全国の通信記事

2018年6月12日号

千葉西 護法統一信行

千西180615 (4)【千葉西】1組2組寺院連合は平成30年6月12日(火)、東身延藻原寺(茂原市・持田日勇貫首)にて護法統一信行を開催し、御遺文の朗読で全国行脚をされている嵐圭史氏を招き、「日蓮さまのお心を聴こう」と題して講談を行い組寺教師、寺族、檀信徒合わせて127名が参加した。開会に先立ち、午後1時20分に土井了真宗務所長(長生村・法輪寺住職)が挨拶し、千葉県西部管内全寺院(113寺院・結社)の日蓮宗新聞購読達成を報告した。続いて会場寺院の藻原寺総代安藤矗男氏による開式の辞が述べられ、午後1時30分に持田貫首を導師に日蓮大聖人報恩法要を厳修した。式中には参加者が書写した千葉県西部謹製御題目写経が同じく会場寺院の藻原寺総代鎗田泰夫によって奉納された。法要後の持田貫首による御親経の中で嵐圭史氏の活動を紹介し、「日蓮聖人のお言葉を聞いて心を豊かにして帰って下さい」と述べた。午後2時30分から講談がはじまり、700遠忌で行った日蓮劇でのエピソードを交えながら、御降誕から御入滅まで約1時間半、日蓮聖人や四條金吾など登場する御信者になりきって御遺文を朗読した。最後の御入滅の場面では日蓮劇の最終場面に思いを馳せ、午後4時に閉会した。

2018年6月3日号

千葉西 第3組寺院護法統一信行会

千西180621②千葉西】第3組寺院19ヵ寺は「お祖師様四大法難の足跡を巡って」をテーマに地区護法統一信行会を6月3日、鎌倉市内で開催し、檀信徒44人が参加した。本山本覺寺では永倉日侃貫首から御開帳と縁起の法話を受けた。次いでぼたもち寺で知られる常栄寺を参拝し、龍口法難にまつわる話しと縁起を聞いた。その後、日蓮聖人辻説法跡地を参拝した。

2018年5月27日号

兵庫北 宗務所・檀信徒協議会合同総会ほか

兵北180528 (1)【兵庫北】宗務所(宮﨑英一宗務所長)は5月27日、檀信徒協議会(宿南登会長)との合同総会と、教師・寺庭婦人・総代リーダー研修会を豊岡市出石町本高寺(宮﨑英一住職)で開催した。
午前10時より本堂で法味言上の後、宗務所・檀信徒協議会合同総会が書院で開催され、僧侶・総代合わせて39人が出席し、前年度の事業活動および会計の決算報告と、今年度の会計予算・事業計画等、議題にそって協議を行った。
その後、昼食を挟んで午後1時から、中紙賢孝師(滋賀県大津市本要寺住職)と守岡悟氏(京都府京田辺市法華寺菩薩団会長)(中紙賢孝師代務住職)の「僧侶と檀信徒」 ?力を合わせて二人三脚? と題して講演が行われ、僧侶・寺庭婦人・総代合わせて109人が参加した。
講演は、前半に中紙師、後半に守岡氏がそれぞれ講演を行い、僧侶と檀信徒というそれぞれ違った立場から、寺院での住職と檀信徒の関わりについて話され、閉鎖的であった法華寺が、檀家や地域に開放されたお寺となった現在に至るまでの様子を説明され、住職が檀信徒に気さくに接することで信頼関係が生まれ、檀信徒が積極的にお寺に集まり、そしてお寺の行事等に参加するようになり、「日蓮宗に信仰できて良かった。法華経に出会えてよかった」と心から感謝し「お寺を盛り上げていこう」と、現在の心中を守岡氏は語り、研修会の参加者はメモを取りながら熱心に講演を聴いていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07