全国の通信記事

2021年9月2日号

香川 中四国教区教学研修会

香川210924➀【香川】宗務所は、ホテルパールガーデン(高松市内)において、9月2日~3日、令和3年度、第35回日蓮宗中四国教区教学研修会が行われ、新型コロナウイルス感染予防のため、会場参加とzoomを利用したオンライン参加に分けて、合わせて約50人余りが参加した。
はじめに、中四国教区長の星合輝章上人(鳥取県清照寺住職)を導師に、法味言上をおこなった。
第1日目は、木村中一上人(東京都法養寺住職・嗣学)を講師にお迎えして、第1~3講を「日蓮聖人遺文研究の基礎的視点」というテーマで、講義をしていただきました。質疑応答の後、1日目は終了。
第2日目は、岡田真水上人(勧学院講学職・身延山大学客員教授)を講師にお迎えして、第4講「宗祖御誕生のものがたり」~三奇瑞の意味するところ~、第5講「龍口法難 満750年」~「光り物」と「星下り」のものがたり~、第6講「佐渡往来・在島の奇瑞譚」―日月にかげをうかぶる身―というテーマで、講義をしていただきました。質疑応答の後、最後に、中四国教区長の星合輝章上人(鳥取県清照寺住職)を導師に、法味言上をおこない、令和3年度、第35回日蓮宗中四国教区教学研修会を締めくくった。

2021年8月28日号

香川210830

香川210830(修養道場)②【香川】高松市日妙寺(石倉敬之住職)において八月二十八日、令和三年度 第十五回 日蓮宗香川県宗務所主催の修養道場サマーキャンプが行われ、僧侶檀信徒十名が参加した。

昨年はコロナの影響で修養道場サマーキャンプは中止となった。今年は参加者の強い要望もいただき、感染対策としてスタッフを最小限にして開催の運びとなった。

新しい生活様式を取り入れつつの一日。午前中は、参加者達は自分達で自我偈の経本を作成し、お経練習を行った。

午後からはさぬき麺業において、うどん打ち体験。普段から何気なく食べているうどんを自分自身で作る。参加者たちにとっての夏の貴重な経験となった。

夕勤で本日練習した団扇太鼓と太鼓を叩き、焼香をし、自我偈をお唱えした。

参加した子供達や保護者に対して学業成就・家内安全・身体健全・帰路道中交通安全を祈念して、修法師達による修法が行われた。

2021年4月6日号

香川 女木島・日蓮聖人銅像参拝

香川210412【香川】香川県宗務所は四月六日、女木島の山頂(日蓮山)に奉られている日蓮聖人銅像参拝を行い、僧侶・檀信徒二十名が参加した。
島ならでの開放的な空気を感じつつのハイキングは日頃のモヤモヤも晴れるようだ。
日蓮聖人を前に宗務所(石倉敬之所長)の導師の下、法味言上を参加者一同の家内安全・身体健全を祈念した。
山頂までは徒歩でもお参りができる距離であり、付近まではバスも運行している。是非多くの方に訪れてもらいたい

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07