全国の通信記事

2022年6月30日号

埼玉・寺檀協議会開催

埼玉220725 (2) 【埼玉】三芳町妙林寺(前田海意住職)で6月30日、令和4年度埼玉県寺檀協議会が行われ、僧侶檀信徒合わせて38人が出席した。午前10時半より、須加晃正宗務所長を導師に宗務所職員出仕のもと法味言上が行われた。毎年開催されてきた寺檀協議会であるが、コロナ禍のため2年間中止となっており、久しぶりの開催に須加宗務所長は「このように開催させていただき大変有難いことです。宗祖の悲願である立正安国に向けて我々僧侶が先頭を切るわけですが、檀信徒の支えと力をなくしては決して実現出来ません。宗祖750遠忌に向けて寺檀和融となって精進して参りましょう」と開催にあたり挨拶をした。引き続き、平柳清埼玉県檀信徒協議会会長、埼玉県・群馬県選出の松永慈弘宗会議員が挨拶をし、出席者への感謝を述べた。また、コロナ禍によりこれまで役員が一堂に会することが出来なかったため、昨年よりの新役員が紹介され、平柳会長が議長となり総会が始まった。はじめに全国檀信徒協議会の報告が伊藤光男氏より報告され、続いて昨年度の活動報告と決算報告、および今年度の活動計画と予算について報告され、それぞれ承認された。

昼食後、東松山市妙昌寺住職村井惇匡師を講師に迎え「いのちに合掌」と題し講演が行われ、皆が熱心に聞き入っていた。当講演は、埼玉県日蓮宗青年会のYouTubeでも特別公開されており、コロナ禍のため参列が叶わなかった檀信徒も学べるようになっている。

休憩の後、須加所長を導師に唱題行が行われ、参加者全員が一心に唱えるお題目の声が堂内に響き渡った。最後に会場寺院住職である前田海意師が挨拶をし、妙林寺の歴史とともに感謝を述べた。妙林寺はもともと昭和41年に和光市妙典寺の管理墓地として発足したのが始まりという。その後、宗祖700遠忌に合わせ五間四方の本堂を建立、昭和57年に妙林寺として独立し再出発した。その後、檀信徒の増加に伴い、今回協議会の会場ともなった最大450名が参列できる妙心殿を平成10年に建立。平成25年には350台収容の大駐車場も整備し現在に至る。前田師は「皆様方の菩提寺に比べたら当山はまだまだ産まれたばかりのようなお寺。このご縁を大切に次世代に立派な花が咲くよう今後も精進していかなければと思っております。宗門、また皆様の菩提寺の寺門興隆をご祈念申し上げます」と謝辞を述べ、終了となった。

2022年6月20日号

神奈川2 檀信徒協議会総会

神二220624①【神奈川2】6月20日午後2時30分より、「令和4年度檀信徒協議会総会」が横須賀市・大明寺(楠山泰道宗務所長)に於いて開催され、オンラインも含め40名が出席した。

楠山泰道宗務所長と岩瀬厚会長の挨拶の後、会長を議長とし、令和3年度事業報告と収支決算及び会計監査報告、令和4年度事業計画案と収支予算案について協議し原案通り承認された。

総会後に桂歌助師匠による降誕800年創作落語「江ノ島弁財天と龍ノ口」を鑑賞した。

2022年6月14日号

山梨3 檀信徒協議会総会・研修講演会

山三220628②HP【山梨3】檀信徒協議会(横内正孝会長)は6月14日、南アルプス市飯野「桃源文化会館」を会場に研修講演会を行った。

講演会前には、コロナ禍により中止されていた檀信徒協議会総会を、感染対策を取りながら3年ぶりに執り行われ、開会にあたっては横内正孝会長より「3年ぶりに行われる総会ですが、コロナ禍において各寺院1人のみの参加という限定条件でも、総会を行うことが出来ましたことは、お寺、檀信徒協議会としては喜ばしいことだと思う。

これからもwithコロナとして考え色々な事業を協力頂きながら行いたい」と挨拶を述べ、続いて当管区宗務所長岡本正富所長より「お寺の総代として住職と互いに協力し、互いに足りないところを補って、お寺の護持に努めて頂きたい」と挨拶を述べ、総会が開催された。

総会後の講演では、今年は山梨県日蓮宗第4部宗務所長で北杜市にある日本三大桜の「神代桜」で有名な実相寺住職松永直樹師が招かれ、各寺院総代45名出席の中、約1時間に亘って講演が行われた。

今回日蓮宗のスローガン『いのちに合掌』と題した講演会で、松永師は「自坊の境内にある神代桜は、樹齢2000年とも言われる桜ではあるが、幼少の頃から見ていた自分はそんなにすごい桜だと感じる事が無かった。毎朝行う掃除の際に、一人のおじいさんが桜の前で手を合わせいる姿を見て、なぜ手を合わせるか聞いてみたところ、「私達人間は旅行に行こうと思えば旅行に行けるが、この桜はずっと昔からここに居て参拝する私達に勇気をくれる。そんな桜に手を合わせずにはいられない」と言われたことから、この桜のすばらしさを感じ始めた。また日蓮聖人は、先ずは臨終の事を習うて他事を習うべしと、ご遺文にて説かれており、私たちは普段当たり前の様に生活を送っているが、感謝、反省の気持ちを日々感じて生きていくことで、全ての存在へいのちに合掌を実現する事が出来る」と語意を強め1時間半の講演を閉じた。

講演後参加者の中には「久しぶりに開かれた檀協総会だったが、またいい話を聞けることが出来て良かった」と笑顔で帰られた方もいた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07