全国の通信記事

2019年6月30日号

愛媛 松山市正念寺で本葬儀と入寺式

愛媛190704①【愛媛】松山市正念寺で第24世山下泰温上人の本葬儀および第25世宮澤圭典師の入寺報告式が6月30日に営まれ、松山門中会・愛媛県管内寺院などの有縁の僧侶ならびに檀信徒約200人が参列した。
13時から、雨上がりの空のもと本堂にて松山市大法寺御院首の関谷泰教師御導師のもと、第24世山下泰温上人(遠持院日秀上人)の本葬儀が行われた。山下上人は、大法寺第29世遠明院日詮上人に師事得度、その後信行道場、大荒行堂と幾多の修行を重ねられ、昭和25年妙宣寺、昭和42年瑞応寺、昭和60年正念寺の住職を経て、檀信徒の教化に精進された。宗内においては修法師会長、布教師会長、社会教導師会長、護法担当事務長の重責を全うし、宗外においても保護司、教戒師、交通安全協会役員など、数多くの役職を受けられ社会に貢献されている。式中、参列した檀信徒が生前の山下泰温師を偲び、静かに掌を合わせていた。本年5月15日遷化。世寿94歳。
入寺報告式では、正念寺檀信徒筆頭総代の今廣勝彦氏から招請の儀、愛媛県宗務所長の清家静元師から辞令伝達、正干与である瑞応寺御山主の川井邦正師から新住職である宮澤師に法灯継承の払子が授与された。祝辞では、上行寺御山主川井泰誠師が「どうか檀信徒の皆様と一緒に笑顔で此の岸より彼の岸へ渡っていける人生を送っていけるようご精進、よろしくお願い致します。」と述べた。最後の謝辞にて新住職の宮澤師から「今後、正念寺を開かれたみんなのお寺にしていきたい。祖父の山下泰温師が支えてくれたこの正念寺をさらに盛り立てて頑張っていきたいと思いますので、今後ともご指導ご鞭撻、ご協力の方をよろしくお願い致します。」と、新たな決意を力強く述べていた。

2019年6月21日号

愛媛 寺宝を記録に遺す取り組み

DSC_2079【愛媛】愛媛県教化センターの讃岐英昌師(今治法華寺住職)は6月21日、ご尊像の記録のため、ご宝前から一体一体降ろし、丁寧にススを払い、写真を撮影した。
撮影は、今回から行ってのではなく、クラウドファンディングで購入したカメラを使用し(http://news-nichiren.jp/2018/10/12/21005/)、今までも何度か行ってきた。記録は、正面、左右、背面の4面から撮影した後、一体一体の寸法を測っていった。讃岐師は、これも近年、地震や水害・火災、または盗難などの被害はどこにでも起こりうるというリスクがあり、安全な場所はないと危機感があるからだという。
特に地方寺院では寺宝などの資料は元々少なく、失ってからでは、復元や修復は難しい。後世に残せる資料という観点からも、今後、記録を残すという対策をしていかないといけないと考えている。
今後、愛媛県各寺院に安置しているご尊像や軸、額などの寺宝も記録したいと話した。

2019年4月16日号

愛媛 降誕八百年慶讃四国四県管区合同大法要 

愛媛190509 (3)【愛媛】四国四県宗務所は、4月16日、日蓮大聖人のご生誕の地である大本山小湊誕生寺祖師堂にて、宗祖日蓮大聖人ご降誕800年慶讃四国四県管区行事として、合同大法要を盛大に営んだ。
この合同大法要は、誕生寺貫首石川日命猊下より委嘱を受けた渡邊泰秀高知県宗務所長が大導師を勤め、石倉敬之香川県宗務所長、佐伯明彦徳島県宗務所長、清家静元愛媛県宗務所長、橋田文妙四国選出宗会議員を副導師に仰ぎ、四国四県管内出仕のもと厳修された。
はじめに常不軽菩薩品24文字の偈の拝読、その後、読経中に散華行堂並びに焼香を行った。
その後、徳島県代表の石川忠幸氏、高知県代表の瀬戸いずみ氏、愛媛県代表の宮本ゆみ氏、香川県代表の南原房雄氏が蘇生の誓いとして「謹んで久遠のお釈迦さまと誕生寺蘇生願満高祖日蓮大聖人の御霊にお誓い申し上げます。私たちは大聖人ご降誕800年を迎え、千載一遇のご縁のもと、ここに聖地を尋ねさせていただき、感謝しております。以後、自らを顧み、よく地湧の菩薩としての自覚に立ち、仏さまのみ心、お祖師さまのみ心に叶うよう、
社会の蘇生を祈り、心ひとつにしてお題目を唱え、弘めていくことに精進していきます。」と、お誓いした。
また大導師より「日蓮大聖人に報恩感謝の気持ちを届けるため、南無妙法蓮華経のお題目を声に出さず、心の中でお唱えいたします。みなさまお一人お一人が日蓮大聖人に対する感謝のお題目を心の中で唱えてください。」
というと?子が1打。そして静寂の後、導師の磬が打たれると、一斉に僧俗一体となる南無妙法蓮華経のお題目が堂内に響き渡った。
最後に誕生寺貫首石川日命猊下より「ご遠方からご参拝をいただきまして、厚く御礼を申し上げます。ご承知のように当山は、日蓮大聖人のご生誕の地でございます。まさにここでお生まれになり、そしてここで育ち、ここであの尊い教えというものをお説きになり始めたわけでございます。どうぞ一つ大事にお題目と共に皆さまも長生きし、そして次の方をまたみなさまがお育ていただけるようにこれからもお努めいただきたい次第でございます。」
と、挨拶をされ、合同大法要が閉式された。
大法要後に、団参に参加された檀信徒は、宝物館の拝観や縁起説明に耳を傾け、ご生誕の地である誕生寺や日蓮聖人のご生涯を鑑みていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07