全国の通信記事

2017年5月24日号

岡山 第27回檀信徒研修道場

岡山170526①【岡山】宗務所(大野玄秀所長)は5月24日、和気町實成寺(若佐ぎ臣住職)にて第27回檀信徒研修道場が開催され、会場寺院を含む東備組寺11ヶ寺の檀信徒53名が参加し研修を行った。
開講式・写真撮影の後、妙國寺平野泰真住職指導のもとお経練習、引き続き小倉より浄泉寺渡邊晃司副住職を招いて『お題目で磨く、心の鏡』と題した法話を聞いた。
渡邊師は近所の子供との会話の中で気付いた事柄を分かりやすく話し、その実体験の中で日蓮聖人の手紙を引用して『もし自身の中の鏡に曇りがあれば物事を正しく捉えれなく、迷いが生じて苦しんでしまう。しかしその鏡を磨けば綺麗になり苦しみから解放される。その心の鏡の磨き方こそがお題目をお唱えする事ですよ。』と話した。
昼食後、レクリエーションで軽く体をほぐし、両金聖淑師の指導のもと大黒様の写仏を行い、各々修了証と共にお土産に持ち帰った。

2017年5月21日号

神奈川2 心のやすらぎコンサート

【神奈川2】鎌倉市薬王寺(大埜慈誠住職)で五月二十一日、『心のやすらぎコンサート』が、当山の第七二四回開山会にあわせて開催され、檀信徒含め約九十名が参列した。
このコンサートは、薬王寺を地域に根ざした開かれた寺にしていきたいという願いから大埜住職が始め、今年で十一回目となる。
災害慰霊法要、大埜住職の「カルト宗教」に対する注意喚起の話の後、津軽三味線日本屈指の奏者、柴田雅人氏と匹田大智氏が津軽じょんがら節やオリジナル曲を披露した。
演奏がはじまるやいなや、想像を裏切る音色の多彩さと激しさに、堂内は拍手が鳴り止まない程の興奮に包まれ、津軽三味線の歴史や弾き方などの説明に、聴衆は興味津々に聞き入った。
大埜住職は、「お寺は皆さんが元気になって帰られる所です。津軽三味線の力強い音色を胸に、元気にお過ごしを」と話した。         (藤田是光通信員)

兵庫北 檀信徒協議会総会と研修会

兵北170522 (1)【兵庫北】宗務所(宮﨑英一宗務所長)は5月21日、檀信徒協議会(宿南登会長)との合同総会と、教師・寺庭婦人・総代リーダー研修会を豊岡市出石町本高寺(宮﨑英一住職)で開催した。
午前10時より本堂で法味言上の後、宗務所・壇信徒協議会合同総会が書院で開催され、僧侶・総代合わせて37人が出席し、前年度の事業活動および会計の決算報告と、今年度の会計予算・事業計画等、議題にそって協議を行った。
その後、昼食を挟んで午後1時30分から、佐藤光昶師(兵庫県明石市妙立寺住職)の「・・・つもり違い」 ?立正安国論お題目結縁運動? と題して講演が行われ、僧侶・寺庭婦人・総代合わせて90人が参加した。
講演では、「高いつもりで低いのは?」「答えは教養。教養とは品位・品格を伴う知識であって、知識をひけらかせて自慢する物ではない」などの10の質問とその答えが書かれた資料を使って、「日常の自分たちの行動は、実はしているつもりであって実際にはそれとは違うことをしている」と説明された。また「お寺の本堂にお参りし、法華経を読み、お題目を唱えて、お釈迦様・日蓮聖人と対峙して自分を見つめ、自分の心に問いただし、・・・のつもりや違いがないか反省すること」そして、「講演等で良い話を聴いたなら、それを他の人に伝えるのが大切である」と説明され、参加者はメモを取りながら熱心に講演を聴いていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07