全国の通信記事

2017年11月11日号

山梨3 第3回護法統一信行会

山三171114 (2)hp用【山梨3】11月11日、南アルプス市西南湖(西 淳伸住職)を会場に山梨県第3部宗務所(岡本正富所長)・第3部檀信徒協議会(石川俊幸会長)共催『平成29年度・第3回 護法統一信行会』が開催された。
この護法統一信行会は毎年9月から11月までの3ヶ月間、管内寺院を会場に毎月1回行われている。
今年度3回目の開催となった今回は、組寺院の檀信徒を中心に僧俗合わせて90名の参加者が集まり、開式にあたり岡本宗務所長より挨拶があり、「11月11日は、お祖師様が千葉県小松原に於いて法難に遭われた日になります。今日この日に統一信行会が行われるにあたって、皆様にはお題目をしっかりお唱えして頂き、お祖師様の供養も兼ね、信仰心を養っていただきたい」と述べられ、続いて石川俊幸会長より挨拶があり、「先日の山静教区大会に参加し、僧俗約1000人の参加者が集い、大変壮大な法要が営まれ、法主猊下より、私達檀信徒に向けお言葉を頂戴しとても感銘を受けた。これからの日蓮宗、この第3部管区を皆様のご協力を頂きながら、自分達の信仰心と共に盛り上げて行きましょう」と力強く述べた。法要は「たちばな和讃会」(秋山京子会長)の会員代表の20名が出仕し、法華和讃奉詠で幕を開けると、本乗寺西住職を導師に法要が営まれた。
法要後、西住職は「本乗寺への沢山の方々の御参詣、統一信行会への参加、協力を戴きありがとうございました。」と御礼を述べ本乗寺の縁起の説明も兼ね挨拶した。
続いて布教師会会員の石川顗鳳師の法話が行われ、石川師は法話の中で、鴨長明の方丈記の一文を引用し、「この無常世界の中で生きている私達は、今の混沌とした政治や、目まぐるしく変化をしていく世の中に振り回されている。良い時もあれば悪い時もある。わかっていることだけれども、いざその場に立ち会うと、一喜一憂してしまっている自分達が居る。ですから常に自分を磨き、常に自分を省みながら生活する事が大事なのだ。今が裕福(陽)であれば注意を怠らず、今が貧困(陰)であればそれが永遠に続くことは無い。何よりも強い心が大事で、その心を養う為にお題目が必要なのだ。私達は折角お題目の結縁を頂いているのであるから、しっかりとお題目に寄り添って、自身の心をより強く養い、お題目の力を感じてほしい」と法話を閉じた。
石川師の思いを込めた法話を聞いた参加者は「身近なところから見つめなおしていきたい。自分達に出来るところはしっかりと正していきたい。」と感想を述べた。
今年度の統一信行会も3回の開催を通して多くの義援金が寄せられた。この多くの参加者の志は、各地の天災被災地の復興の為に寄付されることになる。

2017年11月4日号

青森 檀信徒研修道場

青森171107 (1)hp用 【青森】青森県宗務所(秋田堯瑛所長)主催の檀信徒研修道場が11月4、5日、鰺ヶ沢町ホテルグランメール山海荘で開催され、約60人の檀信徒僧侶が参加した。
初日の講義は、日蓮宗常任布教師で鰺ヶ沢町永昌寺住職の田端義宏師が『青少幼年教化と信仰の相続』と題して行った。人間が他の動物と違うのは宗教心を持っていることであり、鬼になるも仏になるも同じ人間なのだから、仏づくりのために人間づくりを進めていかなければならないと説明。より良い国づくりのためには信仰を次世代に伝える環境作りが大事と結んだ。
最終日の第1講は、tovo代表の小山田和正師(五所川原市法永寺副住職)が『東日本大震災津波遺児チャリティの視線から…第七回忌を迎えて』と題して講演を行った。2011年6月から10年の活動期間を目標に立ち上げた同団体の設立の経緯や、チャリティを行う上での体験談などを細やかに説明した。同団体がチャリティグッズ販売などを通して行った寄付の総額は、本年10月23日現在で5,708,704円に上る。
第2講は青森県宗務所副長の工藤清文師が書写行について説明し、欲令衆を書写する実践修行に入った。閉講式では秋田堯瑛所長が、平成32年に青森市蓮華寺を会場に開催される降誕800年記念教区法要に向けて、より一層の精進を重ねて欲しいと挨拶して締めくくった。
板柳町長延寺から参加した工藤ミツさんは「最近の悲惨な事件や出来事を見ていると、宗教的な教育がとても大事だと思った。家族と一緒に手を合わせて、信仰の大切さを伝えていきたい」と話していた。

2017年11月3日号

千葉西 護法統一信行会

千西171110b④【千葉西】市原地区・4組5組寺院連合主催による護法統一信行会が11月3日、市原市福増・本念寺(石川央樹住職)を会場に日蓮聖人第736遠忌報恩お会式法要が開催され、僧侶、檀信徒60人が参加した。
法要は、石川住職を導師に営まれ、林信次総代が「家庭内で信仰を受け継がせ、菩提寺を盛り立てます。さらには全世界が恒久平和であるよう立正安国の実現に努力して参ります」と力強く誓いの言葉を述べた。
次いで布教師会長である高鍋隆盛師(市原市妙蔵寺内)が「日蓮聖人のご遺文に「功徳を回向するを上品とす」とあるように自分だけではなくて次世代に継承すること。物事は、あって当たり前ではなく、忘れてはいけないのは「恩に報いる」ことである」と語った。
参加者からは、「ゆっくり大きな声で聞きやすかった。今までは、自分の願いばかり祈っていたので、今後は、お寺や住職、地域のために祈りを捧げていこうと思う」と言った声が聞かれた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07