全国の通信記事

2019年11月9日号

高知 アンサンブルくらすとACT12

高知191112【高知】11月9日(土)南国市蔵福寺(齊藤隨理住職)で「アンサンブルくらすとACT12」が開催された。このアンサンブルくらすとは県内の金管楽器、木管楽器、打楽器奏者によって構成され、齋藤住職が団長を務めている。
18時30分本堂内をライトアップした幻想的な雰囲気のなか「東京オリンピック前回大会」のファンファーレで開幕し、演奏メンバーが入れ替わり全15曲を演奏した。また齋藤住職自身も自らアルトサックスを手に取り「G線上のアリア」を披露した。訪れた方からは「お経しか読まないイメージのあるお坊さんが、楽器を吹くというミスマッチがよかった」という声が聞かれた。
齋藤住職は「蔵福寺は1年に1度ライブハウスになります。普段何かと敷居が高く感じられるお寺に、どんなことであれ、足を運ぶ事に繋がってほしい」と語ってくれた。

2019年11月2日号

高知 秋のキャンドルナイト in 細勝寺

高知191111 (1)【高知】11月2日、高知県南国市の細勝寺(久保智教住職)にて、初の開催となる「秋のキャンドルナイト in 細勝寺」が行われ、約100名の参詣者で賑わった。
「秋の夜長を彩る、光と音の共演」をテーマとし、約400個のキャンドルが温かな灯で境内を照らした。
なかには地元小学生が「秋」を題材に描いたイラスト入りキャンドルが並び、子どもたちとの交流もなされた。
特設ステージではコンサートも催され、高知県青年団協議会長も務めるシンガーソングライターCHiHARUさんの歌声が響いたほか、高校の音楽教員で結成された管弦楽ユニット「のどカルテット」の演奏がキャンドルナイトに花を添えた。クライマックスには管内声明師による世界平和祈願声明法要も営まれ、声明によって幻想的空間を織りなすと共に、日本全国で勃発する災害で犠牲となられた方への供養も行われた。
久保師は開式にあたり「このキャンドルナイトが、普段あたりまえにある電気がいかにありがたいものかということを考えるきっかけになれば」と話し、高知県立大学の学生による「電気がない暮らし」と題した、災害による停電被害の深刻さも発表された。
参詣者は「日常というものの有難さを改めて考えた夜になった」「お寺というとお堅いイメージだったが、このようなイベントがあると知り気軽に行ってみようと思う」と語った。

2018年5月3日号

高知 第11回なんこく花祭り

高知180507b (3)【高知】5月3日「第11回なんこく花祭り」が行われ、インド風の衣装を着た稚児が白象を引きながら歩いた。
今年は10時に蔵福寺(齋藤隨理住職)を出発し本正寺(高橋誠昌住職)を経由し、細勝寺(久保晶宣住職)に到着後「花祭り」法要が営まれた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07