全国の通信記事

2017年4月13日号

広島 福山市常國寺漸読千部会

広島170425【広島】福山市常國寺(濱田壽教住職)の漸読千部会が四月十三日から十七日まで同寺で営まれ、県内外の僧侶のべ八十人が出仕した。
この千部会は明治十二年から続く行事で毎年四月の中旬に五日間行われる。
昨年の熊本震災からちょうど一年になる十四日には物故者の追善供養、東日本大震災第七回忌回向がなされた。
また四日目の「天童音楽法要」には、日蓮宗新聞社のキャラクター「こぞうくん」と小学校新一、二年生二十人の天童が出仕して華を添えた。千部会会期中は多くの参拝者と子どもたちで賑わい、天童を務めた子の保護者は「子どもがお願いごとを書いた絵馬を読み上げていただき、うれしそうでした。いい思い出になったと思います」と笑顔で語った。

2017年4月12日号

山口 お寺でホームステイ

山口170412①【山口】山陽小野田市妙徳寺(荒川英良住職)に南フランスからの交換留学生レナ・クレルカンさん(17)がホームステイし、同市にあるザビエル高等学校に通学している。
笑顔が素敵で知的なレナさんは、文化の違いに戸惑うこともあったが、周囲の温かいサポートで充実した日本での学校生活を送っている。「漢字は難しいが、いろいろな人から優しく教わっています。とても楽しい」と完璧な日本語で話す。お寺での生活については「違和感はない。日本語はフランスの高校でも学びました。お寺には来客者が多く、皆さんが話しかけてくれます。お寺の行事にも参加しました。とても楽しかったです」と言う。妙徳寺では「寒行」「節分祭」などに参加し、お寺ならでは体験もした。正月には着物を着付けてもらい日本の文化にも触れた。
ホームステイは7月末まで。その後は南フランスに帰り、大学の医学部で学ぶ予定。「日本での経験を活かして頑張りたい」ととびきりの笑顔で語ってくれた。

2017年3月12日号

愛媛 西条市妙昌寺涅槃会

愛媛170315 (5)【愛媛】三月十二日愛媛県妙昌寺(愛媛県西条市東町二三〇)において涅槃会が営まれ、県内僧侶十五名と檀信徒約百五十人で釈迦牟尼世尊に法味を献げた。
法要では読経の後、立正安国世界平和を祈念する修法が行われ、さらに千秀朗住職による檀信徒の方々の卒塔婆供養等の読み上げ回向がなされた。
今回の法要に際して、檀信徒が書写してきたお題目の功徳を本年第七回忌にあたる東日本大震災およびお涅槃会を迎える全ての御霊に捧げられた。一時間半の法要の後、檀信徒はそれぞれ卒塔婆を手にして釈迦牟尼世尊と先祖の霊、世界中の生きとしいけるもの全てに供養を献げた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07