全国の通信記事

2019年11月25日号

島根 社会教化事業協会研修会

【島根】日蓮宗島根県社会教化事業協会(堀江禎正会長)主催の「研修会」が11月25日開催された。教誨活動に触れるため、11名が島根あさひ社会復帰促進センター(浜田市)を訪問し、広大の施設の概要説明と現場見学、支援員による矯正指導体験をおこなった。教誨師でもある堀江会長は、「施設の矯正指導を生の現場で体験することにより、今後の社会教化活動、延いては教師の布教活動の一助となればと」語った。

2019年11月23日号

香川 護法統一信行会

香川191128hp【香川】宗務所は令和元年度護法統一信行会を11月23日、宗泉寺( 成田智栄住職)のもとで開催し、僧侶・檀信徒約85名が参加した。
開会式後、青年部による唱題行が行われた。管内の檀信徒が一堂に集まり、お題目を一心に唱えることができた。
その後に奥田正叡上人(京都市常照寺住職)を講師に迎え、「いのちに合唱」と題してプロジェクターで映像を交えながらの講演をしていただいた。
常不軽菩薩の但行礼拝である「私はあなた達を深く敬います」を宮沢賢治や綱脇龍妙上人の実践を用いてわかりやすく説かれた。
日蓮宗の合掌は道徳的な「挨拶の合掌」ではなく、但行礼拝の精神が込められた合掌であり、
お互いを敬う大切さや理屈でなく実践する大切さを参加者一同に伝えられた。
講演後は石倉敬之上人を導師に法要が行われ、令和元年度度護法統一信行会を締めくくった。

2019年11月9日号

高知 アンサンブルくらすとACT12

高知191112【高知】11月9日(土)南国市蔵福寺(齊藤隨理住職)で「アンサンブルくらすとACT12」が開催された。このアンサンブルくらすとは県内の金管楽器、木管楽器、打楽器奏者によって構成され、齋藤住職が団長を務めている。
18時30分本堂内をライトアップした幻想的な雰囲気のなか「東京オリンピック前回大会」のファンファーレで開幕し、演奏メンバーが入れ替わり全15曲を演奏した。また齋藤住職自身も自らアルトサックスを手に取り「G線上のアリア」を披露した。訪れた方からは「お経しか読まないイメージのあるお坊さんが、楽器を吹くというミスマッチがよかった」という声が聞かれた。
齋藤住職は「蔵福寺は1年に1度ライブハウスになります。普段何かと敷居が高く感じられるお寺に、どんなことであれ、足を運ぶ事に繋がってほしい」と語ってくれた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07