全国の通信記事

2017年9月13日号

千葉西 3組寺院護法統一信行会

千西170925①【千葉西】3組寺院19ヵ寺は「お祖師様四大法難の足跡を巡って」をテーマに護法統一信行会を藤沢市本山龍口寺(本間日恩貫首)などで行い、檀信徒38人が参加した。平成33年に龍口法難750年の節目を迎える龍口寺での開催は意義深く、御開帳を受けた後、本間貫首の法話を聞いた。その後、鎌倉市に移動し、鶴岡八幡宮を参拝して市内を観光した。

2017年9月4日号

群馬 檀信徒協議会総会と研修道場

群馬170906 (1)【群馬】9月4日月曜日、群馬県本城寺に於いて群馬県檀信徒協議会総会と群馬県檀信徒研修道場が開催された。
檀信徒協議会総会においては本城寺住職・田村照明僧正の挨拶の後、吉田一男会長から宗祖降誕800年アジア国際布教拠点記念大会の報告や決算報告が行われた。
その後、群馬県檀信徒研修道場が行われた。研修道場では群馬県藤岡市天龍寺院首である小野文珖師を講師として招き、法華経についての講義を頂いた後、先師法要、写経行、唱題行と盛り沢山の研修が行われた。32名の参加者全員が真剣に取り組み、非常に有意義な研修となった。

2017年9月3日号

北海道南 第2地区・第37回信行結集大会

宗門運動1710①【北海道南】「お題目で繋がる安心」をテーマに北海道南部第2地区の第37回信行結集大会が9月3日、知内町国本寺(金森一眞住職)で同寺の本堂落慶奉告式と合わせて開催された。
国本寺では、平成22年に新本堂建立に向けて護持会を結成。24年に建設委員会を立ち上げて事業を進めてきた。そして昨年8月、庫裡の完成後に地鎮式、今年の2月に完成した。金森住職は、同13年、体調を崩していた大坪敏郎住職を補佐し、毎日のように約140㌔離れた北檜山町の妙源結社から片道2時間かけて同寺に通い続け、同寺の檀信徒との絆を深めてきた。15年7月、大坪師の遷化に伴い、同寺第4世を継承し、本堂の改修を志した。地域の過疎化・檀信徒の高齢化が進むなかでの厳しい事業だったが、金森住職の熱意と檀信徒の篤い思いがひとつになって落慶の日を迎えた。
大会では、浅野本陽副地区長、土屋大乗宗務所長、上田道博檀信徒協議会長が、それぞれ落慶の祝いとお題目信仰の大切さを話し、来年の宗祖降誕八百年慶讃管区大会に向けての協力と参加を促した。その後、会場を移し、岡観要師(福島町妙蓮寺住職)の記念講話「みんなのためにお題目!!」を聴き、最後は「エンカサイズ」と銘打った地元出身の演歌の大御所・北島三郎の歌に合わせて体操を楽しみ、心身ともにリラックスして大会を終えた。金森住職は謝辞で「開山上人が種をまき、2世上人が根を張り、3世上人がしっかりと幹を作りあげ、今こうして花咲いた。これからは実を結べるようがんばりたい」と述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07