全国の通信記事

2019年4月2日号

熊本・信行会でオリジナルお守り作成

熊本190419 (3)【熊本】城北組寺会は4月2日、山鹿市圓頓寺で輪番信行会を開催し、濵田義正宗務所長をはじめ組寺内の僧侶・檀信徒などが参加した。
信行会は毎年1回、組寺内の各寺を持ち回りに開かれているもので、今回で17回目。今回は昨年に引き続き参加者全員が約1時間にわたり、写仏を体験。開眼法要後に、それぞれが写仏用紙をお守り袋に納め、オリジナルのお守りを完成させた。

2019年3月31日号

大阪三島 檀信徒協議会研修参拝

三島190415b (1)【大阪三島】平成31年3月31日11時より、本行寺(山口雅大住職)において、檀信徒協議会研修参拝が開催された。
参加者は檀信徒が61人、教師が12人。今回、檀信徒協議会(梶村正俊会長)が、「普段、檀信徒が読むお経の意味が知りたい」という意向を示したところ、大阪府三島布教師会に所属する魚井啓誠上人が講師として選ばれた。日蓮宗の布教師会の高座説教を意識した所作を取り入れ、自作の散華を撒いた魚井師は、「法華経を読むという誇り」と題した1時間の講義を行ない、『妙法蓮華経』の方便品・自我偈の内容を解説した。魚井師は以前より、法華経を関西弁で訳すということを企画しており、今回はその企画の一端が見られた。研修参拝後、講師のもとに関西弁訳法華経の資料を求める檀信徒の姿が見られた。講義の後、近くの料理屋にて食事をとりながら、参加者全員を対象とした抽選会が開かれた。

愛媛 交通安全大祈祷会

愛媛190409 (4)【愛媛】3月31日、愛媛県今治市の法徳寺(太田智健住職、愛媛県今治市宮ケ崎甲609-1)を会場に、東予地区寺院の僧侶7名と約100余名の檀信徒が参加し、今年で第30回目の「交通安全大祈祷会」と「檀信徒信行の集い」が盛大に営まれた。
はじめに、お参りくださった僧侶・檀信徒は、お題目の写経・氏名・志される祈願、回向を書いた。
その後、依処となる法徳寺の太田師導師の元、世界平和一天四海皆帰妙法と交通安全などの諸願成就を祈念する祈祷を受けた。各寺院が持参した信仰旗をかかげ、僧侶・檀信徒の相続一体となり、堂内に読経の大きな声が響き渡った。
昼食後、参加者全員で「餅つき」を行い、信仰増進と普段、話すことが少ない他寺の檀信徒とのふれ愛で親睦を深めた。
最後に修了証を渡され、来年は四国中央市の経王寺での再会を誓い合って解散した。
太田師は挨拶の中で「餅つきはこねるのが8割、つくのが2割。親睦を深めるためにも今回、餅つきを企画しました。これからも楽しい信仰をして、粘りの強い信仰となるようにお祈りしております。」と、話した。
この行事は、愛媛県東予地区の各寺院持ち回りで今日30回目を迎え、異体同心の地涌の菩薩である近隣寺院の檀信徒が心をひとつにお題目を唱えるかけがえのない行事である。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07