和祈願大法要が厳修。僧侶・檀信徒が一つとなって読経唱題と修法をおこない、堂内いっぱいに法華経を声を響かせ平和への祈りを捧げていた。

2017年8月24日号

三重 訃報・西片元證師

【三重】8月24日、日蓮宗三重県宗務所所長 西片元證上人(三重県四日市市 安楽寺住職)が四大不調のため、遷化された。世壽63歳。安楽寺にて8月28日密葬がいとなまれた。
西片元證上人(元香院日證上人)。
昭和30年、静岡県浜名郡新所村(現 静岡県湖西市)生まれ。昭和52年立正大学仏教学部宗学科を卒業。
昭和56年、宗立熊谷学寮副寮監就任(昭和59年まで)。
昭和57年、立正大学日蓮教学研究所研究員(現在まで)。
昭和58年、立正大学仏教学部非常勤講師就任(昭和59年まで)。
昭和60年、現代宗教研究所研究員就任(平成4年まで)。
昭和61年三重県安楽寺住職承認(現在まで)。
平成元年、日蓮宗三重県教化センター所員就任(平成14年まで)。
同年、日蓮宗三重県家庭児童相談室庶務就任。(平成19年まで)。
平成6年、日蓮宗三重県青年会会長就任(平成8年まで)。
平成11年、日蓮宗三重県声明師会会長就任(平成19年まで)。
平成14年、日蓮宗三重県伝道センター主任に就任。
同年、宗教問題検討委員会委員就任(平成27年、4回目の就任を経、現在まで)。
平成27年、日蓮宗三重県宗務所長に就任し、管区・教区を問わず、為法為宗に尽力された。
10月26日午前11時より、安楽寺にて本葬がいとなまれる

2017年8月4日号

三重県・第45回少年少女のための修養道場

三重170804 (4)時折降る雨が蒸し暑さを呼ぶ7月26日。三重県名張市の妙典寺(髙津憲周上人住職)において、『第45回少年少女のための修養道場』が日蓮宗三重県青年会(三重県伊賀市上行寺内 田中孝典上人会長)主催、日蓮宗三重県宗務所(三重県四日市市安楽寺 西片元證上人所長)共催のもと開催された。
毎年、三重県内の寺院を主会場とし小学生を対象におこなうこの修養道場。本年は、三重県の西部、名張市にある妙典寺を会場にして開催。上は小学6年生から下は幼稚園の年中の子までと幅広い参加者25人が参加しての道場となった。
午後2時30分。本堂内の子どもたちが慣れないお寺の様子に興奮する中、道場は開会。早速手渡された『修養道場のしおり』を両手に持ち、25人の子ども達は『先生』上人たちが大きな声で読むお経に耳をそばだて、ある子は慣れた口調で、ある子はお経文の横に書かれたルビを必死に指で追いながら、ある子は隣にどこを読んでいるのか尋ねながら、それぞれの必死さでお経を読んでいた。
この『少年少女のための修養道場』では、普段の生活では見つけることのなかなか出来ない作法を学ぶことを修行としている。
方便品や寿量品の読経や唱題。朝夕の食前に唱える『食法』。焼香の仕方や団扇太鼓を叩きながらの唱題練習など。一泊二日の短い時間ながら、この他にも唱題行や書写行などいくつもの行を体験し、お寺での作法を身につけていった。
翌27日には、同市内にある『赤目 忍者の森』にて忍者修行を体験。
子ども達は、黒や赤、黄、紫など、カラフルな忍者装束に身を包み、先輩忍者指導のもと、壁登りや綱渡り、吹き矢に手裏剣、どんでん返し(隠し扉)の入り方などを実践。泥まみれになりながらもそれぞれの忍術をこなしていった。忍術修行の終盤、川の上を浮具に乗って渡る『水ぐもの術』では、なかなか思うようにバランスが取れず川に落ちる子が続出。そんな中、上手にバランスを取って川の向こう岸まで上級生が渡りきると、拍手喝さいが起こる一幕もあった。
その後、忍者体験を終えた子ども達はふたたび妙典寺に戻り、読経等の修行に努め、修養道場は終了。
堂内も、外のレクリエーションも全力で取り組む。そんな一生懸命に満ちた2日間の修養道場だった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07