全国の通信記事

2017年6月27日号

愛知三河・「法楽の会」~僧俗一体となって法を楽しむ~

三河170629 【愛知三河】三河布教師会(河合海延会長)は6月27日に、円融寺(会長住職)で檀信徒と僧侶が共に仏教や仏事を学ぶ「第1回 法楽の会」を開催した。僧俗併せて40名程参加した。
第1項として、内藤潮城会員(長満寺修徒)による「日蓮聖人の御一代記(前半)」。巧みな話術で会場は笑顔に包まれ、日蓮聖人について丁寧に学ぶことができた。最後に講義内容の小テストを行い、皆満点をとった。
第2項として、内野智翔会員(宗徳寺修徒)による「仏具実践講座」。団扇太鼓や大太鼓を使い、唱題(信者太鼓)の打ち方、止め方(一唱止め、三唱止め)、宝塔偈の打ち方を紹介し、グループに分かれ実践。
終わりの法要では、立候補4名が大太鼓、他の参加者は団扇太鼓を打った。法要後、くじ引きで1等2等の方に仏具景品を贈呈。参加者全員に記念品を贈呈。
また、参加者全員に「法楽帳」を配布。参加証明のシールをは貼ってゆき、一冊埋まると記念品を贈呈するイベントもあった。
河合会長は「お寺の行事と聞くと、まだまだ固いイメージがある。是非、この会を通して、教えや法を楽しみながら学んでいただきたい。」と語った。

2017年6月23日号

愛知三河・愛知三河日青会 沖縄慰霊行脚に参加

三河170628【愛知三河】三河青年会(若山真幸会長)は6月23日に、立正平和運動委員会(勅使河原寛祥会長)企画の沖縄県「戦没者慰霊の日」行脚に参加した。
当日は、梅雨明けしたこともあり、猛暑でありながらも絶好の行脚日和だった。玉の汗を流し、団扇太鼓を打ち鳴らし、お題目を唱えながら、糸満市から平和記念公園まで約4時間、約10kmを歩いた。
公園では、全国各地から大勢の参列者がこころからの黙祷を捧げていた。
勅使河原会長は「我が国が終戦を迎えてより早70年以上の月日が流れ、私たちも含め戦争を知らない世代が社会の大半を占めるようになりました。今日私たちが当たり前のように暮らすことの出来る平和な社会、その礎となられた方々へ感謝の念を忘れてはなりません。そして未来永劫の平和への願い、祈りを後世に伝えてゆくことが、今を生きる私たちに与えられた大切な役目ではないでしょうか。」と仰った。

2017年5月28日号

愛知尾張 犬山市妙海寺法燈継承式

尾張170626 (1)hp用【愛知尾張】5月28日犬山市妙海寺で法燈継承式が行われ、第32世田中貴遠師より、第33世田中恭遠師へ妙海寺住職の法燈が託された。
式に先立ち、新住職はお稚児さんと共に晋山行列を行い、歴史ある犬山城下町を練り歩いた。多くの僧侶、檀信徒が迎える中、新住職が昇堂。
式中においては、役稚児、田中七海さん田中歩君が新住職の就任を喜ぶ「天童祭文」を読み上げ、御宝前を彩った。
謝辞で前住職貴遠師は「30年余、妙海寺の住職として日蓮大聖人にお給仕させて頂いた事、就任以来の念願であります法華経の道場として次の代に法燈を継承出来ました事、また引退後の身を案じて下さる檀信徒の多き事を感じ、本日は感慨無量でございます」
新住職恭遠師は「檀信徒と共に真心こめて日蓮大聖人にお給仕いたします」と
檀信徒と共に歩む法華経信仰の決意を語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07