全国の通信記事

2021年5月26日号

全国親師法縁中四国ブロック広島大会

image3【広島】広島県福山市宗門史跡常國寺(濱田壽教住職)に於て、五月二十六日、第六十四回となる全国親師法縁大会が開催された。親師法縁とは、室町時代に活躍された久遠成院日親上人を縁祖と仰ぎ、法縁の寺院は全国に約七百ヶ寺ある。大会当日は、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、他県からの参加を中止し、広島県内の教師・二十名が検温・消毒・マスク着用等の感染防止対策を徹底して法要が奉修された。

『報恩法要』では、全国親師法縁縁頭・京都本山本法寺貫首瀬川日照猊下より、事前に録音された勧請・回向・祈願・挨拶文が流され、縁祖日親上人を始め先師に報恩の誠が捧げられ、併せて新型コロナウイルス収束祈願が成された。また、法要の導師を勤めた常國寺住職濱田壽教師によって、全国より寄せられた多くの塔婆供養の読み上げが成された。来年の大会は、山梨県身延山岸之坊で開催される予定である。

2021年4月11日号

広島 圓隆寺入退寺法統継承奉告式

341【広島】令和3年4月11日(日)、広島市圓隆寺にて澄み渡る青空のもと、新型コロナウイルス感染症の感染予防を施し、近隣寺院及び圓隆寺檀信徒が参列し、法統継承奉告式が行われた。

第19世 中谷本耀上人から第20世 中谷康韻上人へ、払子の授与と圓隆寺大祭祭司の証である宝剣が授与され、法燈が継承された。

式中の挨拶の中で、前住職 中谷本耀上人は、「組織は常に生まれ変わっていかなくてはならない、若い世代に託したい」と話し、新住職 中谷康韻上人は、「これからも前住職には引き続き、圓隆寺を見守っていただき、この仏縁に感謝し、圓隆寺からお題目の輪を広げたい」と話した。

2021年1月28日号

広島 「幻燈繰り弁」を動画収録

広島210128【広島】およそ百年前の大正十一年、日蓮聖人生誕七百年を記念して「龍口法難」のスライド劇が制作された。制作したのは広島市本覺寺内にあった立正幻画會という組織で、ガラス板に彩色した日蓮聖人一代記を描き、幻灯機でスクリーンに投影する手法を用い、僧侶が説法をするという意欲的な取り組みであった。
立正幻画會の活動は、全国の日蓮宗寺院から注目され、今回紹介する「龍口法難」は人気演目になったと伝わっている。
聖人生誕八百年の節目にあたり、繰り弁士、山口慈明師(福山市顕応寺住職)を尾道市妙宣寺に迎え、スクリーンに投影された百年前の幻燈に「繰り弁」(日蓮聖人一代記を講談調に語る法話)を重ね、「幻燈繰り弁」として動画収録した。
本動画は、パソコンやスマート
フォンからご視聴いただけます。
視聴方法
youtube検索画面から
「幻燈繰り弁」と検索

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07