全国の通信記事

2018年10月12日号

愛媛 東予万灯講・池上お会式万灯奉納

愛媛181112①【愛媛】愛媛東予万灯講の僧侶、檀信徒、総勢26名が10月12日に東京池上本門寺で行われるお会式万灯行列練供養に参加し、日蓮聖人の第737遠忌報恩の万灯を奉納した。
今回も万灯行列中、お題目旗のついている万灯を先頭に、異体同心の気持ちで楽しみながら、まといを振って太鼓や鐘をリズムよく打ち鳴らした。
同万灯講は、愛媛県西条市妙昌寺(千秀朗住職)、四国中央市経王寺(八竹光一住職)、西条市本妙寺(村口泰慈住職)、今治市法徳寺(太田智健住職)の僧侶や檀信徒で構成されており、平成9年から毎年、日蓮聖人のご命日には身延山久遠寺、池上本門寺のどちらかに万灯講として参加しており、今年で21年目を迎えた。また各寺院のお会式の行事にも、万灯行列の練供養を行っている。
今年つけたタスキは、表に「愛媛東予万燈講」と書き、日蓮大聖人ご降誕750 年に誕生寺に愛媛県からお参りした時に使用したタスキを2 本で1 本に仕立て直したものをつけた。
最後に大坊前のお会式桜の咲いている桜の花を見て、「今回もありがとうございました。また来年もお願いします。」など、話を交わし、解散した。

愛媛 今治市法華寺で秘仏公開

DSC_1038【愛媛】10月12日から14日の3日間、法華寺(愛媛県今治市中浜町4丁目118番地)讃岐英昌住職は、法華寺秘仏の公開を行った。
江戸初期の日像菩薩像、戦国時代頃の天女形鬼子母尊神像や日展会員である宮崎辰児氏の毘沙門天王像など、法華寺秘仏の現在のお姿や歴史的特徴などをお寺のお参された方や取材に来た新聞記者・市の学芸員の方々に、讃岐師が丁寧に説明された。
この公開に到った経緯は、大事な仏像などの文化財をなんとか「後世に語り伝えたい」という気持ちからである。それには、デジタルアーカイブ化を進めていく必要性があり、機材の購入の為、クラウドファンディングという手段をとった。クラウドファンディングは、賛同者・支援者を募り、プロジェクトを進めていくこと。今回の公開は、そのクラウドファンディングの目標金額の達成を記念して行われたものだ。
讃岐師は、このデジタルアーカイブ化をしたいと思った一番の理由は、「日本全国どこにお寺があっても被災から逃れることができない」という強い思いだ。
今後起こる可能性の高い南海トラフ地震に備えて、今何ができるかを考えたとき、画像での保存を思いついた。寺院の持つ公益性は、信仰・礼拝と共に仏像や寺宝など文化財の継承もふくまれる。
今後について讃岐師は「クラウドファンディングで支援を募ったので、法華寺だけで
なく愛媛県内寺院にも機材を活用してもらい多くの画像データを蓄積し、愛媛県教師の
会と教化センターの協力を得て、日蓮聖人ご降誕800年を記念して2021年、愛媛県美術
館での特別展示をしたい」と計画している。これは、画像データ収集で終わることなく
、これを活用し、仏教に興味を持ってもらい、より多くの人にご縁をつないでほしいという想いからだ。
今回の秘仏の公開にあたって、仏像の他にも身延久遠寺第27世日慈雲院日新上人の大曼荼羅御本尊や今治藩の船の往来手形・今治の画家である矢野橋村の絵画なども展示されていた。

2018年10月5日号

愛媛 教師の会が研修会

DSC_0947【愛媛】10月5日、松山コミュニティセンター(愛媛県松山市湊町7丁目5番地)で、愛媛県教師の会、讃岐英昌会長(今治法華寺住職)は、「言葉の持つ力」について研修会を行い、管内または四国の僧侶30名が参加した。講師は、昨年と同様、言の葉研究所の所長でもあり、京都市蓮久寺の住職も勤められている三木大雲師を迎え、日常的に溢れかえっている言葉について、その持っている性質や使い方などを学んだ。
言葉とは、人を説得し、行動させることが出来る力があり、他人の命を奪ったり、与えたりも出来ることを学んだ。内容は、昨年と重複するところがあったが、昨年の反響が大きく、昨年と同じ内容でもさらに理解が深まるような研修であった。
三木大雲師は、マスメディアで「怪談説法」をしていることで有名。「怪談はただ怖いだけですけど、そこからお経の話をして若い人たちに少しでも仏教を聞いてもらうという風なことを心がけている。」と、三木大雲師はいう。
今回、学んだことを踏まえ、より分かりやすく、誤解のないように今後の法話などに役立ていきたい。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07