全国の通信記事

2022年3月11日号

島根・3.11いのちといのりの日~災害復興支援法要行う

島根220318【島根】日蓮宗島根県宗務所が「いのちといのりの日~災害復興支援法要~」を3月11日に行った。会場は安来市本成寺(岡本亮啓住職)。災害殉難之霊位の供養、被災地復興祈願を、世情を鑑み檀信徒は参加せず、管内関係教師のみで執り行われた。コロナ禍による教師のみでの開催は3回目となった。この法要は東日本大震災の翌年から、日本各地の災害で亡くなった方の慰霊を行い、今年で11回目となる。また、管内寺院から集められた祈願回向料等約40万円は、ハタチ基金と日本赤十字に送られた。

2022年2月6日号

島根 鬼子母神像の開眼法要式

島根220225【島根】2月6日、松江市常教寺(坂本教暎住職)で「鬼子母神像の開眼法要式」が行われ、僧侶檀信徒約30名が参列した。この鬼子母神様は、山形県の仏像彫刻原田で造像されたもので、漆黒で総高140㎝(像高4尺・120㎝)管内一の大きさである。

坂本教暎師は、「宗祖ご降誕800年事業として平成29年から本堂庫裏の一部改装を進めていた中で、令和2年に国内で新型コロナウイルス感染症が流行した。感染症早期終息祈願と、檀信徒の新たな拠り所となっていただくよう鬼子母神様にお越しいただくことを発願した」と語った。

鬼子母神様が除幕されたとき、参列者はその威容に感嘆の声が漏れ、その後静かに合掌を続ける姿が印象的であった。檀信徒は、「お寺はもちろん、街の新しいシンボルになって欲しい」と語っていた。

2021年11月23日号

島根 雲南市成蓮寺で法灯継承式

島根220210(HPのみ)【島根】11月23日、雲南市大東町成蓮寺で「法灯継承式」が行われ、第30世の岡本亮啓師が代務住職を退任し、第31世に岡本亮泰師が新住職として法灯を継承した。

当日は僧侶檀信徒約30名が参列し、御会式法要が併せて行われた中、秋晴れの中練り行列を行った後、前住職から新住職へ払子が継承された。

新住職が、力強く奉告文を読み上げると参列者は一様に感銘を受けていた。岡本亮泰師は「檀信徒の皆様が護持してきたお寺の法燈を継承させていただくことの重みを感じています。寺門興隆のため精進致します」と就任挨拶をした。参列した檀信徒は「鎌倉の本山比企谷妙本寺で随身され、貴重な経験を積まれてきたと聞いています。檀信徒一同、喜びと期待をしています」と笑顔で語っていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07