全国の通信記事

2019年5月26日号

三重 四日市市安楽寺で法灯継承式

三重190610【三重】令和元年5月26日、三重県四日市市の現當山安楽寺において、第6世西片寛慈上人の法灯継承式、ならびに一昨年の8月にご遷化された第5世西片元證上人の3回忌法要が行われ、僧侶檀信徒合わせて約90人が参列した。
5月にしては暑すぎるぐらいの快晴に恵まれ、午前10時より稚児行列が行われ、10時半より法灯継承式が行われた。
三重県宗務所長 高島行勝上人(三重県四日市市妙延寺住職)より辞令の伝達、安楽寺正干与 山口裕光上人(東京都台東区妙経寺住職)より払子の授与が行われた。
西片上人は奉告文で安楽寺の歴史に触れながら、先師先哲の意志を継ぎ新住職として一層精進する事を誓った。
次に西片上人の師父、西片元證上人の友人である身延山久遠寺共栄部長 浜島典彦上人(東京都荒川区修性院住職)より祝辞が述べられた。
同じ学寮、同じ管区で元證上人と共に過ごしてきた浜島上人は、多くの思い出を語り教学や研究に励んでいた元證上人を偲ばれた。そして、「師父のように立派になった寛慈上人が居れば安楽寺は安泰である、どうか支えてあげて欲しい」と励ましの言葉送られた。
結びに新住職、西片寛慈上人から祝辞が述べられた。西片上人は歴史の浅いお寺であるからこそ、開山上人である近代の名僧 本多日生猊下や開期檀越の意志や素晴らしさを色濃く受け継いでいる。そういったものを大切にしながらも宗門やお寺の為に尽力したいと力強く語った。

2019年4月29日号

三重 第52回立正平和祈願会

三重190529②(鷲阪上人)【三重】日蓮宗三重県宗務所(三重県四日市市妙延寺内)主催による第52回立正平和祈願会が平成最後の連休期間となる4月29日、三重県桑名市の三重祭典法宴会館にて開催された。
毎年、三重県内寺院を主会場に開催されるこの立正平和祈願会。52回目となる今回は、桑名市を会場にして開催。檀信徒約150人が集い、法話を聴き、唱題行などの修行にはげんだ。
うっすら雲が広がり、穏やかな気候となった当日午前10時半。立正平和祈願会が開会。
第一講は社協会を代表して三重県名張市妙典寺住職、高津憲周上人による『認知症の話』と題しての講話がおこなわれた。
民生委員を10年以上経験されている高津上人。自ら委員として培った経験から、介護と認知症についての問題を説明。
時折、面白おかしい話題などを交えながら、認知症はあくまで症状であって病気ではない、といった『認知症=病気』『認知症=老化』などの誤解について解説。
年齢等にかかわらず、『自分も可能性の上では痴呆症になりうる』という認知症に対する知識と理解を持つこと。そして、認知症の方に対して応援してあげることが大事だ、と話された。
次いで第二講は、布教師会より鷲阪仁昭上人(三重県名張市良薬堂結社教導)による統一信行、『いのちに合掌』と題しての法話がおこなわれた。
鷲阪上人は、令和という新元号を迎えるに当たり、明治から平成までの歴史を元号ごとの対比をもって解説。その上で経済的な豊かさを得た現代社会と、『心の豊かさ』についての話をされた。
その上で担行礼拝についての話をされ、令和という時代が豊かであるようにお題目を唱え、いのちに合掌していくことの大切さを説かれた。
引き続いての第三講は、日蓮宗三重県青年会会長田中孝典上人(三重県伊賀市上行寺徒弟)による唱題行がおこなわれた。
田中上人は、青年会が例年使用している唱題行のしおりを皆とともに読み上げ、唱題行をおこなった。
午前の最終講義 第四講は、伝道センターより山口雅大上人(大阪府高槻市 本行寺住職)による法話がおこなわれた。
伝道センターでは法華経の内容をより知ってもらおうと、平安時代の歌謡集『梁塵秘抄』に詠まれている法華経二十八品歌等から法華経を解説した教箋『法華百葉』を毎年5部ずつ作成。この『法華百葉』をテキストに山口上人は法話を行った。
昼食を挟んで午後からは、三重県内の僧侶も一同に出座しての立正平和祈願大法要が厳修。僧侶・檀信徒が一つとなって読経唱題と修法をおこない、会場内いっぱいに法華経を声を響かせ平和への祈りを捧げていた。

2019年2月15日号

三重 大宮泰幸師帰山式

三重190308大宮上人【三重】2月15日。三重県名張市の妙栄寺(大宮憲幸上人住職)において、妙栄寺修徒 大宮泰幸上人の大荒行堂第参行成満帰山奉告式がとりおこなわれた。午前9時前に大宮上人のほか計6人の成満僧が到着。境内の石庭は綺麗な波の形に整えられ、上人の帰山をまだかと檀信徒、師父の大宮上人や家族ら50人弱が到着を待ちわびていた。帰山式当日の天候は曇り、身を切るような寒さで天気予報では雨となっていた。
水行披露の前になると曇り空から光が差し、冷たい空気が少し和らぐのを感じた。午前10時より妙栄寺本堂において帰山奉告式が厳修。大宮上人は修法師会会長 高津憲城上人(三重県伊勢市常明寺住職)より許証授与と祝辞を賜った。高津上人は日蓮聖人が富木常忍に送られた『真間釈迦仏御供養逐状』を引用し、大黒天神を供養することで所願成就、現世安穏、後生善所の楽を受けられると述べ、大黒相乗という重要な相伝を受けられたことは大変喜ばしい事であると祝辞を述べられた。次いで、三重県宗務所長 高島行勝上人(三重県四日市市妙延寺住職)より祝辞が述べられた。高島上人は、無事成満出来た事へのお祝いを述べられた後、大荒行で得られる修法道の法力の有り難さ、そしてそれを檀信徒の皆さんにお返し、師父やお祖師様に給仕する事で益々修法道に励み寺門の興隆に役立てて欲しいとお祝いの言葉を述べられた。次いで檀信徒を代表し、総代の東川益裕さんから祝辞を受けられた。東川さんは現代社会の抱える諸問題を挙げられ、大荒行で得た功徳を檀信徒に、世の多くの人に与え、広宣流布、立正安国の実現に役立てて欲しいと述べられた。
次に、師匠である大宮憲幸上人から謝辞が述べられた。大宮上人は、最初に各方面へのお礼を述べられ、大黒天人と対話をする力を得た泰幸上人に悩みや苦悩を打ち明け、大黒天神、妙栄寺勧請の諸天善神からのお言葉を授かって欲しいと述べられた。最後に、大宮泰幸上人本人から謝辞が述べられた。父と兄が参行を成満しており自らの人生の一つの目標として参行成満を掲げていたが、初行と再行の時とは違い、家族を持った事で後ろ髪を引かれる思いで修行に赴いたと語った。しかし、置いてきた大切な家族に、入行中に産まれた長男に顔向け出来るよう精進しなければならないと意志を強く持ち、険しい顔をした鬼子母神に厳しく叱られ、優しい顔の大黒天神に励まされる事で修行に邁進する事が出来たと語り、大荒行を成満して立派になるのではなく、修行で培ったものを檀信徒の皆様にお返し、木険を振って皆様の悩みを解消し、祈願を成就させて貰うことで初めて立派になれるのだと成満に満足せず、更なる精進を重ねる旨を伝えられた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07