全国の通信記事

2022年6月19日号

愛知尾張 「こども食堂キャラバンINかみやま」支援

尾張220620①【愛知尾張】 令和4年6月19日(日)、一宮市神山公民館で行われた「こども食堂キャラバンINかみやま」に於いて地域の子供達に対して、食文化についての学習会とフードパントリーが行われた。先着30名の子供達には「麺屋 天空」の特製唐揚げ入り弁当が配布され、地域住民や子供たちで賑わった。その会場に於いて尾張宗務所所長三大寺聡温上人(妙感寺住職)より、代表の水島邦雄様へこども食堂に対する支援金が手渡され、今後の活動に役立てると共に、活動の場を提供することで、尾張地域の日蓮宗各寺院もそれぞれの地域で協力し、支援ができるよう連携していくことが約束された。

こども食堂を主催するNPO元気ふれあい倶楽部は、固定の場所では無く、一宮市内の公民館や公園等、毎月場所を変えて、それぞれの地域で貧困の子供への支援や学習、フードロス問題への取り組み等の活動をしている。代表の水島様は「今後も場所を提供して頂けるお寺様や教会などを探しており、このようなご縁を頂くことだけでも有難いです。日本人の子供以外にも行き届かない貧困の子供がいるので、是非宗教者の方にもこの活動を理解して頂き、場所の提供の他、子供たちへの心の教育についてもお手伝いをお願いしたい」と語った。三大寺所長も「すぐに市内の日蓮宗寺院に経緯を説明して協力できる態勢を整えたい」と今後の支援について話し合いが行われた。

尚、今回の支援金については令和4年3月12日に一宮市木曽川町の法蓮寺で行われた、「日蓮聖人御降誕800年尾張管区大会」に於いて集まった御朱印や祈願・回向の浄財が充てられ、この他に「WAI!WAI!のわミー」、「いなざわ子ども食堂」、「つしまこども食堂」、「フードバンク愛知」、「岩倉子ども食堂ネットワーク」、「おだやか荘」へ支援が行われた。

2022年6月8日号

愛知尾張 第96回中部教区師恩会

尾張220617①【愛知尾張】一宮市蓮照寺に於いて6月8日、中部教区主催、尾張宗務所(三大寺聡温所長)当番による第96回中部教区師恩会が、尾張管区協議員議長清須市瑞正寺住職中山海解上人導師、中部教区各管区所長を副導師に、尾張宗務所所員出座の下、執り行われた。

本来なら中部教区の各聖100名以上が参列し、一年間の間に中部教区で遷化された先師に対して読経・焼香される行事であるが、コロナ過ということもあり、各管区所長と遷化された上人の遺弟に参列を願い縮小した形での法要となった。

師恩会は全国でも、この中部教区のみ行っている先師法要で当番管区の三大寺所長は「我々の先師は、かつての仲間をこのような形をもって追悼し、そして新たな布教を誓い合ったのではないかと思っております。先師がこのような素晴らしい行事を残してくれたことに感謝し、これからも中部教区でこの師恩会という行事が永遠に引き継がれていくよう願っております」と語った。中部教区ではこの一年間で10名の上人が遷化されている。参列した遺弟には教区長より供物が贈呈された。

2022年5月29日号

三重・日市市本覚寺に第9世・佐々木妙綾法尼 入寺式

三重220629 (3)【三重】三重県四日市市本覚寺(佐々木妙綾法尼 新住職)の第9世法燈継承式が5月29日におこなわれ、コロナ禍収まらぬ中にもかかわらず、熱心な檀信徒ら約60人が参加。現代風な造りの本堂に、新住職・檀信徒が一丸となって唱える法華経の声が響き渡った。

 当日、6月の気候にしては暑く、汗にじむような晴天となり、厳しく指す日差しが本堂ビル外壁に掲げられた『日蓮宗 本覚寺』の字を鮮やかに照らしていた。

 本覚寺は、明治11年4月に四日市の新たな仮説教所を創立したことにはじまる。昭和20年には戦火で堂宇が消失したが、時の住職・檀信徒らの熱心な努力により再建。近年、平成27年には現代のビル風な造りの新本堂に改修。四日市市の幹線道路・国道1号線沿いに建つこの本覚寺は、常に檀信徒の熱意に応える形で再生を繰り返してきた。

 今回、こうして行われた法燈継承式だが、当初の予定では約10年前に行われる予定だったという。

 新住職の師父、本覚寺第7世 伊藤立教上人との話では、妙綾上人がまだ若い内に住職交代をする予定だった。しかし、平成22年7月に立教上人が四大不調で御遷化。そのとき、妙綾上人は結婚間もなく、しかも第一子が誕生したばかり。御遷化された師父の元に足を運ぶこともままならない体調であった。急遽、妙綾上人の母、伊藤崇山法尼が本覚寺第8世の法燈を継承。そして本年、約12年を経て寺族・檀信徒が待ちわびていた今回の法燈継承式と相成った。

 法燈継承式ならびに第7世伊藤立教上人第13回忌法要が共に営まれ、法要後の挨拶にあたり妙綾上人は、「(12年前、師父が遷化されたことで)急に『柱』を失い、何においても『お寺を支えていかなくちゃ!』というその一心で駆け抜けた12年であったこと。そしてそんな中、(師父遷化後も、以前と)態度変えることなく接してくれた檀信徒の皆様への感謝。折々に、浅学の自身にご指導くださったお上人方への感謝を述べられた。そして、寿量品の『良医治子の喩』を目にするたび、自身の師父の死が重なって感じられた胸中を語られ、「本年で(本覚寺が建って)144年。未来の本覚寺がこれからも建ち続けるには檀信徒の皆様が不可欠です。まだまだ至らぬ住職ではありますが、努力してまいります。小さい頃のワタシをご存知の檀信徒の皆様には不安を感じるかと思いますが、これからも本覚寺が200年も300年も続くようよろしくお願いいたします」と、新住職としての感謝を述べられた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07