全国の通信記事

2021年7月25日号

東京西 公開講座「御遺文で辿る日蓮聖人のご生涯」

東西210810②【東京西】八王子本立寺で7月25日、立正大学名誉教授中尾堯先生による公開講座「御遺文で辿る日蓮聖人のご生涯」が行われ、およそ30名が聴講した。元々長年に渡り別会場で開催されていたが、コロナ禍の影響で試行錯誤のうえ本立寺での開催となり、直接参加だけでなくオンラインでも聴講できるようになった。中尾先生の長年の研究成果を知ることができる貴重な機会となっている。今後も基本第4金曜日14時より開催予定。詳しくは東京西部教化センターホームページ、またはpeatixを確認。

2021年6月24日号

奈良 第三回統一信行会

奈良210625②【奈良】宗務所(木村泰存所長)は六月二十四日に奈良市蓮長寺(河田行隆住職)で、「第三回統一信行会」を開催し、約80名が参加した。「法華経の祈り」と題した法要には修法師会員が総出仕し、塔婆供養と、疫病退散などの祈りが捧げられた。また、奈良県宗務所では県内で活動する各会の活性化と参加者の教化を目的として、公開講座を行っているが、三回目となるこの日は修法師会が「祈祷修法について」という講演を行った。加行所の元副伝師である米虫是恭会長や、加行所を十回成満している米虫是浩副会長、水野弘関師が講演を行い、実体験を元に祈祷修法への思いを語った。

2021年6月13日号

静岡西 誕生寺所蔵の宗祖御幼像が出開帳

静西210621④【静岡西】静岡西部管区の小笠地区寺院統一信行会が六月十三日、掛川市文化会館シオーネ大ホールを会場にして開催された。最大六百人収容の大ホールで、コロナ感染対策のため客席間の距離をじゅうぶんに空ける、マスク着用と検温を行うなどの感染防止対策をとって、地区内各地域の寺院檀信徒約一三〇名が出席し本年の宗祖御降誕八○○年にあわせ、本山誕生寺所蔵の宗祖御幼像の出開帳が行われた。開会の挨拶で、中村宏人所長は本年がコロナ禍のなかで各種行事の開催が見合わされる中、地域が主体となって統一信行会を開催し、誕生寺所蔵の宗祖御幼像を地元で拝観できることをたたえた。慶讃法話の講師を務めた誕生寺の鈴木宇海師は今を生きる自分の「いのち」は、ただ偶然に与えられたものではなく、過去から今につながるさまざまな人々、いのちあってのものであること、法華経、日蓮聖人の教えによって永遠のいのちを感じることができる、信仰によってこそひらかれる「いのち」があることが説かれた。法要後には参加者が御幼像を間近に拝観できる時間が設けられた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07