全国の通信記事

2017年11月16日号

岐阜 金華山題目塚法要

DSCN3974【岐阜】 今年立ち上げられた「金華山題目塚法讃会」主催の「金華山題目塚法要」が11月2日に「題目塚」にて営まれた。県内教師、檀信徒あわせて60人が参加した。
今年、信長公入城450年を迎えた岐阜城をすぐそばの山頂に仰ぎ見る位置にある会場は晴天に恵まれた。青年会の唱題行脚の列が到着すると、修法師会が平和祈念を行い力強い声を山中に響かせた。引き続き法讃会創設者の妙照寺 堀智仙住職の導師のもと供養法要が営まれた。その後、宗務所長の挨拶、布教師会長より「平等大慧」をテーマに法話があった。また法要中には、一般登山客が上り下りに足を止め合掌する姿があった。
堀智仙住職からは「岐阜城争奪の戦いの中、命を落とした両軍幾多の将兵の慰霊と平和を願う先人によって建立されたのが題目塚です。信長公入城450年の節目の年、ここで起きた悲劇に供養するとともに、皆で今後の平和を大切にしていきたい。」と挨拶があった。
参加者には、同会よりロープウェイの往復券が無料配布され、法要後には岐阜市内を一望できる展望レストランにてコーヒーなどがふるまわれた。

2017年11月11日号

愛知尾張 江南市昭蓮寺で入寺式

尾張171121③【愛知尾張】十一月十一日、江南市昭蓮寺で石黒友大上人の入寺式が行われ、檀信徒約三百名が参列した。
法要前に新住職は九十九名の稚児らとともに練行列した。
法要では、まず、払子が昭蓮寺正干与長遠寺住職石川友基上人より新住職に渡され、稚児総代の北折昌也君、高橋綾華さんが祭文を読み上げた。奉告文では、昭蓮寺の三百五十年の歴史や子供の頃のお題目の旗を自転車に立てて走り回っていたエピソードや昨年亡くなられた先代上人の徳を称えた。
謝辞では、総代長の高橋誠氏が「大聖人の檀信徒としての自覚と誇りを持ち、新住職とともに深く信心の心をおこし、お題目修行に励みたい」と述べた。新住職は「今日いただいた皆さんからの熱い思いを胸に、お釈迦さま、お題目の教えを人々の心に少しでも届けることができるよう精進して参ります。」と決意を述べた。

2017年11月4日号

長野 豊興教会で御会式・落慶法要

長野171120【長野】北安曇郡池田町の豊興教会で11月4日に御会式・落慶法要が行われ、併せて千野真哉師の就任式が山口顯辰師(秋田県本住寺住職・池上本門寺学監)を導師に迎え、長野県中信地区寺院の各師を式衆にとり行われた。
豊興教会は昭和9年に現在の安曇野市一乗寺より一部を移転し、昭和21年に宗門から認可を得て始まった。それまでは一乗寺の住職が代務担任として務めていた。
総代を務める菱沼智子さんの自宅から唱題行列を行い、檀信徒の待つ豊興教会へと30分ほどかけて歩いた。行列には長野県としては初めて訪れるこぞうくんも参加し、沿道に訪れた檀信徒からも合掌を仰いでいた。
新しい庫裏には豊興教会と一乗寺から合わせて40名以上が参列し、堂宇完成を祝うと共に新たな担任を迎えることに喜びを感じていた。
前代務担任となる千野泰信師(一乗寺住職)は「真哉師は非常によくお経をあげます。これからはこの教会にもお経の声が響きますので、お近くに寄った際には是非ご参拝ください」と挨拶に述べていた。
新たに担任となった千野真哉師は「わからないこともありますが、檀信徒と共に頑張っていきたい」と笑顔で挨拶し、総代の菱沼さんは「若いご住職を迎えることができ、これから共に豊興教会を盛り立てていきたい」と語っていた。
真哉師は平成5年度に信行道場を修了、また平成10年度には荒行堂を修了している。担任に就任するまでは一乗寺の修徒として務めていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07