全国の通信記事

2018年5月21日号

香川・寺庭婦人寺族研修会開催

香川180521 (3)【香川】5/9~10 香川県JRホテルクレメント高松において、 第1回 平成30年度寺庭婦人・寺族研修会が行われました。当日は寺庭婦人、寺族、僧侶が約40名ほど参加した。
午前は「今さら聞けない仏事の基本」と題して、北海道龍王寺住職・常任布教師 山本光明師が講演をされた。
昼食を挟み午後からは、「お寺に求められる事~寺族・寺庭婦人の役目~」と題して、全国檀信徒協議会会長・池上幸保氏が講演をされた。
意見交換会の際には、寺族・寺庭婦人の方たちが講師先生に熱心に質問されていた。
信仰を継承する大切さを改めて感じ、寺庭婦人・寺族研修会の日程を終えた。

2018年4月10日号

香川 日蓮聖人銅像参拝

香川180411hp【香川】宗務所は四月十日、女木島(鬼が島)の山頂に奉られている日蓮聖人銅像参拝を行い、僧侶・檀信徒八名が参加した。
日蓮聖人を前に宗務所(石倉敬之所長)の導師の下、法味言上をし参加者一同の家内安全・身体健全を祈念した。
天候にも恵まれ、島風を感じながらのハイキング。山頂付近まではバスで向かうこともできる。
山頂からのパノラマは格別である。女木島の桜は有名であり、満開の季節に「女木島桜まつり」も行われている。

2017年10月12日号

香川 護法統一信行会

香川171017 (2)【香川】宗務所は平成29年度護法統一信行会を10月12日、慈雲寺(藤井友晋住職)のもとで開催し、僧侶・檀信徒約70名が参加した。
開会式の中で、護法統一信行に五回参加した檀信徒の方々に対して宗務所より表彰が行われた。
開会式後、青年部による唱題行が行われた。管内の檀信徒が一堂に集まり、お題目を一心に唱えることができ堂内に響き渡った。
その後、奥田正叡上人(京都市常照寺住職)を講師に迎え、「お題目が一番」と題して講演をしていただいた。お釈迦さまの生涯から始まり、お題目信仰の基本である「以信代慧」信じることが智慧に代わること。すなはち、お題目信仰は「信じる」ことから入るという、日蓮聖人の教えを話された。スクリーンを交えての丁寧な解説、唱題行を行った後の講演でもあり、お題目の大切さを改めて感じるひと時であった。
講演後は、石倉敬之上人を導師に法要が厳修された。
最後に、宗務所長より檀信徒に対して、一言お礼の言葉をいただき、平成29年度護法統一信行会を締めくくった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07