全国の通信記事

2022年4月6日号

香川 女木島日蓮聖人銅像参拝

香川220407①hp【香川】香川県宗務所は四月六日、女木島の山頂(日蓮山)に奉られている日蓮聖人銅像参拝を行い、僧侶・檀信徒十七名が参加した。

桜の開花時期では山頂までのハイキング中や参拝の際に島桜を堪能できる。日蓮聖人を前に宗務所(石倉敬之所長)の導師の下、法味言上を参加者一同の家内安全・身体健全を祈念した。

法要後に感謝を込めての奉仕活動も。本年は瀬戸内国際芸術祭が開催されるので、島内の芸術を堪能しつつ多くの方に参拝してもらいたい。

2021年11月7日号

香川 宗祖降誕八百年管区法要・護法統一信行会

香川211110hp【香川】宗務所(石倉敬之所長)は十一月七日に高松市日妙寺(石倉敬之住職)で「宗祖降誕八百年管区法要 並 護法統一信行会」を開催し、檀信徒67名・教師8名が参加した。

始めの唱題行はコロナ感染対策バージョンを用いて普段とは違う雰囲気の修行を行った。

唱題行後は京都市松林院住職、大西秀樹上人による「お題目を唱えることの流用性」を元にした記念法話が行われた。「先祖崇拝の大切さ・なぜお題目を唱えないとならないのか・お釈迦様が菩提樹の下で何を悟ったのか」を優しい口調で語りかけ会場は終始笑いに包まれた。

法話後は石倉敬之上人を導師に法要が行われ、今年は宗祖降誕八百年として多くの記念品を準備し、会場に集まった皆で祝い令和三年度度護法統一信行会を締めくくった。

2021年9月2日号

香川 中四国教区教学研修会

香川210924➀【香川】宗務所は、ホテルパールガーデン(高松市内)において、9月2日~3日、令和3年度、第35回日蓮宗中四国教区教学研修会が行われ、新型コロナウイルス感染予防のため、会場参加とzoomを利用したオンライン参加に分けて、合わせて約50人余りが参加した。
はじめに、中四国教区長の星合輝章上人(鳥取県清照寺住職)を導師に、法味言上をおこなった。
第1日目は、木村中一上人(東京都法養寺住職・嗣学)を講師にお迎えして、第1~3講を「日蓮聖人遺文研究の基礎的視点」というテーマで、講義をしていただきました。質疑応答の後、1日目は終了。
第2日目は、岡田真水上人(勧学院講学職・身延山大学客員教授)を講師にお迎えして、第4講「宗祖御誕生のものがたり」~三奇瑞の意味するところ~、第5講「龍口法難 満750年」~「光り物」と「星下り」のものがたり~、第6講「佐渡往来・在島の奇瑞譚」―日月にかげをうかぶる身―というテーマで、講義をしていただきました。質疑応答の後、最後に、中四国教区長の星合輝章上人(鳥取県清照寺住職)を導師に、法味言上をおこない、令和3年度、第35回日蓮宗中四国教区教学研修会を締めくくった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07