全国の通信記事

2019年10月6日号

兵庫北・但馬信行会

兵北191008 (3)【兵庫北】宗務所主催の但馬信行会が10月6日、新温泉町栄福寺で開催され、檀信徒ら170人が参加した。法要、「ご縁に感謝して」と題した佐竹英文師の法話、寺庭婦人会の宗歌・仏讃歌・和讃、宮﨑英朋師導師による唱題行が行われた。佐竹師は、落語の演目「持参金」を独自にアレンジして、お題目・法華経とのご縁は、身近なところで巡り廻っており、そのご縁に感謝して信行する大切さを説明した。参加者は、時には笑い、時には涙をぬぐいながら話しを聞いていた。

2019年10月3日号

山形 東北教区檀信徒研修道場

山形191010②【山形】令和元年度(第34回)東北教区檀信徒研修道場が令和元年10月3日(木)~4日(金)に開催された。一日目は山形市大宝寺を会場に、大宝寺住職新谷宝珠上人による「写経・常不軽菩薩品」を講題に講義並びに写経の実践、その後青森県永昌寺住職 田端義宏僧正による唱題行の理念と実践が行われた。はじめに常不軽菩薩品の二十四文字の経文を皆でお唱えし、但行礼拝の精神を学んだ後、檀信徒は皆真剣に写経に取り組んだ。次に唱題行の理念ということで、田端僧正が日蓮宗で唱えるお題目の尊さを分かりやすく説いて下さった。参加した檀信徒は深くうなずき、また時には笑い声が起きることから、聴聞者に寄り添りまた僧侶にとってもためになる有意義な講義であったと思う。実際の唱題行では、「正唱行」で参加した檀信徒約50名の唱えるお題目が堂内に響き渡った後、「深信行」で静寂の中唱題の実感を味わった。その後は二日目の会場である山形市ヒルズサンピア山形に移動し、懇親の席が設けられ、各県の檀信徒並びに僧侶が懇親を深めた。
二日目は、山形市ヒルズサンピア山形において、一日目に引き続き田端僧正による「東北教区大会・慶讃法要に向けての和讃研修」が行われた。実際に団扇太鼓を叩いての研修が行われ、慶讃法要にむけて良い研修になったと思う。
閉講式では、東北教区教区長日野教恵僧正より修了証の授与が行われ、一泊二日のすべての日程を終了した。各県一名ずつの代表者が前に出て、修了証を誇らしげに受け取る姿が印象的であった。

2019年9月29日号

京都2 立正安国・お題目結縁運動宗徒一日研修会

京二191004 (2)【京都2】宗務所(髙野寛義所長)・檀信徒協議会(向井義昶会長)主催の第67回立正安国・お題目結縁運動宗徒一日研修会が、9月29日、京丹後市峰山町、妙経寺(髙野寛義住職)で開催され、管内僧侶檀信徒合わせて約280人が参加した。
午前9時半に髙野寛義所長を導師に管内修法師出仕のもと国祷法要が営まれた。続いて本年は新間智孝師(神戸市妙法華院住職)を招き、講演が行われた。午前の部では「法が先か?仏が先か?」と題して僧侶2人の問答形式の講演で檀信徒が気になる質問を交えて行われた。午後の部では「お題目は酸っぱいのです」と題して法華題目鈔を用いてお題目を信仰するすばらしさの講義が行われた。「梅干を想像しただけで唾液がでるようにお題目も受持することでその功徳が得られる」とわかりやすく印象に残る話で、冗談も交えて終始和やかな雰囲気での講義であった。檀信徒からも「難しい話をわかりやすく聞けて勉強になった。来てよかった。」初めての檀信徒も「笑いもあり、楽しく講義を聞けた。また家族や友人を誘って来たい。」など嬉しい声もあった。続いて和三弦による津軽三味線と日本舞踊の清興が行われた。檀信徒は綺麗な舞と音色に体を揺らし、手拍子をして聞き入り清興を楽しんだ。最後に、髙野所長と向井檀協会長から管内事業の報告、会場の総代から謝辞が述べられ幕を閉じた。
研修会は有意義で檀信徒のより一層信仰を深める場であり、これからも1人でも多くの檀信徒の方に来て学び、喜んでもらえるよう続けていきたい。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07