全国の通信記事

2017年3月10日号

愛媛 東日本大震災慰霊復興祈願行脚

愛媛170313 (3)【愛媛】愛媛県教師の会は、愛媛県にて三月十日、管内また四国の有志約二十人の若手僧侶が集い、犠牲になった方々の慰霊と早期復興を祈願するために「東日本大震災慰霊復興祈願行脚」が行われた。
午後一時半に松山市中心繁華街を出発し、アーケードの中を太鼓の音を響かせ題目の声勇ましく、松山市法華寺(中臣泰斎住職)までの約四kmの道を唱題行脚をした。道中では、こぞうくんと共に、教箋二百部を配布した。
代表の讃岐英昌上人は「大地震を直接経験していない四国でも、風化させてはいけないことして多くの方にその想いを伝えることができた行脚でした」と挨拶した。

福島 東日本大震災第七回忌慰霊復興行脚

福島170323b (2)【福島】 平成29年3月10日、福島県いわき市小名浜において、福島県日蓮宗青年会(大和田晃生会長)主催、全国日蓮宗青年会(藤井教祥会長)共催の下、管内並びに全日青有縁の多数の青年僧の参加を頂き東日本大震災第七回忌慰霊復興行脚が行われた。
当日は天気や気候に恵まれ、総勢60名近い参加者や安立寺檀信徒の方々と共に安立寺(瀬戸文教住職)御宝前にて一読。その後、安立寺から「いわきららみゅう」に設営された祭壇前までの道則を1時間程行脚した。
震災が発生した午後2時46分に合わせ、多くの犠牲となった方々へ黙祷を捧げ、その後に一読し震災物故者の追善と被災地の復興を祈念した。
行脚中は多くの方が足を止め、中には手を合わせて下さる方もいた。また、祭壇前にて一読している際にもその場に居合わせた一般の方々が共に手を合わせ、震災物故者への慰霊の想いを同じくした。
震災より6年の歳月が立ち徐々に復興も進んで来ているが、震災物故者への慰霊の想いを新たにし、また、多くの方がそう言った行いに対して手を合わせて下さることの意義を考えなければならないと感じた、

2017年1月30日号

大阪市 青年会が寒行

大阪170302c①【大阪市】一月三十日(月)、大阪日青会(藤田恵玄会長)による寒中唱題行脚が、東大阪市 寶樹寺(和田龍政住職)を基点として行われた。
当日は、午前中から雨模様であったが、行脚が始まる頃には雨は止み、河内小阪駅周辺を団扇太鼓の音にのせ力強いお題目の声が響き渡った。
寒空の下、市街地を練り歩く青年僧に対して、沿道では写真を撮る人や手を合わせる人の姿も見られ、寶樹寺到着後には、報恩回向も手向けられた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07