全国の通信記事

2018年7月10日号

大阪豊能 立正身延会移動研修

豊能180719【大阪豊能】 身延山檀信徒研修道場修了者を中心に組織される豊能立正身延会(那須弘会長)の年に1度の移動研修が、7月10日に行われ、僧侶檀信徒59人が本松寺(釋孝修住職)に参拝した。
法味言上では西日本豪雨災害物故者の追善と被災地早期復興を祈願した。
その後、釋住職から縁起や境内整備の経緯の説明を受けた。
本松寺は、慶長元年(1596年)、秀吉の家臣藤井勝介の寄進で、明石川の西南、船上城下に創立。
元和3年(1617年)将軍秀忠の命で明石城を築城、船上城は廃された。これに伴い町の中心が明石へ移動し、元禄14年(1701年)当寺は現在の地へ移転した。
平成7年、阪神淡路大震災により大きな被害を受けたが、檀信徒の協力を得て平成9年に本堂を改修、平成14年には庫裏の改築を行い現在に至っている。
また境内には宮本武蔵作と伝えられている枯池式枯山水の庭園があり、参加者からは「研修のおかげで、いいものを見せていただくことができた」と感嘆の声があがった
午後は、明石市各所を巡り、名所や特産を堪能し、参加者は家族へのお土産を手に帰途に就いた。

2018年7月5日号

山口 第46回護法統一信行会

山口180801【山口】宗務所は第46回護法統一信行会を7月5日、山口市で開き檀信徒ら役200人が参加した。法華和讃奉詠と法要を営み、昼食時には寺庭婦人会によるバザーが行われた。その後、讃岐大玄師が「命さん ありがとう」と題して講演を行った。讃岐師は「一杯のかけそば」や祖伝を組み込みながら「親からいただいた命、子へとつながる命を大切にしていきることは素晴らしい」といのちの大切さを説いた。参加者から「よい勉強ができた。話はわかりやすく、たくさんの人とお題目をお唱えできうれしかった。来年も参加したい」といった声が聞けた。

2018年6月30日号

大分 第5回大人の寺子屋

大分180718④【大分】第5回大人の寺子屋を6月30日、別府市本光寺にて開催した。県内より約60名の檀信徒が集まった。10時15分より開講式が行われ、日青会会長の挨拶では「今回のテーマである『誕生』~私の歩んだ道~日蓮聖人の歩んだ道を知り、そして、私達が今まで歩んだ道・軌跡を振り返って下さい」と話した。
午前中は檀信徒を4つのグループに分け座談会行い、座長が1人1人に人生や思い出を話して頂いた。午後からは『仏教ぶらり聞き歩き』では青年僧が日蓮聖人の歩み、仏事作法、写経、御首題帳等のブースを作り、檀信徒に気になるブースを回ってもらった。
最後に自身の思い出、楽しみ、悩み、家族や大切な人へ伝えたい事など、また、家系図を作ったりして、未来へとつなぐ「自分史」作成をして貰った。
参加者した檀信徒から「新鮮なテーマで楽しかった」や「聞きやすくて勉強になり、面白くて楽しかったです」等の声が聞けた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07